上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幽女の如き怨むもの

幽女の如き怨むもの (ミステリー・リーグ)幽女の如き怨むもの (ミステリー・リーグ)
(2012/04/17)
三津田 信三

商品詳細を見る


あらすじ
戦前、戦中、戦後にわたる三軒の遊郭で起きた三人の花魁が絡む不可解な連続身投げ事件。
誰もいないはずの階段から聞こえる足音、窓から逆さまに部屋をのぞき込むなにか……。

さて、消費税の増税法案が衆議院を通過しました
はっきり言って、賛成に投票した議員は死ねばいいと思います
これは先日に挙げたギリシャと同じ話で、税率を上げても、歳出を削減するか、経済活性化させて歳入を増やすかしないと財政が回復するわけがないわけです
ここ最近のマスコミは消費税増税で財政再建に一歩なん言ってるし、出てくる経済学者もそんなことを言ってますが、どこの阿呆ですか?
WBSのコメンテーターが力説していたように、経済政策か歳出削減無くして財政再建なんてあり得ない

で、内容ですが
三津田氏の刀城言耶シリーズはミステリィと書くとややこしいので、推理小説と怪奇小説が合わさったような作品です
また、時代背景などから金田一耕助シリーズのような古典的な推理小説の趣があります
しかし、本作は地方の花魁の悲哀を書いた感が強いですねぇ
構成はある花魁による戦前の日記、戦中の女将の証言、戦後の怪奇小説家の連載によって幽女という怪異に引き込まれて、転落した各時代の3人転落事件です
三津田氏らしく幽女という正体不明の怪異がおどろおどろしく書かれています
しかし、基本的には地方の花街で花魁として生きないといけなかった女性たちが書かれています
そのため、最後まで読み終えても怪異としての幽女のイメージは少なく、事件も哀しい出来事として一応の解決を見ます
でも、よくよく考えると解決には窓から覗く幽女のことにはほとんど触れてないんですよねぇ
そして、最後の最後に判明する幽女の正体らしきもの
しかし、それは身震いするような怖さではなく、何か物悲しく、それでいて芯の部分から冷えるような怖さですねぇ
シリーズの推理と怪異という点は踏襲していますが、かなり違った雰囲気の作品になっています
ともかく、終盤の推理によって怪異の雰囲気はかなり薄くなってしまいましたが、題材から考えてもこれくらいの幽かさがいいのかもしれません
スポンサーサイト
  1. 2012/06/26(火) 23:07:24|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はぐれ勇者の鬼畜美学 9 | ホーム | ある朝、ヒーローの妹ができまして。 2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/1190-df893de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。