上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とある飛空士への夜想曲 下

とある飛空士への夜想曲 下 (ガガガ文庫)とある飛空士への夜想曲 下 (ガガガ文庫)
(2011/09/17)
犬村 小六

商品詳細を見る


あらすじ
サイオン島には「魔犬」がいる――。
ヴィクトリア海海戦より半年後、帝政天ツ上軍の撃墜王・千々石は、神聖レヴァーム皇国軍の飛空士たちにそう呼ばれ恐れられていた。
しかし、物量に劣る天ツ上の兵士たちは、レヴァーム軍の果てしない攻撃を前に次々と命を散らしてゆく。
そして、ついに東進を開始したバルドー機動艦隊。迎え撃つべく、空母「雲鶴」に再び乗り込んだ千々石を待ち構えていたのは、最新鋭科学兵器に守られた海の要塞と、あの男の技だった……!
魔犬と海猫――ふたりの天才は決着を求め、天空を翔る!

・・・失敗した
購入予定にある末摘花の特装版が売ってないのです
先週は雨で買いに行けなかったので、今週はがんばって探し回ったわけですが、有名どころはすべて売り切れです
比較的特装版は売れ残りやすいのですが、本作は別だったみたいです
とは言え、別に特装版を買っても箪笥の肥やしとなるわけなんですけどね

で、内容の前に
いやぁ~ これは傑作です
この本は歴史か道徳の教科書にするべきと言いたいくらいです
戦時中の兵士についてこれほど熱く語った作品はありません
と、書くと変な思想作品と思われてしまうかもしれませんけど、現場の兵士の大半は戦争と言っても国と言うよりも、国に住んでいる誰かを守りたくて戦っているのです
もしそうでなければ、特攻なんて真似はできません
自分の命で敵の侵攻を少しでも遅れさせることで、助かるかもしれないという思いで命を掛けてくれたのです
そして、戦後の日本は世界に並び立つ経済大国として成ったのも戦争を戦った人たちのお蔭なのですよ
まぁ 戦争を止められずに最悪な形で始めたしまった当時の政府や軍上層部はダメだし、戦争自体もいいとはことだと思いませんが・・・
しかし、見ることもない子孫のために必死の中で戦った彼らを決して悪く言ってはいけないと思うのです
この本を読むとそんな過去の日本を思い浮かべて、戦ってくれた彼らへの感謝と今の日本のだらしなさを思い知らされます

で、内容ですが
前回の不吉なバルドーの宣言から怒涛の物量攻撃で徐々に押される帝政天ツ上軍
さらに敵の新型機にバルドーの執拗な攻撃が余力を徐々に削っていきます
そして、大瀑布側での決戦に敗れ、徐々に追い込まれていくわけですが、敗退時に千々石の投じた一石がバルドーに響きます
本当はここでバルドーも天ツ上にも優れた”人間”がいることに気づいていたはずなんですよねぇ
むしろ、それに気づいてしまったから、それが許せなかったのかもしれません
その後のバルドー部隊の徹底的な攻撃によって天ツ上は壊滅的ダメージを受け、ついに本国への足掛かりになる淡島での決戦です
とは言っても、もはや大した戦力もないところに徹底的な空爆です
まさに一矢報いるために決死の覚悟です
そこに真電の改良機である真電・改がどうにか間に合います
とは言え、やはり敵の最新鋭機アイレスVにはわずかに劣る性能みたいです
圧倒的に戦力差の中で飛び立った千々石にバルドーが決戦場を作ります
1000機を超える敵軍の中で1機で海猫と戦うことになりますが、ここからの千々石の奮闘は熱い、熱すぎます
しかし、大空のサムライと言いましたが、これは空の王です
この神掛かりはまさに一機当千、一機で1000機を超える敵機を翻弄し、その成果として一矢を報いることができましたが・・・
正直なところ、海猫はあくまでのライバルであるだけであまりスポットが当たるわけではありません
又、皇女も最後に出てくるだけで海猫との接触もないので、追憶の続編と言うよりはアナザーサイドに徹していますね
とにかく、本作で言えることは終盤の熱い空戦と天ツ上が一矢報いる場面が見物です

本作はあまりに熱い男たちの姿を書きすぎているので、ヒロインの美空さん以外は女性が登場していない上に、基本的に待つ女という感じです
スポンサーサイト
  1. 2012/09/05(水) 23:20:29|
  2. ガガガ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<汎虚学研究会 | ホーム | とある飛空士への夜想曲上>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/1244-d01a33bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。