上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

死にたくなければ××! 脱ぐのは絶対にイヤ!

死にたくなければ××! 脱ぐのは絶対にイヤ! (一迅社文庫 は 5-8)死にたくなければ××! 脱ぐのは絶対にイヤ! (一迅社文庫 は 5-8)
(2012/01/20)
葉原 鉄

商品詳細を見る


あらすじ
魔獣を唯一倒しうる武具フェザリング・ギア。其を纏いしは若き狩人ファルコネットたち。
ファルコネットになったばかりの少年カムトは、美しく成長した幼なじみの姉貴分と再会するが、彼女は自分のことを覚えておらず、そっちがその気ならばと彼女の部屋に忍び込み下着に細工をしてしまい……。

野田政権というか民主党の厚顔無恥さが酷い
野党に対して、今まで協議しようと言ってきたときには無視して、東日本大震災や福島第一の悲劇を起こしたのに、今更協議しましょうです
むしろ、麻生政権時代に同じことをやってたのはどこの政党かと思います
まぁ 自民党も大人げないですが・・・
しかし、本来ならここらへんについてマスコミが指摘して批判すべきなんですよねぇ
でも、その片棒を担いで、今のどうしようもない政府を作り出した一番の戦犯がマスコミだから見ないふりですか?

で、内容ですが、
土属性はダテじゃない!の葉原氏の新シリーズです
前作は現代に精霊というファンタジー設定ですが、今回は完全にファンタジー世界です
孤児院から魔獣と戦う英雄ファルコネットとなった姉と慕う少女を追いかけて、ファルコネットにどうにかなったカムトが主役です
でも、なぜかクール美少女のシズが主役に見えてしようがないです(笑)
まぁ いろんな意味で主役なんですけどね
でも、この主人公はファルコネットになるために悪事さえいとわず、貧困の中で金の信奉者でもあります
・・・ほら、主人公っぽくないでしょ?
さらに、始めの魔獣狩りでは同期に置いてけぼりにされて、ソロでボロボロになりながら狩を達成するくらいです
明らかな劣等生として印を押される中で、目的の姉貴分を追いかけて・・・表紙に至るわけですね
しかし、最後まで読んだけれど、このタイトルの××がなんなのか判りませんでした
恐らくは「我慢しろ」か「脱げ」だと思うのですが・・・どっちでしょう?
そして、カムトとシズ、ホトリ以外のファルコネットも体育会系の楽しい人たちです
アルバス先輩と仲間たちを中心に変態と馬鹿が多いのです
その中でも注目は期待の新人ファルコネットのルーフくんです
まさかこの作品に会長枠あるなんて・・・これは期待です(笑)
A級魔獣を倒すこととなりましたが、世界観の紹介とホトリとシズの仲を取り持ったくらいでこれから広がりそうです
ともかく、落ちこぼれ主人公の成長と優秀なファルコネット姉妹、そして楽しい仲間たちの物語は期待が持てそうです
  1. 2012/01/20(金) 23:27:47|
  2. 一迅社文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンツブレイカー

パンツブレイカー (一迅社文庫)パンツブレイカー (一迅社文庫)
(2011/11/19)
神尾 丈治

商品詳細を見る


あらすじ
「半径2メートル以内に近づく者の下着を消し去る」前代未聞の能力“パンツブレイカ―”を持った少年・汐正幸。
周囲に疎まれ、研究機関や宗教団体に狙われる受難の果てに、妹の美幸とともに特殊学校法人「国立醍醐学園」へやってきた。
そこは正幸のような特殊な事情を持つ生徒だけを通わせるための学園だった。
正幸の能力に興味を持った天才少女・姿影那はその力を解明しようとするが、影那に恨みを持つ者が襲いかかる!

う~んと、化学系の学生に朗報です
化学系の知識のある学生の採用が増えるかもしれません
これは世界的に環境に影響のある物質を削減していこうと言う流れで、主に電気電子自動車系で採用が増えるんじゃないかと思われるからです
実際に化学材料の先端メーカーでも、意外とここらへんの管理が進んでいないところがあったりするわけです
特に化学系はできる人は研究職、そうじゃない人は一般職へ流れる傾向があるので、しっかり化学系を学んだ研究職以外の採用が重視されそうな・・・
でも、そんな人は極稀にしかいないので、関係ありませんでした
ついでに、法律と英語くらいは読めないといけない上に、購買やメーカーとの交渉力も必要だったりします・・・

で、内容ですが
・・・一迅社文庫さん、あらすじを書きすぎです
基本的にはあらすじの通りです
しかし、思っていた感じとはかなり違いますねぇ
まず、そのギフトを授かった場面というか、出だしがフェイントです
そして、もっと外でのドタバタ劇があるのかと思ったら、そこはカットして学園入学からです
しかし、主人公の正幸はけっこう痛い性格ですが、この能力で疎まれて生きてきたことを考えるとまっとうに生きていますよねぇ
まぁ あのときにあんなことを祈らなければよかったので、自業自得かもしれませんが・・・
そして、どこまでも献身的な妹の美幸です
正幸の能力が発動したのが小学生の低学年として、小学生か幼稚園と考えると兄っ子になるのもしょうがないですね
そんな正幸を受け入れたのはギフト持ち専門学校の国立醍醐学園ですけど・・・あれ、半分の一般生徒って?
色々な能力者がいるみたいですけど、現時点では念動力者と感覚強化、獣化、空中浮揚と少ないですね
まぁ それは今後続いて行ったら出てくると思います
あらすじでは影那しか書かれていませんが、獣化能力のサンダーと念動力の瞳もメイン登場人物ですね
基本的には被害者=瞳と覚えてもらったらいいと思います(笑)
今回の大半は正幸の能力の扱いにくさとギフトの説明的なものが多いですね
しかし、終盤に出てくる影那を襲われるところまで書かなくてもよかったような・・・
このまま学園のドタバタに見せて、外部の襲撃者って流れがあったら驚きがあったかも
ところで、最後にあのような能力が開花してしまったら、続きが難しいのかな?
でも、順調に能力を掌握していくのはありかな?
このまま終わってしまうには勿体ない感じが知るので、ぜひ続編が続いて欲しいところです
ともかく、神様のストレス発散に選ばれてしまった正幸と能力者達の学園パラダイスはいかがでしょうか?
  1. 2011/11/22(火) 23:46:51|
  2. 一迅社文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別れる理由を述べなさい!

別れる理由を述べなさい! (一迅社文庫)別れる理由を述べなさい! (一迅社文庫)
(2011/11/19)
太田 僚

商品詳細を見る


あらすじ
突然、超ドSの美少女・秋乃に告白されて、よくわからないまま付き合うことになったドMの雪人。
肝心なことはお預けだけど、それなりに幸せな調教生活を送っていたのに……なぜか俺と秋乃が××すると、この世界が崩壊するらしい!?
「秋乃、俺と別れ――」
「絶対イヤ!」

さて、警察庁の交通局が混乱中です
自転車の扱いで二転三転が続いていますが、はっきり言って今までちゃんと自転車の危険行為を取り締まってこなかったこととルールをはっきりしてこなかったことが原因じゃ?
つまり、始めに警察のお偉い人たちが土下座して謝るのが始めじゃないのかな?
むしろ、交通安全委員会に天下った人たちかな?
しかし、危険行為の話が挙がっていますが、どう考えても携帯電話しながらの運転が出てこないのはなぜ?
もう罰則を殺人未遂か罰金100万円くらいにして、携帯電話を使いながら自転車に乗るバカをなくして欲しいものです

で、内容ですが
当初は「俺がお嬢様~」を購入する予定でしたが、変態のキーワードでこちらを購入しました(オイッ
ヒロインのSさは変わらずによかったのですが、主人公が中途半端でした
むしろ、主人公が変態であることに気づかない人間なのに、一人称なのが敗因かもしれません
校内全員に変態だと知れ渡っている変態なのに、そこが全然見えませんでした
これならクラスメイトの望月の方が変態に見えるのですよ
正確には随所に変態の片りんを見せてはくれているんだけど、もっとダメな変態にした方がよかったような・・・
と、変態評論家の評価はこのくらいにして(笑)
内容的には彼女と何かをすると世界が崩壊するから別れるんだ!という気持ちになるまでが半分です
う~ん、正直なところよく練られたストーリーなんですけど、今となっては割と捻りのない展開なんですよねぇ
もっと捻くれていた方が個人的には好きなんですが、悪くはないんですけど・・・物足りないかなぁ
むしろ、秋乃の姉の性格で激しく責めたてるくらいだった方が・・・むしろ、ダブルSヒロインとかにしていたら・・・
ともかく、オーソドックスな良作ではあるのですが、変態度が思っていたのと違ったので残念でした
  1. 2011/11/20(日) 23:00:11|
  2. 一迅社文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土属性はダテじゃない! 7

土属性はダテじゃない!7 (一迅社文庫)土属性はダテじゃない!7 (一迅社文庫)
(2011/10/20)
葉原 鉄:作 八坂 ミナト:絵

商品詳細を見る


あらすじ
最大の敵として麒一郎の前に立ちふさがったのは、恋人である雪乃の父だった。
雪乃の家にまつわる秘密と、精霊たちにまつわる因縁に麒一郎は昂然と立ち向かう。

モバゲーが横浜の買収をするとのことですけど、たぶん厳しいと思います
なぜならホリエモン問題があって以降、オーナー会議でIT関連は敬遠されがちっぽいからです
また、特にモバゲーの宣伝依存と子供たちから利益搾取な収益構造も敬遠される一因だと思います
でも、仮想通貨をRMTでもなんでも換金できるような仕組みがあるなら、その会社は通貨偽造とかで捕まえたらいいと思うのですよ
そうじゃないと、いずれ仮想通貨で現実通貨が買い取られるような日が来てしまうと思うのです

で、内容ですが
この作品が一迅社文庫から発行されたのが惜しいくらい面白かった
本当にマイナーなレーベルで埋もれてしまった感が強く、レーベルの押しもほとんどなかったのが残念すぎます
特に生徒会長竜宮院さんは最強の面白キャラすぎます
1巻こそできる生徒会長として活躍しましたが、それ以降は番外編を中心に馬鹿事件を起こしまくりです
そして、前回についに折れた生徒会長は・・・今回は踏んだり蹴ったり踏みつぶされて、泥を掛けられるような酷い状態です
本当に竜宮院さんのライフポイントはマイナスよ!というくらいの酷い仕打ちです
・・・でも、それがいい(笑)
さらに壊れ気味の彼と同じように壊れたルイルイが追い打ちをかけるわけです
まぁ でも、最終的に幸せそうな彼に乾杯です!
しかし、この作品は登場人物がどのキャラも立っているのですごくいいのですよ
ミワミワ、渦美、鳴ねぇ、師匠、堀田、刃凰とキャラが立っています
ミワミワは本編の主役をジャックしたくらいですし、もっとこのシリーズを続けて欲しかったです
でも、今回はあまりに内容がリア充な内容なので、ちょっとうらやm・・・じゃなくて、うざく感じます
これできれいに思ったと思ったら、まさかの番外編がありました
2年後の話で、無駄に壮大な事態からはじまります
そして、二人が卒業するって時の話なんですが・・・あんたらどんなけ奥手同士なんですか?
さらにナチュラルに邪魔要員が多すぎるでしょ
特に螢蔵の空気読めなさの安定感と小比丘尼さんのオチ要員さは鉄板クラスです
本当にこれで終わってしまうのは惜しいのですが、次の作品を準備中とのことなので期待して待っていようと思います
ともかく、この作品の真価は番外編にあると思いますが、この作品をどこかで漫画化してくれないかなぁ(笑)
  1. 2011/10/22(土) 23:32:45|
  2. 一迅社文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土属性はダテじゃない! 6

土属性はダテじゃない!6 (一迅社文庫)土属性はダテじゃない!6 (一迅社文庫)
(2011/05/20)
葉原 鉄

商品詳細を見る


あらすじ
四方平の街の精霊力を整える地鎮の儀式、精霊相撲の力士を引き受けることになった土属性の麒一郎は、豪道連の無敵の総長・朱雀路刃凰と戦うことになるのだが……。

最近の漫画で注目作はヤングジャンプ連載の孤高の人です
これがある意味でやりたい放題で、セリフなしやイメージのみと言った回があるくらいです
しかし、そこに坂本氏の有無を言わさぬ圧倒的な画力と迫力で押し切られてしまいます
ともかく、このすごい作品を一度見てもらいたいです

で、本の内容ですが
この作品はライトノベルに必要な要素が全部入っていて、それがうまく組み合わされている良作品です
とりあえず、10冊オススメを言えと言われたら、名前を上げる作品です
しかし、残念ながらマイナーレーベルの一迅社文庫で、さらにレーベルでのプッシュが弱い
そのため、今一つ評価が冴えない残念な作品です
そして、今回はついに豪道連の総長である刃凰さんが動きます
しかし、その動きがあまりにも不可解で、迅速すぎます
また、その圧倒的な力において埴本も倒れるわけですが、一撃で土の装甲をすべて吹っ飛ばす攻撃を数十発も食らえばしょうがないですね
ついでに言えば、その無言実行の強い意志と溢れる男気は男女だけではなく、精霊にも好かれるまさに漢です
そんな漢が大混乱を起こした理由は・・・
そして、今回の埴本ですが・・・冒頭の状況はけしからん!
まぁ そのメンバーに鳴がいるので、そこまでうらやましい状況ではないんですけどね
しかし、今回の埴本は不運続きなので、こんな役得がないとやってられないです
また、今回の雪乃は裏方ですね
でも、雪乃の秘密が暴露されるわけですが、ある程度は予想がつきます
そんな状況で豪道連の上将たちの登場でその圧倒的な力が・・・と思ったら、復活した埴本たちの前には噛ませ犬です つ.T)
終盤の戦いは少年漫画のような熱さがありますが、ここで急転直下の絶望に叩き落されます
それにしても、蛍蔵はどう頑張っても噛ませ犬にしかなれないところが非常に残念です
・・・で、ここで終わったら熱い作品なんですが、「生徒会長は諦めない」が酷い(笑)
ここまで盛り上げておきながら、こんな作品をすぐ後に持ってくるなんて・・・この前までの熱さを返せ!
しかし、生徒会長とアークエンジェルの組み合わせは最凶過ぎます
もう二人は付き合ったらいいんじゃないのかな?(笑)
ともかく、本編の火傷しそうな熱さと短編の酷い馬鹿さ加減の落差がすご過ぎて、読み終えた後は何とも言えない感覚が広がるすごい作品です
でも、個人的にオススメなので読む本がないなんて人はぜひ読んで欲しいと思います
  1. 2011/05/21(土) 23:22:22|
  2. 一迅社文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。