上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

殺戮ゲームの館<下>

殺戮ゲームの館〈下〉 (メディアワークス文庫)殺戮ゲームの館〈下〉 (メディアワークス文庫)
(2010/03)
土橋 真二郎

商品詳細を見る


あらすじ
密室に閉じ込められた福永祐樹含むオカルトサークルメンバー11名の前に待ち受けていたのは、 一方的に提示される不可解な《ルール》と、夜を迎える度に一人、また一人と殺されていく悪夢のような現実だった――。
やがて祐樹たちの前に“警告者”が現れ、密室の中で行われる死を賭けたゲームの存在と、どこかに“殺人犯”がいることを告げるが……!?

どうにか怒涛の発売日の重なりを終えました
これでやっと部屋の片付けに取り掛かれます
この間に読んだ本もそうですが、それまでに読んでいた本も積まれています
さらに雑誌も積んでいるので、そろそろ雪崩が起きそうなんですよね・・・

で、内容ですが
前回は閉じ込められて、御伽噺に準えられたゲームをすることを強要されたわけです
しかし、今回はいきなり捨て置かれていた集団自殺と殺人映像の話が出てきます
その結果、魔物探しに集団の意思が傾く中で、徐々に信頼感が失われていきます
恐らくこのゲームの主催者は仲のいい集団が内輪もめして、傷つけあうのを嬉しそうに眺めているんでしょう
それはそれとして、本筋の魔物探しは意外と妥当なところに落ち着いたのですが、最後のあの展開は予想していなかった
魔物じゃないと生き残れないので、アンフェアなことをするなぁと思っていたのですが・・・主催者側は無駄にフェアなんですねぇ
で、結局のところは表面的には福永の一人勝ちな気がする半面、心情的には全員が負けるゲームを仕掛けられていたわけです
ところで、この作品を読むと規模の小さいクリムゾンの迷宮という感じですが、あれだけ前にこのような設定を考えるのもすごいですねぇ
ともかく、相変わらずのゲームな話ですが、残念ながら今回はあとがきがないので少し残念です(笑)

う~ん、次は扉の外かツァラトゥストラへの階段の続きが出ないかなぁ~
スポンサーサイト
  1. 2010/03/29(月) 23:17:16|
  2. メディアワークス文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<死なない男に恋した少女 6 | ホーム | 殺戮ゲームの館<上>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/571-2b86396b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。