上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JコミFANディング

10月から違法ダウンロードの刑事罰化となりますが、漫画家の赤松建氏のJコミの「JコミFANディング」を見て、著作権について考えさせられます

なぜかと言うと、著作権は作者の死後50年が保護対象ですが、実際に50年も出版され続ける作品は漫画だけでも月に百冊を超えて発行される中でほんの一握りです
むしろ、ないに等しいくらいです
ほとんどの作品は数年で絶版になり、一部は愛蔵版や文庫版で再販される物もあります
しかし、仮に絶版後に欲しくなった場合には古書店で探し出さなければなりません
でも、この古書店での購入は著者に何の利益もないわけですし、マイナーな作品は古書店にすらないかもしれません

そんな中で保護期間を超えた作品をどうするのか?という問題がありますが、これについてはまったく放置されています
著作権保護の権利があるのならば、期限を切れるまでの著作物保護の義務も生じるわけです
たとえば、私は雑誌に掲載された読み切り作品などで気に入ったものは切り抜いて保管していますが、これが単行本化されずに保護期間を切れた場合にどう扱っていいのかも決まっていません

逆に言えば、保護期間を切れた作品は好きに2次利用されていいのでしょうか?
特に最初期のライトノベルは発行部数も少なく、残存数が少ないわけで、それが50年の月日で消えてなくなる方が文化の保護にならないのではないかと思います

その中で今回の絶版作品の扱いと言う面でJコミの取り組みはとても気になるところです
絶版となって、再発行の見込みがない作品は何かに著者が利益を得る形で解放されたらいいのですが、この著作権保護って映像や音楽を中心に考えているのですねぇ
音楽なんて決まった形式の組み合わせの問題なので、著作権は将来的に破綻しそうなんですけどどう考えているのかなぁ
まぁ そういってしまうと他の著作物も安定期に入ってしまえば、同じことなんですけどね

ともかく、今回のダウンロードの刑事罰化で果たして著作権は守られるのでしょうか?
(海外に対する処置がまったくできてない以上は、まったく変わらないか、他国はコピーし放題ということで日本の文化が衰退するのではないかと危惧するところでありますが・・・)
スポンサーサイト
  1. 2012/09/15(土) 23:21:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。