上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なみだ研究所へようこそ!

なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)
(2004/01)
鯨 統一郎

商品詳細を見る


あらすじ
ここはメンタル・クリニック<なみだ研究所>。新米臨床心理士として働くぼくこと松本清は、最近目眩(めまい)に悩んでいる。あいつ、波田煌子のせいだ。貧相な知識にトボけた会話。こっちが病気になりそうなのに、なぜか患者の心の悩みをズバリと言い当て、その病を治してしまう。本当に彼女は伝説のセラピストなんだろうか。そして今日もあの不思議な診療が始まった・・・・・・。

とりあえず、最新刊がでなくても我慢は出来るけど、読み飛ばしがあると非常に気になります
まぁ 大抵の作品は特に重要な1冊を除けば問題ないことが多く、特に短編集のような作品ではまず問題にはなりません
でも、たまにストーリーの肝である巻を取りこぼすことがあるので、やはり読み飛ばさない方がいいですねぇ

というわけで、内容です
サイコセラピストの波田煌子シリーズの第一作です
メンタルクリニックのなみだ研究所で人々の悩みに対して煌子が活躍します
第一作目ということでカウンセラーの手法の簡単な説明が各話で説明されています
まぁ あんな少ないヒントであれだけピタリと悩みを当てられる訳はなく、仮に当たっても運がよかっただけというのが本当のところでしょう
しかし、鯨氏の連作短編の作品はあまり頭を使いすぎないで楽しむのが大切です(笑)
ただし、本作の主人公である松本が体験する夏のミステリーが一番の謎だったりします
スポンサーサイト
  1. 2009/03/16(月) 23:36:08|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の夜会 | ホーム | 円卓三国志>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/289-505c9689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。