上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴールデンタイム 7

ゴールデンタイム (7) I'll Be Back (電撃文庫)ゴールデンタイム (7) I'll Be Back (電撃文庫)
(2013/10/10)
竹宮ゆゆこ

商品詳細を見る


あらすじ
夏休みの終盤、実家に戻って同窓会にも参加し、記憶を失う前の過去としっかりと向き合えた万里は、新学期にあわせ晴れ晴れとした心で東京に帰ってくる。
一方、万里が不在の間に、香子や柳澤、千波もそれぞれ新たなステップへと向かう気持ちを固めていた。
自作のエッフェル塔、焼肉、阿波踊り、そしてまた焼肉……。
たくさんの出来事を経るなかで、みんなの関係も移ろっていくが、そんな中で万里の身に思わぬ事態が起こり!?

結局のところ、消費税の税率アップはIMFからの要請で断ることができない状態だったわけです
しかし、本来ならば税率アップ分は赤字国債の償還に充てて、歳出削減に進まないといけなかったのです
今の状況はなぜか消費税を上げて社会保障を拡充すると言いつつ、その他のモノへの赤字垂れ流しです
・・・消費税を上げて、赤字垂れ流しになったら、それこそ財政破たんまっしぐらじゃないですか?
もっとも歳出を食っている社会保障の削減は避けては通られないのですが、今の政治家ではできないんでしょうねぇ

で、内容ですが
夏休みで離れて、それぞれの思いに気付いた万里たち
しかし、おまけんでの突然の発作と消えたはずの過去の万里の残照に戸惑う万里
また、おまけんも万里の発作などが影響して大変な窮地に陥ります
前回までの気楽さが吹っ飛び、擦れ違いと誤解、それと秘密
万里は過去をみんなに話そうとするのですが、なかなかタイミングが合わないで・・・
また、今回は岡ちゃんが大暴走です
自分の気持ちに気づいた時には手遅れで、でも・・という微妙なところに万里とリンダ先輩の関係を勘違い・・・ってわけでもないんですけどね
しかし、えらく関係がこんがらがったものです
これで並みの作家ならみんながハッピーエンドってなるのでしょうけど、ゆゆこ作品はきっぱりと選択するのです
最終的に万里は誰を選ぶのか、またどちらの万里が残るのか・・・
ともかく、アニメも始まって盛り上がっているのですが、今後の展開にかなりシビアな現実が出てきそうです

とは言っても、彼らはどうなっても結局は友達としての関係は崩れなさそうです
・・・あっ やなっさん以外は
  1. 2013/10/16(水) 23:47:00|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強くないままニューゲーム 2

強くないままニューゲーム (2) Stage2 アリッサのマジカルアドベンチャー (電撃文庫)強くないままニューゲーム (2) Stage2 アリッサのマジカルアドベンチャー (電撃文庫)
(2013/10/10)
入間人間

商品詳細を見る


あらすじ
俺と敷島の二人で、どうにか成し遂げた『ゲームクリア』は、次なるステージのスタートでしかなかった。
巨大怪獣を凌ぎ、俺と敷島が安堵したのも束の間、「セーブしました」というメッセージと、スキル獲得の表記。つまり、次なる敵がやってくるのだ。
それは、大量の刺客を擁する『ラットマン』と、血の雨を降らせてくる『ねずみおとこ』だった。
俺と敷島の、強くないままの『ゲーム』は繰り返される。

いや~ずっと前に読んでいたのですが、燃え尽きていました
あまりに同時にいくつもやるとどうでもよくなってやる気がなくなってしまいます
逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ
というわけで、とりあえず復活です

で、内容ですが
「安達としまむら」が入間氏の新境地なら、こちらは入間氏の正当な系列作ですね
最近はやりのゲームクリア後のRPGの続き作品に対して、ある日突然繰り返されるクソゲーなリアル死にゲーに巻き込まれるわけです
しかし、前回の攻略で分岐に至ったわけなんですが、スキル追加で少しは強くなったんじゃ?(笑)
でも、分岐で別れた先は主人公を変えて新たなゲームです
共通するのはネズミと人間、片方はネズミの人間、もう一方はネズミ人間
ネズミの集団に病院で襲われるアリッサと学校の続きでねずみ男と戦うことになる敷島さん
前回の怪我で病院に運び込まれたアリッサはそこで名前の由来とかが明らかになります
病院という人が多い場所での戦いは犠牲を嫌うアリッサには不利で・・・
一方の敷島さんは連戦でネズミ人間との戦いです
しかし、前回の死にゲーとは違ってクレジット式?
また、はた迷惑な敵の攻撃で敷島家まで逃げることになりますが・・・これが敷島さんの性格の元凶ですか?
段々と暴走が止まらない敷島さんは加速する一方です
次はドラゴンとの対決みたいですが、敷島さんのタイトルはどうみても格げーです
ともかく、対称な方向へ進みだした二人ですが、この先にあるのは二人の対決しかないと思うのですが・・・

敷島さんマジぱねぇっす
あと、アリッサは意外と余裕あるねぇ
  1. 2013/10/15(火) 23:22:49|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安達としまむら 2

安達としまむら (2) (電撃文庫)安達としまむら (2) (電撃文庫)
(2013/09/10)
入間人間

商品詳細を見る


あらすじ
今まで興味なんかなかった。ないフリをしていた。だれにも、なにもほしがらなかった。
だけど今年は違う。
私が初めて願うクリスマスプレゼントは、しまむらとのクリスマスだった。
今までなんとなく毎年過ごしていた。強い関心があるわけでもなかった。
だけど今年は違う。
少し気を遣って、安達へのクリスマスプレゼントを選ばないといけない気がしていた。

今回の台風18号は私が経験した中で今までの台風で一番強力だったかもしれない
近隣では京都、遠方では埼玉などでかなり大きな被害を出していますが、この台風で人的被害が昔より低いのは悪い話ではないと思います
まぁ 大阪も南部の方で川が氾濫の危機にありましたが、淀川は30年以上前に氾濫対策を実施したのでかなり耐性が高いようです
聞くところによると、40年くらい前は大雨のたびに河川が氾濫していたというので、当時の大阪の人はかなりがんばって対策を行ってくれたと感謝するばかりです

で、内容ですが
ゆるゆるゆりゆりじゃなくて、ゆりゆりゆるゆりくらいの百合作品です
もはや入間氏の新境地開拓といってもいいくらい何も起きないま~たりとしています
初めのしまむらジムへ行くは、しまむらが母親に連れられてジムへ行った先で思わぬ人と遭遇する話です
それ以外はクリスマスに二人で出かけるのに向けての葛藤とその落ち着いた顛末です
全体的に百合っぽい感じなんですが、結局のところ行き着くところは友達の先であって、恋人って感じではないんですよね
でも、逆にその微妙なところが特に大きな出来事がなくても引き込まれるところでもあります
う~ん、そういえばこういう作品って他にあったかな?って感じのすごく隙間に嵌まった感じです
そして、安達としまむらの二人だけではなく、その友人の日野と永藤も違う感じにゆりゆりしています
安達としまむらが高校で出会って仲を狭めている最中なのに対して、幼馴染でいつも一緒にいるのが当たり前な二人もまた違った味わいが・・・
特に永藤の独特の考え方と底が見えない日野の謎・・・特に家の関係が気になる!
しかし、こうした本編の後に挿入されるヤシロとの短編がこの作品は入間氏の作品なのを思い出させてくれて落ち着きます(笑)
ともかく、男なんていらない!って感じで登場人物が女性ばかりのゆりゆりゆるゆりな作品ですが、この先の二人を読んでみたいですね

クリスマスに遊びに行くのにその服のチョイスはない!(笑)
しかし、それはそれでアリだと思います!!
  1. 2013/09/14(土) 23:55:33|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マグダラで眠れ 4

マグダラで眠れ (4) (電撃文庫)マグダラで眠れ (4) (電撃文庫)
(2013/09/10)
支倉凍砂

商品詳細を見る


あらすじ
「諸君に、帰る場所はない。故に、進む以外に道はない」
新天地を求め、クラジウス騎士団と共に、改宗宣言のあった異教徒の町カザンに入植したクースラたち。
異教徒の技術を得るため、まずは騎士団の手が伸びる前に、町に残る文献を読みあさることにする。
そこでクースラたちは、カザンに残る竜の伝説を知る。
そんな中クースラたちは、新たな工房を得ることに成功。
新天地で、仲間四人での穏やかな生活が始まるかと思われた。
だがその矢先、彼らにある過酷な運命が降りかかることになり――?
竜の伝説が残る町で、クースラたちは大きな決断を迫られる!



で、内容ですが
異教徒との戦いの最前線であったカザンにつく前に相手の女王が改宗してどうなることかと思ったけど、入植はどうにか問題なく進む
そんな中で、新たな知識をどん欲に得ようと騎士団の思惑と相成って先陣を切って調査に乗り出すわけですが・・・
もうフェネシスが可愛くて、可愛くて、頭をなでなでしたいくらいです
しかし、最近ではクースラのツンデレ具合が酷いことになっていて、逆に萌えるくらいです
そう、この作品は実在の錬金術を扱った物語ではありますが、不器用で素直じゃない二人をニヤニヤしながら愛でる作品じゃないかと
しかし、それにしては状況が過酷です
安住の地と思われたところでの大波乱です
まぁ 伝承とフェネシスの話を聞いたら、すぐに思いつくことでしたが・・・って、そんな終わり!?
かなりすごいところでぶった切られています
・・・これは4ヶ月とか言わずに3ヶ月くらいで続きが読みたいです
ともかく、一難去ってまた一難ですが、その困難が二人を近づけるようで・・・ギリギリのところで近づけないような・・・(笑)

P.243のフェネシスがけしからん(笑)
これで次の巻で主要な登場人物が欠けてたら本を投げ捨てるかもしれません
  1. 2013/09/12(木) 23:21:42|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漆黒のエインヘリアル 2

漆黒のエインヘリアル (2) (電撃文庫)漆黒のエインヘリアル (2) (電撃文庫)
(2013/09/10)
相原あきら

商品詳細を見る


あらすじ
オーディンの化身を倒し、崩れ始めた世界の均衡。破滅の未来「神々の黄昏(ラグナロク)」を阻止するため、謎めいた男アヴィが語る地・ミリアの故郷ウルズを訪れたロストたち一行。
だが、そんな彼等の前に立ち塞がるのは、「神々の黄昏(ラグナロク)」を引き起こし、世界を滅ぼす災厄の元凶・炎の巨人スルトと呼ばれる神を信奉する集団・焼神閥団(バンズコンパニオン)だった……。

さて、桜ノ宮高校のバスケットボール部の顧問による暴行・脅迫による殺人事件の公判が行われています
自殺後の生徒への暴行具合から、私はこれは体罰などと言えるものではなく、体育科の顧問という生殺与奪権をもった人間によるパワハラに実暴力も加えた最低の行為だと言って、この状況で体罰に悩む教師が出るのが狂っていると言ってきました
そして、公判で証拠として出された暴行映像は体罰と定義するのが恥ずかしいくらい、堂々と人前で一方的に弱者を否定し、攻撃するというものだったようです
しかし、検察はこの映像を見てもなぜか求刑が禁錮1年です
こんな最低で、生徒のことなんてなんとも思わず、自分が気に食わないから反抗しない生徒を一方的に暴行して、自殺に追い込んだ教師は死刑以外にないと思うのですが、なぜ教育者や人権団体はそういった声が上がらないのかが不思議でなりません

で、内容ですが
・・・あれ?ロストさんが主人公じゃ?(笑)
まぁ 1巻から表紙で前に出て目立っているのはミリアさんでしたが、今回はずっとミリアさんのターンです
復讐者としての本懐を遂げた以上は主人公らしさがなくなって、世界を守りたいという意志もそこまで強くないですしね
そんなロストさんよりも、人々のために何かできることをやるっていうミリアの方が主人公らしいのは仕様がありません
ついでに意志の力を具現化するレヴァーティンの使い手であることも関係しているかもしれません
ところで、北欧神話に詳しい人ならロキのグリームニルであり、巨人スルトと戦うのにレヴァーティンを持っていることがおかしく感じると思います
どうやらロキの思惑があるようですが・・・
そんなロスト一行はウルズの泉でスルト達に対抗する知識を得るためにミリアの故郷へ向かいます
そこはスルトを信奉する焼神閥団に蹂躙されているわけですが、領主のグラーバグは半巨人でミリアの恩人であるハミンギャと反抗に出るわけです
う~ん、この作品って中ボスクラスの扱いがすごく荒いですねぇ
まさかあれだけ煽っていて、今回のラスボスかと思っていたらサクっと死亡です
そのかわり、敵味方がよくわからないくらいに目まぐるしく変わって引っ掻き回されます
しかし、まさか神々と戦うために相手の国に乗り込むとは・・・
何か新しい力が入ったわけでもないし、まだ仲間として3人が打ち解けたわけではないのですけどね
ともかく、復讐を果たしたけれど何もかもなくしたロストと不幸な身の上でも前に進むミリア、マスコットのスーの一行の明日はどっちだ?

しかし、ロスト達は本当に裏切られすぎです
そして、スーは今頃そんな大事なことを言うな!(笑)
  1. 2013/09/11(水) 23:46:09|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。