上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Gosick 5

GOSICKV-ゴシック・ベルゼブブの頭蓋- (角川文庫)GOSICKV-ゴシック・ベルゼブブの頭蓋- (角川文庫)
(2010/07/24)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


あらすじ
智恵の泉の少女・ヴィクトリカが父の思惑により突如連れ去られ、修道院“ベルゼブブの頭蓋”に幽閉された。
無言でゆっくりと衰弱してゆくヴィクトリカと、彼女を助けようと向かう一弥。呼び合うふたりの運命は…!?

さて、今日から冬休みです
今年は土日の位置が悪いので、年末の挨拶回りの人が困っていました
しかし、最近は業種によって休みの期間が決まらなくて、かなり業績に依存しているみたいです
先日の土日で休みに入ったところもあれば、年内無休のところもあるみたいですねぇ

で、内容ですが
本作品は元々は富士見ミステリィ文庫で発行されていたのですが、そのレーベルがなくなったために角川文庫でリニューアルされました
その際にイラスト入りだったのが、イラストや挿絵がなくなってシルエットの表紙になりました
そのため、この作品のイラストってあんまり見てないんですよねぇ
だから、今度アニメ化するのに当たって結構違和感があったりします
それはそれとして、一弥は急に連れ出されたヴィクトリカを連れ戻すために怪しげな儀式を実行している修道院へ赴きます
今までも陰謀色が強くありましたが、今回からは決定的ですね
今後はオカルト省と科学アカデミーの争いにブライアン・コルデリアとヴィクトリカが振り回されるという感じになりそうです
また、いままでは名前だけが出て来ていた各陣営のトップが登場し、一弥と接触してきました
まぁ 一弥はヴィクトリカの付属品以下の認識みたいですが、今後は一弥も狙われてくるかもしれません
今回の犯人は・・・まぁ 普通に考えたらわかりますが、あの人たちはまた再登場してきそうですね
そして、何だかんだでお互いの気持ちをいい合ったわけですけど、まだ恋というよりも友情的な感じですね
そのまま友情で終わってしまう可能性もありそうですが・・・
そして、今回はそのまま次の話へつながっていて、非常にきになります
ともかく、お互いの信頼関係を決定づけて、これから始まるオカルト省と科学アカデミーの争いにどう乗り切るのかきになります
スポンサーサイト
  1. 2010/12/29(水) 00:33:00|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<出口のない部屋 | ホーム | “文学少女”と恋する挿話集 4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/742-71ebecb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。