上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

首無の如き祟るもの

首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ)首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ)
(2007/04)
三津田 信三

商品詳細を見る



あらすじ
奥多摩に代々続く秘守家の「婚舎の集い」。二十三歳になった当主の長男・長寿郎が、三人の花嫁候補のなかからひとりを選ぶ儀式である。その儀式の最中、候補のひとりが首無し死体で発見された。犯人は現場から消えた長寿郎なのか?しかし逃げた形跡はどこにも見つからない。一族の跡目争いもからんで混乱が続くなか、そこへ第二、第三の犠牲者が、いずれも首無し死体で見つかる。古く伝わる淡首様の祟りなのか、それとも十年前に井戸に打ち棄てられて死んでいた長寿郎の双子の妹の怨念なのか―。

ホラー作品は読んでみたくなる反面、読んだ後の厭な感じが好きじゃなかったりするわけです
で、三津田氏の作品は自分が主人公となって現実と幻想との間を取り壊していく感じの作品で、非常に読了感が悪かった
でも、再び手に取ったのは何か惹かれるものがあったんでしょう
あっ でも、憑かれるものが・・・ないですよねぇ

で、内容ですが
昔に田舎の巡査の妻であり、今はミステリィ作家をしている媛乃森妙元が書いた小説という感じで夫の高屋敷元と斧高の二人の視点で2つの事件が書かれています
一つは秘守家の双子の妹が十三参りという成長祈願中に井戸に落とされて殺害された事件
もう一つはあらすじに書かれている事件です
正直な話で言えば、男女の双子の時点でなんとなく筋が判るわけです
しかし、本作の面白さはミステリィとしての十分な体裁が取れている上でホラーとしての怪異を残している点でしょう
とは言っても、大筋で言えば「百蛇堂」と同じような内容ではあるわけです
でも、それが第三者としている点で気味の悪さを残しつつ、すっきりとした解決に至っている感じです
とりあえず、ホラーとミステリィの両方が好きな人はけっこういけると思う作品です
スポンサーサイト
  1. 2009/05/27(水) 23:25:28|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山魔の如き嗤うもの | ホーム | 百器徒然袋 雨>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/336-b6806efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。