上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリムゾンの迷宮

クリムゾンの迷宮クリムゾンの迷宮
(2003/02)
貴志 祐介

商品詳細を見る


あらすじ
藤木はこの世のものとは思えない異様な光景のなかで目覚めた。視界一面を覆う、深紅色の奇岩の連なり。ここはどこだ? 傍ら携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された」

先日は三津田氏のホラーを絶賛したわけですが、今回は貴志氏のホラーです
貴志氏のホラー作品はホラーといっても怪異系ではなく、現実的な恐怖を取り扱っています
その恐怖に向かって戦って、解決するというのが筋である作品が多いのですが、解決した後に新たな恐怖と再び向き合うというような感じが多いように思います
確かにその恐怖の残渣が残りますが、主人公はそれに立ち向かうという姿勢があるので、それほど嫌な感じが残らないのが特徴のような気がします

で、内容ですが
内容的には岡崎二人氏の「クラインの壷」や高畑京一郎氏の「クリス・クロス」のようなゲームと現実の入れ替わり、ゲームが現実と交わっていく感じに似ています
しかし、本作は・・・とこれ以上はネタバレになるので、ストップっと
本作は目覚めたら記憶を失った状態でゲームブック「火星の迷宮」の中に取込まれ、サバイバルをすることになります
何者かの主催するこのゲームをクリアして、元の世界へ戻るために仲間になった藍とゲームをはじめますが、グールとなって参加者を襲う存在が現れて、話はSFからホラーへと変わっていきます
また、途中にアイテムとして出てくる作中作とも言えるゲームブック「火星の迷宮」が示すなんともやりきれない終章がもっと救いが欲しいと思うと共に、哀愁を感じます
ともかく、実は大きく話は違ったりしますが、仮想現実と現実の混在といった感じの作品が好きな人は結構いける・・・かも?
スポンサーサイト
  1. 2009/06/23(火) 23:09:36|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やってきたよ、ドルイドさん! 3 | ホーム | 密室の如き籠るもの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/348-3d71feab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。