上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とんち探偵一休さん 金閣寺に密室

金閣寺に密室(ひそかむろ)―とんち探偵一休さん (ノン・ノベル)金閣寺に密室(ひそかむろ)―とんち探偵一休さん (ノン・ノベル)
(2000/03)
鯨 統一郎

商品詳細を見る


あらすじ
応永15年(1408)、初夏。賢才の誉れ高い建仁寺の小坊主一休に、奇妙な依頼が舞い込んだ。「足利義満様の死の謎を解いてくだされ」将軍職を退いた後も権勢を誇り、ついに帝位までも狙った義満が、数日前、金閣寺最上層の究竟頂で、首吊り死体で発見されたという。現場は完全なる密室。しかし、義満に自殺の動機はなし…。一休は能楽者の世阿弥、検使官の新右衛門らの協力を得て推理を開始。そして辿り着いた仰天の結論とは…。

鯨氏といえば、歴史ミステリィと本格ミステリィとの合成作品というイメージです
そして、同じような作家としては高田氏を思い浮かべますが、高田氏は歴史ミステリィと本格ミステリィを関連性はあるけど分離している感じで扱っています
逆に鯨氏は歴史ミステリィの中に本格ミステリィの要素を取り込んでいる感じでしょうか

で、内容ですが
年代的に子供時代に見たことがあるアニメ一休さんの主人公一休さんの話です
どちらかというと一休さんの話を時代考証を入れて、そこに独自の持論を加えてミステリィ仕立てにしたリアル一休さんといった感じでしょうか?
リアルな分、非常にいやな~な感じで物語が進んでいきます
アニメのちょっとおちゃめな将軍様像が悪の大魔王風ですからねぇ
室町幕府や一休さんなどに興味ある人は一度読んでみてもいいかもしれません
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 15:28:02|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<刀語 一話 | ホーム | 新本格もどき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/152-eb130885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。