上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妖国の剣士

妖国の剣士妖国の剣士
(2012/10/11)
知野 みさき

商品詳細を見る


あらすじ
幼い頃、自分の非から、妖かしに弟を拐かされた黒川夏野は、女だてらに妖かしと戦う剣の腕を磨いていた。
そして弟の生存を信じて東都への一人旅の途中、ひょんなことから封印されていた妖かしの目を取り込んでしまう。
一方、幼児誘拐が頻発する東都に、奇妙な二人組みが現れる。
一人は飛燕の国で一番の剣の腕を謳われながら、金貸しの取り立て役で糊口をしのいでいる鷺沢恭一郎。
もう一人は片言の言葉しか話せない奇妙な男の子・蒼太。
弟の行方を探していた夏野が、妖かしに追われ続けるこの二人と出会ったことで、物語が動き出す。

もういい加減にしてほしいことに、批判したことを自分もやっているという政治家の一人劇があります
あれだけ批判していたのなら、まず自分の近辺を調査してから批判しろと思います
仮にその後に気づいたにしても、その後にやってしまったとしても、問題になる前に改める気はないのでしょうか?
また、外国人の献金問題は、献金する方にも罰則を与えたらいいとおもうのだが、なぜそんな法令をつくらないのかな?
しかし、財務大臣に強権の前原氏が付いたから、財務省からリークされた可能性があることも挙げておきます

で、内容ですが
江戸時代の日本を思わせる剣士と術師と妖怪の国 安良国を舞台に妖かしと剣士の物語です
出だしから序盤を読むと夏野が主人公かと思ってしまいますが、全体的にみると恭一郎が主人公っぽいです
では、夏野がヒロインかと言うとまったくそんなことはありません(笑)
むしろ、夏野はトラブルメーカーで、しゅんとすることはあってもデレません
続刊が出たらデレ期があるかもしれませんが、それよりも由岐彦さんが我慢できなくなるのが早そうです
基本的には妖かしに攫われた弟探しに来た夏野と悪い女に絡まれた恭一郎が蒼太によって交差する話です
しかし、ここに妖かしの事情と人の事情が絡まって、とても酷いことになります
でもね、タイトルにあるように剣士と妖かしが活躍するわけなんですけど、ちょい役のはずの術士がすご過ぎる
さすが理一位様なんですけど、これで盾なんですか?
もうスパイクシールドみたいな盾ですよねぇ(笑)
そして、豪快で意気揚々と登場した馨さんは・・・あれ?豪快な剣技の描写がないのですけど?
ともかく、この1冊でまとまった作品ですが、続きが読んでみたい作品です

しかし、この作者の略歴が私、気になります
あと、イラストでは恭一郎はあまり美男じゃ・・・
スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 23:13:28|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京ローカルサイキック | ホーム | 大空のドロテ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/1293-12390036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。