上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

時計館の殺人

時計館の殺人 (講談社文庫)時計館の殺人 (講談社文庫)
(1995/06)
綾辻 行人

商品詳細を見る


あらすじ
館を埋める108個の時計コレクション。鎌倉の森の暗がりに建つその時計館で10年前1人の少女が死んだ。館に関わる人々に次々起こる自殺、事故、病死。死者の想いが籠る時計館を訪れた9人の男女に無差別殺人の恐怖が襲う。凄惨な光景ののちに明かされるめくるめく真相とは?

とにかく、長かった
文庫版で600ページ超で4連休中に1日潰して読み終える予定が珍しく呼び出しが多くて、結局4連休かかって読み終えました
まぁ 黒猫館の殺人の中で出てきた時計館についての話がわかったのが、とりあえずの成果です

で、内容ですが
十角館の殺人の江南くんが再登場します・・・典型的な巻き込まれキャラですな(笑)
時計館の中に江南くんを含む取材班というか交霊会参加者9人が凄惨な事件に巻き込まれます
そして、時計館の外では鹿谷と家庭の事情で交霊会に参加できなかった学生が時計館の前当主が残した詩の謎を追う
その時計館の内と外を交互に進行していきます
まぁ トリックは時計館と出てきた以上はある程度予想のつく内容で、詩の謎についてもなんとなく解るものです
・・・だって、時計塔なんて最後は崩れるものじゃありませんか?(爆)
しかし、逆に今回の犯人は結構意外な人物でした
とは言っても、一度話を整理していけばわかるんですよね
結局綾辻氏は意外性を演出するけど、ちゃんと必要なヒントは与えられていて落ち着いて考えれば解るように作っています
そこで先回りして自力で真相を解明するか、一気に最後まで読んで「あぁ そうだったのかぁ」と納得するかご自由にお楽しみください
スポンサーサイト
  1. 2008/05/07(水) 23:24:02|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<図書館内乱 | ホーム | テガミバチ 4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/46-48160f2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。