上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シンマと世界と嫁フラグ 4

シンマと世界と嫁フラグ 4 ついにあの子とお泊まりです! (HJ文庫)シンマと世界と嫁フラグ 4 ついにあの子とお泊まりです! (HJ文庫)
(2012/12/27)
空埜 一樹

商品詳細を見る


あらすじ
嫁候補であるアリスの頼みで、偽りの婚約者となり彼女の父親と会うことになったシンマ。
招待された夏のリゾートを皆で満喫しつつ、遂にアリスの父と緊張の対面を迎えるのだが……思いのほか気に入られ一安心!
ホッと胸を撫で下ろすシンマだが、その後、アリスを溺愛する超万能メイドによって、海やお風呂で裸同然のアリスと大接近することに!?

本年と言うかこの3年は政治的に大変碌でもない状況だったので、政権交代で好転することを願いたいです
特に経済や領土問題などこの1年で悪化し、復興や原発を含むエネルギー問題など抱える問題はたくさんあります
さらに国際情勢も相変わらず不安定で、一触即発な状態が続いていますが、この状況を安倍政権には乗り切ってもらいたいところです
ともかく、来年こそはよいお年をお願いしたいです

で、内容ですが
ついにツンデレハンマー少女のアリス回です
順調に属性と使途を増やしていっているシンマに父親を安心させるために言い過ぎたアリスと父親に会うことになります
しかし、二人だけで行くわけにもいかず、みんなで出かけていつものドタバタ騒ぎです
そして、肝心の父親はかなりの強力なアーティファクト使いであり、有能な企業家でもあるわけですが、かなりの親バカです
そんなジルイードさんはアリスとシンマの関係を無理やり進めようとして・・・
安定したシンマと仲間たちのいつもの日常と、ジルイードさん率いる夜明けの星々との対決です
ジルイードさんの秘書でレイの姉のエレカ、さらに謎の有能メイドのメアリです
有能なのはとりあえず戦闘技能ですが、その経歴や言動など今後も活躍しそうですね
とりあえず、今回で使徒と資格者の4属性が揃ったわけですが、次はいったいどうなるのでしょうか?
あと、来月に新シリーズが登場ということですが、虎ぶるの続きもお願いしたい
とりあえず、シンマが二つの紋章を持った理由は何か、次の巻が気になるところです

あと、今回は水着回と温泉回です
スポンサーサイト
  1. 2012/12/31(月) 23:18:21|
  2. HJ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うちのクラスのたよりないラスボス

うちのクラスの頼りないラスボス (HJ文庫)うちのクラスの頼りないラスボス (HJ文庫)
(2012/12/27)
望 公太

商品詳細を見る


あらすじ
「あなた、私の仲間にならない?」
『ラスボス』という『役割』を与えられた少女、塔ヶ崎夜子は、『脇役』の少年、涼希にそう告げた。
涼希の幼なじみの少女で新入生唯一の『主人公』桜神雛に無謀な戦いを挑む夜子に涼希は徐々に魅かれていく。

ライトノベルレーベルの乱立からさらに新レーベルです
会社を見てみるとメディアファクトリーから独立した人達によるレーベルっぽいのです
でも、そういう独立したというところから、各レーベルの有力作家が作品提供を予定しています
ライトノベルは勢いがあったために今はレーベルがなくなる事例はほぼないのですが、今後は廃止や統合が進むのではないかと思うので、横断的なレーベルはその受け皿として有用になるかもしれません
でも、全面改訂しての新レーベル以降は辞めて欲しいなとか思ったりします

で、内容ですが
あらすじからはどこかで見たような設定です
実際に出だしは「魔王なあの娘と村人A」に似ています
しかし、決定的に違うのはラスボスの塔ヶ崎さんは典型的なドジっ娘なんです
やけに主人公に敵愾心を持っているのも個人的な劣等感ですね
さらに不器用、コミュ障、運動音痴、勉強もできないし、運も悪いと主人公に勝てる要素はないのです
そんな彼女に手を貸すことになった涼希は最初は仕方なく、最終的には塔ヶ崎さんにほだされて雛と戦うことになります
しかし、塔ヶ崎さんはこれだけ負けているのにこの闘争心はすごい
それはラスボスに任命されるのだと思います
そして、そんな表側の事情をひっくり返すかのように学園の裏の事情が激しい
まさか残りの2名の主人公にそんな秘密があるとは・・・
しかし、まさかこの学園で作り出そうとしていたのはいーちゃんだったとは思いませんでした
そして、この作品で凶悪な存在を放つのは名探偵の主人公の眩暈坂先輩です
何、この面白属性は?
事件に巻き込まれる属性に特化しすぎて、もはやただの被害者です
また、情報分析や読心術などを高度に操るのに推理力が皆無とか、ただただ迷惑なだけです
むしろ、事件を解決するとかそんなことじゃなくて、ミステリィ談義ができる友達が欲しかっただけじゃ・・・
さらに雛を超える性能なのにただの解説扱いの来出さんが無双過ぎます
しかし、この学園は地下迷宮とか作って、何やってるの?
ともかく、個性優遇の学園で脇役の涼希に火をつけて、果たしてラスボスが主人公を蹂躙する日は来るのでしょうか?

しかし、氷山はいかにも野球部のいかつい男かと思ったら、なんたるイケ面ってことに驚きました
  1. 2012/12/30(日) 23:34:06|
  2. HJ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茉建寺エリノアの非主流科学研究室

茉建寺エリノアの非主流科学研究室 (ファミ通文庫)茉建寺エリノアの非主流科学研究室 (ファミ通文庫)
(2012/12/27)
榊一郎

商品詳細を見る


あらすじ
太宰駆流【だざいかける】は走っていた。転校初日、寝癖のまま食パンを咥えて走っていた。
そして近道【ショートカット】した校舎裏に待っていたのは――美少女! 
そう、まさに人形のような……。
「捕獲完了【ゲット】! 君は私のものだからな」!? 
かくして学園地下に棲まう超天才児・茉建寺【まつけんじ】エリノアと運命的(?)出会いを遂げた駆流。
だが彼は知らなかった。これからの受難――手始めに自分が跡形もなく爆散しちゃったりすることに!

私は功罪を考えたうえで、橋下市長はマスコミが言っているような問題がある政治家ではないと思います
むしろ、なぜあの政策の決定の流れで独裁や強引に決めるという話が出てくるのかまったくわかりません
確かにいきなり争点を相手に突き付けることから強引に見えるかもしれません
でも、絶対に相手へ反論の機会を与えているし、反論に納得したら取り下げてもいるわけです
これほど議論で政策決定する首長も少ないのではないでしょうか?
問題点は各自治体や団体に論理的で説得力のある説明ができる責任者がいないというか、そんな有能じゃない人が決定権を持ててしまうことじゃないかと思います

で、内容ですが
天才的な頭脳の無駄遣いと最近流行の友達作りの物語です
エリノアは優れた頭脳から生み出された科学力は現代を軽く凌駕するくらいで人造人間、サイボーグとか何でもアリです
そんなエリノアが友達を作ろうと一念発起したことから、駆流が犠牲になるのです
・・・とりあえず、対象を円香じゃなくて、駆流にしていたらいいと思うのです
でも、友達についての理解がまったくないエリノアではマニュアル通りに同性の友達ってことになるのでしょうけどね
それにしても、部下を捕まえるために爆散させて、脳だけを確保とか狂科学者すぎです(笑)
そして、もう一人のヒロインである円香は周囲との交友関係は良好で、対人スキルもあるのですが、そこにはある秘密があって・・・
何かホラーな雰囲気もありますが、実はけっこうこういう人はいるのじゃないかなぁ
私の周りのアスペルガー症候群の人がこういう感じです
それ以前にゆとり世代やマニュアル人間という感じの人はそういうモノってことでかなり変なことも受け入れてしまえるのではないかと思います
まぁ そんな風に受け入れられない人は変わった人とされるわけですが・・・
閑話休題
しかし、この学園はこういった特殊な人間を集めた学園っぽいのですが、他にどんな人がいるのでしょうか?
最低でも超能力者くらいは生徒にもいそうですが、これが続刊すると駆流の体を狙うエリノアという(性的に)危険な構図になりそうですが(笑)
ともかく、狂科学者の友達作りに巻き込まれた駆流と友達の対象となった円香のドタバタコメディはどうでしょうか?

次は巨大ロボットで宇宙怪獣と戦うのかな?
  1. 2012/12/29(土) 23:54:38|
  2. ファミ通文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“朝顔”ヒカルが地球にいたころ… 6

“朝顔“朝顔" ヒカルが地球にいたころ……(6) (ファミ通文庫)
(2012/12/27)
野村美月

商品詳細を見る


あらすじ
「ぼくと朝【あさ】ちゃんの最初の約束を、ぼくの代わりに叶えてほしい」――ヒカルにそう頼み込まれてしまった是光【これみつ】。
犬猿の仲の朝衣【あさい】と関わるのは気が進まないながらも、しぶしぶ"約束"を果たそうとするが、拒絶する朝衣と喧嘩を繰り返す内に、何故かふたりが恋仲だと噂になり――!?
帝門【みかど】家の権力争いを制そうとする朝衣の、本当の目的とは一体何なのか。
また対立候補として現れた一朱【かずあき】も、葵【あおい】や朝衣を標的に、災いの種をまき始め……。

さて、結局予想通りというか、どこの頭の悪い人が応援していたの?といいたいくらいの未来の党が分党するそうです
はい、それくらい判ってましたよねぇ?何度ダマされたら気づくんですか?
それはそれとして、今回の衆議院選挙では経済対策優先を打ち出した政党が大幅に議席を伸ばしています
結局、景気がいいとある程度の社会的な問題は払しょくできるわけで、そこから漏れた少数だけをフォローすればいいのですからねぇ

で、内容ですが
今回の題材は朝顔です
帝門家の跡目争いに乗り出した朝衣が朝顔に見せて、一族の有力者である朝顔姫とのダブルヒロインです
まぁ 朝顔姫はもうお婆ちゃんなんですけどね
その朝顔姫に気に入られた是光が帝門家の跡目争いの場に参加することになるわけですけど、朝衣は徹底的に是光が嫌いですからねぇ
ヒカルの相棒を自認していた朝衣が知らない親友の是光の時点で好かれないのに、その立ち振る舞いが粗野ですしね
そして、そんな朝衣にヒカルの約束を叶えるのですが、その約束は・・・すごくファンタジーです(笑)
そんな帝門家の話は置いておいて、帆夏の方も告白しておきながら逃げ回っている間に親友のみちるも是光を好きになっていたりするわけです
そんな風に追い込まれてやっと是光と向き合うことができたわけですが、しーこはそんなに敵に塩を送っていいのかなぁ?
このまましーこを是光が引き取らないと確実に悪女に育つと思うのですが?
そして、ここ最近で凶悪に存在感を増しているのは最近デレてきた帆夏を押さえて、安定のツンデレを誇る是光の祖父です
まさかお爺ちゃんに燃える日が来るなんて・・・悔しい!(笑)
でも、ここまで是光の家系の話が度々出るってことは、何か生い立ちか何かに関係があったりするのかな?
また、ヒカルの問題の根幹に関わりそうな現当主の後妻藤乃の登場です
恐らく二人の関係がヒカルの死に関わっていそうですが・・・って、ここで折り返しですかっ!?
結構終盤だと思っていたのですが、ここで中盤だとまだまだ是光と誰がくっつくかもわからないですね
今回で朝衣も参戦するみたいですし、とても激しい戦いになりそうです
ともかく、数々の美少女が登場する中で是光のお祖父さん無双の様相を呈してきましたが、この次は空蝉で新たに女性が登場するみたいです

そして、隠れて東条先輩も萌えキャラ化していますが、果たしてお爺さんに勝てる人は出てくるのでしょうか?(笑)
  1. 2012/12/28(金) 23:44:45|
  2. ファミ通文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫は勘定にいれません、もちろん家にもあげません

猫は勘定にいれません、もちろん家にもあげません (一迅社文庫)猫は勘定にいれません、もちろん家にもあげません (一迅社文庫)
(2012/12/20)
水口 敬文

商品詳細を見る


あらすじ
動物の世話をするため高校に早朝登校した遼平は、ウサギ小屋の中で猫のように丸まっている同級生の少女「ヒナリ」を見つける。
理由あって家出中というというヒナリは、動物好きなあなたのネコになってあげるから遼平の家に泊めてほしいと言いだすのだが、遼平の家には同級生だけど義姉でもある「紗月」(弟くん大好き♪)が住んでいて……。
ネコのようなクール少女vs弟大好きベタ甘お姉ちゃん 病みまくった二人の少女がいま激突する!

この年末に出張が多いです
えぇ 私が年末に掛け込みで出張を入れたことと、急遽出張が入ったことで会社の大掃除を逃走完了です!
しかし、自分の机の掃除と書類仕事が年越ししそうです
そして、来年にも出張に行くことが決まりました
私の旅はこれからだ!

で、内容ですが
タイトル詐欺です(笑)
猫っぽい家出少女と飼育室で出会って、弟大好きの血のつながらない姉に転がりこまれるという話です
えぇ 猫が家に入り込んでいるのです
まぁ それは本作の大事なとことではないです
まず主人公の遼平は太りやすく、痩せやすいのです
それは少し運動するとぽっちゃりから標準体形に変わるくらいです
そして、それにまつわる変態性を持ってしまった少女達に絡まれるのですよ
二人の狭間で引っ張り合われて大変な遼平と言った感じで、割とオーソドックスなラブコメです
しかし、二人の性癖がすごく残念で・・・
それはそれとして、今回の件は割と始めの段階で紗月に相談してたらすぐに話が付いていたのではないかと思ったりするのです
特にイベリコを生贄に出せば素直に聞いてくれたんじゃ・・・
ともかく、寂しい家出少女に特異体質の少年、その姉が合わさったドタバタ残念ラブコメです

ちなみに紗月の面倒見のいい姉は間違いで、飼育熱心な姉じゃないかと・・・
  1. 2012/12/27(木) 23:01:35|
  2. 一迅社文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

0能者ミナト 5

0能者ミナト〈5〉 (メディアワークス文庫)0能者ミナト〈5〉 (メディアワークス文庫)
(2012/12/25)
葉山 透

商品詳細を見る


あらすじ
完璧な降霊術で人を集める『彼岸の会』。一方、被害者の会も存在し、是非が分かれる団体でもある。
天性の法力を持つユウキは直感し、降霊術がまやかしだと糾弾する。
だが、主催者の士道骸に手玉に取られてしまうのだった。
この男、総本山から野に下った切れ者で、まったく隙がない。
かくして、業界ではいかさま師と揶揄される湊の出番である。
0能者対詐欺師の稀に見る攻防は、騙し合いの熾烈な駆け引きへと発展していく。
霊を降ろしている様子はないのに、霊と完璧に対話してみせる。
その矛盾を湊はどう解体してみせるのか?

衆議院選で自民、維新、みんなと原発の継続派が大半を占めたわけですが、これは当然です
なぜ原発が停止していると安全で、動いていると危険だと思うのでしょうか?
ちゃんと廃炉が終わるまでは地震などの事故で放射性物質が漏れるリスクは変わらないのです
れ以前にあれだけ危機意識の低い中でも、定常運転で大きな問題がなかったのなら、動かせる物は動かした方がいいかもしれません
そうすれば、いざと言うときに人員がいないという最悪なことは避けられるのではないかと思ったりするわけですが・・・
まぁ 古い原発は順次廃炉にしていくというのには賛成と言うか、さっさと廃炉にしろって思います

で、内容ですか
電撃文庫Magazineに掲載された2作に後日談の短編を加えた3編構造です
始めの「石」はとある地方の展示場で公開されている夜泣き石を沙耶とユウキが見学に行く話です
基本的にミナトは登場せずに沙耶とユウキだけで怪異と戦うことになるわけです
まぁ 友情出演というか人物として登場してないだけという状態でミナトは散々しゃしゃり出てくるわけですけどね
しかし、夜泣き石から思わぬ大物怪異が登場でしたが、沙耶はミナトのいいところだけを学んで一人で退治できましたねぇ
ユウキは性格がひねているところもあるけど、基本は素直だから変則的な怪異との戦いはまだ早いのかな?
そして、あらすじにある「詐」です
オカルト団体による降霊術によってビルの立ち退きの危機に立ったことからミナトが立ち向かいます(笑)
意外と単純な話かと思ったら、相手方の能力が変則的で一筋縄にはいきません
でも、よくミナトはこんなことに気づいて、こんな対策を思いつくなぁと思います
これだけできるなら、賭け事とかも強いはずなんですけどねぇ・・・
あと、ミナトが狙っていた悪事はことごとく粉砕されました(笑)
最後の「避」は後日談で、倫寧のその後の処遇と次回に続く引きです
結局倫寧がミナトの元にいても、散々悪事に加担して嫌気がさしている状態では味方しないでしょうねl
次はミナトが絶対に飛びつくと太鼓判がある依頼で、その内容は如何に?
ともかく、素直すぎる沙耶がミナトのやり方を徐々に吸収して成長いるのに対して、ユウキは少年らしく素直さを取り戻しているのは・・・ミナトのお蔭じゃないですね(笑)

しかし、当初の読み切りの救われない話から全面書き直しに近い改稿を経て、こんな風になるとは・・・
でも、9Sも忘れないでください
  1. 2012/12/26(水) 23:42:09|
  2. メディアワークス文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魔法戦争 4

魔法戦争IV (MF文庫J)魔法戦争IV (MF文庫J)
(2012/12/21)
スズキヒサシ

商品詳細を見る


あらすじ
魔法使いの少女・相羽六との出会いをきっかけに、自身も魔法使いになってしまった高校生・七瀬武。六の兄・十を奪還した武らに「なにか恩返しをしたい」と十が申し出て、魔法の朝練をすることとなる。
ところが武はこのところ悪夢にうなされ、ついに体調を崩し倒れてしまう。
悪夢の原因はどうやら武の化身・トワイライトにあるらしい。
実はトワイライトは可愛らしい女の子の姿をし、武の魔力を奪っていて……?
悪夢に侵された夢と精神の中で……今、新たな力が闇の向こうで輝き出す――!!

個人的にツィッターとかLINEとかをやっている人は個人情報保護に弱いと思います
私もこのBlogをやっていますが、その時点で個人情報にリスクを負っています
例えば、私の購入した本を調べたら個人を特定されるかもしれません
それ以外に色々な話題や文章の書き方などでも個人を特定される恐れがあり、割と注意を払っています
それなのに個人情報垂れ流しの上、運営会社の個人情報保護ポリシーに不安があるものに身近な出来事をアップしまくるとか正気の沙汰じゃないとか思ってしまいます
まぁ 個人情報がダダ漏れでもまったく困らない清廉潔白な人ならいいのですが・・・

で、内容ですが
タイトルの壮大さと内容は学園モノだったりするところから、個人的に拍子抜けでした
前回でトレイラーの幹部と学園長の対決と言う大きな流れがあって、進展が遅いところが改善されると思ったのですが・・・
まさかトワイライトが少女化して攻めてくるとは思いもしませんでした(笑)
それより先にくるみの裏切りフラグとか、月光の強襲フラグとかもあるので、この作品はどれくらいまで続ける予定か少し気になるところです
また、トワイライトを使っていた魔法使いがまさかあの人とは思いもしませんでした
何の伏線もなかったので驚きです
そして、その立ち位置も15人の偉大なる魔法使いの一人でもあるわけです
しかし、彼女が辞めた理由が月光にあるらしいのです
そして、武にも何か秘密があるらしく、新たなフラグが追加されることになります
下級魔術師から上級魔術師へのランクアップとかを考えたら、一体何巻まで必要なんでしょう?(笑)
また、相変わらずヴァイオレットさんが暗躍していて、次は本格的に武たちと接触することになりそうです
ともかく、段々と学園モノから陰謀が張り巡らされた情報・策謀戦という感じになって来てますね

とりあえず、くるみは素直に武に告白するといいと思うのです
それと、六の立ち位置がどっちなのかとてもよく分からないのです
  1. 2012/12/25(火) 23:43:26|
  2. MF文庫J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お願いだから、あと五分!

お願いだから、あと五分! (MF文庫J)お願いだから、あと五分! (MF文庫J)
(2012/12/21)
境京亮

商品詳細を見る


あらすじ
……やっと、見つけたんだからさ」「見つけた……?」「うん。私の――枕」って、『枕』?
俺・内藤優一が図書室で出会った謎の美少女・木枕コトハ。
彼女は眠っている間だけ予知能力が使える超能力者だった。
コトハは暗号名・〈全知全能の姫君〉と呼ばれ、大企業・羽島グループでアルバイトをしているらしい。
「私は眠れる超能力者! 君はその相棒。
だから私が眠っている間、君は私のそばにいなくちゃいけないの!」
俺はコトハの相棒として仕事を手伝うことになって――!?

クリスマスソングの多くは失恋の歌が多いのです
Wham!のLast Christmas、山下達郎のクリスマス・イブなど明るい気な出だしなのですが、クリスマスに恋人同士で聞くには意地が悪い曲が多いのです
しかし、なぜかテレビやラジオではよく掛かり、世の中を失恋気分にしたいのかと思ったり、思わなかったり・・・
でも、クリスマスソングで流行る曲の半分以上が失恋の歌なのはそういう需要があるのかなぁと思いながら、そんな歌詞まで考えて聞く人なんてあんまりいないってことなんですかねぇ?

で、内容ですが
好きな人を裏切ってしまったからか、母親の虐待的ないたずらの所為か表情が死んでいる優一の前に現れた髪の色が変わる少女コトハ
彼女のお願いによって超能力が肯定される裏の世界に足を踏み入れることになったわけです
また、学校では凛とした黒髪委員長の蓬子とも親しくなるのですが、彼女は・・・
う~ん、優一が裏切ってしまった少女が蓬子かコトハだと思ったのですが、今回はスルーです
また、悪戯好きというか、息子の命を狙ってるんじゃないかと思う母親やおっとりさんの姉も登場していません
その他に蓬子とコトハ以外は感応力者が話にだけ出てきたくらいで、話は入口に入ったところです
基本的には超能力者同士の戦いに、生身の優一が母親直伝の悪戯とコトハの予知能力というか未来解析能力で戦う話です
超能力者どころか登場人物も少ないので、うまく話が膨らんでいくと面白くなりそうな作品だと思います
しかし、こういう超能力モノは超人ロックのように万能の能力って少ないですよねぇ
まぁ ロックみたいに何でもできる敵には滅茶苦茶大掛かりな仕掛けをしないと倒せないので、話が難しいのでしょうけどね
それにしても、このタイトルからはぐうたらな少女を思い浮かべますが、実際はまったくの逆で騙されました
ともかく、色々と伏線や広がりを感じさせる設定なので、うまく続編で続いて欲しいですね

実は母親がラスボスフラグもあるんじゃないかと思うのですが・・・(笑)
あと、次回からの黒髪委員長の攻勢に期待です

それと、こういった能力+萌え設定のMF文庫Jの安定感は他社を圧倒的に凌駕しますね
  1. 2012/12/24(月) 23:33:15|
  2. MF文庫J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一緒に革命しませんか? 3

一緒に革命しませんか? 3 革命の救世主 (一緒に革命しませんか? シリーズ)一緒に革命しませんか? 3 革命の救世主 (一緒に革命しませんか? シリーズ)
(2012/12/21)
淺沼 広太

商品詳細を見る


あらすじ
自由な学園生活を獲得するために「紅のスバル」の一員として奮闘する大輝。
革命のため、次なる作戦を立てようとしていたある日、突然翔子が姿を消す。
そして、再び現れた翔子は、記憶をなくし、普通の女の子になってしまっていた! 
ショックを受ける大輝たちだが、生徒会との抗争は日々続いている。
大輝はマークに対し、停戦の申し出をし、翔子の回復のために時間を稼ごうとするが…。
さらに翔子のアクシデントには、林檎が関わっていることもわかり…!?

デジタル一眼は微妙にカメラに凝っています
と言っても、まだまだ使いながら撮り方を練習している段階ですが・・・
しかし、カメラが嵩張るので常時携帯とは行かず、出不精なのでなかなか撮影できていません
そんな中で、うちの家は住宅地の割に高い建物がないので、星空がそれなりに取れることが解ったので、練習中です
流星群を撮っているのですが、うまく撮れなかったのはここだけの話です・・・来年こそは!

で、内容ですが
いきなりの急展開で完結編です
翔子先輩が記憶喪失と言うか、記憶が改ざんされて紅のスバルのことを忘れてしまいます
その原因が林檎が関わっていて、暗躍する学園監察機構に対抗するために生徒会と一時休戦となります
記憶を封じられた翔子先輩は乙女心が全開で、大輝へのアプローチに積極的です
別に恋心を改ざんされていないと言うことは、祥子先輩はかなりの好意を持っているわけです
それを億尾にも出さないということは、使命感が強いのか、ペア優遇制度への反発か、それとも本人は気づいてないのか・・・
そして、そんな二人に対して邪魔に入りつつも支援するマリアの健気さが光ります
そんな中で学園監察機構を追い詰めて、林檎との対決になりますが・・・
最後は打ち切りのようにかなり駆け足となってしまいましたが、浅沼氏は割とスパッと終わらせることが多いのでどうなんでしょう?
最近は新しい話を新シリーズとして3巻程度にまとめる傾向が多いのですね
しかし、個人的には昔のようにコメディ色の強い作品も読んでみたいのですが・・・
ともかく、林檎と紅のスバルはあんな感じになりましたが、紅のスバルの活躍はこれからだ!という感じです

大輝が作る生徒会というのも気になるところだったのですけどね
  1. 2012/12/23(日) 23:00:00|
  2. スーパーダッシュ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この部室は帰宅しない部が占拠しました。 6

この部室は帰宅しない部が占拠しました。6 (MF文庫J)この部室は帰宅しない部が占拠しました。6 (MF文庫J)
(2012/12/21)
おかざき登

商品詳細を見る


あらすじ
本物のシスコン・柊木夕也率いる『帰宅しない部』。
2人の美少女・桜江ゆすら、木滝恋子らと共に生徒会との激闘を終え正式な部として認可された一同は、残された夏休みを満喫していた。
そして二学期の幕が開け、待ち受けていたのは年に一度の中高合同修学旅行。
帰宅しないのにみんなで京都へ!! 
ドタバタの中最強の妹・耶宵がついに動き出す!?  

さて、M-1グランプリが終わって、The MANZAIが始まりました
しかし、この漫才賞レースは大きな行き詰まりというか、漫才を終わらせる方向に進んでいる気がするのです
なぜなら、笑うポイントを多く稼ぐために話がまったく進まないネタって、ショートコントでいいでしょ?
本来漫才は話のストーリー立てて進みながら笑いを取って、最後に落とすはずがシュチュエーションはあるけどストーリーがなくなっているのです
まぁ 確かに昔からある漫才の手法の一つですが、それだけしかないのであればダメなんじゃないかと思ったりするのです

で、内容ですが
ついに夕也争奪戦の火蓋が切られました
しかし、もう占拠しましたは関係ないですよねぇ~
もはや部内での夕也争奪戦に絞られてきましたが、火蓋を切った恋子は攻め手に欠いて・・・
しかし、親友の沙月の援護で夕也に迫りますが、夕也は完全に妹分扱いですからねぇ
そんな夕也に対して強硬手段に出たのが実の妹の耶宵です
拉致、監禁、マインドコントロールとかどこの組織ですか?(笑)
まぁ 夕也と耶宵がシスコン・ブラコンになった理由はある程度わけるのですが、やっぱり耶宵の能力があるからでしょうか?
また、おっぱいさんこと琴音も色々と策略を巡らせるのですが、他にいいところを取られるばかりです
そんな中で本人はまったくそんな気がないままにゆすらが攻めるのです
何の意図もなく素直にする言葉に夕也への信頼と好意が溢れ、その無邪気な行動でシスコンの夕也に放っておけないと思わせていますね
このままの流れでは参謀がついたゆすらが攻めきってしまいそうですが・・・
そして、琴音や夕也たちの祖父であり、学園の理事長が倒れたところで次回へ続きます
しかし、この赤字垂れ流しの自由すぎる校風の学園の存亡がかかっている気がするのです
ともかく、再び不穏な状態になりそうですが、文化祭との兼ね合いはどうなるのかと無粋な心配をしています

でも、これだけ異能やファンタジー設定に溢れているのにそれをあまり感じさせないところがすごいですねぇ
  1. 2012/12/22(土) 23:18:25|
  2. MF文庫J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕は友達が少ないCONNECT

僕は友達が少ない CONNECT (MF文庫J)僕は友達が少ない CONNECT (MF文庫J)
(2012/12/21)
平坂読

商品詳細を見る


あらすじ
三日月夜空は、十年前に離ればなれになった親友との物語を再び始めるために動き出そうとしていた/
高山ケイトは、妹の幸せを喜びながらも寂しさを覚えていた/
天才少女志熊理科は、その能力ゆえの孤独を抱えていた/
孤高の男子高校生柏崎天馬は、自分に付きまとってくる同級生に戸惑っていた/
柏崎家の新しい家令ステラは、お嬢様に対して複雑な想いを抱いていた/
そして羽瀬川小鷹が主人公になった時、その裏では……。
『はがない』待望の最新刊!小鷹以外の人物達によって綴られる、一つの奇跡へと続いていく、煌めく奇跡達の軌跡――。

寒いです
昨日は濡れて帰りました
そして、恐らく風邪を惹きました
もうダメかもしれない・・・と、書いたけどやっぱり元気です

で、内容ですが
小鷹以外の視点から語られるはがないの世界です
しかし、この表紙は誰なんだって思いました・・・だって、制服を着た小鷹の母親っぽい人に小鳩なんです
でも、それは時系列がおかしくてって、そのままだったんですね(笑)
そして、語られるはがないの裏設定の数々
天馬(ぺがさす)と隼人の出会いや小鷹たちの母親、柏木家のややこしい秘密や楠家の話など小鷹の視点では書けなかった話です
個人的にはいつも傍若無人としている夜空が意外と普通の考え方をしていることが驚きです
あれは照れ隠しとドジっ娘属性との相乗効果でやらかしてしまうと言う残念な人なんですよねぇ
そして、今回の話がなければ埋もれてしまう柏木家のややこしい関係は驚きですが、それにしてもステラさんは頑張って下さい(胸と恋的な意味で・・・)
また、はがないの裏の主人公である理科の視点はこっちが主人公でもよかったんじゃない?とか思ってしまいます
要所要所で急所を突く小鷹さんのフラグ職人さが恐ろしい
そして、最後に次巻へとつながる引きを残して、三日月夜空、復活編へ
ともかく、はがないを裏から補完するCONNECTは今まで読んできた人は必読の一品であります

今回もブリキさんがいい仕事をしすぎで生きるのが幸い
あと、小鳩のアレは実は遺伝だったんですねぇ・・・
  1. 2012/12/21(金) 23:23:51|
  2. MF文庫J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライジン×ライジン 4

ライジン×ライジン4  RISING×RYDEEN (富士見ファンタジア文庫)ライジン×ライジン4 RISING×RYDEEN (富士見ファンタジア文庫)
(2012/12/20)
初美 陽一

商品詳細を見る


あらすじ
たからパパとみかんママ――わたしはふたりの、むすめなのですー」「パパぁ!?」「ママぁぁ!?」
『残念異能』の高校生、下野根隆良。王真澄矢とのガチ勝負をくぐり抜け、精神的にはドドんと成長した(しかし異能的にはまったく成長してない)隆良。
そんな彼の教室に現れたストレンジャー・藍玉氷莉は、隆良と『最強異能』の魅神を「パパ」「ママ」と呼ぶ謎だらけの女の子だった!?
しかもどうやら、夜侘の異能を覚醒させ――暴走させた張本人らしくて……。
正体不明&言動不可解な氷莉を巡り、隆良の学校は大混乱!!
果たして彼女の正体と、彼女が握る“秘密”とは……?

結局のところ、衆議院選挙は自民党が議席を取り過ぎだと思うのです
2/3を2党で持てるようになったら、民主党と同じことになる可能性があるのです
しかし、未来とか社民とか民主とかが議席を大きく減らしたことは理解できます
それにしても、今回の選挙結果って自民、みんな、石原維新と票を伸ばしたってことで、今後は原発推進ってことなんですよね?

で、内容ですが
隆良をパパと呼ぶ氷のストレンジャーの氷莉が登場です
それにしても、氷の能力者でこの名前は安直です(笑)
とは言っても、前回の夜侘の暴走に関わっていた少女なんですけどね
そして、彼女はなぜか隆良に懐いているから大変なことになるわけです
・・・魅神はなんてチョロいんでしょうか?(笑)
こんなままでは、今後熾烈を極める隆良争奪戦を戦えないのです
しかし、そんな氷莉が暴走して、それを止めるために乗っ取られた校舎へと乗り込むわけですが・・・
なんと言うお約束とボケなんでしょう
魅神に瞬殺される雑魚たち、無駄に強敵な能力のロリコンな二人組とかを乗り越えて、氷莉へとたどり着いたわけですが・・・
無駄な過去の因縁だとか、夜侘の暴走再びとかを乗り越えて決着を付けるわけです
しかし、ここで終わるわけではなくて、ここから怒涛のアリアの離反ルートに突入です
何やら氷莉とも裏で協力していたりしていたりとやっとアリアの計画が動きはじめるわけです
ともかく、ついに動き出すアリアの計画とは何か?とても気になりますが、たぶんしょうもないことじゃないかと思うのです

しかし、沙凪ちゃんは安定のゲル中毒ですが、これでいいのでしょうか?
  1. 2012/12/20(木) 23:42:09|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ささみさん@がんばらない 10

ささみさん@がんばらない 10 (ガガガ文庫)ささみさん@がんばらない 10 (ガガガ文庫)
(2012/12/18)
日日日

商品詳細を見る


あらすじ
ねえ神さま、この世界に、ほんとに神さまなんているの――?
知っていること、知らないこと。
生まれたままの無垢でいられるのは、きっと幸せなこと。
誰かの激しい嫉妬を受けるほどに……。
ささみさんの心配をよそに、小学校に通うことになったるるな。
そこに待ち構えていたのは、不可解で破滅的な北欧神話の授業。
未来を知ろうすること、そして過去を暴こうとすることで、触れてはいけない深淵を覗くことになる幼い神々に課される「試練」とは――。

と、いう訳でずっと更新が空いたわけですが、本を読んでいなかったわけではないのです
実は今までに読んだ本を読み返していまして・・・
その間に選挙やミサイルや何やらと色々ありました
しかし、出張でネット環境がなくてさらに更新が遅れたのですよ
まぁ 出張の日時を選んだのは私なんですけどね

で、内容ですが
アニメ化なんですが、段々と全方位変態化していくささみさんで戦えるのか?(笑)
お兄ちゃん、鏡に情雨、さらにるるなとささみさんの変態対象が増えているささみさんです
しかし、現在の一番の対象となっているるるなはすっかり人生舐めちゃってますモードです
うん、ささみさんに任せたらこうなるよね!
そんな頼りないささみさんの代わりに立ち上がったのはなんとたまで、北欧神話の力を借りてるるなへの授業です
でも、まきこまれた希美ちゃんは大変ですねぇ
素戔嗚伝説に関わっているとはいえ、基本的に無関係なんですよね
また、ドジっ娘たまの人望は高いですね
こんな面倒なことに手を貸してくれるみんなはたまのことが好きなんですねぇ
しかし、段々とささみさんが周りの女の子といちゃいちゃしている中で、周りの人たちががんばる話になって来てますねぇ
もはやささみさんは関わらない方が話が進むんじゃないかと思ったりするわけです
しかし、首領の話と今回の終わりを考えるとこのまま進むと破壊神同士のつぶし合いが起きてしまうのです
どうやら首領の目的はこの世から神をなくすことみたいですが、そこに至った理由が気になります
気まぐれで自分勝手な神々に何かをされたのか・・・どうなんでしょう?
ともかく、このままでは日瑠女には勝てないまま、最終決戦に向かうことになりますが、再びささみさんの活躍することはあるのでしょうか?(笑)

ちなみに、北欧神話は散文のエッダと呼ばれる文献から再構築されたものなんですよねぇ
それと、巨人との戦争で滅ぼされるという事実が今回の話に強くかかわっているわけです
  1. 2012/12/18(火) 23:07:45|
  2. ガガガ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モナミは世界を終わらせる?

モナミは世界を終わらせる? (銀のさじ)モナミは世界を終わらせる? (銀のさじ)
(2011/09/26)
はやみね かおる

商品詳細を見る


あらすじ
「おまえ、気づいてないだろうけど、命を狙われてるんだぜ」
突然あらわれた男に、真野萌奈美(まのもなみ)は言い放たれた。
「世界の大事件と、おまえを中心に学校で起きることが、同調(シンクロ)している」
男の信じられない言葉は、その後起こった実際の事件で証明される。
不確定要素として命を狙われる萌奈美と、彼女を守ろうする男。
なぜ、同調(シンクロ)が起こるのか?
二人は大がかりなトリックに挑む。そして、世界は……?

いや~民主党も大概ひどいけれども、未来の党はそれを遥かに凌駕するほど酷いと思います
はっきり言って詐欺集団に限りなく近いと言っても言い程、第二民主党です
マニュフェストとか見ればわかりますが、民主党特に小沢が強い力を持っていた時の民主党そのままです
それを他も原発縮小を唱えている中で卒原発という言葉遊びの予定は未定の政策を声高に叫んで目くらましです
これに投票する人は民主党にも投票したくらい政治音痴か原発を敵として何も見えていないかのどちらかだと思います
一言言うと、急にできた党なのに自民・民主に次ぐ出馬数を出せたのはなぜかを考えたらいいと思います

で、内容ですが
銀のさじ文庫というのはファンタジー系のジュニア文庫みたいです
まぁ すごく言ってしまうとジュニアファンターはライトノベルの源流でもあるわけです
うん、ぶっちゃけて言うとライトノベルっぽい作品です(笑)
しかし、どちらかと言うと東川氏の学園ミステリィ、特に「放課後はミステリーとともに」に感じが似ています
主人公がいい性格のドジっ娘の点が似ているだけかもしれませんけれど・・・
でも、本当にこのモナミの性格の良さがファンタジーなくらいに悪意がないのによくもここまでできるなぁという言うくらいにいい性格です
そこにボディガード役に丸男が現れますが、これもファンタジーにシスコンです
そんな二人が学校と世界のシンクロを防ぐために右往左往します
えぇ 基本的に振り回されるだけです(笑)
しかし、危機を脱してもすぐに次の問題が発生して、息をつかせない展開です
でも、そんな危機を乗り越えた二人は結ばれるかと思ったら、モナミさんですからねぇ・・・
ともかく、世界の危機を防ぐために走り回る二人ですが・・・モナミさんが落ち着けば大体の物は防げたんじゃ・・・?(笑)

しかし、モナミさんの一番の被害者は弟ですねぇ
もうこの弟は悟りを開くんじゃないかと思ったりします(笑)
  1. 2012/12/07(金) 23:35:05|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カンナ 京都の霊前

カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)
(2012/07/05)
高田 崇史

商品詳細を見る


あらすじ
盗まれた社伝を求めて、京都へ向かった甲斐と貴湖。そこで待っていたのは、日本の歴史を修正しようとする組織と、忍者一族の暗闘だった。
相克する二者に追い詰められ、ついに甲斐の秘められた能力が覚醒する……!!
歴史の真実を求める旅の果てに辿り着いた、聖徳太子と存在を消された天皇の正体は!?

女性天皇などので揉めていたり、皇太子家で揉めていたりする昨今の皇室です
マスコミやテレビなどでは天皇家の伝統や血筋で正統性を争うことも多いです
しかし、昔の天皇は親兄弟で争って、都市を半壊させたり、気分で一族を滅亡させたりした悪魔のような血筋も引いているわけなんですよ
まぁ だから滅びろなんていいませんが、現在の皇族があるのは戦後に果たした様々な功績で敬われているのであって血筋だけで敬われているわけではないことが大変重要です

で、内容ですが
カンナシリーズ完結です
竜之介が玉兎の神輿になるなど急展開の前回から諒司と竜之介が玉兎に向います
しかし、玉兎では竜之介の祖母が殺害されるなどの不穏な状況で、澪に憑りついた冴子も諒司と和解する雰囲気ではない感じです
そんな中で第七感とも言える超人的な力を覚醒させつつある甲斐も貴湖と一緒に京都に向かうのです
しかし、もう何か甲斐は当初の無気力で流されるだけの性格から別人ちかくに変わりましたねぇ
まぁ あれだけ色々な体験をしたら成長するのはたしかですが、あの万能超能力はすご過ぎます
もはや何でもできそうなくらいなので、歴史の闇に葬られてきますねぇ
結局はどんな力なのかははっきりしないままでしたけどね
そして、玉兎と波多野村雲流と諒司・竜之介の三つ巴からさらに甲斐達の介入などで大乱戦です
しかし、事態は後味の悪い結末となってしまいましたが・・・
でも、聖徳太子の真相は結局藪のな・・・じゃなくて、甲斐の中です
ともかく、一応の完結で、崇や御名形も登場したけれど、すごい引きで終わってしまって、次のシリーズが待ち遠しいです

しかし、この高田氏の歴史ミステリィを読むと時の支配者は碌なことしないなぁってつくづく思いますねぇ・・・
  1. 2012/12/06(木) 23:59:13|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アウトブレイク・カンパニー 5

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者5 (講談社ラノベ文庫)アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者5 (講談社ラノベ文庫)
(2012/11/30)
榊 一郎

商品詳細を見る


あらすじ
日本から異世界への通路でつながった『神聖エルダント帝国』、そこはドラゴンが空を飛ぶファンタジー空間!
そんな世界にオタク文化を浸透させようと創設された交易会社『アミュテック』の総支配人の加納慎一がなんと誘拐されてしまった! 
企てたのはエルダントの敵国バハイラム。しかし、様々な政治的な思惑から誰も助けに行かれない?
こうなったらと、慎一付きのメイド少女ミュセルが独力での『旦那様』奪還を決意。
ミュセルを中心にした数人の志願者で救助は成るのか? 
そもそも『バハイラム帝国』とは、どんな国なのか? 
そのあまりにも意外な慎一誘拐の動機とは? 
さらに救助隊の切り札は……な、なんと!?

日本と言うのは文化面で他国に対して強いアドバンテージがあります
それは日本は文化に対するどん欲さとそれを柔軟に受け入れて、消化する力があまりにも高すぎるからです
恐らく日本の多様かつ自由すぎる宗教観といいモノを取り入れようとする勤勉さ、そしてそれを楽しめることが関係していると思います
まぁ 一番は宗教的・政治的タブーが他国に比べて圧倒的に少なく、表現する媒体が多いことがなんですけどね
そして、独裁国家相手に最も効果があるのは文化侵攻なんですけど、日本は近隣の独裁国家につかわないのですかねぇ?

で、内容ですが
冒頭から急展開です
目覚めたら知らない天井、いつの間にかエルダントの敵国、バハライム王国に囚われてしまった慎一です
そこで国王の権威高揚を依頼されるわけです
しかし、この国はすでに独裁的に国王が権威を持っているわけで、これにどう権威付けを?って話です
これが慎一一人じゃなければまだしも・・・ねぇ?
そして、バハライムの慎一と対で進行するエルダントでのミュセルは一人称でもう一人の主人公です
ミュセルから見るエルダントやミノリ達自衛隊など新鮮な感じです
でも、あとがきにあるようにヤンデレというよりも、代わりに私が責任を取って腹を切りますという感じっぽいですね
まぁ あれだけ色んなものに引け目があって、引っ込み思案なミュセルがこんなにも前向きになったのは慎一の所為ですね
そして、もう一人エルビアも相当に慎一の影響を受けていますよね
むしろ、ペトラルカの絵を送ったのはエルビアじゃない?
途中で姉とは決裂してしまいましたが、慎一の粋な計らいによってうまくいきそうです
しかし、何より今回一番の大活躍はフェイクドラゴンのフェイドラです
ロイクとロミルダの二人は頑張り過ぎです(笑)
よりドラゴンっぽく改良しただけではなく、空を飛ぶだと!
さらに、さらにトランスフォームとか判り過ぎていて、将来有望過ぎる!
そして、まさかの必殺技は・・・
まぁ 最後は美埜里さんの必殺技で吹っ飛ばしましたけどね(笑)
しかし、エルダントに戻って、バハライムへの反撃をして終わりってわけには行かなくて、日本政府からの刺客が送られてきそうです
まぁ ここまで信頼関係を築いた慎一達にどう割り込むのか気になります
ヲタクサラブレットの慎一のライバルは、エリートヲタクか更なる腐女子か・・・(笑)
ともかく、バハライム王国と舞台と視点が変わった本作ですが、次もまた(違った)戦いになりそうです

しかし、この作品の最後は夢オチか、慎一が異世界の王になるフラグしか思い浮かばないのですが・・・
  1. 2012/12/05(水) 23:08:59|
  2. 講談社ラノベ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぜんぶ彼女に「視」られてる? 2

ぜんぶ彼女に「視」られてる?2 (ファミ通文庫)ぜんぶ彼女に「視」られてる?2 (ファミ通文庫)
(2012/11/30)
淺沼広太

商品詳細を見る


あらすじ
八神花梨【やがみかりん】は人や物の記憶が「視」える女の子である。
だが、残念なことにコミュ障な彼女は、相変わらず後藤智一【ごとうともかず】に懐いていた。
ある日、学校中の掲示板に怪談"白い顔の女"の写真が次々に貼られる騒ぎが起きる。
なりゆきで騒動の犯人を捜すことになった智一たち。
花梨の能力で一発解決と思いきや、幽霊は「視」ちゃいけない、と拒否されてしまう。
その日から、花梨の様子がさらにおかしくなり――。

12月21日に世界が終わると言うけれど、仮に滅ぶとしたら何が発端なんだろう?
可能性として高いのは中国の暴走かと思いますが・・・
しかし、21日は出張だったりするので、本当に滅亡が来たら家に帰るのも大変そうです
まぁ 滅亡が来るとしても、やれることをやるしかないわけですし、馬鹿が暴走しないことを祈るばかりです

で、内容ですが
人の思い、物の記憶を見ることが出来る反則探偵の八神さんがいるのに学園のミステリィです
そう、彼女の能力があれば大抵の事件はすぐに解決できてしまうのです
しかし、それを制限することで王道的な学園ミステリィになっているのです
正直な話、八神さんの能力があっても一般書籍で刊行できる内容かと思うのです
お金持ちの七尾さんと残念美少年の百道、カメラ嫌いの智一、研究対象の八神さん率いる超能力研究部
七尾さんの無駄にありあまるバイタリティによって何故か心霊写真事件を解決することになります
必殺の八神さんの能力が使えないので、地道に調査していくことになります・・・
しかし、オカルト研究会というのはライトノベルではよく出てくる部活動ですが、実際にある学校って知らないのです
・・・オカルト研自体が都市伝説や七不思議じゃないでしょうか?(笑)
また、苦手な心霊現象(とは言っても、お化けが怖いわけじゃなく・・・)にも智一の役に立とうと立ち回る八神さんが可愛いのです
そして、そんな八神さんのライバルである幼馴染の睦月さんも本当に健気です
その二人の好意を判りつつも、どう対応していいのかわからない智一も実に真摯ですし、こういうところは浅沼氏作品らしいです
でも、この作品には妄想少女と無駄にいい奴すぎる仲間が足らない気もします
まぁ うまく伝えられていないだけで八神さんは妄想少女っぽいですが、百道はもう少し頑張って欲しいのです
そして、今回の事件で判明した驚くべき真相で少しは父親へのわだかまりも緩和したかな?
でも、この流れは父帰還フラグっぽいですよね(笑)
ともかく、コミュニケーションが苦手な少女と一生懸命がんばる少年の学園ミステリィは如何でしょうか?

何気に小物な及川先輩と大物な岸谷先輩は何気に相性がよかったりして?
  1. 2012/12/04(火) 23:31:02|
  2. ファミ通文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

問題児たちが異世界から来るそうですよ? ウロボロスの連盟旗

問題児たちが異世界から来るそうですよ?    ウロボロスの連盟旗 (角川スニーカー文庫)問題児たちが異世界から来るそうですよ? ウロボロスの連盟旗 (角川スニーカー文庫)
(2012/11/30)
竜ノ湖 太郎

商品詳細を見る


あらすじ
箱庭の下層が“魔王連盟”に襲われ、煌焔の都に“階層支配者”が集まることに。
魔王を倒すコミュニティ“ノーネーム”も参加するが、黒ウサギが休暇中のため、問題児3人はフリーダムに遊び始める!?

なぜ選挙前になったらテレビ局は選挙の話はしても、政治の話をしなくなるのか?
それは法律で決まっているからではなく、テレビ局が責任を負いたくないだけです
やろうと思えば、テレビ局で規制組織を作って偏向にならないように自主基準を作って運用することはできるのですよ
しかし、そんなことをしたらテレビ局が責任を負わないといけないから、身内に甘すぎる無責任組織の人達はそんなことをする気がないのです
そして、また選挙後に訳知り顔で政策批判するのですよ
そんなに批判できるだけの機知があるなら、マスコミの人で党を作って選挙に出たらいいのにねぇ?(笑)

で、内容ですが
ついに同盟締結かと思ったら、ついに敵の魔王同盟が登場です
あ~ 副題のウロボロスの連盟旗って敵側だったんですね
そして、今回は表紙を飾ったペストさんがメインです
まさか彼女の登場からこんな日が来るとは思いませんでしたねぇ
冷徹で完全な敵役だった彼女がまさか、まさかこんなツンデレに育つとは感慨無量です(笑)
しかし、彼女の真の目的は中々明言しませんが、彼女の立場を考えたらそれしかないですよね
まぁ その背景にあるのはかなり残酷な運命でしたけれど・・・
そして、問題児3人はそれぞれにバラバラに動きますが、ここで飛鳥が大幅なパワーアップです
そこにはあの人物が関わっているわけですが、何がどうしてどうなったのやら?
あっ でも、今回の賭けはどうなるの?
さらに耀もコウメイにつながるヒントを見つけますが、そこからが中々進まない
そして、十六夜は自由に神隠し調査に能力の確認、そして、敵を追っ払うなどの活躍です
でもね、飛鳥や耀も成長していますが、それよりもジンの成長スピードが速いですね
元々素養自体はあったのでしょうけど、問題児たちに揉まれたことでそれが開花してきているのでしょうね
また、ジンの秘められた能力は魔王討伐が宿命で、その能力が開花したら凶悪になりそうですね
あと、何気に女殺し能力も開花しつつあるのが気になるところです(笑)
しかし、今回の最後に黒ウサギが大変なことになりますが、果たして復活はなるのでしょうか?
ともかく、もう敵のボスが出てきて、思ったよりも早く完結しそうかなぁって思ってしまいましたが、そんなに単純に終わらないですよね

白夜叉さんがいなくなって、みんなの引っ張るノリのいい人がいなくなって残念です
しかし、女性店員さんが奮起して、面白キャラクターに育ってきそうです(笑)
  1. 2012/12/03(月) 23:21:01|
  2. 角川スニーカー文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 4

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金4 (ファミ通文庫)龍ヶ嬢七々々の埋蔵金4 (ファミ通文庫)
(2012/11/30)
鳳乃一真

商品詳細を見る


あらすじ
龍ヶ嬢七々々【りゅうがじょうななな】、天運に恵まれた最強の女子中学生。
そして黒須参差【くろすさんさ】、裏社会での野心を秘めたなんちゃって女子高生。
二人はとある外国のカジノにやってきた。
目的は七重島【ななえじま】の建設資金をがっぽり稼ぐこと!
カジノの大物相手にギリギリの勝負を演じてみせた最強コンビは、さらに白い妖狐に護られた財宝が眠るという謎の遺跡へと向かった!!

さて、本格的に本の置き場がありません
こうなったら、宝くじを当てて、どこかに図書館を建てないといけないくらいです(笑)
まぁ 蔵書3000冊程度じゃそこまではいらないけどね
しかし、本を置くためにマンションの一室の購入を考えたりするのはここだけの話です

で、内容ですが
4巻と言うか3.5巻的な内容です
前回の強い引きがあったにもかかわらず、その前日譚のようにGREAT7の始まりっぽい話です
とは言っても、主に出てくるのは七々々と参差だけですけどね
七々々コレクションの始まりの冒険について七々々と参差の思い出語りです
決死というか七々々意外だと必死の大冒険をちょっとしたことと語れる七々々さんはぱねぇっす
軽く、何も考えていないようで直感で鋭く気づく七々々さんは傍から見るとすごく危なっかしいですね
そして、そんな七々々を罠に嵌めたり、騙したり、それでいてなんだかんだと面倒見のいい参差さんがいいコンビです
そんな二人に捕まったケテケテさんは災難です
でも、最も幸運だったかもしれませんね
この話で一番の不幸は地味にダルクだったりしますが・・・
また、ダルクが主人公の短編は・・・これは酷い(笑)
何気にダルクはかなり失礼なことを言いまくりです
まぁ 言われてしまう重護が悪いわけですけどね
とにかく男らしくなりたいなら、ズボンを履きなさいと言っておきます
そして、変態扱いされている重護がとても酷い(笑)
なにがモテ期ですか?(笑)
まぁ たしかに夢路さんに好意を持たれている時点でモテ期なんでしょうけど、このモテ期脳は全体的におかしい
どうしてそこまで頑なにモテ期で納得できるのかとても気になります
・・・これでも唯我先輩とかを出し抜いた戦略家なんだぜ?
そして、最後の天誅は自業自得です
また、記憶喪失になった重護の話は、思わず前の話の続きと思ってしまいました
あそこまでボコボコになったら記憶もというか、命があぶないよね!
そんな記憶喪失の中で続く大富豪ゲーム、何か凶悪な罰ゲームが待っているらしいのですが・・・
まぁ 前の話で七々々の強運を見ているので、結果は見るまでもないわけですけどね
でも、何気に自分が罰ゲームをうけないように布石を置いておく天災も中々のやり手です
しかし、唯我先輩とゆんちゃんの一件がほとんど触れられていないのが少し肩透かしです
ともかく、七々々と愉快な仲間たちにつながる過去の話ですが、こっちだけでも並行していけるんじゃないじゃないですか?

七々々の冒険話をすべて聞いて、そこに悔しがれる重護さんは流石です(笑)
そして、ダルクと夢路さんの策略に簡単に乗ってしまう重護は本当に唯我先輩とかを出し抜けたのか心配になります
  1. 2012/12/02(日) 23:39:09|
  2. ファミ通文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーダーは探偵に 謎解き薫る喫茶店

オーダーは探偵に―謎解き薫る喫茶店 (メディアワークス文庫)オーダーは探偵に―謎解き薫る喫茶店 (メディアワークス文庫)
(2012/11/22)
近江 泉美

商品詳細を見る


あらすじ
就職活動に疲れ切った女子大学生・小野寺美久が、ふと迷い込んだ不思議な場所。
そこは、親切だけど少し変わったマスターと、王子様と見紛うほど美形な青年がいる喫茶店『エメラルド』だった。
お伽話でしか見たことがないようなその男性に、うっかりトキメキを感じてしまう美久だった。
……が、しかしその王子様は、なんと年下の高校生で、しかも口が悪くて意地悪で嫌みっぽくて……おまけに『名探偵』でもあったりして……!?
どんな謎も解き明かすそのドSな『探偵』様と、なぜかコンビを組むことになった美久。
謎解き薫る喫茶店で、二人の騒がしい日々が始まる。

さて、総選挙へ向けて各党の動きが活発になっていますが、訳が分からないことがあるのです
選挙の争点として原発問題がありますが、各党の政策を見るとどこも原発を作るなんて言ってないし、自民党以外は将来的になくすと言っているのです
それなのになんで反原発や卒原発を声高に叫んで、第一の政策としている党が存在できるのかわかりません
明確に原発0に向けた方策があるならまだしも、これから考えるというのにこの党を支持できる人は前の選挙で民主党に入れて、その反省がない人です
あと、民主党は前回の衆議院選でCO2削減のために原発建設を推進していたはずで、そこに反対論なんてなかったんですけどね・・・論外です

で、内容ですが
予定よりも早く本の山を処理できたので、追加で購入です
パントロジストが日常の謎から遠ざかったので、日常の謎っぽい本を購入です
喫茶店を舞台にドジっ娘の美久が就職活動中に行き倒れたところを拾ってゴミ捨て場に捨てた高校生探偵の悠貴(笑)
飛んだ出会いです
そして、ゴミ捨て場から救助した落ち着いた喫茶店店長の真紘
実は兄弟なんですが性格がまったく違うように見えて、その芯のところはすごく似ている気がします
特に奥底のふてぶてしいところは見事なまでに兄弟です
そして、喫茶店のカウンターに舞い込み、それを鮮やかに解決しつつ、美久に毒舌を浴びせ続けるわけです
うん、美久さんはマゾじゃないかと思います
しかし、何だかんだで美久も打たれ強いと言うか、鈍いと言うか・・・
ここまで邪険に扱われて、悠貴について行けるのはすごい
ただし、もう少し事件が多い方がよかったかもしれない
まぁ このまま続きが出ていって、3人の関係が変わったりして・・・あれ?デレる悠貴を想像できない
ともかく、日常の謎を解きながら・・・と思ったら、3話しかないので続きが気になります

しかし、誰もが恐れる真紘さんの料理は一体・・・
  1. 2012/12/01(土) 23:29:16|
  2. メディアワークス文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。