上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怖い絵 3

怖い絵3怖い絵3
(2009/05/28)
中野 京子

商品詳細を見る


あらすじ
西洋名画に秘められた恐るべき怨念・冷酷・非情を、歴史の裏の裏まで知り尽くした著者が、鮮やかな筆致でとき明かす、知的でスリリングな美術エッセイ。

最近の日本の情勢は非常に厳しいことになっています
国内での政治の不安定、検察の不正、円高による企業業績への影響、日米同盟の不和、尖閣諸島問題など
正直、民主党は戦争反対で謝罪と補償で国を売るような行動ばかりだと思っていました
しかし、そういった行動ばかりをして、政権交代したときには強硬な日本を作るために犠牲になっているような気が最近してくるのですよ(大きな皮肉)

で、内容ですが
怖い絵シリーズの完結編です
・・・まぁ 真ん中が飛んでいるので、後日読むと思います
このシリーズは絵と画家や時代背景などを組み合わせて、絵の中の怖さというか奇妙さをクローズアップして、そちらの方向からも絵を楽しんでもらうおうという作品です
実際に、はたから見て何の変哲もない肖像画が後の運命を予見するようなものになっていたり、不穏な事情が隠されていたりするのはなんとも異様に感じます
でも、それらは怖いと言うよりも感心するばかりです
イラストのようにそれ自身が物語の一部であるならわかりやすいのですが、絵画はそういったものが表に出ていないのです
絵画はやっぱり画法とかではなく、時代背景などを勉強してから見に行かないとだめですねぇ
でも、そういった資料って言うのが散逸しているので、こういう本は助かります
ともかく、怖いというよりも絵画の見方を教えてくれる意味ですごく楽しめる作品だと思います
スポンサーサイト
  1. 2010/09/26(日) 23:58:10|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生贄のジレンマ 上 | ホーム | 図書館迷宮と断章の姫君 3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/687-3bb7e1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。