上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

火事と密室と、雨男のものがたり

火事と密室と、雨男のものがたり (講談社ノベルス)火事と密室と、雨男のものがたり (講談社ノベルス)
(2005/07/07)
浦賀 和宏

商品詳細を見る


あらすじ
“奇跡の男”八木剛士(やぎたけし)の周辺で何故か頻発する怪事件。女子高生の首吊り死体が発見され、無差別放火事件が連続する。世の中を恨み続けて生きてきた剛士が、唯一出会った理解者・松浦純菜と事件を調べるうちに、ある1人の男に辿りつく。

年末というわけで慌しくなってきました
今年も正月は家に引きこもる予定です
せめて寒くなければ出かけるのも考えるのですが・・・
う~ん、初詣は伏見稲荷に行きたいなって思いながら、未だに行っていません

で、内容ですが
この年末年始は松浦純菜シリーズを読む予定です
でも、この作品は八木剛士の卑屈な独白が多くて読みにくいですねぇ
人は多かれ少なかれ人にからかわれるし、それを恨むこともあるので共感は出来るんですけど、あまりにも卑屈です
そして、それを全部読まないと話が通じないわけじゃないので、軽く流し読みです
というよりも、全部を丁寧に読んでると自分もどんどん卑屈になって行くのです
話としては、前回から続く放火事件と二人とは別の‘力’を持った少年と首吊り事件の話です
その‘力’は・・・タイトルにある通りです
正直、剛士のいじけている部分を除けば大分ページ数を減らせるのに・・・とか思ってしまいます
でも、恐らくこの剛士の独白部分が今度の展開に結びついてくるんだろうなって思います
そんな中で首吊りの真相自体は結構普通に分かるものだと思います
しかし、その後に剛士が思いついた真相に少し寒気がしました
でも、そう考えると綺麗に説明がついたりします
まぁ いずれ南部君も再登場すると思うので、そのときに真相がわかるんじゃないかと思います
ともかく、内容は陰気で読むと落ち込んでいくところが多いのですが、この真相の奥の深淵の部分が浦賀氏の作品らしいです
スポンサーサイト
  1. 2009/12/30(水) 23:57:41|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上手なミステリの書き方教えます | ホーム | 文学少女見習いの傷心>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/492-5dd2ac0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。