上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四重奏

四重奏 Quartet (講談社ノベルス)四重奏 Quartet (講談社ノベルス)
(2001/04)
倉阪 鬼一郎

商品詳細を見る


あらすじ
〈堕天使、占星術、魔術、騙し絵、迷宮、愛死、弦楽〉各部屋に悪魔的な意匠をちりばめた館で奏でられる殺人組曲。屋根裏部屋から世界は覗かれ、倫理の欠片(かけら)もない探偵や殺人鬼が暗躍する。館を支配する昏(くら)い旋律が止むとき、世界を揺るがす真相が明らかに。

倉阪鬼一郎氏と言えば、日本で唯一の怪奇小説家です
怪奇小説とホラー小説の違いはホラーはただ恐怖を煽る小説であるのに対して、怪しさや奇妙さを扱った小説です
まぁ 被っている点もあるので、明確な差は難しいのですが、なんとなく判ってほしいところ
しかし、そういう怪奇小説以外に馬鹿ミスも書いたりするので、評価が難しい作家です

で、内容ですが
・・・倉阪氏だからこそ書けた作品ですねぇ
出だしから始まる怪しい雰囲気、細かな視点変更による混乱、章題の私、彼、彼女、僕、彼らという意味深さ
特に章題は内容と合わないので、なぜこの章題を使っているのかわからないまま読み進めることになります
怪しい雰囲気を維持したまま、緩やかに進んでいく事件とますます混乱する物語
天使、犬、探偵、薔薇、演奏・・・
と、ここまで読ませておきながら、終盤の展開はある意味惨い
章題の意味が一気に納得できるようになるわけですが、物凄い単純なオチです
えぇ このオチに期待してはいけません・・・いえ、倉阪氏のファンならある意味期待してください(笑)
しかし、この内容をここまで怪しく、奇妙に書き上げる倉阪氏の腕前には感心するばかりです
とりあえず、倉阪氏の作品としては上級者向けなので、素人にはあまりオススメできません
スポンサーサイト
  1. 2010/03/04(木) 23:34:20|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水魑の如き沈むもの | ホーム | なつこ、孤島に囚われ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/551-fcff9f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。