上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さよなら妖精

さよなら妖精 (創元推理文庫)さよなら妖精 (創元推理文庫)
(2006/06/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る


あらすじ
1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。
遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。
そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。謎を解く鍵は記憶のなかに――。
忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。

入間人間ファン、通称イルマー(笑)
私は間違いなくイルマー(笑)です
そんな私がオススメする入間作品はぼっちーず・・・ではなくて、バカが全裸でやってくるです
正直、この作品は入間氏じゃないと書けない作品ですし、入間氏の書くことへの覚悟を感じさせます
今度漫画化するみたいですが、漫画化すると途中でネタバレするんじゃないかと思ったり・・・
でも、祥子先生と僕とのその先が分かるような作品だとちょっとうれしいかもしれません

で、内容ですが
う~ん、ネタバレになるかもしれませんがタイトル通りですよねぇ
黒髪の異邦人との出会いから、日常の謎を探し、解いていく普通の日々
この部分は古典部シリーズのような軽やかさが心地よいです
しかし、終盤に行くに従って現れる過酷な地への別れ
もしもユーゴスラビアの状況を日本がもっと知っていれば、絶対にマーヤを止めたんだと思います
でも、実際には当時の日本では東欧の情報はほとんど一般化しておらず、何もわからなかったんでしょうねぇ
しかし、マーヤが彼女にだけ秘密を打ち明けていたのは、同じ気持ちを持ったライバルだったからでしょうか?
この先の路行がどのような行動に出るのか気になるところですが、あの騒乱の中では何もできなかったでしょう
ともかく、一夏の妖精との出会いと追悼歌と共に、ユーゴスラビアで起こった悲劇を忘れないようにしたいものです
スポンサーサイト
  1. 2011/06/17(金) 23:23:30|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。