上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安達としまむら 2

安達としまむら (2) (電撃文庫)安達としまむら (2) (電撃文庫)
(2013/09/10)
入間人間

商品詳細を見る


あらすじ
今まで興味なんかなかった。ないフリをしていた。だれにも、なにもほしがらなかった。
だけど今年は違う。
私が初めて願うクリスマスプレゼントは、しまむらとのクリスマスだった。
今までなんとなく毎年過ごしていた。強い関心があるわけでもなかった。
だけど今年は違う。
少し気を遣って、安達へのクリスマスプレゼントを選ばないといけない気がしていた。

今回の台風18号は私が経験した中で今までの台風で一番強力だったかもしれない
近隣では京都、遠方では埼玉などでかなり大きな被害を出していますが、この台風で人的被害が昔より低いのは悪い話ではないと思います
まぁ 大阪も南部の方で川が氾濫の危機にありましたが、淀川は30年以上前に氾濫対策を実施したのでかなり耐性が高いようです
聞くところによると、40年くらい前は大雨のたびに河川が氾濫していたというので、当時の大阪の人はかなりがんばって対策を行ってくれたと感謝するばかりです

で、内容ですが
ゆるゆるゆりゆりじゃなくて、ゆりゆりゆるゆりくらいの百合作品です
もはや入間氏の新境地開拓といってもいいくらい何も起きないま~たりとしています
初めのしまむらジムへ行くは、しまむらが母親に連れられてジムへ行った先で思わぬ人と遭遇する話です
それ以外はクリスマスに二人で出かけるのに向けての葛藤とその落ち着いた顛末です
全体的に百合っぽい感じなんですが、結局のところ行き着くところは友達の先であって、恋人って感じではないんですよね
でも、逆にその微妙なところが特に大きな出来事がなくても引き込まれるところでもあります
う~ん、そういえばこういう作品って他にあったかな?って感じのすごく隙間に嵌まった感じです
そして、安達としまむらの二人だけではなく、その友人の日野と永藤も違う感じにゆりゆりしています
安達としまむらが高校で出会って仲を狭めている最中なのに対して、幼馴染でいつも一緒にいるのが当たり前な二人もまた違った味わいが・・・
特に永藤の独特の考え方と底が見えない日野の謎・・・特に家の関係が気になる!
しかし、こうした本編の後に挿入されるヤシロとの短編がこの作品は入間氏の作品なのを思い出させてくれて落ち着きます(笑)
ともかく、男なんていらない!って感じで登場人物が女性ばかりのゆりゆりゆるゆりな作品ですが、この先の二人を読んでみたいですね

クリスマスに遊びに行くのにその服のチョイスはない!(笑)
しかし、それはそれでアリだと思います!!
スポンサーサイト
  1. 2013/09/14(土) 23:55:33|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パダム・パダム | ホーム | マグダラで眠れ 4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/1539-a6584dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。