上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南極(人)

南極(人)南極(人)
(2008/12/15)
京極夏彦

商品詳細を見る


あらすじ
最底辺のカス作家・南極夏彦とは?
1冊で2冊分。『どすこい』に続く新たなる挑戦! 赤塚不二夫、秋本治、しりあがり寿、古屋兎丸による豪華イラスト入り。昭和の戯作者・京極夏彦による全篇絵入り滑稽本。ドタバタギャグ小説。

ギャグ小説というジャンルは確かにあります
しかし、ギャグを文章で表現しようとすると文章が長くなってしまったり、蛇足的になったりするんですよね
また、ギャグをする前の振りも長くなって、ギャグを入れる際にはもう準備が出来ているということになります
さらにギャグを求める人ってさらっと簡単に笑いたいんですよねぇ
そのため、ギャグよりもパロディや不条理な方へ行ってしまうんですよ

で、内容ですが
本作はダメ小説家(?)の南極夏彦を中心としたギャグ小説です
間違っても京極堂シリーズなどを期待して読むと死にます
むしろ、ギャグ小説だと聞いて読んでも京極氏のイメージがあるので厳しいです
東野氏のギャグ小説が行けるのは事実に自伝的な話だからなんでしょうか?
大筋は売れない冒険小説家の赤垣錬太郎と編集者の椎塚有美子が事件と言うかなんという・・・に関わると南極が出てきてかき回すというか問題を起こすというか当事者というか・・・まぁ そんな感じです
その中でも、こち亀と赤塚不二雄ワールドとのコラボ2編があり、京極氏がかなり好きな作品だと言うことが内容からよくわかります
でも、やっぱりギャグ小説はライトノベルみたいに突き抜けないとどっち付かずになってしまいますよねぇ・・・
とりあえず、京極氏のシリアスな雰囲気が好きな人は間違っても期待して読んではいけない作品です
また、コラボ2作の元が好きな人は楽しめると思います
スポンサーサイト
  1. 2009/06/27(土) 23:17:16|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<容疑者Xの献身 | ホーム | やってきたよ、ドルイドさん! 3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/350-1d9d03e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。