上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SDMP mission01

ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 06月号 [雑誌]ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 06月号 [雑誌]
(2011/04/21)
不明

商品詳細を見る


SDMPとは、スーパーダッシュ文庫の漫画化プロジェクトです
その第一弾として、紅が連載されているジャンプSQで別冊として付録されています
収録作は「ベン・トー」「ドラゴンクライシス!」「ニーナとうさぎと魔法の戦車」です
「ベン・トー」は本編の漫画化ではなく、書下ろしで槍水先輩がハーフサプライ部に入る前の話です
むしろ、先輩が金城優こと魔術師と出会って、腰巾着とか呼ばれていた頃の話ですね
1年の槍水先輩が可愛いのと、その友人の蔓のはっちゃけぶりがいいですね
それと魔術師かっこよすぎで困ります
この流れは佐藤達と先輩の関係に似てますよねぇ
でも、先輩って魔術師との出会いで豚にはなっていないので、そこら辺への嫌悪感が強かったのかなぁって思います
そして、作画は集英社必殺の本編のイラストレーターのスライド使用ですが、柴乃氏の漫画もいいですね
今回はアクションシーンがほとんどありませんが、次回の争奪戦の描写に期待です
そして、掲載されている短編ですが、先輩と魔術師のほのぼのさが楽しいです
特に魔術師の驚愕したところなんて萌えポイントでもあります
しかし、この短編を読んで本編を読んだら、セガへの愛情や白粉先生、佐藤と仲間たちについていけるのかが疑問です(笑)
ここで筋肉刑事や佐藤家のセガへの愛情、佐藤の家族、佐藤と仲間たちのエピソードが書いてあっても置いてけぼりだと思いますが・・・
「ドラゴンクライシス」はWEB掲載分をそのまま紙面にしただけですね
しかし、アニメが終わってからではちょっとタイミングが悪かった思いますね
個人的には太田氏が描いているなら「円卓生徒会」の方が・・・とか思ってしまいます
あと、WEB版はフルカラーだったりするので、興味のある人はそちらもどうぞ
「ニーナとうさぎと魔法の戦車」は原作を読んでいませんが、イラストのBUNBUN氏が作画も担当は難しいですよね
しかし、ここで藪口氏を充ててくるのは集英社のやる気を感じます
内容的には本編とは違って書下ろしっぽいですね
でも、これって単行本1冊分まで掲載するのかな?それとも色々と集めて単行本1冊とするのだろうか・・・
ともかく、ここでしか読めない書下ろしストーリーで勝負を賭けてきたので、集英社の本気が垣間見えますが、次回の掲載作も今回と一緒なのかな?
とりあえず、原作ファンは買っておけってことです
スポンサーサイト
  1. 2011/04/19(火) 23:42:10|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いつか天魔の黒ウサギ 紅月光の生徒会室 3 | ホーム | ささみさん@がんばらない 5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/851-c4e3d32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。