上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒猫館の殺人

黒猫館の殺人 (講談社ノベルス)黒猫館の殺人 (講談社ノベルス)
(1992/04)
綾辻 行人

商品詳細を見る


あらすじ
自分が何者なのか調べてほしい。記憶を失った老人の依頼が推理作家鹿谷門実のもとに舞い込んだ。唯一の手がかりは彼が自ら書いたと思われる「手記」。そこには「黒猫館」で彼が遭遇した奇怪な事件の顛末(てんまつ)が綴られていた。舞台は東京から札幌、阿寒へ……。探求の果てに明らかとなる世界が揺らぐような真実とは!?

黒猫館を読んでとりあえず思ったことはそろそろ読み飛ばしている館シリーズを読まないとと言うことでした
確かに読まなくてもそれほど問題ないように作られていますが、シリーズ物である以上はある程度関連性があるものです
とりあえず、次の暗黒館の前に水車館と時計館を読まないと・・・でも、びっくり館は読んだんですよねぇ

で、内容ですが
手記に書かれた殺人事件と黒猫館捜索という2つの謎の究明がこの作品の命題です
まぁ 鮎田氏に関しては読んでいけば解るかと思いますが、そんなところに示唆されていたのかぁという感じですねぇ
そして、手記の殺人事件は今回の作品では味付け程度ではないでしょうか?
今回の作品の醍醐味は黒猫館の秘密なのは間違いないでしょう
黒猫館は・・・と言いたくなるのでここらへんで〆
とにかく、本格ミステリーという面では変化球ですが、ミステリー好きにはオススメです
スポンサーサイト
  1. 2008/05/01(木) 01:33:25|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し | ホーム | シアンとマゼンタ 13階段>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/38-fb268686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。