上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冴えない彼女の育てかた 2

冴えない彼女の育てかた 2 (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた 2 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/11/20)
丸戸 史明

商品詳細を見る


あらすじ
紆余曲折を経て、動き出した我らがゲーム制作サークル。
ついに俺、安芸倫也のクリエイターとしての栄光の日々が始……
「何言ってんの、今月末までにキャラデザなんて無理!」
「時期が悪かったわね。ちょうど新作の執筆に取りかかってるの」
「や、約束したよな二人とも? ちゃんと俺のゲーム制作に協力してくれるって!」
「確かにやるとは言ったけど、まだその時期の約束まではしてないでしょ?」
「つまり、私たちがその気になればゲームの完成は10年20年後ということも可能だろう、ということ」
「どうやってゲーム作るのこのサークル!?」

さて、怒涛の11冊読破が終わって、読む本がなくなりました(笑)
余裕ができたのでもう1冊買おうかな?とか考えてしまうわけです
しかし、今回読んだ中では「たったひとつの、ねがい」が別格に印象に残っています
えぇ あれは破壊力のある地雷作品なので、取扱いには大注意です
(ダメな作品ではなく、すごい問題作です)

で、内容ですが
・・・あれ?この作品を3誌で同時コミック化ですか?
田中ロミオ氏や虚淵玄氏のようなゲームクリエーターから人気作家を思い描いているのでしょうけど、さすがに2巻でそれはないと思います
特にこの作品は方向性がまだ曖昧で、ゲーム作りたいのか、加藤恵といちゃいちゃしたいのか、3人の女の子との恋愛ゲームなのかわかりません
個人的にはそれがすごく中途半端のどっち付かずに感じてしまって、うまく話に乗れないのです
まぁ それ以前に倫也の性格が非常に一貫性がないと言うか、雲を掴むような性格と言うでまったく共感できないのです
もうね、ここまで熱いヲタクなら朴念仁に徹するか、いっそ軟派野郎な設定にすればいいのにと思ってしまいます
そして、そんな倫也に振り回されつつも、好意を維持できるクリエーターヒロインの心境がわからない
もう少し今でもピンポイントでツボをついてくるならまだしも、もう餌付けもしてないわけだしねぇ・・・
とは言っても、ヒロインの加藤恵はゲームのヒロインに向かないというか、私だけが知っている隠れた美少女的な立ち位置ですしねぇ
やっぱり、この作品では英梨々と詩羽の二人が暴れないとねぇ?
ともかく、どうにかゲーム作成に向けて動き出しましたが、まだまだ前途は多難ですね

次は英梨々のターンと思ったら、新ヒロイン登場だったりして?(笑)
スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 23:00:18|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

演じられたタイムトラベル

演じられたタイムトラベル (メディアワークス文庫)演じられたタイムトラベル (メディアワークス文庫)
(2012/11/22)
土橋 真二郎

商品詳細を見る


あらすじ
大学生の朝倉僚は、目を覚ますと知らない場所に閉じ込められていた。
ずきずきと痛む頭、はっきりとしない直前の記憶、首に巻かれた無骨なワイヤー。
そして、その場所には“ある共通点”を持つ人間たちが集められていた。
かつて制作の頓挫したゲームアプリ【SOD】――その開発者たちが一堂に集められ、ゲームのプレイヤーを“演じる”ことを命じられる。
矛盾を起こせば死――記憶だけを頼りに“抜け落ちた時間のイベントを補完する”、決死の舞台が幕を開ける!

戦前の思想教育の影響で、日本では政治からの教育の独立が非常に強く残っていました
しかし、これで教育の向上に向かって行けばよかったのですが、なぜか平等主義や反戦活動などで逆に政治色が強くなった気がします
はっきり言ってしまえば、政治的に中立を保ちたければあらゆる政治主義のメリットとデメリットを教えつつ、あくまでも個人で判断することを教育すればいいのです
なぜか日本では子供は善悪の判断ができないといいつつ、善悪の判断ができるように教育していないので、はっきりいって教育者も法律家も政治家も、そして保護者も考える力がないの?って思います

で、内容ですが
ゾンビゲームが流行るのは、人型の動く者を様々な武器を使って攻撃できるからなんですよね
そんな作りかけのゾンビゲームを疑似ゲーム化して、作成者たちがやらされることになります
まぁ 王道の復讐の密室ミステリィなんですよね
というわけで、今回も土橋氏はゲームを題材にしています
しかし、電撃文庫の方はファンタジー的にゲーム内容が大規模で手が込んでいるわけなんですけど、メディアワークス文庫の方は現実的なゲームになっています
まぁ 簡単に言えば、今回のゲームは割とチープです
ゲームの本編で使われるのは、大きなビルの1フロアで、そこに線で引かれて区別されたマップが舞台です
舞台としてはテーブルトークのように仮想された空間でのロールプレイなんですが、作中では登場人物の視点からなのであまり気にしなくてもいいかもしれません
また、今回のゲームで斬新なのはタイムトラベルシステムです
少しややこしいシステムですが、普通にゾンビに襲われないようにクリアするだけではなく、タイムトラベルで前後埋めることによって、先の状況に矛盾なく、必要条件をそろえる必要があります
詳しくは読んでもらわないと判りにくいのでしょうけどね・・・
また、割と協力してゲームに当たる前半と仲間同士で熾烈な殺し合いに至る後半で別作品みたいです
そして、クリアに向かうための謎はかなり捻りが効いているので、事前に理解するのは少し難しいかもしれません
ともかく、いつもの安定した土橋作品なので、安心して好きな人は読んで下さい

本作は一応ハッピーエンドっぽいのですが・・・
しかし、そろそろ各作品の勝者同士の対戦とかありそうな雰囲気です
とは言っても、電撃文庫の方とメディアワークス文庫の方では組織が違うっぽいきがしますけどね
  1. 2012/11/29(木) 23:43:33|
  2. メディアワークス文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パントロジスト 下

パントロジスト〈下〉三枝ジョーの終わりなき探求 (メディアワークス文庫)パントロジスト〈下〉三枝ジョーの終わりなき探求 (メディアワークス文庫)
(2012/11/22)
樹 のえる

商品詳細を見る


あらすじ
超常現象・心霊現象、何でもご相談ください――。
そんな貼り紙に引き寄せられてきた奇怪な事件の数々を、見事に解決していく三枝ジョー。
一方で彼は、同居人ソフィーを深い悲しみから救うため、彼女の父親で現在も行方不明中の如月教授を見つけ出すべく、足跡を追いかけていた。
そんなある日、ひとつの事件を調べていたジョーは、怪しげな組織の存在を知る。
その組織が、如月教授の失踪にも関係していることに気づいたジョーは、単身、危険な調査へと乗り出すのだった……。

宗教とは異なる信仰に科学信仰があります
科学第一主義や科学万能主義というような信仰ですが、これも危険な思想ですね
本当に科学を知って行うのであれば、その危険性やデメリットも考えるのですが、そこを謎の屁理屈で押し通してしまうわけです
それが大事故につながるわけなんですけどね
大体、科学第一主義を進めるならば、一般人に判りやすい教育資料をつくって、知識レベルを上げることが大切なはずなんですけどね・・・

で、内容ですが
上巻を読んで、日常の謎を探っていくことで失踪した如月教授を探すといった内容だと思っていたのです
それが・・・あれ?なんでこんな大事に?
都市伝説や心霊現象を科学的に解き明かすような内容だった気がしたのですが、なんと言う陰謀論(笑)
上巻をひっくり返すような展開になんか違う感に染まります
しかし、連れ去られた如月教授とソフィーとそれを隠蔽し続けることを考えたら、何らかの組織が関わっていないと話は合いませんけど・・・
まぁ その点にちょっと思うところはありますが、色々とややこしいことになっていた三枝家の秘密が綺麗に回収されています
当初の感じから思ってもいなかった感じです
でも、当初の日常の謎な内容で続きとか書いて欲しいかな?
ともかく、日常の謎系のミステリィかと思ったら、飛んだクライムサスペンスになっていたわけですが、どちらも行ける人はいかがですか?
  1. 2012/11/28(水) 23:29:01|
  2. メディアワークス文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

盟約のリヴァイアサン

盟約のリヴァイアサン (MF文庫J)盟約のリヴァイアサン (MF文庫J)
(2012/11/21)
丈月城

商品詳細を見る


あらすじ
天空より飛来するドラゴンの襲撃に、人類が脅威にさらされている現代。
人は魔術によって創造された蛇霊体《リヴァイアサン》を駆り、抗戦の日々を送っていた。
“蛇”の契約者にして、竜を討ち滅ぼす救世の戦乙女――《魔女》。
彼女たちの契約をプロデュースすることを生業とする少年、ハルこと春賀晴臣は、幼なじみで欧州屈指の魔女、アーシャの(強引な)要請で3年ぶりに「東京新都」に帰還する。
妖精のような容姿の少女に連れ添って、高校転入に拠点確保と奔走するハルだったが、突如、上位種のドラゴン“ソス”の襲撃に遭い――!? 
いま、竜と竜殺しの新たな神話が息吹きを上げる!

さて、先日駅前で某宗教の人に捕まって思いましたが、なぜそんなに単一の考え方を盲信できるのかな?
正直なところ、宗教自体は否定しないし、面白いものだと思います
しかし、宗教と信仰、正確には宗教団体と個人の信仰は本来別々にあるものだとさえ思っています
あくまでも信仰は個人の物であり、様々な宗教で納得できた部分を信仰すればいいと思うのです
あと、他人に迷惑と強要をしいらなければ、どんな信仰も許されていいと思うのです

で、内容ですが
新たなるハーレム王の誕生を私は目撃した!(笑)
カンピオーネ!を書きながら、レーベルを変えて新シリーズです
・・・いや、あとがきの編集さんは無茶ぶり過ぎるでしょ?(笑)
そりゃ、今のMF文庫Jは萌えに溢れているけれど、有無を言わさぬバトル縛りとは
しかし、カンピオーネが神々との戦いであれば、本作はその対極であるドラゴンとの戦いです
ドラゴンはキリスト教などで神と対峙する蛇などと同じように悪魔の化身などとして書かれることが多い怪物です
ということは、今回は悪魔の神話を書くのかと深読みしたりするわけです
まぁ それはそれとして、幼少から父親との旅が続き、様々な知識と技能を身に着けた無駄にスペックが高い春臣が主人公です
そして、欧州での指折りの魔女で妖精のような外観と食いしん坊魔人がアーシャ、明るく人付き合いのいいお嬢様な織姫の2人の魔女がヒロインです
某神殺しのように朴念仁の天然口説きスキル、さらには竜使いへの行使能力が与えられているので無敵です
次には天使と評判の新東京の守護神も口説き落としそうです
それに対する敵側のドラゴンもどうやら一歩槍ではなく、複数の王による統治であり、下剋上もあるみたいです
そんな中で死した女王の火之迦具土が手を貸してくれますが、これもなにか裏がありそうです
しかし、今回与えられた力はドラゴンの力を強化する能力っぽいのですが、まだよくわかりません
まぁ 今回は学園がベースっぽいので、次は三角関係などで荒れそうです
ともかく、春臣ハーレムについても気になりますが、今後のドラゴンたちの動きも非常に気になりますね

しかし、アーシャや織姫を置いて、天使と呼んだ羽純さんの(萌え方向の)実力は如何に?
  1. 2012/11/27(火) 23:37:44|
  2. MF文庫J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六花の勇者 3

六花の勇者 3 (六花の勇者シリーズ)六花の勇者 3 (六花の勇者シリーズ)
(2012/11/22)
山形 石雄

商品詳細を見る


あらすじ
テグネウの脅威にさらされたまま、魔哭領を奥へと進む六花の勇者たち。
その道中、ゴルドフが突如「姫を助けに行く」とだけ告げ、アドレットの制止を振り切って姿を消す。
不可解なゴルドフの行動に、六花は再び混乱に陥る。
ゴルドフが「七人目」なのか、それとも何かの策略にはめられているのか…!?
さらに、再び現れたテグネウは凶魔たちの内紛について語り、挙句に自分と手を組まないかと提案をしてくる。
果たしてその真意とは?

国民に取ってもっとも正しい政治形態は少数の党がその場で連捷合併して政策を決めることかもしれません
他の国で2大政党制が主流ですが、議論なく、多数決で決めるこの国では必ず議論が必要な方式がいいと思うのです
むしろ、2大政党制は議員や選挙対応する人が楽するための制度で、利権塗れになっていない正しさに燃えている人たち以外は堕落しか生まない気もするのですよ
しかし、これだけ各国で経済が停滞して来ると、逆に無国籍企業体が実権を握ると言う話に信憑性が出てきますねぇ

で、内容ですが
う~ん、このシリーズの評価は難しい
面白いし、キャラクターも立ってるし、背景もうまいのだけど、どうしても密室劇なんですよねぇ
前シリーズが世界を股に掛ける強力なキャラ達を書いていたこともありますが、どうしても話が小さく感じてしまうのです
その中で進展があればいいのですが、この作風では一場面一場面進めて行かないとダメなんですよねぇ・・・
とは言っても、姫の従者としてしかイメージがなかったゴルドフが主役に立って、一通り六花の勇者の見せ場ができました
そして、今回はいろいろありましたが、魔族側の一部と同盟を結ぶことになりそうです
これで次はカーグイック当たりとの対決となると話は大きく進みそうです
また、今回も二転三転する展開で、誰もが敵である中で、真実が何かと混乱させられます
あと、思いもかけない六花の勇者の因縁も絡んできて、一体どんな仕掛けが待ち受けているのかな
ともかく、ファンタジー世界での密室ミステリィとかなり縛りの厳しい作品ですが、山形氏なら期待できますね

ところで、アドレットの師匠って結局なんなのでしょうねぇ?
  1. 2012/11/26(月) 23:51:03|
  2. スーパーダッシュ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつか天魔の黒ウサギ 11

いつか天魔の黒ウサギ11  悪魔と魔女と生徒会長の恋 (富士見ファンタジア文庫)いつか天魔の黒ウサギ11 悪魔と魔女と生徒会長の恋 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/11/20)
鏡 貴也

商品詳細を見る


あらすじ
「これは破滅後も二人で一緒にいられるようにする、魔法」
首筋に痛みが走り、魔法が入ってくる。かかったのだ、呪いが。
かかったのだ、《毒》が。ヒメアと契約したあの瞬間が、俺の物語の始まり――だったはずなのに。
《魔女たちの園》が《軍》の傘下に入った事で、世界中の魔術的組織が月光の下に集う事に。
また、時を同じくして《預言》を垣間見た際に、泉の脳に仕込まれた《鴉》を殺すための呪術が、発動してしまい!?
黒守が張り巡らしたシナリオが一つになる時、物語の本当の始まりがついに明らかになる――

選挙になると討論番組とかがあり、そこで政策論争があったりします
しかし、前の衆議院選で何も成長していないマスコミは、党内であたかも政策が完全に統一されているように話をし、それを真に受ける一般人がいます
民主党を出すまでもなく、自民党の時点で一つの党に派閥と言う名の多数の党があるような状態ですよ?
むしろ、目指すところをはっきりしつつ、柔軟に政策決定できる党がもっともいいと思うのですよ
維新の会はマニュフェストがふらふらしていると言うけど、目標と状況に合わせて変えられる方がこの激動の時代に適応できるのではないかと思います
特に政権を取ってもその内情がわからないような今の国会において、当選していないのに言い切れる政策を出せているところがおかしいと思います
(むしろ、少数政党優遇にすればいい話ですが、大政党優遇政策は自民党が実権を握るために作り、民主党も維持したのですよ)

で、内容ですが
預言された破滅が目前に迫る中で、光る月光さんのかっこよさ
人を外れた力も時間もないけれど、仲間たちがいると言う感じに結束を強めていく生徒会です
しかし、少しずつ迫ってくる破滅へのカウントダウン
焦りながらも諦めない月光と大兎が足掻きます
それをあざ笑うかのように準備を進める黒須たち
黒須から明らかにされる預言の真実は黒須の欲望の強さを思い知らされます
また、黒須の恐ろしい力とまさか大兎が関係しているとは・・・
それにしても、月光さんはかっこよすぎです
大兎が言うように、天然でこれが言える月光さん恐るべしです
しかし、次くらいで完結することもあり、今回は最大のピンチで終わりますが、月光さんなら、月光さんならきっとどうにかしてくれる!と思ってしまいます
ともかく、完結に向けて総力結集と陰謀と大ピンチとなって、一体どのような終わりにたどり着くか気になります

月光と仲間たちの割にハスガとセルジュの扱いが・・・(涙)
最後までに活躍はできるのでしょうか?
  1. 2012/11/25(日) 23:44:02|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たったひとつの、ねがい。

たったひとつの、ねがい。 (メディアワークス文庫)たったひとつの、ねがい。 (メディアワークス文庫)
(2012/11/22)
入間 人間

商品詳細を見る


あらすじ
彼女と知り合ったのは学生時代だった。互いに心を通わせてる、そのことすらも確認しなくても分かる日々。
そして今日。
俺は思い切って結婚を彼女に持ち出してみた。下手に出て、お伺いしてみる。
恐る恐る顔を上げて反応を確かめると、非常に希少なものが拝めた。
彼女がにたにたと、ともすれば意地悪く見えるほどにやついている。
つまり、良いよ、ということ?
やったぁ……と、思ったその瞬間。あんな、あんなことが起こるなんて。
それから、俺のもう一つの人生は始まった。

昨日の立て籠もり事件を見て、一つ思ったことです
投票日の前日に100人くらい人質に取って、民主党議員が一人当選するたびに人質を1人殺す、また通った議員と同じ出身地の人質も殺すって要求した場合はどうなるのでしょうか?
はっきり言って、これで民主党議員に入れる有権者も有権者ですが、辞退しない議員も議員です
まぁ 無効選挙になりそうですが、これを狂言でやった場合には一体どうなのでしょうか?

で、内容なんですが・・・
表紙、あらすじ、出始め・・・まさか、これがあのような復讐劇になるなんて思いませんでした
一言で言って、「騙された」です
そして、読む人に一言だけ言っておくと、みーまーが読めない人はこの本は読めない人が多いと思います
特に最近の青春小説然とした作品と思っていると、飛んだ悲劇に見舞われますのでご注意を!
そこらへんに耐性のある私でも、ポカーンとなってしまいましたよ
えぇ 殺人鬼並みの復讐劇、むしろ殺人鬼側から見た惨殺劇ですよ
まさかあれだけの負傷した主人公があれだけの復讐劇を遂げるとは・・・
で、それだけで終わればいいのですが、この復讐劇の真相はなんとも酷い
そこまで読んでしまうと、この辛うじて応援できた復讐劇が一転してしまうほどです
また、タクヤに車椅子を与えた赤佐クリスティと孫の羽澄は復讐が進むと同時に段々とフェードアウトしていきます
しかし、最後に明かされる秘密は・・・
ともかく、明日も彼女は恋をするを超える問題作であり、初期を思わせる入間節は人を選ぶ作品です

でも、トカゲの王を書いている中で「シンプルな復讐モノ」をリクエストする編集さんも、まさかこんな斜め上をぶち抜くような作品が出てくるとは思わなかったでしょうねぇ・・・
  1. 2012/11/24(土) 23:15:18|
  2. メディアワークス文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

精霊使いの剣舞 9

精霊使いの剣舞9 クロス・ファイア (MF文庫J)精霊使いの剣舞9 クロス・ファイア (MF文庫J)
(2012/11/21)
志瑞 祐

商品詳細を見る


あらすじ
決勝戦開幕。〈チーム・スカーレット〉の美少女たちと夜の剣舞を舞い、気力も充分なカミト。
一方で〈精霊剣舞祭〉をめぐる陰謀は静かに進行していた。激しさを増す闘いの先に待ち受ける運命は――。
「あの仮面の精霊使い――もう一人のレン・アッシュベルを、絶対に倒せ」グレイワースに託された想いを胸に剣を振るうカミト。
本 国からの密命を受け暗躍する聖騎士ルミナリス。
そして、闇の魔剣とクレアの出会いが最強の焔を呼び覚ます!
「――ようやく私の名前を呼んでくれましたね、マスター」

パレスチナとイスラエルとの武力衝突はどうにか休戦に漕ぎ着けました
結局はハマスが折れた感じになるのでしょうか?
しかし、普通に考えてイスラエルが空爆なんて強行作戦を取って、一般市民まで被害を与えたのが悪いわけなんですけどね
まぁ アメリカの現在の首脳陣には多数のユダヤ系の人が実権を握っていて、歪んでいることは判っていてもイスラエルを支持しているのがすべての元凶もあるわけですが・・・
あと、故郷を追われたユダヤ人がパレスチナ人の故郷を奪っている現状はとても認めることはできないのですけどね

で、内容ですが
ついに精霊剣舞祭の決勝戦<クロス・ファイヤ>が開催です
しかし、クロス・ファイアとは言ったもので、各所で乱交戦が勃発です
バラバラに飛ばされて合流を急ぐカミト達ですが、うまく合流できないままに戦いに巻き込まれます
しかも、どうにも相性の悪い組み合わせが多く、大苦戦です
そんな中で徐々に見えてくる精霊戦争の因縁と精霊王の暗躍、それに教主の直接介入と不穏さは増すばかりです
そんな中で明らかになる精霊兵器たち
その中にはエストなどの名前が挙がっていて・・・
また、エリスは煉獄の使徒の諜報担当リリィとの戦闘に、クレアはレスティアと聖霊騎士団との戦闘に巻き込まれ、カミトとフィアナは別々にフィールドを彷徨う
その中でリンスレットは地下迷宮に一人飛ばされて、謎の巫女に料理を振る舞うことになります
・・・リンスレットは一家に一人欲しいです
そして、ついに煉獄の使徒の火力、ミュアと最凶とも言われる戦術軍用聖霊ヴァララカールとの対戦です
レン・アッシュベル時代とは違う新たな力を得たカミトの力でどうにか退けますが、これはミュアも仲間フラグです
しかし、どう考えても爆弾です(笑)
また、クレアも新たな力を得るのですが、飛んだピンチです
魔王と闇の精霊姫の復活が迫る中で、精霊剣舞祭はどうなるのか?
でも、精霊剣舞祭の優勝の代償が廃聖霊って言うのは?
そういえば、グレイワースもルビアも精霊が・・・
ともかく、大会はクライマックスに迫っていますが、より不穏になっていく中でこれだけの萌えシュチュエーションを入れてくる志瑞氏はすごいです

しかし、出番が少ないけれども、一撃必殺離脱を繰り返すニーソ精霊さん、恐るべし
あと、十二騎将の登場フラグが立って、精霊剣舞祭後も続きそうですねぇ
  1. 2012/11/23(金) 23:35:21|
  2. MF文庫J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新生徒会の一存 碧陽学園新生徒会議事録 上

新生徒会の一存  碧陽学園新生徒会議事録 上 (富士見ファンタジア文庫)新生徒会の一存 碧陽学園新生徒会議事録 上 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/11/20)
葵 せきな

商品詳細を見る


あらすじ
私立碧陽学園生徒会室――そこは選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園……だった。
少なくとも去年までは。
前生徒会メンバー桜野くりむ、紅葉知弦が卒業し、椎名姉妹が転校した碧陽学園。
三年生となった杉崎鍵は、新生徒会の活動初日、誰ひとり生徒会室に来ない中で美少女新役員四人に向けて、満面の笑みで叫ぶ。
「全面戦争と行こうかぁっ、新生徒会ぃぃぃぃいいいいいい!」
これは碧陽学園新生徒会メンバーの、愛すべき日常が始まるまでの記録の一端であり、ひとりの少年の奮闘記でもある。

どこか破たんした自治体の図書館を買い取って家にしたい
そんなことを想ってしまうくらい本が溢れて困っています
東大と大日本印刷が協力して作った本を斬らずに1分間250ページ取り込む装置が市販されないかなぁと思っています
国産高級車くらいの値段なら買ってしまいそうです(笑)
まぁ 本を読む時間が惜しくて、取り込む暇がなかったりするわけですけどね

で、内容ですが
新たな生徒会として、再び副会長となった鍵の奮闘を描く続編です
新たなメンバーは何れも癖のある女生徒で、生徒会にも現れないくらいです
そこで彼女らを生徒会活動に参加させるために鍵の戦いが火蓋をおとした!というわけです
しかし、転校した直後に生徒会長を奪取する神につかれた娘、姿を見せぬ隠れた美少女、馴れ馴れしいが生徒会に来ないリア充少女、そしてあの水無瀬瑠南さん
これらのメンバーが生徒会活動に非協力な中で、どうしろと?という感じです
まぁ 基本的には非協力なら初めから生徒会役員を受けるなよって話なんですけどね
ちなみに、この上巻の時点でちゃんとした生徒会活動は行われていません
(視察などは行っていますが、肝心の議事がないのです)
しかし、冒頭の生徒会開始のカオスすぎる展開を見たら、メンバーが集まっても同じじゃないかと思ったり・・・
そして、今度の生徒会長もかなりの曲者じゃないかと思うのです
まぁ 鍵ならやってくれる!とても酷いマゾプレイを!って感じで、鍵の苦行を見て楽しんじゃえばいいと思うよ!
あと、前生徒会役員も登場しますが、最後に会長が〆に来て、リリシアさんが最後を締めると思うのです
ともかく、前シリーズでリア充となった鍵が送る美少女達とのマゾプレイ・・・あれ?前と変わらない?

P.239の瑠南さんマジ天使!
  1. 2012/11/22(木) 23:53:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 2

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 2 (ガガガ文庫)下ネタという概念が存在しない退屈な世界 2 (ガガガ文庫)
(2012/11/20)
赤城 大空

商品詳細を見る


あらすじ
「ハートマークって、亀頭にそっくりよね」「静かにしてろ」パンツ泥棒の張り込み中に言っていいセリフではない。
ペロリスト・華城綾女の起こした"谷津ヶ森のエロ本騒動"は、PMによって性的な言葉を規制された少年少女に多大な影響を与えた。
その結果。《群れた布地》というパンツ泥棒の組織が横行することに……!? 
暴走に難色を示す綾女とは逆に、《SOX》の新メンバーである女子中学生・鬼頭鼓修理は、彼らを容認し下ネタテロを加速させようとするが――。

何を言っているのか判らない
民主党の衆議院議員の引退発表が続いていますが、普通に支持者がいなくなって立候補できなくなっただけじゃないのですか?(笑)
それは引退じゃなくて、有権者どころか支持者に見限られたってことでしょ?
本当に引退するならもっと早く宣言すればいいじゃない?
しかし、今までに政党を離れて支持者離れすることはありましたが、政党に属しておきながら支持者が離れるってwww笑い殺す気ですか?www

で、内容ですが
今回の表紙は変態チックではありますが、難易度が大幅に下がったと思ったのです
そして、表紙をめくってちょっとやられたと思いました
しかし、それは単なるおまけでした
カラーイラストを見るために広げて視たのですよ
おー某剣客漫画や霊界探偵漫画の敵役みたいに全身包帯野郎だと思いました
しかし、よく見ると・・・いや、訳が分からない(笑)
もうアンナさんが可愛く思うくらいに高位変態過ぎて思考が追いつかない!
2度見、3度見してやっと判ったけど、解らない!!
正直、作中でもあまりにも変態過ぎてまったく揺るがない<頂の白>に戦慄です
前回の下ネタテロによって性知識の解放に成功したSOXですが、ここで2つの問題が発生です
一つは・・・これは狸吉の問題ですが、狸吉×轟力先輩というカップリングが流行し、学園が腐界に堕ちた
もう一つはSOXに触発されて、下着収集を行うテロ組織<群れた布地>が猛威を振るっていることです
その教義は現体制に反対するために下着を集めて抗議活動するってことなんですが、よく分からない
そして、その勢いは暴走していって、SOXの立場を危うくします
さらに日本のテロ組織に資金提供を行う鬼頭家の娘がSOXに接触してきて・・・
今回は諸悪の根源であるアンナの父親も登場し、公序良俗健全育成法の真意が明らかになります
・・・はっきり言って人権救済法案を風紀と放送禁止用語に置き換えたものなんですよね
これを間違っているとして推進しているならいいですけど、現実の馬鹿政治家はそんなことを思いついていないのでしょうね
そして、段々と混迷していく<群れた布地>の暴走を狸吉の提案でどうにか乗り切ります
でもね、ここで華城先輩言う下ネタテロの意義はある意味で反政府活動でもっとも大切なことなんですよね
政府と戦ってはいますが、政府を叩き潰すのではなく、本来は民衆の支持を得るのが目的のはずなんです
しかし、多くの反政府組織は道を間違えて、ただの犯罪組織となってしまうのですよ
自分たちの支持者に被害を出しては元も子もないわけですけどねぇ
閑話休題
それにしても、アンナ先輩はすごい危険人物になっているわけですが、よく日常生活が送れるのですねぇ
もうそろそろ狸吉を殺してでも、頂くという結論に至ってもおかしくないところですが・・・
あと、新たに登場した困ったちゃんの月見草ですが、かなり壊れた思考回路とどうしようもない飛び道具を持っています
しかし、アンナ先輩や轟力先輩、頂きの白の前にはあまりにも薄いのです(笑)
く・・・この作品の変態力は化け物かっ!
ともかく、本筋は弾圧された世界からの解放を正統目指しているのですが、開始地点がおかしくて飛んだ怪物作品が出来上がったのですよ

ところで、あっさりと流されましたが狸吉の保護者って教導課の偉いさんですよね?
あと、轟力先輩の妹が気になるというか、もう一つ気になることもあるけど、思い出したくない(笑)
  1. 2012/11/21(水) 23:53:17|
  2. ガガガ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BIG・4 4

BIG‐4  4.続・四天王選手権!  くそ、たまには、ぼくもちょっと本気出すか! ? (富士見ファンタジア文庫)BIG‐4 4.続・四天王選手権! くそ、たまには、ぼくもちょっと本気出すか! ? (富士見ファンタジア文庫)
(2012/11/20)
大楽 絢太

商品詳細を見る


あらすじ
六六六万の魔族の頂点に君臨する魔王軍最高戦力――四天王。
本当の四天王を決める――四天王選手権のベスト4まで勝ち進んだ山田たち。
ここからは一切遊びナシのシリアス方面に進むと思いきや……。
「確かにアディは可愛い」
「アンタのことをいいな、とは思うこともあるけど……。私ら、お互いまだ若すぎるし……」
山田とアディの交際疑惑が浮上し、まさかのラブコメ展開へ!? そして解放される真の力――。
「そこまでいうなら見せてあげる。私達の……“第二形態”を」

しばらく読書から離れていたわけではなく、既読作品を読み返したりしていました
そんなことより、ついに解散・総選挙です
しかし、ここに来て民主党を離党して、民主党批判を繰り広げる議員って何ですか?
散々混乱を巻き起こして、禄でもない発言や行動ばかりして、その時に批判なんてしていないじゃないですか?
みどりの風? いや、あんたらは鳩山政権で原子力発電50%に賛成していますよ?
こんな政党を反原発だけで応援する人はもう少し考えて行動してほしいです

で、内容ですが
先代の知の四天王であり、アティ達の現四天王を見出したヴェルムドアにより閉じ込められた4人
時間が迫る中でどうにか脱出するわけですが・・・
エントリーするには敵が待つ会場を走破して、リングまでたどり着かないといけないわけです
そして、敵は敗者復活を目論む四天王軍団!
どうにかエントリーに間に合って、準決勝です
相手は現在のBIG-4
四天王が揃わず参加できなかった1000年の間、BIG-4を守り通した強者たち・・・?
アティ達に憧れて、血反吐を吐くほど修行して、その四天王を超え得る力を持ててしまったわけですが、見た目が・・・
というか、この4人は見事なまでにダメ人生を歩んで、その最後でここまで化けるとは誰も思わなかったでしょうねぇ
そんな彼らとアルティメット・ビーチバレーでのスポ根対決です
無駄に凶悪な能力のBIG-4に対して、仲間たちの応援から第二形態です
・・・あれ?あれだけ死闘を繰り広げて、印象に残っているはずの女魔族の人を忘れているのですが?(笑)
そして、山田の第二形態とは・・・
どうにか死闘を制し、決勝ではヴェルムドア率いる裏四天王です
力・心・技・知の4種を競うこの四天王にぴったりの対決です
まぁ 対決には勝って、名実共にBIG-4になるわけですけど、何か最強四天王のところだけ死のグループっぽいです
そして、今回はユキの爆弾発言の連打です
巨乳四天王とかもう息してないくらいに追い詰め、山田に動揺を与えたり、中々にえぐいですねぇ
また、ヴェルムドアも予想通りの展開です
ギャグ路線で斜めから進んでいるだけで、ものすごく王道を進んでるんですよねぇ
しかし、今回捨て置いた妹とついに接見する魔王を前に次回はどうなることやら
ともかく、ついに打倒相手の魔王が現れるそうですが、もはや当初の目的など忘れているくらいなんですけどね(笑)

このまま行くと、強大な敵に今まで戦った魔族達が協力して戦う展開が待ち構えてそうです
あと、カラーイラストの雫さんと作中の雫さんのギャップが酷い
  1. 2012/11/20(火) 23:15:24|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プライベートフィクション

プライベートフィクション (講談社ノベルス)プライベートフィクション (講談社ノベルス)
(2012/09/06)
真梨 幸子

商品詳細を見る


あらすじ
フリーライターのなっちゃんは、編集者の依頼にいつでも応えられるよう、多くのアイディアをパソコン保存していた。
「自由研究」と名づけられたファイルには、少女漫画『青い瞳のジャンヌ』に熱中した頃のことが綴られている。
当時の続きを書くうちに過去が甦り、現代の交友へと繋がって……。
そして重大事件が発生! 
虚構に彩られたかのような「プライベート」は真実、それとも夢?

あらすじ


で、内容ですが
記憶と現実と創作が交錯し、何が現実か混同する短編集です
しかし、前作の「みんな邪魔」と重なっているようで、どう受け取っていいのかわからないところがありますね
そちらを読んでいませんが、掲載時期とかを考えると「みんな邪魔」の方に続く作品と言ったところでしょうか?
この短編集の主題は真実と創作の境目は?というこではないかと思います
創作は作者の経験や思考、想像と言ったものから出来上がるものですから、やはりどこかに実際のことや作者の思考が入るわけです
このプライベートフィクションで語られたのは創作か、創作の中の創作か、結局は創作の中なんですけどね
こういう現実と創作の境目を壊すのは「殺人鬼フジコの衝動」に活かされていると思います
しかし、どの短編でもそうですが、現実は厳しく設定されていますね
ともかく、現実と創作の壁が崩れる幻想感と読後の嫌な感じを味わうのもたまにはいいかもしれません
  1. 2012/11/12(月) 23:32:03|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トカゲの王 4

トカゲの王IV ―インビジブル・ライト― (電撃文庫)トカゲの王IV ―インビジブル・ライト― (電撃文庫)
(2012/11/09)
入間人間

商品詳細を見る


あらすじ
自身の目の色を自在に変える、ただそれだけの偽りの力『リペイント』で、偽りの『王』を演じた五十川石竜子。
彼は、カルト宗教教祖の少女・シラサギを打倒するため、同じくカルト宗教団体で教祖が不在となった『ニュートラル友の会』の制覇に乗り出した。
カワセミから受け継いだ白装束を纏い、新教祖を名乗って布教に励むトカゲ。
そんな彼の前に、復讐対象であるシラサギがやってくる。
彼女の目的は、トカゲとのデート!?
一方、もう一人の復讐者・殺し屋ナメクジは猪狩友梨乃との奇妙な付き合いに辟易していた。
他人の考えを読む友梨乃に苛立ちを覚え、限界を感じていたそのとき、『最強の殺し屋』の一人、ミミズが襲来する。
強大な超能力を駆使してナメクジを追い詰めるミミズ。
能力を持たないナメクジは、懸命に逃げようとするが、その先にデート中の少年少女がいて……。

日本経済はかなりのピンチですが、世界経済もかなり危険域です
その中で現れている傾向に売れるものが、実物製品から企画や創作品への移行があります
最近はAppleのように製品のデザインやイメージ、デジタルデータ的なものが売れており、実物製品は段々と売り上げが下がっています
これは世界的に製造技術が向上して、どこでもある程度の物が作れるようになったことから作ると言う費用が下落したことです
しかし、こういう傾向は一度製造技術を持った企業が淘汰された後で、再び実物有利に傾くので注意が必要です

で、内容ですが
新興宗教団体を乗っ取って、トカゲくんの復讐が始まる
と思ったら、なんと復讐相手とデートです
なんの裏があるかと思ったら、基本的にそのままデートでした
でも、いきなり学校サボって公園デートとは・・・
って、砂場で遊ぶとか違う意味でハードル高いよ!もうトカゲくんをどうしたいのか全くよく分からない!
まぁ ここでトカゲくんに使った呪いがうらy・・・じゃなくて、恐ろしい
彼女がこんなことをする以上はそれ以上の何かがあるんでしょうけどね・・・ってすぐに効果あったよ!(笑)
そして、正主人公ことダーク主人公のナメクジさんですが、読心能力を持つ友梨乃との共同生活です
実際には友梨乃が居候しているだけですけどね
しかし、中盤以降のミミズとの対決は不意打ちから始まり、終始不利な状態です
むしろ初めの攻撃で大ダメージ、能力での追撃と反撃で瀕死です
どうにかミミズを倒すことができましたが、何やら余計に酷い状況です
もうこの不幸に落ちていく復讐者はこちらの方が主人公らし過ぎるのです
色々なモノを失って、手に入れた力で復讐は果たせるのでしょうか?
さらに巣鴨と成実という異色のコンビです
まぁ すぐにカワセミの介入で分かれることになりますが・・・
でも、巣鴨が本当にすべての元凶と言ってもいいくらいです
それを悪意なく、素でやれてしまうから巣鴨の恐ろしいところです
また、
第4極として能力研究者の辰野浅香も登場して、どういう方向に物語が進むのかわからないですねぇ
しかし、シラサギは意外とメッキを張っているだけで、トカゲくんと同じっぽい雰囲気があるのですねぇ
これはまさかの展開もあるのかも?
ともかく、普通に一人に1つだけ能力を持つ能力者が戦ったらというやけに現実的な戦いですが、トカゲくんの能力による戦いはどうなるのでしょうか?

しかし、今回のナメクジさんのイラストは激しいですねぇ
あと、トンボって他の組織に属してたから、このまま取り込んだら火種になるんじゃ?
  1. 2012/11/11(日) 23:45:20|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

インテリビレッジの座敷童 2

インテリビレッジの座敷童(2) (電撃文庫)インテリビレッジの座敷童(2) (電撃文庫)
(2012/11/09)
鎌池和馬

商品詳細を見る


あらすじ
子供用プールに入って涼むスク水姿の雪女。天井裏で優雅なプライベートスペースを構築するマイクロビキニ着用のサキュバス。
人様のクレジットカードで購入した電動スティックボードを駆って、庭でドリフトを堪能しまくる座敷童。
 ……つーかさぁ。美少女だったりエロ娘だったり美人だったりする妖怪達は、なんで俺ん家にばっか棲みつくんだよ!?
たしかにここは居心地良い『インテリビレッジ』かも知らねえが、勝手に人の物を使い倒すんじゃねえ!!
……なんていう日常のやりとりを繰り広げていたら、今度も妖怪にまつわる奇妙な事件が勃発した。
にもかかわらず、この居候さんはあいかわらず頼りにならねえし!
……ったく、おい妖怪さん達よ、アンタら、人を驚かすのが仕事だろ?
なんで俺を遅れてきた正義のヒーローみたいな目でみてんだよ!

人権救済法案について一番卑怯な点は、この法律に反対する人間は人権問題に反対しているかのように見せている点です
人権なんて使っていますが、適用範囲を明確に定めておらず、設置された委員会が好き勝手に判断して、さらに責任がないのに人権って名前に使うのはおこがましい
もしこの委員会が誤って判断して冤罪になったら、委員は全員死刑になってくれるのですか?
むしろ、特定の利権で偏向的な判断や不正があったら、それを仕組んだ団体を含めて死刑になってくれるのですか?
それ以前に、この委員会の判断と最高裁判所の判断はどちらの判断を取るのですか?
そして、最高裁判所の判断を優先するときに委員会が人権問題として裁判所を批判したりしないのですか?
批判したら委員会をとり潰しの上、批判者を死刑にしてくれますか?
と色々な疑問があります
ここで罰則は死刑としていますが、人権問題を扱っている団体が人権を制限するのだからそれ以上の罰則が必要だと思うのです

で、内容ですが
ザシ・・なんたら・・さん?
最初と最後にしか登場しない座敷童さんはどうにもあの人を思い浮かべます
でも、座敷童さんは忍の正ヒロインなんですよねぇ
ここの部分は基本的に揺るぎなさそうです
まぁ 基本的にぐーたらと浪費とお色気を司っているだけで、特に活躍しないのですけどね
そして、前作が群像劇風になっていたのですけど、本作も群像劇です
恐らく本シリーズは忍と隼と艶美と舞、それと妖怪の群像劇となりそうです
今回は悪鬼羅刹というオカルト団体の影が蠢きます
しかし、これだけオカルト団体の強力な戦力が登場する中で、主人公側は舞以外は戦力外なんですよねぇ
しかし、知恵と熱血と推理で妖怪を使ったパッケージに対抗するわけです
忍は妖怪と座敷童の加護?とかがあるのでいいのですが、隼は本当に何の助けもなくオカルトと対決ですからねぇ
毎回こんな感じで死にかけていたら、将来は菱神家で改造手術を受けないといけなくなりそうです
そして、舞の強さがあまりにも強すぎる
今回対峙した病魔の使役者とは本当に相性が悪かったのでしょうけど、それ以外は無敵です
次くらいには病魔にも耐性ができてたりして?(笑)
また、本作で下ネタ担当の雪女はあらすじで取り上げられている割には意外と活躍しません
むしろ、敵に回った感もあるくらいで、大事な時に役に立たないダメな娘です
さらにいらない子になっていたサッキュバスは意外なところで登場です
このまま屋根裏の居候で終わるかと思っていたので、ちょっと意外でした
しかし、身の回りの事件が最後は思わぬ大事になりましたねぇ
身の回りの事件の時点で結構深刻な事態なのに、それが重なったら・・・
ともかく、やけに分厚く、すごく登場人物が多いのですが、この形式で書いていくとこのシリーズっていつもこのくらいの厚みになりそうですよねぇ・・・

南条(笑)はダメな子です
最終的に陣内家にすべての妖怪が集まって終わりそうな勢いですが、次は沖縄フラグでしょうか?
  1. 2012/11/10(土) 23:51:01|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼女はつっこまれるのが好き! 8

彼女はつっこまれるのが好き! 8 (電撃文庫)彼女はつっこまれるのが好き! 8 (電撃文庫)
(2012/11/09)
サイトーマサト

商品詳細を見る


あらすじ
いつもと何ら変わらない、バカみたいに愉快な日常を過ごす、ごくごく普通の高校生・常村良人。
ラジオの収録では音無まどかと激しいボケツッコミを繰り広げ、学校では天乃川しぐれの手作り弁当に舌づつみを打ち、自宅では木立陽菜乃とのおしゃべりを楽しむ……誰もが羨むリア充生活を満喫していた。そんなかけがえのない平穏が永遠に続くと思っていたのに……。
絶好調のスーパーハイテンション・つっコメディ、第8弾。
いよいよシリーズの佳境に突入──!
良人とまどか、二人の関係に大きな転機が訪れる。
本当の物語は、ここから始まるのかっ!?

民主党の党員はみんな腹切って死ねばいいのに・・・
ついに頭の狂った人たちが人権救済法案を国会に提出したようです
アメリカでは反米デモで多数の死者を出してでも守り通した表現の自由をなぜこんなに簡単に手放せるのか本当にわかりません
表現の自由は民主主義の根幹をなす権利であり、多くの独裁国家ではこの権利を取り戻すために多大な犠牲を払うような権利なのですよ?
法治国家では表現の自由を制限するにはちゃんとした手順を踏んで制限しなければならない重要な権利であり、国としては自由を守ることが義務ですらあります
まぁ まともな裁判官ならこの法案を通すことはないと思いますが、これが通ったら裁判官を殺してもいいってことですよね?
その前にこの法案を提出した議員たちとその支援者は死刑になっていいと思います
(ここらへんの議員は民主主義って何か知ってるの?それとも独裁や恐怖政治をしたいの?)

で、内容ですが
今回は大きな転機になる!とあらすじや帯で煽っていますが、読んでみると今まで一番この作品らしい
どちらかと言うと初心に戻って会話劇が中心になっています
でも、ひなぶーとの会話だとボケとツッコミが入れ替わるまどかさんはドジっ子です(笑)
今までは主導権をどうにか握れていましたが、ひなぶーがまどかさんの行動パターンとか読めるようになってほぼひなぶー優勢です
そして、まどかさんが仕事で引いているところで、しぐれさんの猛攻です
まぁ しぐれさんとしては通常運転なんでしょうけど、傍から見るとそんな感じです
また、まどかさんもそんな二人に対抗心があるのですが、見事に空回りです
それにしても、妹の愛好は本当に早くどうにかした方がいいと思うのです
このままだと何か大変な事態に陥るような気がしてなりません
うん、次回作は愛好さんはつっこまれるのも好き!とか言う成人指定がついてそうな作品じゃないかと・・・(笑)
そんな前半から急展開で不穏な空気になります
そこで自己嫌悪に陥るまどかさんに対して良人がとった行動とは?
う~ん、それでどう解決するのかちょっと判りませんが、次回で最終巻ということになります
ともかく、最終回に向けて急展開ですが、ついに踏み出した良人の活躍は次回に続く

これで高見沢が犯人だったら驚くのですが・・・
  1. 2012/11/09(金) 23:36:06|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書物審問

書物審問 (講談社ノベルス)書物審問 (講談社ノベルス)
(2012/11/07)
赤城 毅

商品詳細を見る


あらすじ
世に出れば、国を、政治を、歴史を揺るがしかねない秘密をはらんだ本を、合法非合法を問わず、あらゆる手段を用いて入手する、書物狩人(ル・シャスール)。
彼と三人の客が稀覯本の宝庫「書物城」に招かれた。
翌朝、城に架かる橋が爆破され、外部と連絡不能に。
そして「指揮者」の本が奪われ、絞首刑の如く吊るされた――。
すべては「城主」の企てなのか?
書物狩人が、城と稀覯本に秘められた謎に挑む!

私はよくわからないのですが、人権侵害救済法が通って人権が救済されると思っている人がいるのですか?
むしろ、推進している団体はそれぞれが仲良く人権に取り組める自信があるのですか?
どちらかと言えば、各団体の末端はお互いに見下し合っている印象があるのですけれども・・・
この法案が通って、周囲を黙らせた後は確実に内部で権力争いになると思います
そして、その権力争いで勝つのは知的障碍者団体なんですけれど、そこに気づかないのかな?
だって、他の人権団体の人が他の人権を侵害したら捕まるけれど、知的障害を持っている人は責任能力がないとの判定で回避できるのですよ?
最終的にその団体を操っている人が実権を握るのだろうけど、その人は確実にその人たちを見下していますよねぇ・・・

で、内容ですが
書物狩人シリーズです
今回もその書物に関する知識で書物に隠された秘密を暴き、書物を狩るという基本は変わりません
しかし、今までと比べると異色作です
なぜならば、今回はル・シャスールが本を狩る場面はないのです
書物城に集まった4人の書物、その本の謎となぜ処刑されたかを解き明かしていくだけです
そう、今回は探偵役に徹する感じです
それでは、書物狩人じゃないと思われますが、そこにはある仕掛けがあるわけです
しかし、楽譜に写真集に報告書に計算書と一見それ自体に重要性もない本の秘密と、そこからさらに秘密が明らかになる二重構造です
その謎の意外さに驚きです
最近は書物偽造師との対決が続いたので、今回は一休みです
また、秘密を持った書物の持ち主たちのそれぞれの末路が対照的です
ともかく、一味違ったル・シャスールの活躍は如何でしょうか?
  1. 2012/11/08(木) 23:29:08|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静おばあちゃんにおまかせ

静おばあちゃんにおまかせ静おばあちゃんにおまかせ
(2012/07/12)
中山 七里

商品詳細を見る


あらすじ
警視庁捜査一課の葛城公彦刑事は、警官殺しの容疑がかかる過去の上司の潔白を証明するため、個人的に捜査をするが、行き詰まる。
そこで、葛城が頼りにしたのは、名推理で過去に事件解決に貢献した女子大生の高遠寺円。
でも、実際に事件の真相に導いていたのは、元裁判官である円の祖母だった!?

アメリカ大統領選挙の投票です
下馬評ではオバマ大統領の再任が優勢みたいです
しかし、アメリカの富裕層に多くいる白人至上主義者が白人以外の大統領を受け入れられるのか
次の任期中に襲われそうな気がしますが、死なないでほしいものです

で、内容ですが
真面目で素直な刑事が巻き込まれた事件を事件で知り合った女子大生を通じて元判事の静おばあちゃんの手を借りて解決する連作短編です
初々しい二人の恋の行方と円の両親を殺した事件の真相が徐々に明らかになってくるわけです
しかし、葛城の事件はどれだけエスカレートするの?ってくらいに大事になっていきます
まぁ 初めの段階で刑事殺しで犯人刑事の事件ですからねぇ
宗教施設に乗り込むわ、最終的には国際問題まで解決ですからねぇ(笑)
でも、確かに静おばあちゃんの手は借りているけれど、割と円だけで事件の解決まで行っているような気がします
しかしながら、最後に明かされる秘密は卑怯です
まさかそんなオチを持ってくるなんて・・・
まぁ そうじゃないと葛城と円が二人になれないか
ともかく、安楽椅子探偵の代理と純粋な刑事の事件と恋はいかがですか?
  1. 2012/11/06(火) 23:44:23|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

非在

非在非在
(2002/03)
鳥飼 否宇

商品詳細を見る


あらすじ
写真家の猫田は奄美大島で不審なフロッピーを拾う。
その内容は、大学生数名が人魚の存在を求めて幻の島へ渡り、殺人事件に巻き込まれるというもの。
すぐさま捜査が行われたが、それらしい島さえ存在しないという……

さて、民主党の新たな火種となっている田中文科相です
はっきり言うと、あそこまで進んだ段階で却下するのは問題ですが、大学の新設の流れに明らかに問題があるのも事実です
なぜなら、制度に沿って大学を作ったから認可してって申請したらすべて許可しているわけですよ
本来は設立案の時点で判定し、その後財務だとかを確認して建設許可、そして最終承認で学生募集するのが正しいのでは?
まぁ とは言っても、ここまで来て却下するのは問題なのは確かなので、本来は来年からは厳しく判定しますって宣言して牽制するのが正しいと思います
でも、来年は民主党なんてないけどね(笑)

で、内容ですが
観察者シリーズ3作目です
今回はかなり違った切り口で、猫田が拾ったフロッピーから飛んだ冒険に巻き込まれます
それもある大学の未確認生物探索部が人魚を探しに、現在大変に注目の島での冒険と事件です
当初は冒険小説の体裁がミステリィを超えてホラーな感じになっていく日記です
そして、その問題の島へ乗り込むことになるわけですが、これはやられました
沙瑠覇島はまさかの島だったのです
しかし、そこで明らかになる事実はなんとも恐ろしい
飛んだ偶然と気まぐれでここまでの大惨事になるとはねぇ
でも、よくよく考えると陳さんはとても不幸じゃないですか?(笑)
まぁ すべての元凶でもあるわけですし、自業自得ですけどね
この作品は冒険小説、ホラー、ミステリィ、ファンタジー、そしてラブストーリーと色々な見方ができるのです
ともかく、意味深なタイトルですが、そこにあった事実は非在ではなかったわけです

以下ネタバレ含む
[非在]の続きを読む
  1. 2012/11/05(月) 23:16:13|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

県庁おもてなし課

県庁おもてなし課県庁おもてなし課
(2011/03/29)
有川 浩

商品詳細を見る


あらすじ
とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。
若手職員・掛水は、地方振興企画の手始めに、人気作家に観光特使を依頼するが、しかし……!? 
お役所仕事と民間感覚の狭間で揺れる掛水の奮闘が始まった!?

文学協会と大阪市の戦いが一応の終結を迎えて少し経ちました
最近では逆に親密な関係になった感もあります
むしろ、あれだけ揉めたことによって全国的な宣伝にもなっており、それが目的だったんじゃないかとも思わせるくらいです
まぁ どう考えても大阪市の天下り先の協会が市長と揉めただけって感じなんですけどね

で、内容ですが
続けてダメな公務員側が民間の力を借りて再生を目指す話です
う~ん、この作品を読むと頭が痛い公務員の方が多いのじゃないかと思います
公務員という大組織をまとめるためにはルールが必要で、ルールを作るには経験と想像力が必要です
でも、想像力は堅く公務員を選ぶ人にはあまり望めない為、前例と言う経験からくるルールになるわけです
そして、公務員の組織と言うモノは基本的に誰も責任を取らないための体制なんですよね
責任を取らないためにルール以外のことはしないし、するときは知事や議員などの公務員外に判断させて責任を回避するのです
・・・公務員の管理職って必要なの?(笑)
そんな状況では、一般事務などの命に関わらない部署では責任感なんて望めませんよねぇ
と、閑話休題
そんな高知県庁で動物園の改修に伴って発案された「パンダ誘致計画」とその失敗から始まります
その10年後、観光振興を担うおもてなし課の掛水が提案した環境振興策からとある作家に依頼したことからおもてなし課の存在意義が問われることになります
そこからお役所仕事に凝り固まった掛水への調教が始まります(笑)
お役所仕事の改革って実際に内部からっていうのはほぼ無理なくらい難しい
むしろ、今の大企業や零落中の企業も似たようなもので、新しい意見など組織内のルールを乱したものを排除した結果、硬直して・・・
しかし、この吉門先生は本当にお優しいです(笑)
こんな放置プレイや一方的な対応をされてもちゃんとじょげんするのですから
まぁ 吉門先生は有川氏の替りみたいなものなので、有川氏のお節介さが見えます
でも、そこからこんな話にまで持って行ってくれるなんて、高知県はラッキーですよねぇ
そして、こういった難儀な題材にラブストーリーを絡めてくるのは有川氏の真骨頂です
本命の掛水と明神さん以外にも困った関係の二人もいるわけですしね
ともかく、人気作家の有川氏プロデュースの地方振興作品、同じように各県出身作家で共演できるようになったら面白いのですが・・・
  1. 2012/11/04(日) 23:13:34|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

確率捜査官 御子柴岳人

確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム
(2011/08/31)
神永 学

商品詳細を見る


あらすじ
アンニュイでミステリアス、そして、少年と大人が同居するエキセントリックな数学者、その名は御子柴岳人。
警視庁に新設された「捜査一課特殊取調対策班」を舞台に、御子柴岳人の鋭い推理が冴え渡る! 

さて、windows8を導入したパソコンがすっかりゲーム専用端末になった今日この頃です
ソリティア系と上海系にどっぷり漬かっているのです
・・・それって、いつのwindows95?
とりあえず、それまでに入れていたソフトとかが軒並み使えないようにされて、心が折れた今日この頃です

で、内容ですが
冤罪や捜査調書の偽造で問題となっている昨今です
作中でも数学者を導入して、新しい取り調べを模索している警察です
数学者や研究者を操作に入れるという作品は最近多いのです
しかし、本作はあくまでも取り調べに協力しているというわけです
それも、犯人を見つけるというのではなく、犯人の証言の確度を検証するためにいるわけです
あくまでも建前上は
そんなわけで、警察の強引な取り調べを注意した友紀が配属されることになるわけです
強硬に殺人を認める女性、自分の所為で無罪となった男
関連のない二つの事件が思わぬことに発展していく・・・
しかし、この御子柴は年齢に比べて子供っぽいです
これは父親が少年時代に死んだからなのか、元からこんな感じだったのか
まぁ これだけ使命に燃えてるのにこんな感じだから、後者なんでしょうけどね
そして、友紀はイラストではクールな感じですけど、結構感情豊かです
正直、こんな感じでゲーム理論だとかベイズ推定だとか言われて困るわけです
しかし、作中でもありましたが、心理学を何か特別なものだと思っている人が多すぎると思うのです
心理学は統計学などで傾向を上げて、それを逆方向から理由づけする学問です
そして、それは相手のことを考えて行動する人なら理論を知らずに実践しているものなんですよねぇ
犯罪プロファイリングなんて言っていますが、過去のデータなどから傾向を上げて行って条件を絞る作業なんです
だからデータベース構築と出てきた結果の分析が重要なのであって、一つ一つの結果は・・・
閑話休題
しかし、今回で綺麗にまとまったので続刊はあるのかな?
このままで行けば友紀と矢口さんが戦うこともあるはずなんですけどねぇ?(笑)
ともかく、数学的手法で犯人の証言を判定していく御子柴の次回作に期待です

そして、作中にはゲストであの二人も出てきますです
  1. 2012/11/03(土) 23:25:30|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京ローカルサイキック

東京ローカルサイキック東京ローカルサイキック
(2012/09/28)
山本 幸久

商品詳細を見る


あらすじ
吉原花奈は恋をすると、体が浮いた。
SF好きの少年・日暮は、愛読書「月刊モー」に「日本国家でも超能力研究がはじまった」という記事を見つけた。
そんな二人は中学の図書委員で一緒になった。
亡くなった飼い猫の話をする日暮に心ときめく花菜。
そして社会人になった二人は再会を果たす。
瞬間移動の能力を持つ日暮と空中浮遊する花菜の二人は、ピンクのクラゲの形をした“物体P”を退治するという組織に所属することに……。

就職活動で成功する人は基本的に地力がある人か、信念のある人か、自分の能力を把握して使い方を知っている人ではないでしょうか?
逆に失敗する人は地力がないのに目標もなく、自分の能力を把握してないし、使い方も判っていない人が多い気がします
というとかなりハードルが高い気もしますが、その1つでもあれば割とどうにかなるものです
むしろ、そんな状況でバカ正直に面接を受けられる神経がわからないくらいなんですけどね
来年は恐らく大手も採用を絞って過去最大の就職難になりそうな様相ですが、そんな人に「モノは言い様」という格言を贈りたい
自分の欠点でも言い方によっては長所に見せられるし、組み合わせによってはプラスになるのです

で、内容ですが
・・・あれ?あらすじと内容が違う気がするのです
なんとなく合ってるのに、その組み合わせがまったく違っているのですが、表紙を替えられてる?(笑)
内容はSF作品なんですが、序盤は少し不思議のSFのすれ違いラブコメです
浮遊能力を持つ花奈と瞬間移動能力を持つ日暮はお互いに相手の能力を知らないままに惹かれあっていた
けれども、能力のことと日暮の母親が失踪したことから疎遠になってしまって、再び二人が出会った時にはピンクのクラゲに支配された人たちと戦うことに・・・
って、感じの話だと思うのですが?
しかし、序盤の二人のすれ違い具合がとてもヤキモキさせます
これを隣で見ていた友美は本当に大変だったんだろうなって思います
そして、舞台が東京に移ってからも二人を見守り続けたのは友情なんでしょうね
でも、このピンクのクラゲの真相は中々面白いところです
特定の人にしか見えない以上は生物ではなさそうですが、人とあまりにもかけ離れた知的生物の思考っていうのはこんなものかもしれません
また、個人的にツッコミたいのは日暮父はいつまで動かないん?
逆に動いたときの拙速さが驚きです
とは言え、これだけの事件が起こったら後が大変だろうな・・・
ともかく、二人のすれ違いと超能力とピンクのクラゲの陰謀が交わるすれ違いラブコメはいかがですか?
  1. 2012/11/01(木) 23:15:11|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。