上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

死者は黄泉が得る

死者は黄泉が得る (講談社文庫)死者は黄泉が得る (講談社文庫)
(2001/02)
西澤 保彦

商品詳細を見る


あらすじ
連続殺人事件と洋館の住人には関係が?
死者を甦らせる装置のある館。そこに住む生ける屍には記憶がない。
死者を甦らせる装置のある謎の館。そこには生ける屍と化した女性達が、生前の記憶を一切失ったまま、仲間を増やしながら生活していた。その隣町では、美女を巡る不可解な連続殺人が……。犯人のねらいは?そして事件と生ける屍たちの関係は?意外なラストは他言無用、奇手妙手を尽くした西澤流本格推理。

西澤氏の初期作品として設定に死者を蘇らせる装置があり、その装置に掛かると生前の記憶が無くなり、館の住人として共通の最低限の知識が変わりに与えられる
そして、蘇った死者はその装置に掛かると修復することができる代わりに、再生する方向を間違えると消滅してしまう
という設定があり、この話の基本となるSUBREとMESSの設定です
一見ややこしく見えますが、最終的には舞台設定の小道具のひとつですので、そこまで気にする必要はありません

で、内容は
蘇った死者側と生前のある事件の話が交互の進んでいく内容です
そして、その進み方は生前のある事件が正方向に進んでいくのに対して、蘇った死者は過去に戻っていく感じに見えるんですが、ここに第一のトリックがあります
そして、最終的にはある事件の解決がこの話の接点で行われますが、ここで生き残った人物がけっこう意外な人物なんですよねぇ
で、文庫版の解説まで読んでいたらこの解説の人がいい解釈をしていまして、最後のほうに若干矛盾っぽいものがあるように思いますが、この解釈を選択するのがもっとも納得できそうです
なんだかんといって西澤氏の作品は結構色恋沙汰を中心に話があるんですよねぇ
例え作品の設定がSFじみてても結構そういったものを大事にしている感じで、今回はそういうふうに解釈しないとドロドロした部分だけで終ってしまってるんで、なにかすっきりしない
ここは二人は色々とあったけど、館に戻って新たな仲間を待ちながら暮らしてるんだと解釈するのがよさそうです
スポンサーサイト
  1. 2008/04/14(月) 00:28:10|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<かりん 14 | ホーム | 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/27-56649f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。