上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安達としまむら

安達としまむら (電撃文庫)安達としまむら (電撃文庫)
(2013/03/09)
入間人間

商品詳細を見る


あらすじ
体育館の二階。ここが私たちのお決まりの場所だ。
今は授業中。当然、こんなとこで授業なんかやっていない。
ここで、私としまむらは友達になった。
好きなテレビ番組や料理のことを話したり、たまに卓球したり。友情なんてものを育んだ。
頭を壁に当てたまま、私は小さく息を吐く。
なんだろうこの気持ち。昨日、しまむらとキスをする夢を見た。
別に私はそういうあれじゃないのだ。しまむらだってきっと違う。
念を押すようだけど、私はそういうあれじゃない。
ただ、しまむらが友達という言葉を聞いて、私を最初に思い浮かべてほしい。
ただ、それだけ。

そろそろ卒業シーズンです
卒業と言えば、そうです!
ネットゲーやソーシャルゲームからの卒業です(笑)
まぁ どちらかと言うとゲーム業界がソーシャルゲームという名のゲームじゃない何かで生き残ることを卒業したらいいと思ったりするわけですが・・・
まぁ 最近のゲームは楽しむためにするのではなく、暇つぶしにするものになってるからね・・・

で、内容ですが
授業をサボり仲間の安達としまむらのゆるゆるっと百合風味な話というよりも、だらだらっと女子高生ライフという感じです
友達付き合いが苦手な安達となんとなく一緒にいることになったしまむらの視点から、徐々に友達っぽくなっていく二人の関係
また、その関係は他の2人の友達とは少し違った友情で・・・
そして、途中で安達の視点からのしまむら達は、面倒でいて、気恥ずかしくて、それでいて心地よい
居場所がなくてサボっていたけれど、徐々に居場所を見つけていく感じがいいですね
まぁ それが行き過ぎて百合っぽいところまで行ってしまってますけどね(笑)
そして、ゲストとして社さんが登場ですが、これは過去の話?
社が今の地球に来た所っぽいのですが、携帯電話もあるし・・・そんなに前じゃない?
そして、本作にはなんと壮大な叙述トリックが・・・ありませんでした
前回に酷い目にあったので、今回も何かあるのかと警戒してしまいましたよ(笑)
今回はゆるゆるっと女子高生ライフなので、安心して読んで下さい
しかし、黒い入間氏と白い入間氏の差が激しいのです
ともかく、安達としまむらと仲間たち+未来の宇宙人のゆるゆる女子高生ライフは如何でしょうか?

イラストののん氏は白身魚氏を彷彿させるような本作に合致した絵柄です
しかし、なぜ安達のチャイナ服のイラストがない!
スリットの開いたチャイナ服のイラストを早く!カラーでよろしくです(笑)
スポンサーサイト
  1. 2013/03/15(金) 23:02:55|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モナミは宇宙を終わらせる? | ホーム | 祟り火の一族>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/1404-05848c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。