上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中途半端な密室

中途半端な密室 (光文社文庫)中途半端な密室 (光文社文庫)
(2012/02/14)
東川 篤哉

商品詳細を見る


あらすじ
テニスコートで、ナイフで刺された男の死体が発見された。
コートには内側から鍵が掛かり、周囲には高さ四メートルの金網が。
犯人が内側から鍵をかけ、わざわざ金網をよじのぼって逃げた!? 
そんなバカな(^_^;
不可解な事件の真相を、名探偵・十川一人が鮮やかに解明する。(表題作)
謎解きの楽しさとゆる~いユーモアがたっぷり詰め込まれた、デビュー作を含む初期傑作五編。

朝鮮半島がきな臭くなっています
むしろ、その状態自体がきな臭いというか、嘘くさい感じです
そんなことより、朝鮮半島を世界がどうしたいのかがよくわからない
最近の傾向では今程度なら放置という感じに感じるのですが、どこまでやれば世界は動くのでしょうか?

で、内容ですが
東川氏の実質的なデビュー作の短編を含む短編集です
初めの1編を除いて、山根敏による安楽椅子探偵シリーズという感じです
友人の手紙から事件の真相を明らかにして、友人からのお土産をせしめる「南の島の殺人」
古本屋で見つけた新聞記事のおかしな死亡事件の真相を新聞から明らかにする「竹と死体と」
再び則夫からの出題から十年前の死亡事件の真相を突き止める「十年の密室・十分の消失」
有馬記念によって完璧なアリバイを崩す「有馬記念の冒険」
これに表題作の「中途半端な密室」です
同じ安楽椅子探偵なのですが、その趣向が毎回変わっているところに東川氏のサービス精神を感じます
特に「竹と死体と」は歴史ミステリィとも絡めてあったりしますしね
また、「十年の密室・十分の消失」はその真相がもの悲しく、ほんとうにあの人はこのあとどうするんだろうって思います
ともかく、東川氏の原点である短編集はファンならば是非に読むべきです

スポンサーサイト
  1. 2013/04/02(火) 23:46:41|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。