上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あいにくの雨で

あいにくの雨で (講談社ノベルス)あいにくの雨で (講談社ノベルス)
(1996/05)
麻耶 雄嵩

商品詳細を見る


あらすじ
かつて殺人があった廃墟の塔で再び殺人が! 発見者は高校生・烏兎(うと)、獅子丸(ししまる)、祐今(うこん)。
死体はその事件の犯人と目され、逃亡していた祐今の父親だった。現場には、塔にむかう雪上の足跡ひとつ。
そして三たび殺人は起こった。繰り返される、犯人の足跡がない密室殺人の真相は?

私はトラブルメーカーではありませんが、よくブラックリストに載ります
基本的には仲裁や調整をする側で、トラブルを解決する方なんですが・・・
下手にトラブルに巻き込まれて、収める気がないときはトラブルがどんどん増幅されていくわけです
うん、私はトラブルブースターみたいです(笑)

で、内容ですが
いきなり犯人探しから始まるわけです
その後、その塔での事件をはじめからたどっていくわけなんですけど、これがあんまり関係ないのです
さらに学校でのスパイ探しに至っては・・・なにこの学校?
どこのライトノベルの学校ですか?という感じにぶっ飛んだ生徒会ですね
これはスパイが出て来てもしようがない
そこから再び肉親が殺されて、問題に事件に至るわけです
・・・でも、この13章の部分で犯人の決め手になった服の破れとかってどこかにあったっけ?
そして、最後の14章で真相が明らかになるわけなんですけど・・・
麻耶氏の意外性のある犯人って、犯人であってほしくない人な気がします
たしかに意外性はあるんですが、後味が悪いですね
ともかく、殺人事件よりもなぜかスパイ探しの比重が大きく感じてしまうわけですが、そういう需要ってあるのかな?
スポンサーサイト
  1. 2011/03/07(月) 23:47:56|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木製の王子 | ホーム | メルカトルと美袋のための殺人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/808-a2e51e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。