上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

百蛇堂

百蛇堂―怪談作家の語る話 (講談社ノベルス)百蛇堂―怪談作家の語る話 (講談社ノベルス)
(2003/12)
三津田 信三

商品詳細を見る


あらすじ
この世には、絶対人目に触れてはいけないものがある…
作家・三津田信三に託された実話怪談の原稿。読んだ者には忌わしいあれが現れて…忽然と姿を消す。不可能状況で頻発する児童連続失踪事件と「あの原稿は世に出してはいけない」という龍巳の言葉は何を意味するのか?葬り去られるべきものが世に出たことで謎と怪異が続発!そしてラストに待つ衝撃の結末!

ホラーには2つある
一つは後味の悪いホラー
もう一つは後味の良いホラー
でも、大半のホラーは後味が悪いわけですが、呪い系のホラーの後味の悪さは嫌いです

というわけで内容ですが
上で呪い系のホラーは嫌いといいながら、本作は呪い系のホラーです
前作の蛇棺葬を引き継いだ作品で、一応の回答を与える作品です
蛇棺葬の主人公の龍巳氏と出会った所から始まり、龍巳氏と百蛇堂の秘密を解くていくことになります
しかし、三津田氏の作品は著者が主人公と言う形式で、作者が怪異に取込まれていくことで現実と幻想の垣根を崩れていく感じです
また、最後は主人公が怪異に飲み込まれてしまうため、次の作品でどのようになっているのかが気になったりします
とりあえず、ページ数も多く、読んだ後にどっと疲労感が残りますが、その後味の悪い終わり方はホラー好きにはどうなんでしょう?
スポンサーサイト
  1. 2009/05/17(日) 23:52:21|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これはゾンビですか? 2 | ホーム | 百鬼夜行 陰>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/331-dee00bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。