上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グランクレスト戦記 1

グランクレスト戦記  1 虹の魔女シルーカ (富士見ファンタジア文庫)グランクレスト戦記 1 虹の魔女シルーカ (富士見ファンタジア文庫)
(2013/08/20)
水野 良

商品詳細を見る


あらすじ
混沌がすべてを支配する大陸。
人々は混沌により生じる災害に怯え、それを鎮める力〈聖印〉を持つ、君主に守られ生きてきた。
だが、いつしか君主たちは「人々の守護」という理念を捨て、互いの聖印と領土を奪い合う戦乱へと突入していく――
理念なき君主たちを軽蔑する孤高の魔法師シルーカと、故郷を圧政から解放するべく修練の旅を続ける放浪の騎士テオ。
「わたしは騎士テオの聖印と契約し、永遠の忠誠を誓います」
ふたりが交わした主従の誓いは、混沌と戦乱の大陸に変革の風をもたらすのか!?

自転車に乗る人と子供を持つ親を震撼させた地裁での9500万円の賠償判決です
確かに無謀な自転車運転での事故であり、子供だから無罪と言うことでは決してありません
しかし、坂道での時速20~30kmでの走行ってみんなしていますよね?
そして、自分の安全のためのヘルメット着用こそしていませんが、他者への危険を知らせるライトの点灯はしていたという話です
これで子供への指導が行き届いておらず、保険会社への賠償をしろっていうのはあまりにひどいと思うのですよ
まぁ 所詮は自説で法律を捻じ曲げる人が多い地裁の判決なので、最後はある程度妥当な金額に減額か示談となりそうですが、一体どうなるのですかねぇ

で、内容ですが
デス・ニード・ラウンドやはがないの新刊が出る前に時間があったので少し読んでみたわけですが・・・
うわっ この作品はすごく面白い!
ライトノベルで一番書かれる戦乱モノ、さらに作者は25年もこの分野を書き続ける水野氏です
まぁ 面白くないわけがないのですが、これはまったく新しい形態の戦乱モノだと感じます
まず視点が君主ではなく、その君主に使えるという名の元に戦乱を主導する魔法師のシルーカです
そして、大事なところはこういった戦乱ものでありながら、戦闘シーンはあっさりしているというか、簡略・省略と言っても過言ではあります
本当にRPGゲームのように敵が飛び出して、側面から見方が攻撃し、全滅させたという感じなんですよ
これは一つ間違うと手抜きに見えますが、この作品の主題はシルーカとテオが戦闘を前にどう動いたかというところであり、その結果である戦闘は蛇足なんですね
しかし、こういった戦乱ものではその戦闘を丁寧に書くことが作品への評価とされることが多いです
それを省略することによって、その裏の戦略・戦術面を強調するとともに、物語の展開がスピーディです
一介の放浪騎士から村レベルの領主を経て、周囲の領地を整合し、一国の王レベルまでを1巻にまとめています
それを詰め込みすぎに感じないほど読みやすく、わかりやすいのですよ
また、その立身出世の展開の中に一通りの世界観も解るようになっているのですよね
たとえば、この世界の勢力は主に大工房同盟と幻想詩連合の二つに分かれているわけです
統合を目指した両方の盟主がいなくなったために対立が深まっている上、それぞれの中も群雄割拠の状態で、ギリギリ均衡をとっている状態
この世界のシステムで大切なのは聖印システムです
混沌というエネルギーがあふれるこの世界で、混沌が集合して現れる魔物を倒して混沌核から聖印を作り、さらに混沌核や他の聖印を吸収することで領地の制限が撤廃されていくという流れです
たとえば、騎士クラスは領地を持つことができなくて、爵位を持てばそれに応じて領地を多くなり、最終的にはすべてを統合してタイトルのグランクレスト(皇帝聖印)を目指す
しかし、ほとんどの君主は領地で特権を行使し、戦乱を戦い、爵位を上げることに終始し、領地は疲弊している状態です
そんな状況を苦く思うシルーカと故郷の圧政から解放するために旅に出たテオがであったことから戦いの始まりです
思慮遠望で、策謀に長けるシルーカが、とにかく現状を変えたいけどどうしていいのかわからないテオを導くことになります
しかし、シルーカは意外と感情的なところがあって、大事なところで失敗します
でも、一見何も考えていないように見えるテオがいざというときには活躍するのですね
一時は絶望的なところまで追い込まれつつ、どうにか生き延びて再出発という形に戻りましたが・・・シルーカの心境にも変化がありますね
ともかく、驚くほどにスピーディで読みやすく、また面白いのですごくオススメの作品です

メディアファクトリーとのシェアワールド作品らしいので、そちらからも関連作品が発刊されると思います
スポンサーサイト
  1. 2013/08/23(金) 23:48:07|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<僕は友達が少ない 9 | ホーム | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/1520-2e80f163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。