上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

命に三つの鐘が鳴る

命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇'75命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇'75
(2011/05/19)
古野まほろ

商品詳細を見る


あらすじ
元活動家にして若きキャリア警察官・二条実房のもとを訪れた、親友で現役の非合法活動家・我妻勇人。
恋人の佐々木和歌子を殺した、という。
彼女のことは二条も知っていた。
我妻に奪われるまで、自分の恋人だったからだ……。
我妻は犯行を認めながら、動機の一切については語ろうとしない。
息詰まる取り調べの攻防の果て、二人が辿り着いた結末とは!?

ペニーオークションなどの手数料型オークションによる詐欺ブログの関係者は詐欺罪で捕まえた方がいい
まぁ 1回だけというのなら本当に騙された可能性もあるのかもしれませんが、複数回実施しているのなら詐欺以外の何物でもありません
むしろ、本当はそんなに落札できないけど、落札自体はできるなら別として、まったく落札できない仕組みである以上詐欺以外の何物ではないのではないでしょうか?
しかし、なぜかマスコミはこれをステルスマーケットとして行き過ぎた宣伝として扱おうとするのは、マスコミ自体も同様の触れられたら困ることをやってるでしょうか?

で、内容ですが
元ネタの「Wの悲劇」は夏木静子氏が原作で、何度もドラマ化や映画化している有名な作品です
ある名家の家で殺人が発生して、犯人が名乗り出てくるわけですが、それが二転三転して思わぬ結末にって感じだと思います(実は読んでない)
それが本作とどう絡んでくるのか・・・?
開始こそ現場の警官として絞られて、内勤に叩かれる新人警察官でしたが、本編である我妻が自首してきたところから取調室と刑事室での密室劇になります
そこには何らトリックもなく、あるのは論理と物証による証拠固め
そして、そこから相手を自白させるために必死の攻防が始まります
もうねぇ 当初は旧友との再会の雰囲気があったのですが、徐々に真剣勝負です
革命家の軍人我妻の何重にも練られた隠蔽策に翻弄される二条ですが・・・
しかし、この悲劇シリーズはトリックや真相について割とノーガードですよねぇ?
この作品にあるのは論理による証拠固めと人間劇です
むしろ、何かを守るための人間同士の戦いであります
しかし、本作の真骨頂は解決したと思われた後です
話は急転直下で進んで、そしてダメ押しの手紙です
この手紙が我妻の手にあれば何かが変わったのか・・・いえ、変わらなかったでしょうねぇ
ともかく、古野氏の描く取り調べ劇は熱いです

しかし、となるとすべては真柴警部補の手のひらの上、というかどこから解っていたんだろう?
そして、彼は息子の代わりに正義を託すために二条を育てたわけですね・・・
スポンサーサイト
  1. 2013/01/07(月) 23:46:49|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。