上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すきま

すきま (角川ホラー文庫)すきま (角川ホラー文庫)
(2008/06/25)
倉阪 鬼一郎

商品詳細を見る


あらすじ
校閲プロダクションで働く未知生は、妻と4歳の娘との住まいとして、郊外の一軒家を手に入れた――。
その家には秘密があった、壁と柱、言葉と言葉、何かは、その隙間から、じっと見つめ、手を伸ばそうとしている……

震災について前向きな話をしてみるけど、こんなことはやらないんでしょうねぇ
類似した業種で拠点が大きく離れている会社で協定などを結び、いざというときには被害を受けていない拠点で製造をする
まぁ 類似した業種で相手の会社のことが判ったら、技術漏えいとかでえらいことになる場合が多そうですが・・・
でも、他の拠点を有していないような企業ではそのような対応も検討せざる得ないような気がします
特に今後は危機対応で被災時の製造維持が必ず要求されてきますので・・・

で、内容ですが
倉阪氏のホラーは中々に怖くて、雰囲気がいいのです
しかし、サービス精神が旺盛な倉阪氏はちょっと特異な展開を入れるのが合うかどうかですね
神社の裏にある一軒家、様々にリフォームされた家にあるロフトを中心に暗い影がよぎります
でも、実際には怪異は起きても、何の問題もないわけなんですよねぇ
しかし、ここで起きた事件は現実の話なんでしょうか?
怪異の元である鬼女は生きているのか・・・それとも、呪いとなったのか
まぁ そんな甘っちょろい被害はどうでもいいくらいに被害が拡大していますが・・ねぇ?(笑)
元々校正の仕事をしていたということで漢字に対して色々な思い入れがあり、文字禍の館の続きのような感じもします
あと、うしろ、ひだりと続く倉阪氏のホラー作品は実はシリーズだったんですね
聖域修復師八神シリーズというところでしょうか・・・他の作品も読んでいかないと
ともかく、すきまに対する恐怖を文字で現そうとした意欲作ですが、終盤の展開は神という魔王展開なのでご注意を
スポンサーサイト
  1. 2011/04/15(金) 23:51:06|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Gosick 6 | ホーム | 七人の迷える騎士>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/848-7e75e217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。