上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

毒草師 パンドラの籠

毒草師 パンドラの鳥籠毒草師 パンドラの鳥籠
(2012/12/07)
高田崇史

商品詳細を見る


あらすじ
「魔女の鳥籠」と呼ばれ、鬱蒼とした森の中に佇む洋館。
その周辺では、過去に3体の首なし死体が発見され、現地では、館に住む齢300歳の魔女の仕業だと噂されていた。
雑誌編集者の西田は、事件関係者の依頼により、隣室に住む自称〈毒草師〉の御名形と事件を調べることになる。
御名形は、現地に伝わる「浦島太郎」伝説が関係していると見て、「浦島太郎」の物語を調べ始めるが、それは、「記紀」にも記されている、日本で最も古い物語だった。
しかも、そこには、天皇家にまつわる、禁断の事実が隠されており……。

最近は疲れが溜まっているみたいで、いつの間にか寝てしまう日が続いています
・・・もうダメなのかな?
まぁ そんな冗談はさておき、正月から寝込んでいたので、部屋の掃除が出来ていません
そろそろしないと本が雪崩れてきそうです
(年末にやってるべきではないかと言うことには目をつぶって下さい)

で、内容ですが
毒草師シリーズの第3弾です
今度は丹波で連続首なし死体と魔女の事件です
しかし、事件は浦島太郎につながって、丹波七姫から七夕、そしてあの話へとつながります
毒草師シリーズはQEDシリーズとカンナシリーズの補足や穴埋めとしてオーバーラップしています
また、本作は主人公の西田がワトソン役として他のシリーズにないようなオーソドックスな体制です
しかし、探偵役の御名形はどうしても言葉足らずです
すべてを知っている者の視点で話をしているので、話が飛んだり、端折られたりするので、西田じゃなくても理解できないです
しかし、逆に全体像が見えてくると一気に見えてくるのですが・・・
でも、この西田は惚れっぽいのですが、女性を見る目がよくないのかあまりよくない女性に惹かれますねぇ
正直ここまで見事にはまってくれるとワトソン冥利に尽きると言うモノです
特にタイトルにもあるように毒草を操る者の話なので、毎度生き残る悪運の強さがすごいです
あと、今回から御名形と神凪がコンビを組むのですが、このコンビは最強すぎますね
ともかく、毒草から幻想的な話に、そして歴史ミステリィにつながるところは高田氏らしい作品です

今後は毒草師シリーズでいくのか、新しくシリーズが出るのか気になるところです
スポンサーサイト
  1. 2013/02/08(金) 23:14:04|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<青春ラリアット!! 5 | ホーム | アークⅨ 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/1369-3ded2339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。