上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬とハサミは使いよう 7

犬とハサミは使いよう7 (ファミ通文庫)犬とハサミは使いよう7 (ファミ通文庫)
(2013/06/29)
更伊俊介

商品詳細を見る


あらすじ
「決着を付けましょう」
そんな言葉で、何故か決まった夏野【なつの】と紅葉【もみじ】のサイン会対決。
何をどう勝負するのかと思いきや、「沢山読者を倒した方が勝ちに決まってるじゃない」って駄目ぇぇ!!
実はサイン会の経験がないふたり、まず情報収集を始めるが……これ本当にサイン会開けるのか!?
そして紆余曲折の末迎えた当日。
「無事に終わると、良いね」ほくそ笑む人影の正体は!?
サイン会、そして作家たちの対決の行方は――!?

通常国会が閉幕して、参議院選ムードになりつつあります
しかし、今の野党は前の衆議院選までは与党だったわけであり、自民党の批判や政策をアピールする前に与党時代の反省をしっかりする必要があると思います
しかし、民主党のように見当違いの反省らしきものを堂々とアピールして、まったく与党時代のことを顧みない政党は問題外です
参議院選の争点をいろいろなコメンテーター(笑)が挙げていますが、恐らくは与党時代の反省とそれを伴った政策を野党が挙げられるかという点が一番の争点ではないかと思います
それができないなら、この前の都議選のように与党の自民党と公明党、民主党政権から距離を置いていた共産党が議席を伸ばすだけでしょう

で、内容ですが
サイン会対決って某国民的(笑)アイドル集団の握手会みたいなモノを想像していたら、もっと違う何かだった
とは言っても、あらすじのように読者を多く倒した方が勝ちというものではなかったのですけどね
むしろ、普通のサイン会を豪華にした感じに落ち着いたわけですけど、マキシさんがそこらへんの感性がまともでよかった
しかし、サイン会を開くまでにサイン会とは何かを確認する作業が必要とは・・・
そして、被害を受けるマキシさんですけどね
・・・サイン会でのアレはこの時の逆襲では?ってことは、マキシさんにはありませんね
何だかんだで負けず嫌いで、絡んできますが、意外と恨みとかってさっぱり忘れる気のいい人です
それにしても、この登場人物はおかしい人ばかりで、ツッコミ役の和人が大変です
まぁ その和人も本以外はダメなんですが・・・
って、九郎もシスコン爆裂というか、シスコンのみになっているのは、動物に転生すると一番の思い以外はなくなってしまうのでしょうか?(脳の体積的に)
そして、サイン会はマキシさんの独壇場かと思ったら、霧姫さんも黙っていない
紅葉は佐芽さんの努力で偉いことになってますしね
でも、マキシさんの読者を大切にするって言うのは徹底してますよね
おっかけ読者をするならマキシさんがいいですが、おっかけなんてしたことはありません
しかし、いざ結果発表というところで事件が発生するも、簡単に解決されます
それがさらなるややこしい展開につながるとは・・・
新たなる敵との戦いが始まるわけですが・・・って、この作品でなんで対決!?
むしろ、霧姫さんと相手って執筆じゃなくて、肉弾戦で戦う気まんまんですよねぇ
そして、紅葉に訪れたある変化が明かされて、次の刺客との戦い編になりそうです
それにしても、何気にライバルと戦って、仲間になっていくという往年の少年漫画展開を踏襲している点が憎いです(笑)

NASA製の拷問具って何?どんなの!(笑)
あと、アニメでは作中に出てきた本の内容がもう少し明かされるそうなので、楽しみです [犬とハサミは使いよう 7]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/06/30(日) 23:44:20|
  2. ファミ通文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悲惨伝

悲惨伝 (講談社ノベルス ニJ- 31)悲惨伝 (講談社ノベルス ニJ- 31)
(2013/06/27)
西尾 維新

商品詳細を見る


あらすじ
全住民失踪事件を調査するべく四国を訪れた、地球撲滅軍第九機動室室長・空々空(そらからくう)。
利己的で感情を持たない、十三歳の少年にして、英雄。
何者かによる四国脱出ゲームに巻き込まれた空々空は、謎めいた年上の魔法少女、杵槻鋼矢(きねつきこうや)と同盟を結び、勝ち抜くために必要な『ルール』を探すことに。
不明室が企てる『新兵器』投入が刻一刻と迫り、敏捷な影が二人を追う!

さて、誰とは言いませんが、民主党の某首相経験者の人が日本の国益を損ないまくって大変なことになっています
これがちゃんと世界的に通用する意見ならまだしも、恐らく中国の関係者から言われたことをそのままか、さらに間違った持論を加えて話しているのだと思います
しかし、民主党はアレを黙らせるか何か手を打ってくれないのでしょうか?
最低限、アレを黙らせないと次の参議院選挙で民主党が大敗するのは間違いないとというか、民主党に投票する人って何なのって話です
中国関係者と共謀して国家転覆を謀ったとかで死刑にできないものでしょうかねぇ・・・

で、内容ですが
・・・あれ?悲鳴伝の続きって、四国の4県を1県ずつ題材にするの?
地球との戦いは?
と言うわけで、魔法少女パンプキンと一緒に場所を徳島に移します
別のチームの魔法少女との合流を目指して、焼山寺へ向かいます
まぁ ここで無事に合流できたらこの巻でこの魔法少女編は終われるのですが・・・
でも、ここで明らかになるパンプキンの固有魔法は・・・やせがまんです(笑)
実際には違いますが、今までに登場した固有魔法が戦闘向きなので、何か違う感があります
そして、鳴門海峡大橋からの脱出を目指しますが、それを妨害する黒い魔法少女ストーム
絶体絶命のピンチを空々の機転で脱しますが、分断されてしまいます
さらに生き残りの少女と一緒に逃げたり、はぐれた魔法少女と合流したりするわけです
そして、敵の情報を手に入れるために県本部へ向かうのですが、そこで死者が出てしまいます
・・・魔法って何でもありなんですけど、これでも科学技術の方が上なんでしょうか?
失われた徳島県本部の替わりに高知県本部へ向かうわけですが、これまで鳴りを潜めていた魔法少女ストロークが動き出して不穏な感じです
そして、舞台は変わって地球撲滅軍では焚き火と右左危博士は新兵器の使用を抑えるために動きます
そのために組織を裏切るような危ない手を使いますが、まさかの事態に陥ります
でも、この状況ってことは新兵器は爆弾とかの単純な兵器じゃないですよね
この状況では、次の高知編の主体は地球撲滅軍側になるかもしれません
しかし、この作品はこのページ数がないとダメなんでしょうか?
どうにもページ数を稼ぐための言い回しが多いような気がして、入間氏のみーまーのような読み難さです
まぁ それが空々の特異な人間性を表してる感じになってるような気もしますけどね
ともかく、次の高知と最終巻の愛媛なんですが、これってセカンドシリーズとかに続きそうですよねぇ

一応、四国の全部の県には行ったことがありますが、主要な場所しか行ってないので土地勘が今一つわかりません
でも、非業伝で非業の死が予言されているのですよねぇ
  1. 2013/06/29(土) 23:48:16|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人質のジレンマ(上)

人質のジレンマ (上) (メディアワークス文庫)人質のジレンマ (上) (メディアワークス文庫)
(2013/06/25)
土橋真二郎

商品詳細を見る


あらすじ
それは夏休み前のちょっとしたイベントのはずだった。
地域交流を兼ねた学園祭の開催準備日。校庭中央に設置された“鳥カゴ”を模したステージの中から、少女は集まった学校関係者達に向かって《人質ゲーム》の開催を呼びかける。
人質は自分、提示する条件が満たされれば人質は解放、受け入れられなければ、人質は死ぬ――。
提示された条件は《百人の共感者》、《罪を犯した教師の贖罪》、そして……《十人の自殺志願者》!?
目の前の人質を助けるために、貴方は何かを犠牲にできますか?

中韓首脳会議が開催されて、協力関係のアピールが行われました
しかし、時期が悪いですね(笑)
本来なら日本やアメリカへ強力なプレッシャーになるところが、中国内での経済や政治不安が出てきている現状では色々と怪しいところです
それにしても、味方さえ裏切ることに定評のあり、他国を貶めるのに努力する2国が関係を強化するなんて素晴らしいことですね(笑)

で、内容ですが
ジレンマシリーズ第二弾・・・って、シリーズだったの?
むしろ、土橋氏の作品って基本的にシリーズみたいなものじゃ・・・?(笑)
特に前回と同じ舞台や登場人物ってわけではないようですし、今のところ明確にシリーズって感じではないようです
舞台は学園祭で盛り上がる学校、ライブイベントが終わった舞台で人質ゲームが開催される
この人質ゲームはこの世界では割と一般化した自分の命を懸けて交渉を行うゲームであり、交渉に失敗すると死ぬように裏で組織が動いているのでは?って言われているものです
その要求によって怪しげなバンドを付けた生徒、非難される教師、そして最後に復讐の言葉と舞台から消えた彼女
そんな状況から離れていた高城は巻き込まれた妹を助けるために、友人の望月と一緒にゲームに参加するわけですが・・・
と、割といつもの土橋作品です
今回は初めから人間関係が複雑っぽいのですが、今はまだ険悪な雰囲気というところまではいっていません
しかし、恐らく次回はかなりの混乱が起きそうな予感です
まだ解放されていない妹と再び混乱し始めた生徒たちをどう抑えて、人質ゲームを終わらせることができるのでしょうか?
ともかく、いつも通り安心の内容で満足ですが、OP-Ticketの馬鹿馬鹿しさも好きですよ(笑)

基本的にはジャックは誰なのかとこの人質ゲームを操っている黒幕はだれかが主な謎だと思われます
しかし、高城の勝利条件は妹の安全なので、果たして犠牲はどのようになるのでしょうか?
  1. 2013/06/27(木) 23:00:55|
  2. メディアワークス文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不良少年と彼女の関係

不良少年と彼女の関係 (メディアワークス文庫)不良少年と彼女の関係 (メディアワークス文庫)
(2013/06/25)
蝉川タカマル

商品詳細を見る


あらすじ
有名チームのヘッド拳児。
バイクを駆る、鋭いまなざしに憧れる後輩は数知れず。
数々の伝説を作ったらしいが、今はただの人。
というか、それ以下のプータローだった。
そんな彼が、ひょんなことからセレブの代名詞紅堂家で働くことに。
しかも超がつくお嬢様の専属執事だという。
紅堂家令嬢の朱乃は気品あふれる美少女だが、やや人見知りで内弁慶。
だがデリカシーという言葉とは無縁の拳児はお構いなし。
かくして違った意味で火花を散らす主従が誕生!
これで事件が起こらぬ訳がなく!?

中国の景気失速が恐ろしいレベルで進行中
もしも中国が破たんすれば、世界恐慌が発生し、第三次世界大戦が起きてもおかしくない
まぁ 中国が本気で止めにかかったら、どうにかなるのでしょうけども、それに伴って国内の不満爆発で内部崩壊まで行くかもしれません
しかし、あんな信用のできない国を信用して投資した人は大打撃を食らいそうですが、自業自得ですねぇ

で、内容ですが
割とオーソドックスなお嬢様と執事のコメディです
しかし、蝉川氏の文章と作品がすごく合っていて、すごく楽しく読めるオススメ作品です
終わり
では、このブログの意味がないので具体的な内容に触れると
元チームのヘッドって、関東圏最大のチームだったりするわけですが、亡くなった祖父の遺品を取りに紅堂家に行くことになります
でも、その祖父とは疎遠になっていたわけですが、目的もないまま無為に過ごしていたこともあって遺品を取りに行きます
その紅堂家のお嬢様で、高飛車猫かぶりのお嬢様の朱乃は、その祖父に育ててもらったと言っても過言ではないくらいに慕っていたために酷く塞ぎ込んでいる
その二人の状況に紅堂家の執事である白神の思惑で、朱乃の執事となるわけなんですけども
このまったく違う世界に生きてきた二人がそれぞれに自己主張しながらも、徐々に心を通わせていく感じがいいですね
そして、その脇を固めるパーフェクト執事の白神、ドジっ娘メイドの立花、おネエな一流シェフの田村さん、朱乃の親友の千恵里
さらに紅堂家のライバルであり、激しく朱乃を敵視する策士の藍原蒼衣
なぜか後半はダンス対決という展開になりますが、蝉川氏のテンションが高い文章が緩急をつけて盛り上げます
まぁ すべては白神さんの掌の上ですけどね(笑)
ともかく、オーソドックスな内容なんですが、自然体の拳児と朱乃の続きは読んでみたいです

個人的にはドジっ娘の立花さんがなぜいまだに紅堂家でメイドができるのかが分かりません(笑)
あと、白神さんはアクマで執事な人の知り合いなんじゃないでしょうか?
  1. 2013/06/26(水) 23:43:31|
  2. メディアワークス文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺の目を見てボクと言え!

俺の目を見てボクと言え! (集英社スーパーダッシュ文庫 か 14-6)俺の目を見てボクと言え! (集英社スーパーダッシュ文庫 か 14-6)
(2013/06/25)
神秋 昌史

商品詳細を見る


あらすじ
真木路大智は理想のボクっ娘を求めてやまない純情な高校一年生。
その欲望をこじらせた結果、大智は名門女子校・嶺永学園が共学となる最初の年の男子生徒として入学を果たす。
「ボクって言って下さい!」
入学初日から速攻で女子たちに猛アタックする大智だが、そこへ現れた風紀委員の美少女に竹刀で撃沈されてしまう。
自分を「オレ」と呼び、女子たちのヒーロー的な存在である彼女の名は小椿淵花。
かつて大智を慕っていた泣き虫な幼馴染みの、変わり果てた姿だった!

民主主義の基本は国民が選択することは正しいと言うことです
しかし、実際には国民は馬鹿であることが多く、さらに政府や政治家、官僚にとっては馬鹿のほうがやりやすいのです
本来であれば、野党はその点を攻めつつ、国民に政治教育を行って、衆愚政治に陥らせないようにしないといけないのですが・・・
民主党の前身の一つである社会党は関連団体の日教組を見ても分かるように衆愚政治を進めようとしていたとしか思えません
まぁ その民主党政権の結果、国民が少しはまじめに政治を考えてくれるようになったらいいのですが、まだまだ一番信用ならないテレビが情報源なのでこまったものです

で、内容ですが
学園ラブコメかと思ったら、なぜか青春モノだった・・・気がします
基本的にはあらすじの通り、久しぶりに幼馴染にあったら、オレっ娘になっていて、肝心の自分はボクっ娘好きになっていたというややこしい話です
本来はこれをラブコメ仕立てで組み立てるのですが、なぜか変態と武力で組み立てられたしまったのですよ
・・・あれ?何、この新しいジャンルは?
ヒロインである淵花が強い娘なので、意外とヒロインの方ではラブコメ展開が少ないのです
そして、逆に淵花をライバル視して、いつも戦って負け続けて何か違うものに目覚めてしまった澄帆お嬢様
見た目の可愛さとは逆に可愛い女の子好きなのに、実際に会うと緊張して動けなくなる腐れ縁の葉月
淵花を心から大事にしすぎて、おかしなことになっている透子先輩
と、変な人ばかりです
しかし、個人的に葉月の関西弁が読みにくくて残念です
私も大阪なので関西弁なんですが、こんなきつい関西弁は普通は聞かないのです
せめて仁鶴師匠のような大阪弁ならよかったのですが、おそらく関西以外の人は外国語並みに読みにくいのではないでしょうか?
しかし、本作はまさかの少女たちの立会い勝負モノだったなんて思いませんでした(笑)
澄帆お嬢様が男だったらいい敵役だったかもしれませんが、何か変態なヤンデレというかなり危険な存在なんですよねぇ
また、作中で一番損をしているのは透子先輩で、登場した時の残念さが後を引いて、後半のかっこよさとつながりません
なんて残念な人だ・・・
しかし、これで続いたら、淵花と澄帆お嬢様との三角関係とかいう展開もありそうですが、大智の頭が確実に割られますね
ともかく、学園ラブコメというにはラブが足りなくて、武力が高すぎますが、ボクっ娘とオレっ娘という作者の趣味がよくわかる作品です(笑)

P.167の葉月さんのイラストが何か好きです
  1. 2013/06/25(火) 23:41:48|
  2. スーパーダッシュ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落ちこぼれの竜殺し 3

落ちこぼれの竜殺し3 (富士見ファンタジア文庫)落ちこぼれの竜殺し3 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/06/20)
橘 ぱん

商品詳細を見る


あらすじ
突如現れた謎の存在≪竜≫により、一度滅びかけた世界。
≪竜≫と戦うための戦士を育成する機関「健速学園」に入学した零士は、自分の奥底に秘められた≪竜力≫を自覚すると共に、騎士として少しずつ成長しつつあった。
しかし、現状の零士に見切りを付けた獣吾は、零士を弓美香のチームに居続けさせることと引き替えにレティシアを自分に預けるよう要求する。
自らの望みのために強さを求めるレティシアは、チームを離れ一人獣吾の元へ向かうのだが……。

う~ん、サッカー日本代表は変わりつつあるのでしょうか?
先日のイタリア戦で相手のコンディションもあったかもしれませんが、歴史的な善戦を行いました
普段なら単なるプレイ批判で終始して、善戦したんだからいいじゃないって感じで終わりますが、今回はまだまだ世界に足りないという反省が重く投げかけられている気がします
でも、いちばん変わらないといけないのは、ファンとマスコミじゃないかと思います
やはり試合結果だけではなく、試合内容と今後につながるものだったのかという内容で議論されることを望みます

で、内容ですが
竜槍騎士団をどうにか退けたわけですが、それでもクシナダ機関の獣吾は零士を力不足して切り捨てます
そして、零士の代わりにレティシアを鍛えることにします
どうやらここらへんには竜鱗機の秘密がありそうですが・・・・
でも、五鱗や竜殻とか出てきて、七本槍も全員が出そろいましたが、あれ?これってすごい身内の戦い?
どうやら五鱗も真一郎以外は血縁関係者みたいですし、むしろ・・・
しかし、そうなると屠竜戦争って言うものの意味が変わってくるのですけれど?
そして、次で完結という急展開ですが、あれ?竜殺し・・・!?
ともかく、囚われた獣吾、秘密を知った零士、覚醒したレティシアと役者がそろった感がありますが、竜って結局なんなのかよくわからなくなりました

忍の役立たず振りが定着しつつありますが、彼って4体の一人ですよねぇ?
あと、叶家の家庭の事情が非常にややこしそうです
  1. 2013/06/21(金) 23:17:43|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋に変する魔改上書

恋に変する魔改上書 (ガガガ文庫)恋に変する魔改上書 (ガガガ文庫)
(2013/06/18)
木村 百草

商品詳細を見る


あらすじ
女としての魅力(おもに胸のボリューム的意味において)が少ないことをちょっとだけ気にしている女子高生・莉子には納得がいかないことがあった。
突然、幼なじみの冴えない男子・諒太が3人の美少女と仲良くなり、モテモテ状態になっているのだ。
天真爛漫で巨乳の瑠流、ミステリアスで色気たっぷりの響華、クラス委員長の水菜。
目の前で繰り広げられるハーレムラブコメにイライラの莉子だったが、ひょんなことから現実を「上書き」してしまう「ラブコメの魔」の力を手に入れて……!?

十分に発達した科学は魔法のようだと言われますが、逆に十分に解析された魔法もただの科学技術です
つまり、どのような不思議なことでも解析できれば、不思議もただの技術に成り下がります
さて、それで何が言いたいかというと、最近のライトノベルってこの手法がよく使われているわけです
本来訳が分からない異能力にルールをつけることで、ただの力の勝負から知の勝負へと変換するのです

で、内容ですが
ガガガ文庫の目指す方向はどっちだ?
受け入れてくれそうなレーベルがガガガ文庫だったから応募したという通りに、この作品はかなりの異色作です
別の感想サイトでアンチミステリィに対するアンチラブコメディーという表現はすごく的を得ていると思います
特に前半の小説と現実が入り交ざって、境界が曖昧になっていく感じは「箱の中の失楽」を思い浮かぶようです
むしろ、ラブコメ展開をぶっ潰すという上条さんばりの思いで、逆にラブコメというジャンルを浮かび上がらせるという斬新な手法
・・・そこは嘘です
たぶん、そんな目的はないですね
この作品で個人的に残念なところは、ラブ子のラブコメの勘違いが明確になっていればよかったんですけどね
なんとなくは分かるのですが、すごく歪に勘違いしているので困るのです
初めはラブとコメとエッチの順に展開しないといけないと思っているのかと思ったのですが、それぞれを別々に考えているっぽい
と思っていたわけですが、最後のほうでは一緒にも考えていたりするわけですし・・・
そこらへんがはっきりしていて、逆手にとって逆転するっていう展開だったら全体のバランスが取れそうかなって思いました
まぁ この馬鹿馬鹿しい展開は嫌いじゃないのですけどね
ともかく、アンチラブコメディと言う新たなジャンルの可能性を見出す作品ですが、ラブ子さんがもう少しラブコメを理解していたら・・・

しかし、あんなにもラブコメを分かっていない人がなぜラブコメの魔とかいう存在なんでしょうか?
あと、個人的にはこのままラブコメ選手権で進んでいった方が面白かった気がしないでもないです
  1. 2013/06/19(水) 23:42:14|
  2. ガガガ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ささみさん@がんばらない 11

ささみさん@がんばらない 11 (ガガガ文庫)ささみさん@がんばらない 11 (ガガガ文庫)
(2013/06/18)
日日日

商品詳細を見る


あらすじ
神様のいない世界――。
月読日留女によって、世界は、滅んだ。そして……。
戻ってきたのはいつもの日常だった。
新たに始まった自分の人生のために「がんばる」ささみさん。
ときどき思い出すのは、みんながいた、あの日々のこと――。
どんなにがんばっても、もう戻らない、もう一度手に入れることができないもの。
神々の最後の戦いとは何だったのか、邪神三姉妹は、情雨は、玉藻前はどうなったのか……。
人間も、神様も、すべての運命を巻き込んだ、破壊と再生。

来月の発売予定作品で個人的な注目作品は「王子降臨」です
一見普通に見えそうなんですけど、何かと戦い続ける武闘派のガガガ文庫なのです
そして、あらすじや紹介文に見える違和感が、これはとんでもない作品だと私に警告しています
まぁ 当たるかどうかはわかりませんが、何か問題作な雰囲気がするので注意が必要だと思います(笑)

で、内容ですが
ついにクライマックス!
・・・このクライマックスって言葉は便利ですよね(笑)
日本語で言うと最高潮という意味で、別に終わりって意味はまったくないわけです
でも、映画の最高潮って普通は最後のほうにあるので、最後って意味でも使われてしまっちゃうわけです
何が言いたいかというと、もう少し続くのじゃって話です
しかし、今回は日留女との最終決戦前夜からその戦いを描いた話になるのですが、邪神三姉妹などの決意と親しい人との別れ、そしていざ決戦という話です
それをささみさんが後で伝聞で聞いたという形で綴られて、冒頭の25歳のニートささみさんにつながるわけです
神々が日留女と戦うことで、平和に暮らすことができる日常が手に入ります
しかし、それが終わりだとかはすごくつまらない
って言う読者の心を代表して立ち上がるのは、情雨さん
ささみさんが憧れるのが分かるくらいに諦めが悪く、かっこいいのです
そして、ささみさんの心からの叫びによって、神々の戦いに再び介入です
また、破壊神と化して日留女と戦う邪神三姉妹達と別に、日留女と戦いに向かうお兄ちゃん
ついに隠していた顔を晒して、日留女の元へ向かっている方も何か起きそうな予感です
ともかく、ささみさん達のちゃぶ台返しで、神々の計画は破たんしそうですが、それこそささみさんですね

しかし、るるなが食い取った日留女の一部って何だったのでしょうか?
  1. 2013/06/18(火) 23:07:45|
  2. ガガガ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストレンジムーン 宝石箱に映る月

ストレンジムーン 宝石箱に映る月 (電撃文庫)ストレンジムーン 宝石箱に映る月 (電撃文庫)
(2013/06/07)
渡瀬草一郎

商品詳細を見る


あらすじ
妹と二人暮らしの高校生、月代玲音。
ある日の放課後、彼は友人の文槻クレアに連れられ、地元の紅街中華街を訪れる。
場違いな洋菓子店でメイド姿の双子と出会い、妙なケーキを注文する玲音だったが、異変の刻は彼の知らないうちに着々と近づいていた。
封印を解かれた「マリアンヌの宝石箱」。
その内側に封じられていたのは、かつて欧州を席巻した異能者、“皇帝”のブロスペクトとその部下達。
街の裏側で暗躍する“キャラバン”の幹部、周皓月の掌に踊らされ、事態は混迷を迎えていく―― 

ネットワークオーディオを導入したわけですが、これとネット回線があれば音楽売れなくなっても仕様がないって思ってしまいます
特定の曲を聴くのは難しいのですが、好きなジャンルの曲なら聞き放題ですし、音源も悪くはないのです
むしろ、日本の音楽業界は新曲のセールスを中心にしていましたが、もうそのビジネスモデルが崩壊していると思うのですよ
このネットワークオーディオやネットラジオ、YOUTUBEなどの動画サイトの台頭で曲の価値が下がっている上で、新しい曲が今までよりも優れていない以上はどうしようもないのではないでしょうか?

で、内容ですが
実はこのブログが更新されていない間、この作品の前作であるパラサイト・ムーンを読み返していました
基本的なモノは覚えていましたが、さすがに10年経つとほとんど忘れてますねぇ
しかし、パラサイト・ムーンはある意味で異能モノに一石を投じた傑作で、第3部を待ってた人は多いと思うのですよ
では、何がすごいのかと言うと異能者や二つ名、組織内の派閥対立、呪術的アイテムなどを扱い、もちろん異能バトルもあるのですが、基本はラブストーリーなんですよね
お互いに惹かれあいながらも伝えられない思いを紆余曲折の末に伝えるのですよ
そして、本作は迷宮神群に侵された人が主人公かと思ったら、基本的に関わりのない玲音が主人公です
とは言っても、友人に文槻派の関係者、後見人に山之内派がいるので、まったくの無関係でもありませんけれどね
また、今回は前作ではあまり関わって来なかった祭夏老派と文槻派が大きく関わってきて、キャラバン内の全貌がある程度分かってきそうです
その上で、場所は山之内派の本拠地である日本、敵のプロスペクトはカーマイン派に強い関わりがあることを考えると本当にキャラバン対プロスペクトという構図になりそうな雰囲気です
でも、そうなると重要な能力を受けてはいるけれど、大した力のない玲音は仲間や周囲の人を両陣営に別けられた状態でどうやって切り抜けるのか?
現状においてはどう考えても無理ゲーの様相しかないわけなんですよ
そして、その玲音の周囲では文槻派の首魁である蒼き狐の文槻の姪で、恐らくあの人の娘のメアリとヤンデレ化した妹の香恋に挟まれて大変だったりもします
この状況で両方を助けることも無理ゲーっぽいのですが・・・
そして、前作から読んでいる人には名前は出てきたけれど、登場しなかった貴音が遂に登場です
・・・何、このバカ可愛い娘
前作から5年以上経過していることを考えると当時は本当に子供だったみたいですが、今も激しく子供です
これは今後の貴音に期待です(笑)
そして、今回は皇帝の力を宿した人物が登場して終わりますが、前に出てきた話の雰囲気とは少し違いますね
何か問答無用で殺戮を行うそうな暴君のイメージがありましたが、理知的な雰囲気です
まぁ プロスペクトという東欧系の名前と100年前から考えて、反王侯貴族を掲げた組織だったのではないかと思われるわけですが、そうなるとカーマイン派のチェスフレンズと対立するのは当然です
そして、その中で多大な犠牲を恐れた夢路が動いたのではないかと推測するのですが・・・
ともかく、10年という月日は掛かりましたが、名作の続編に期待したいと思います

玲音は何気に酷い背景を背負っていたりするわけですが、出生に何か秘密があるのかな?
あと、玲音の素直さは本当にダメなレベルですけど、GJです(笑)
  1. 2013/06/17(月) 23:26:24|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漆黒のエインヘリアル

漆黒のエインヘリアル (電撃文庫)漆黒のエインヘリアル (電撃文庫)
(2013/06/07)
相原あきら

商品詳細を見る


あらすじ
かつて、オーディンをはじめとする北欧の神々は「神々の黄昏(ラグナロク)」と呼ばれる最終戦争により滅び、その異能の力である神紋(ルーン)は人間へと受け継がれた。
「血誓兄弟(フォースブレーズ)」のロスト――ノルンの民の生き残りであ
る彼は、家族を殺された悲劇を代償として得た神紋により一族を滅ぼした者たちへと復讐を誓う。
だが、彼の前には強大な神紋を持つ皇帝直属の精鋭集団「ビフレスト」が立ちはだかるのだった……。
神紋を持つ者の戦い、その宿業は北欧神の陰謀か、それとも終焉の予兆か。
運命の男を中心に物語は静かに動き出す。



で、内容なんですが・・・
北欧神話を題材に壮大な復讐劇が始まる・・・あれ?
北欧神話の神から授けられた神紋を扱うグリームニル達の戦いを描く壮大なファンタジーです
しかし、ラスボスである皇帝の親衛隊である7人のビフレストの内に3人が神紋演武といういわゆるトーナメント戦の前にぶつかります
・・・あれ?死んでしまいました(笑)
それもお約束通り、あやつなど~とか隠していた我が力が~という王道進行です
そして、そのままトーナメント戦ですが・・・何気に自由です
むしろ、初めこそトーナメントでしたが、途中から気が合った者と宣言して戦う方式になっているのです
う~ん、ここら辺で1巻完結作品であるのは確定するのですが、それにしても展開が速すぎると心配になります
しかし、ここから謎の仮面の男が登場して、大暴れするところから血誓兄弟が皇帝に復讐を果たすという流れに変化が起きます
むしろ、なぜ敵であるミリアが表紙なのっていう疑問が氷解する展開です
どうにかして、皇帝の前までたどり着くことでさらにこの世界観が一変します
ただでさえ皇帝の思惑によって様々な不幸がまき散らされて、その不幸によってグリームニルが生み出されるというひどい世界です
それが神のための生贄として生かされているというのですから酷いものです
でも、このまま行くと話の広がりがなかったので、この展開は結構ありかなって思います
特に最後の終わりゆく世界の中でも希望が見えるのはいいですね
まぁ この先もかなりの茨の道ですし、仲間もいなくなりましたからねぇ
ともかく、長編のファンタジーを期待していたらあまりの展開の速さに驚きましたが、この展開は嫌いじゃないです

しかし、一番後ろにある設定集は思いっきりネタバレしているので、絶対に先に読まないこと
次の神々との戦い編とその先の巨人との戦い編も期待しています(笑)
  1. 2013/06/11(火) 23:13:21|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書物奏鳴

書物奏鳴 (講談社ノベルス アAB- 9)書物奏鳴 (講談社ノベルス アAB- 9)
(2013/06/06)
赤城 毅

商品詳細を見る


あらすじ
世に出れば、国を、政治を、歴史を揺るがしかねない秘密をはらんだ本を、合法非合法を問わず、あらゆる手段を用いて入手する、書物狩人(ル・シャスール)。
蝶にまつわる希少な図鑑を譲るにあたっての三つの条件。
ド・ゴール暗殺を防いだ計略に触れた機密文書。
そして宿敵・書物偽造師(ミスター・クラウン)が仕組んだ奇想天外な罠――。

サッカーの日本代表がW杯出場を決めましたが、私はサッカーの日本代表及びその関係者が嫌いでした
なぜなら、試合前はどんなに格上でも勝てるような論調で、格下に負けても大した批判も出ないのですね
そのため、一度予選でこっ酷く負けて、根本から考え方を直さないと世界のトップレベルのチームとは戦えないと思っていました
しかし、そこに登場したのは本田選手です
日本のあまりにもオーソドックス過ぎて単調な攻撃に、トリッキーかつ個人技で得点力を倍増以上させただけでなく、ホームで同格レベルに引き分けで大喜びしてる関係者に苦言を呈してくれました
本当のサッカーファンなら本田選手のそういう部分も称賛するべきなんでしょうけど、本当のサッカーファンがいないのか、上を目指す気がないのか・・・?
あと、ここら辺の話でカズの「日本も進歩してるけど、トップチームも日々進歩している」という言葉があり、常に上を目指さないと置いて行かれるという危機感が欲しいところです

で、内容ですが
4編の書物に関する短編集です
今回は復讐を題材とした短編が集められており、復讐に手を貸すこともあれば、復讐を受けることもあります
でも、本シリーズは他の書物探偵モノの走りでありますが、縛りとして国家などの大きな問題になる程の書物が題材になります
蝶に関わる稀覯本と復讐劇、旧式の兵器コレクターと組織の復讐劇、少女と海軍将校だった祖父の秘密をめぐる復讐劇、そして、ミスタークラウンの復讐劇
その4編共に丁寧に時代背景が描かれており、世界の局所的な歴史がよくわかります
でも、こうして見ると日本の情勢とかが他の国で伝わっていないのは仕様がないのかな?って思ってしまいます
しかし、ル・シャースの物腰が丁寧なこともありますが、独語の後味がいいですね
かなりの陰謀がかかわっているので、最悪の場合は全滅ENDでもおかしくはないわけですしね
ともかく、書物と局所の歴史を楽しく知りたいなら本作をオススメしたいと思いますが、かなり局所的なので興味の一助的なものにしかなりませんねぇ

しかし、これだけの作品を連載で書き続ける赤城氏には感服です
  1. 2013/06/10(月) 23:30:58|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生徒会探偵キリカ 4

生徒会探偵キリカ4 (講談社ラノベ文庫)生徒会探偵キリカ4 (講談社ラノベ文庫)
(2013/06/07)
杉井 光

商品詳細を見る


あらすじ
生徒数8000人の超巨大学園に秋がやってくる。
食欲の秋、読書の秋、そしてスポーツの秋!
二学期最初のビッグイベント・体育祭を控え、生徒会は臨戦態勢に入っていた。
もちろん白樹台の体育祭はただの運動会じゃない。
運営権と予算枠3000万円を賭けた、体育科とのガチンコバトルだったのである!
強大な敵を前に、普段は反目しあう会長と朱鷺子さんと郁乃さんも一致団結。
キリカも莫大な予算額にいつになくやる気満々。
そして僕らの前に立ちはだかる体育科のリーダーは……魔王陛下?

えっと、かく言う私は体育祭の実行委員長というものを拝領したことがあります
運動部だったので委員長に推薦されて、そのまま委員長です
そして、実際の職務ですが・・・生徒会室の片隅で文化祭実行委員長とだべる日々でした(笑)
体育祭の実行前はそれなりに忙しいのですが、私の考案した新競技はすべて却下で、借り物競争の借り物は破り捨てられたのはここだけの話です
あと、生徒会室の隣の資料室の掃除で、数々の遺産を発見した話は別の機会に

で、内容ですが
この白樹台の正々堂々の定義がすごい
正々堂々と言いながら、スパイ活動やバックグラウンドでの陰謀はまったく問題がない
むしろ、みんなが「それに何の問題があるの?」って首を傾げるレベル(笑)
たぶん、そこはひかげさんの感性が間違っていないと思います
そんな感じで正々堂々(笑)とした体育祭ですが、過去の因縁から体育科とその他での戦いとなっています
そこには3000万円の運営資金とその運営権、さらに協議などの決定権が掛かっていて、体育が苦手のキリカさんもやる気を出します
でもね、相手は体育科で、生徒会や議会、会計のみんなは体育科以外なので、敵がいないと思っていたら・・・すごい敵が隠れていました
えぇ 色んな意味ですごい人です
正直な話、この人とひかげの会話だけでのた打ち回りました
これは卑怯です
こんな性格なのにお金がなくて餌付けされるとか
でも、それでいて切れ者だから困るのです
もうこの人を生徒会の庶務に登用しようよ!
すっごく面倒だけど、言葉がわかるひかげや楓花さんと絡ませたら面白いはず!
あっ でも、キリカさんと絡むとボコボコにされるので生徒会室にずっといたらダメかも
そんな強大なキャラクターを持った魔王陛下ですが、それは作ったキャラのようにも見えるのですが・・・
そして、だんだんとダメさと危険さが上がっていく美園先輩は、匂いで判別できるところまで来てますよ(笑)
さらにあの母親ですから、実はひかげさんはもうリーチ付近まで追い詰められてるんじゃ?
あと、会長の家の上下関係ってどうなってるの?(笑)
そんないつもの生徒会ですが、ここで思った疑問
・・・探偵?
もうね、探偵じゃなくて、組織の諜報活動とか情報分析官なんじゃないかと思います(笑)
そして、安定の詐欺師のひかげさんです
でも、そこまであくどいことはしてないけど・・・って、校風の所為で許されてるだけだからね
今回は思わぬ強敵の存在で内心が大きく揺れましたが、少し心の内側の整理がついたみたいです
ともかく、さらに強力なキャラクターを加えて生徒会選挙が迫りますが、次は文化祭でしょうか?

今回の一番の見どころはドレスの楓花さんじゃないかと思うのですが、カラーイラストはよ(笑)
あと、何気にウサギのヒカゲが出来るウサギすぎて怖い
  1. 2013/06/09(日) 23:33:33|
  2. 講談社ラノベ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 12

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)
(2013/06/07)
伏見つかさ

商品詳細を見る


あらすじ
やれやれ……俺が長々と語ってきたこの物語にも、そろそろ終わりが見えてきたようだ。
まあんなこと言っても、物語ってのはたいがいラスト付近が一番キツいもんで、俺の高校生活最後の数ヶ月は、そりゃもう大変なことになる。
まさしくクライマックスってやつだ。そんなの、平穏を愛する俺の人生にはいらねーのにな。
けど、まあ、やってみるさ。
地に足つけない、嵐のような人生も、なってみりゃあ面白い。
手ぇ抜くのはもったいないし――俺が始めた物語には、俺自身がケリを付けるべきだろう。 
……ここまで付き合ってくれて、ありがとうな。

なぜかオーディオ類が急に充実させてしまった今日この頃です
先日自作したスピーカーキットは中々いい音が出ているみたいで、1万以下でペアのスピーカーとしては破格ではないかと思います
両面テープを使って、半田ごてが使えれば、1時間で作れますしね(オーディオファンが怒鳴り込んでくる作り方です)
その勢いで、ネットワークオーディオも購入して、スピーカーの性能を楽しんでいて、もう1組作ろうかな?とか思ったりします
でも、欲しい大きさのスピーカーキットが売ってないので、ケースからの自作は厳しいかな

で、内容ですが
ついに完結なんですが・・・この兄妹はやらかします
1章の終わりから3章までで、断り行脚に出ていくのかと思ったら、やらかします
・・・まさか叙述トリックだと?(笑)
そして、それからのラブラブ恋人生活がとてもヒヤヒヤさせられます
クリスマスに二人でホテルに泊まって何してるの?
さらに朝帰りで、そのままデートだと!
実にけしからん(笑)
正直、このままどこへ向かうのかと心配になるほどですが、二人の結論にはなるほど、納得です
でもね、その結論なら麻奈美さんと戦う必要はなかったんじゃ・・・?
あと、なんで櫻井さんをボコボコにしたん?(笑)
櫻井さんはただでさえライフが低いのに、オーバーキルで「彼女のライフは0よ」って状態からどれだけ追い込むのか・・・
しかし、京介・・・そんなに未練があったのかよ!(笑)
わからなくはないけども、そんな泣きながら後悔するほどなの?
そして、俺の妹はこんなに可愛いの主人公の赤城兄さんですが、何このイケメン!
もう本当に惚れてもいいですか?っていうくらいにかっこいいのです(ホモゲーを買ってなければ)
本当にこんなに男前にホモゲーを買われたら、逆に惚れてしまいます(極度のシスコンじゃなければ)
でも、その思いは報われないわけですけどね(涙)
まぁ シスコンを卒業したら、これだけのイケメンなら他が掘って置かないだろうけど、同じくシスコンを卒業した京介と・・・アーー
また、黒猫は当然として、あやせはここにきて見せ場が大きいのですが、加奈子や真奈美さんとかは微妙に取って付けた感じですね
個人的には桐乃との関係を知っていたら、そこまで暗黒面に落ちる必要なんてなかったのにね
そして、沙織さんは変わらず沙織さんでしたが、お姉さんと和解してよかったです
ともかく、結構賛否の別れそうな最終巻ですが、二人が再び仲の良い兄妹として歩むための長い儀式だったと考えるとまぁ納得できるかな?

しかし、それにしても非常にはた迷惑な二人です
で、最後は麻奈美さんに収まるわけですね、わかります
  1. 2013/06/08(土) 23:11:02|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

インテリビレッジの座敷童 3

インテリビレッジの座敷童 (3) (電撃文庫)インテリビレッジの座敷童 (3) (電撃文庫)
(2013/06/07)
鎌池和馬

商品詳細を見る


あらすじ
学校のみんなと旅行という事で、バスの中で浮かれる忍。
いやーこんどこそ妖怪なんて忘れて、学生気分をエンジョイするぞ!
座敷童や雪女は家で留守番だしね!
……と、美少女クラスメイト・惑歌の隣で張り切っていたら、気づけば謎の廃村にたった一人で瞬間移動していた。
……オーケーおちつけ。
夢か幻か、それとも旅行先のステキなサプライズアトラクションか。
あー。
あんまり認めたくないんだが……これは、またしても妖怪の仕業、なんじゃないのか……?

少し時間が空いてしまいましたが、この国の公安委員長って馬鹿がなってもいいの?
まぁ 前に反社会組織に在籍していた人を委員長にしてしまったので、どうでもいいのでしょうか?
先日になぜかわざわざ50キロ制限の道でも70キロで走るのは取り締まる必要がないって感じのことを公表していました
たしかに危険性のない道で取り締まりを強化する必要はないわけですけども、それを公言する必要はまったくないわけです
それに人が出てこないってどう判断するのでしょうか?
かもしれない運転において人が出てこないことが前提の道なんてないわけで、今までの日本の道路安全を完全に否定する発言だったりするのですよ
本来であれば、50キロ以上でも安全だと思うのなら、60キロ制限や一般道でも70キロ制限のルールを決めればいいし、公安委員会で取り決めをして実際の現場に周知させればいいのです!
今回の発言で現場の取り締まりで、委員長が20キロまでいいって言っていたと揉めて、危険な運転者の取り逃しが発生すると思うし、そもそも制限速度を明らかに超過しているのは法律を違反しているので全部捕まえろって話です
勝手に法律の運用を変えて、捕まえたり、見逃したりしているから、逮捕しても運が悪かっただけって反省も改めもしないのですよ

で、内容ですが
・・・あれ?ざし・・なんたらさん?(笑)
正直、表紙をめくったら飛んでもないイラストがあったのですが、それがまさかのピークとは・・
まぁ 個人的には土下座の方がピークな気がしますけども
今回は目次をみると、何か嫌な予感しかしない構成になっています
・・・これは長いよ
これを何章まで続けるわけって、驚愕の事実にたどり着くわけですけど、実際には上下巻に分かれるわけではありません
また、今回も割と今までと同じようにバラバラに関わっていたいつもの3組がそれぞれに事件に巻き込まれて、最終的には集まるという形です
でも、今回は割と伯父さん組が事件の主流を進んでいた感じがあります
また、問題の題材は全滅村という都市伝説と黒山電子グループという黒い企業が中心となっていますが、意外と妖怪が出てこない
あれ? これってインテリビレッジ?
いいえ、違います、これはインテリビレッジの真逆の人工的に放棄された自然環境です
つまり、舞台からして今までの話と大きくことなっていて、どちらかというと簡単な~シリーズに近い感じです
しかし、後半からの怒涛の妖怪攻めです
えっと、いきなり神代の武器ですか?
それだけでも圧倒的な戦力なのに、最後には人工致命誘導体の錬成ですよ
なんとなくは気づいていましたが、青行燈さんの隠された凶悪さが恐ろしい
でも、何かこのまま隠されたままで終わってしまいそうな気もする青行燈さんの再登場ってあるのかな?
あと、惑歌さんの下着には本当に残念ですが、ここまで来ると逆にアリじゃないかと思ったりするわけです
もう一人称をボクとか言ってみって感じですが・・・すみません(笑)
ともかく、明確に敵がわかない中で、怪しさしかない登場人物に閉塞した場所でのサバイバルミステリィなんていかがでしょうか?

本当にざし・・なんたらさんになりそうな勢いの座敷童さんと対象に、立派にマスコット化しているすねさすりに癒されます
あと、河端愛さんの目的って結局なんだったのでしょうかな?
こんな世界への復讐とかなら成功かもしれません
  1. 2013/06/07(金) 23:49:29|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新妹魔王の契約者 3

新妹魔王の契約者III (角川スニーカー文庫)新妹魔王の契約者III (角川スニーカー文庫)
(2013/05/31)
上栖 綴人

商品詳細を見る


あらすじ
澪を狙う勇者族を退けた刃更たち。
だが、魔界では澪の仇であるゾルギアが動き出した。
再び穏やかな日常を送る刃更たちに忍び寄るゾルギアの魔の手。
一方、万理亜の様子がおかしいことに気づいた刃更は!?

最近、海外の日本の慰安婦問題に対する言動がすごく頭が悪いと思うのですが、これは日本のマスコミが曲解しているのでしょうか?
まず、そもそもの橋下市長の発言はアメリカの地方議会での日本への非難決議に対抗しての発言だったはずなんですよねぇ
それが最終的に、そんな発言を日本の地方の首長が言うべきではないって、お前らに言われたくないって話です
さらに国連の人権委員会は条約発効前のことを今更蒸し返して非難するのですけど、それを言ったら世界で女性問題を起こしたことがない国なんてなくて、泥沼の議論にしかならないわけです
むしろ、こんな一方的な日本非難なんかしたら、第二次世界大戦の二の舞、三の舞なのですが・・・世界は歴史に学ばないものです

で、内容ですが
私の中で万理亜の声は、アニメの白井黒子の声でしか再生されないのです(笑)
この作品の中心人物はどう考えても万理亜です
人間関係はかき回して、禄でもない方向へ誘導し、それを楽しむ
・・・そんな彼女が一変してしまうのです
ゾルギアの襲撃に対抗しようとしている刃更達ですが、万理亜さんが章題に恥じない大活躍です
どうしてもわかりませんが、そこで脱ぐ必要があったのかと
さらに澪の主従契約が暴走して・・・って、隠蔽されていると言ってもやりすぎです
そして、澪に対抗するためということで万理亜に焚き付けられた柚希も主従契約をすることになりますが、最後は・・・みんなでお風呂だと?
ここからゾルギアの陰謀が動き出すわけですが、これは絶体絶命です
しかし、裏でいろいろと動いている滝川ことラーズの協力で、細い線でどうにか乗り越えます
なにかこのまま終わってしまいそうな展開で心配だったのですが、どうにか続くようです
でも、今回で万理亜のフラグは元より、ゼクスのフラグも立った気がするのですが、刃更ハーレム絶賛拡大中です
そして、次は気になるあの人が動き出すようですが・・・
ともかく、差し迫った危機を脱して、一変した万理亜との関係ですが、今までの彼女ってアレが素ですよねぇ?

穏健派が探し続けていた万理亜の家族って、何気に重要人物だったりするんじゃないかと思ったり
そして、魔王様に説教する父親さんですが、あれっそれが本題じゃなかったの?
  1. 2013/06/03(月) 23:50:07|
  2. 角川スニーカー文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺と彼女のラブコメが全力で黒歴史

俺と彼女のラブコメが全力で黒歴史 (HJ文庫)俺と彼女のラブコメが全力で黒歴史 (HJ文庫)
(2013/05/31)
柑橘ゆすら

商品詳細を見る


あらすじ
学校再編のため、不幸にも男子校に通うハメになった高校生・黒須龍騎は、憧れの青春ラブコメライフをものにするため出会いゲットに全力投球中。
ある日、偽のメールに騙された彼の前に完全無欠の美少女が現れ、龍騎にデートを申し込むのだが――。

しかし、日本のテレビ局と一部の新聞社は一度潰した方がいいのかもしれません
ここ最近の中国や韓国、アメリカ、さらには国連などでの関係悪化の問題の諸悪の根源はどう考えてもマスコミです
朝日新聞の誤報を受けて、なぜかいないはずの強制連行された韓国人女性が現れて、日教組や社会党などが強制連行を広めるとともに、各マスコミが乗っかったのです
そのため、日本政府の度重なる訂正や朝日新聞の誤報の謝罪などはまったく報道せず、誤っているはずの強制連行を必死で放送しているのだから、海外で勘違いされてもしようがない
これだけの混乱を、誤っているのを分かっていて報道しているのだから、国は強硬に強制連行を訴えているマスコミを訴えて、毎日記事として誤報を流して申し訳ないって書かせるようにしないといけないと思います

で、内容ですが
最近流行のラブコメと黒歴史の融合作品です
とは言っても、黒歴史ってほどじゃないのじゃない?って思っていた時もありました
共学だと思ったら男子校になっていたという地獄を味わって頭が悪くなった龍騎達
その龍騎が騙されて落ち込んでいた時に現れた美少女ササラとの出会い
そしてこぎ着けたデート
さらに合コン
と、とんとん拍子で進んでいるように見えますが、その実は非常にドタバタで無様なんですよね
それが黒歴史・・・だと思っていた時期m(ry
しかし、この合コンの参加者は誰もがみんな残念です
見た目も合わせて残念な陽平は置いておくにしても、美少女な日向、腹黒い和装美女の月夜、色々と素直じゃないっぽいササラ
もう何か月夜さんに色々と餌を上げただけに終わったような気がするのですが・・・
そして、男と会っていたために監禁されているというササラに会いに彼女の家に乗り込むのですけれど、あれ?大臣ってそんな武装しないといけないの?
むしろ、メイドに暗殺術を仕込む法務大臣って、それだけで脅せるんじゃ?(笑)
終わってみれば、俺の黒歴史は始まったばかりだ!って感じと言うより、すべては月夜さんの手のひらっぽいのですけれど・・・
しかし、本書を読んでみてもササラがどう言う気持ちなのかが今一つわかりませんねぇ
これだけ会っているので好意自体はあるのでしょうけれど、本当に毒にはならないからって理由でもおかしくないですしね
ともかく、これからの黒歴史がどうなるのか・・・って、これってバッドエンド以外に答えがあるの?(笑)

キングオブ残念の陽平さんは全裸とかいろいろと頑張ったのに、何気に俯いたイラストしかない残念さだったりするのです
P.235のイラストの龍騎はかっこいいのですが、その実は・・・
  1. 2013/06/02(日) 23:33:40|
  2. HJ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

裏ギリ少女 2

裏ギリ少女2 (角川スニーカー文庫)裏ギリ少女2 (角川スニーカー文庫)
(2013/05/31)
川崎 中

商品詳細を見る


あらすじ
高1の夏到来!
2人で夏休みを満喫したい真春&裏ギリ体質だけどアルバイトをしたいゆずき。
そんな彼らにうってつけのバイトが遊園地にあった!
けれどゆずきを狙う怪しい少女の影も……。

さて、先日自作したスピーカーですが、なかなか良い出来みたいです
本来はボンドで止めるところを両面テープで接着したのに、いい出来です!
まぁ 5.1chのホームシアターに組み込んだので、本当にいいのかわからないのはここだけの話ですが、変な共振などもないようです
とりあえずは、単体のスピーカーでとしても使えるようにオーディオを揃えないとねぇ

で、内容ですが
裏切られた・・・まさか2冊で完結とは・・・
スニーカー大賞の応募作で、初めから強力なバーグ・ティーンが登場しており、他に強力な能力っていうのも難しいですしねぇ
でも、前回に出てきたニナの脱出で暗躍していた人物がついに動き出します
その人物の能力はある意味でかなり凶悪な能力です
使い方によっては個人を破滅に陥れる恐ろしい能力・・・
それはそれとして、ハウスの崩壊から平穏な暮らしを送っていた真春とゆずきですが、飛んでもない事態に陥ります
・・・まぁ 期末テストが非常に悪かっただけなんですけどね
でも、あれだけ騒ぎに巻き込まれた二人より点数が悪い生徒がいるなんて
そして、夏休みの予定としてバイトを計画するわけですが、都合の合うバイトが見つからなくて・・・
芹葉先輩の計らいでいいバイトを紹介してもらったわけですが、その裏である人物が暗躍し始めます
しかし、バイトに行くのに妹が同伴とか・・・
また、その双子の妹の子守役に青山を読んでいるわけなんですけど、その扱いが惨い(笑)
謂れのない性癖を妹たちに叩き込み、それを脅しに使うとか・・・本当に親友か?
そして、小さなトラブルを乗り越えて、バイトを青山が交代してくれるわけです
あれ?あんな扱いをしているのに、なんて青山はいい奴なんですか・・・
パッとしない二人のデートの後は、客がいなくなったプールを貸切で使います
何気に真春のバーグ・ティーンでエロいことに向いていたりするんですね(笑)
そして、乱入するあの人物が望んだ願いとは・・・って、そんな願いかいっ!
事態は非常にややこしい方向にこじれて、解決してしまうわけです
しかし、ここから怒涛の完結モードです
二人の仲を力技で結びつけた後は、回想で主要キャラの行く末が語られます
・・・アネさんは頑張ってたから、とりあえずは幸せになって下さい
あと、サラって語られていますが、芹葉先輩って結局何者だったの?
ともかく、もう少し続いてほしいなぁっと思いますが、次回作に期待です

ひな子は非常に残念な子なんでですが・・・あれ?何気に一番成功してる!?
あと、すごくいい性格の双子の妹だけでも結構面白い話が書けそうな感じです
  1. 2013/06/01(土) 23:56:56|
  2. 角川スニーカー文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。