上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カンナ 京都の霊前

カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)
(2012/07/05)
高田 崇史

商品詳細を見る


あらすじ
盗まれた社伝を求めて、京都へ向かった甲斐と貴湖。そこで待っていたのは、日本の歴史を修正しようとする組織と、忍者一族の暗闘だった。
相克する二者に追い詰められ、ついに甲斐の秘められた能力が覚醒する……!!
歴史の真実を求める旅の果てに辿り着いた、聖徳太子と存在を消された天皇の正体は!?

女性天皇などので揉めていたり、皇太子家で揉めていたりする昨今の皇室です
マスコミやテレビなどでは天皇家の伝統や血筋で正統性を争うことも多いです
しかし、昔の天皇は親兄弟で争って、都市を半壊させたり、気分で一族を滅亡させたりした悪魔のような血筋も引いているわけなんですよ
まぁ だから滅びろなんていいませんが、現在の皇族があるのは戦後に果たした様々な功績で敬われているのであって血筋だけで敬われているわけではないことが大変重要です

で、内容ですが
カンナシリーズ完結です
竜之介が玉兎の神輿になるなど急展開の前回から諒司と竜之介が玉兎に向います
しかし、玉兎では竜之介の祖母が殺害されるなどの不穏な状況で、澪に憑りついた冴子も諒司と和解する雰囲気ではない感じです
そんな中で第七感とも言える超人的な力を覚醒させつつある甲斐も貴湖と一緒に京都に向かうのです
しかし、もう何か甲斐は当初の無気力で流されるだけの性格から別人ちかくに変わりましたねぇ
まぁ あれだけ色々な体験をしたら成長するのはたしかですが、あの万能超能力はすご過ぎます
もはや何でもできそうなくらいなので、歴史の闇に葬られてきますねぇ
結局はどんな力なのかははっきりしないままでしたけどね
そして、玉兎と波多野村雲流と諒司・竜之介の三つ巴からさらに甲斐達の介入などで大乱戦です
しかし、事態は後味の悪い結末となってしまいましたが・・・
でも、聖徳太子の真相は結局藪のな・・・じゃなくて、甲斐の中です
ともかく、一応の完結で、崇や御名形も登場したけれど、すごい引きで終わってしまって、次のシリーズが待ち遠しいです

しかし、この高田氏の歴史ミステリィを読むと時の支配者は碌なことしないなぁってつくづく思いますねぇ・・・
スポンサーサイト
  1. 2012/12/06(木) 23:59:13|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モナミは世界を終わらせる? | ホーム | アウトブレイク・カンパニー 5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/1322-6d812895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。