上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤緑黒白

赤緑黒白 (講談社ノベルス)赤緑黒白 (講談社ノベルス)
(2002/09)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
深夜、マンションの駐車場で発見された死体は、全身を真っ赤に塗装されていた。数日後保呂草(ほろくさ)は、被害者の恋人と名乗る女性から、事件の調査を依頼される。解明の糸口が掴めないまま発生した第二の事件では、色鮮やかな緑の死体が……!
美しくも悽愴な連続殺人! 

Vシリーズも最終巻となったわけですが、これで謎は・・・今ひとつ解けていないですねぇ
いや、本当は解けているんですが、はっきりと断定していないから分かりにくいというのが正解かな?
S&Mシリーズとの関わりは割と早くに気がついたんですが、その証拠部分がいくつか抜け落ちていたわけで、本書を読んでも今ひとつわからなかった
そういうわけで検索をかけてみたら、足りないピースとそれ以外のこともわかった納得というか、そういうことだったのかと愕然としました
そういうわけで、このシリーズを読む前にネタバレありの感想サイトなどは見ないことをオススメします
そして、シリーズを読了後にそういった情報を探してみると、そんなことまで考えてこのシリーズは出来ていたのかと感心するでしょう

で、内容ですが
実際の小説の内容と同じような連続殺人事件が発生するというある意味よくあるパターンです
しかし、その犯行が被害者をスプレーで色を塗るというもので、それは服を着たまま眼鏡などの装飾品まで同じ色で塗りつぶされるというものです
その被害者の恋人からある人物が犯人であることを突き止めて欲しいとの依頼が保呂草に来ますが、まぁ 保呂草の言いたいことはよくわかりますねぇ(笑)
ということで、その犯人探しに保呂草が絡むことになるわけですが、ここらへんからはいつもの展開です
でも、その奇行が証拠隠しではないというのがVシリーズ的ですねぇ
今回でVシリーズの締めということで前回の独白部分で少しあったように保呂草が阿漕荘から出て行きます
そのため、締めの独白はなく、紅子とある人物の接点で終わり、それがつながって行くわけです
そういう意味ではこの2巻はある人物に関する話ということですね
最後と言うことで、その後の阿漕荘の面々がどうなったのかが気になるところですが、他のシリーズにゲストで出ていたり、短編集で出てくるのかな?
ともかく、森氏の作品が好きな人はぜひともS&MとVシリーズは読んでもらいたいところです
で、次の四季シリーズも読むことになるんですけどね(笑)
そして、以下はネタバレに続きます

というわけで、薄々は気づくと思いますが、本シリーズはS&Mシリーズの前哨戦であり、犀川先生の子供のころの話です
そんな子供いたかと言われると、へっ君がいたでしょと答えるしかありません
そう創平で「そう君」ではなく、そうへい君からへい君、へっ君となったんでしょうね
そうなると七夏の娘が儀堂世津子になって、腹違いの兄弟ってことで創平君と呼んでいたことになるわけです
う~ん、森氏は全シリーズを書く前にここまで考えているんですよねぇ
これはそれだけこの話を暖めていたことと2シリーズ分は本になるという自信があったということですね
まさに自信作です
そうなると紅子は犀川先生の息子になります
そして、いまひとつわからなかった複線は林刑事っていう風に書かれているので騙されましたが、林は苗字じゃなくて名前なんですねぇ
そう、犀川林がフルネームです
あれだ・・・みんなに下の名前で呼ばれるとかどんなけフレンドリーなんだと言いたい(笑)
あっ!でも、萌絵の叔父である本部長が犀川っていう珍しい苗字を知らないってことは途中で殉職か転職したんですかねぇ
まぁ 犀川が大学を卒業するまでは学費を払うために生きていると思うんだけど、キャリアだから転勤したにしても珍しい苗字なので見て気づかないってことはないと思うんだけどねぇ

そう考えると捩れ屋敷の利鈍は他の作品とは違って未来(現代)の話になるわけですねぇ
・・・紅子はまだ無言亭に住んでいるんですが、犀川先生は実家へ帰っていないわけですかねぇ
でも、そう考えると美人にあまり犀川先生が反応しないのもわかりますねぇ
そして、犀川先生がどことなく保呂草のしゃべり方に影響を受けているようにみえるのも分かります
あと、シリーズ構成が合うように出来ているという点もあります
例えば、捩れ屋敷の利鈍は今はもうないの1世代前の話に対して、1世代後の話ですし
まぁ そこらへんは探せばまとめてくれているところがすぐに見つかります

そして、最後の2冊はどうも真賀田四季との複線を持たせるための話でもあるんじゃないでしょうか?
それは例のテロリストというか纐纈苑子の所属している組織や今回のMNIなんかが関連していると思われます
さらには本人まで出てきましたしねぇ
犀川先生はどちらにしても真賀田四季と関わることとなったんでしょう

さて、ここまで読んでみると今後の四季シリーズやGシリーズが気になるところですが、短編集を先に呼んで方がいいのかな?
ともかく、シリーズを読み終えてひと段落だと思ったら、早く続きが読みたくなった
でも、来週は怒涛のラノベ祭りや再来週からの別件の用事があるので、だいぶ後になりそうです
スポンサーサイト
  1. 2008/07/21(月) 13:30:40|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スレイヤーズすまっしゅ1 | ホーム | 水車館の殺人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/112-0e9afd46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。