上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベン・トー 8

ベン・トー 8 超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版1250円 (ベン・トーシリーズ)ベン・トー 8 超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版1250円 (ベン・トーシリーズ)
(2011/12/22)
アサウラ

商品詳細を見る


あらすじ
半額弁当争奪バトルに青春を賭けるHP(ハーフプライサー)同好会ではメンバーの白粉に元気がないことを気に掛けていた。
佐藤たちは彼女を元に戻そうと奔走する一方、クリスマスに合わせるかのように『最も最強に近い狼』と呼ばれる猛者、サラマンダーが徐々に街へと近づきつつあるのを警戒していた。
そんな中、槍水はHP同好会のメンバーと伝統である聖夜のパーティをしようとしていたのだが、白粉、そして佐藤も著莪と別の予定を立ててしまっていて大変なことに――!?

さて、この時期によくある質問の一つとして「何歳までサンタクロースの存在を信じていた?」があります
別に熱心な仏教徒だとか反キリスト教だとか言うわけではありませんが、私は存在を信じていたことがありません
我が家の親は特に理由もなく、クリスマス=プレゼントを買う日と単純化した結果、サンタクロースが介在しなかっただけです
つまり、日本的な現在のクリスマスの最先端な思想をその時点で植え付けられていたわけです
そこにロマンやファンタジーがなくても人は生きていけるのですよ

で、内容ですが
サラマンダー襲来と言うよりも、佐藤の正式な二つ名が決定する話かな?
まぁ もう「変態」でよくない?って気もしますが、サラマンダーが名付け親です
・・・でも、この二つ名が根付くような気がしないのはなんででしょうか?
今回は基本的に3本立て、二つ名のついた茶髪さん、サラマンダーと対戦、拗ねた先輩とクリスマスパーティの3本です
基本的にはサラマンダーこと響鉄平の遠征が下地なんですけどね
しかし、今回は結構HP部の過去の話が出て来て、なんとなく状況が判ってきました
でも、最終的に決裂した原因までは明らかになっていませんけどね
また、二つ名のついた茶髪さんは何気に二つ名の真実を語っていますが、それではますます佐藤に二つ名がないのかが判らない
むしろ、あまりにも奇行やろくな目立ち方をしないので、決めかねているに近いのかも・・・
その茶髪さんはついにカラーイラストにも登場ですが・・・アニメと同じで顔が陰で見えない
烏頭でさえ片目は見えてるのになぜ・・・
彼女は3年で進学先も決まって、狼としての活動もあと3か月と言うことですが・・・多分丸富大学なんだろうなぁ
そして、サラマンダーは言ってしまうと戦闘特化型の狼で、その腹の虫の加護と勝利の一味に対する執着で完全武装です
無駄に高い攻撃力と痛覚を感じない打たれ強すぎる体、これだけで十分に脅威です
最強に次ぐ者と言われているだけの実力者ですが・・・やはり最強に次ぐ者なんですね
万能に最強である魔術師に対すると相性の問題が大きく、汎用性に問題があります
まぁ 並みの相手であれば、それを超えるだけの実力は十分にあるんでしょうけどね
但し、サラマンダーの話の中に出てきた騎士とアーサーという新たな概念が追加です
恐らくはHP部の創立に関係してそうですが、どうなんでしょう?
そして、何気に佐藤が打ちひしがれた時に助けてくれる山乃守さんは色々とおいしいところを持って行きますねぇ~
これは烏頭も妙な人と付き合ってしまったものです
そして、本当は子供っぽいけど、いつも背伸びをしている先輩が拗ねるのが今回のメインストーリーです
大人っぽい雰囲気を持って、妹で培った面倒みの良さがありますが、基本的に純粋なんですよねぇ
だから、いざこじれた時には一歩も引かず、素直になれないわけですが・・・
あと、今回は小ネタ関係も充実して、石田彰先生の話とかほとんど凶器です
また、いつもの白粉先生は新たなジャンル「獣道」を手に入れてしまいました(笑)
これって漢だけしか参加しないんですよねぇ・・・うえっぷ
そして、トイレッツは出るだろうなとは思いましたが、この展開は・・・
ともかく、クリスマスにすれ違う狼たちとサラマンダーの襲来でしたが、次はついに魔術師との再戦でしょうか?

で、アニメの方ですが
・・・非常に残念です
ベン・トーをアニメ化するときにアクションシーンがメインにしたいのはよく解るんですけど、横道の面白さもこの作品のいいところなんです
正直、どちらかと言えば、横道の佐藤と愉快な仲間たちとか、佐藤家の人々ネタをフルメタふもっふみたいな感じでやった方がよかったかもしれないくらいです
それ以前にストーリーを詰め込み過ぎて、大事なところをカットしすぎているのですよねぇ
やっぱりこの作品はアニメ化よりも実写化で、少林サッカーみたいな感じが一番良さそうなんですけど・・・
でも、そう考えるとアサウラ氏の本筋に横やりをうまく入れる技術は中々すごいなぁって思いますね
スポンサーサイト
  1. 2011/12/25(日) 23:14:20|
  2. スーパーダッシュ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カンピオーネ! 11 | ホーム | 明日も彼女は恋をする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eroore.blog40.fc2.com/tb.php/1072-4acd8bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。