上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

百物語の百怪

百物語の百怪 (ホラージャパネスク叢書)百物語の百怪 (ホラージャパネスク叢書)
(2001/07)
東 雅夫

商品詳細を見る


あらすじ
恐ろしきこと集めて百話すれば、必ず恐ろしきことあり…。
怪談の代名詞である「百物語」をテーマに、古今の百物語にまつわる蘊蓄を百話収録。
百物語のための百科事典。

先日はコミュニケーションの不足がコミュニティーの問題じゃないかと言ったわけです
では、ネット時代の今では多くのコミュニティーに入って、沢山の人とコミュニケーションをとれているって人は多いとおもいます
しかし、逆にネット時代で地域や年代などに縛られずに自由にコミュニティーを選べることで、似たような趣味や考え方の人間でコミュニティーを形成することが多くなります
そのため、ネット時代はより特定のコミュニティー内でしかコミュニケーションが取れない人間が増えるんじゃないかと思ったりします
(逆に不特定のコミュニティーを動き回るコミュニケーション能力が異常に高い人も出てくるとは思います)

で、内容ですが
ホラー祭りですが、これもホラーというよりも百物語についてまとめた学術書のようなものになっています
しかし、ただの学術研究ではなく、ちゃんと怖い部分も持った状態で書き進められているので途中で飽きたりすることなく、読み終えることができます
百物語の始祖と類型から始まって、その歴史背景、近代文学への影響、百物語についての現代文学作品と続きます
そして、最後は現代の百物語の実演方法例を詳細に書いてあります
百物語に興味がある人は必読の作品だと思います
しかし、私はこういう儀式めいた百物語が怖いので、絶対に参加しません
幽霊などの存在は信じていないわけですが、人の思いや精神は周囲に影響を与えると思っています
そのため、儀式的に恐怖の思いを集めるというのは何かが起きてもおかしくないと考えてしまうからです
ともかく、前述のように百物語に興味のある人には必読の本ですが・・・ご使用にはご注意ください
スポンサーサイト
  1. 2010/09/30(木) 23:27:40|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨークシャーの幽霊屋敷

ヨークシャーの幽霊屋敷―イギリス世にも恐ろしいお話ヨークシャーの幽霊屋敷―イギリス世にも恐ろしいお話
(1995/04)
桐生 操

商品詳細を見る


あらすじ
世界を騒がせた失踪事件、幽魂の棲みつく館の話…血も凍る話題や怪奇名所のエピソードの数々。

最近思ったことは、最近の若者のコミュニケーション能力の低下はゆとり教育ではなく、他の世代とのコミュニケーションがないことが原因ではないのかなってことです
これは昔は地域の子供は年長の者が小さい子供まで中学や高校に行くまで面倒見ていました
しかし、最近では小さい頃から同年代で固まる傾向があり、そのコミュニティーがずっと続いていきます
固定されて完成したコミュニティーでずっといるので、その他の人間とはコミュニティーが取れないんじゃないかと思ったり・・・って、周りにそういう人がいるだけなんですが、間違えていない気がします

で、内容ですが
丁度涼しくなってきたところで、ホラー祭りです
とは言っても、ホラーというよりはミステリィーに近い感じです
イギリスで起こった不思議な事件を多数取り上げていくと言うもので、書いてあることは事実であって怖いと言うよりも奇妙と思うことが多いです
そして、続けて読んだ所為か「怖い絵」の方と微妙につながっていて、妙に感心してしまいました
あと、文学少女に出て来た「嵐が丘」のエミリ・ブロンテの話が出てきて、少しあの作品の納得できたような気がしました
ともかく、あまり怖いという内容ではありませんが、イギリスのこういった話に興味がある人はぜひ読んでみて下さい

ところで、この本で一番怖いのは表紙だと思うのですよねぇ(笑)
って、表紙の絵がないのか・・・
  1. 2010/09/28(火) 23:11:45|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生贄のジレンマ 上

生贄のジレンマ 上 (メディアワークス文庫 と 1-3)生贄のジレンマ 上 (メディアワークス文庫 と 1-3)
(2010/09/25)
土橋 真二郎

商品詳細を見る


あらすじ
「今から3時間後にあなたたちは全員死にます。ただし生き残る方法もあります、それは生贄を捧げることです――」
 卒業を間近に控えた高校生の篠原純一が数週間ぶりに登校してみると、何故か校庭には底の見えない巨大な“穴”が設置され、教室には登校拒否だった生徒を含むクラスメイト全員が揃っていた。
 やがて正午と共に何者かから不可解なメッセージが告げられる。最初はタチの悪いイタズラだと思っていた篠原たちだが、最初の“犠牲者”が出たことにより、それは紛れもない事実であることを知り……。

どうでもいいことですが、私の勤めてる会社はかなりのホワイト会社っぽいです
給料は高くないのですが、それは残業が基本的にないからです
そして、仕事もそれほどややこしくなく、専門技術が必要なこともあまりありません
・・・でも、うちの部署以外はって付くんですけどね つ.T)

で、内容ですが
とりあえず、思ったことは厚いってことです
しかも、これで上中下の3冊構成です
1つのルールで3冊構成はつらいんじゃないかな?とか思いつつ、ステージ2とか待っていると思ったらそういうわけでもないようです
で、内容的には扉の外を思い出させる話で、裏の組織が同じとかそんな感じっぽいです
しかし、土橋氏の作品のクラスというか学校ってまったく荒れてないですよねぇ
まぁ 荒れ放題でゲームルールも理解できない馬鹿ばっかりではこういった作品は作れないわけなんですけどね
そして、主人公の篠崎と理香は何気に愛花先生の言葉が響いています
でも、この学校の先生や関係者っていうのは何なんでしょうねぇ
こんな大規模なことをして、親とかも封殺できている以上かなり強大な力を持っていますねぇ
ここらへんの話まで今回は踏み込むのかなぁ?
ところで、私の場合はこういう状況に追い込まれたら、まずレッドラインを切るか校舎に火をつけます
ともかく、生贄ゲームが始まって一段落といったところで、衝撃の展開ですが・・・どうなるんでしょうか?

でも、こんな状態で楽にしてあげると言われたら死亡フラグですよねぇ
  1. 2010/09/27(月) 23:58:02|
  2. メディアワークス文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怖い絵 3

怖い絵3怖い絵3
(2009/05/28)
中野 京子

商品詳細を見る


あらすじ
西洋名画に秘められた恐るべき怨念・冷酷・非情を、歴史の裏の裏まで知り尽くした著者が、鮮やかな筆致でとき明かす、知的でスリリングな美術エッセイ。

最近の日本の情勢は非常に厳しいことになっています
国内での政治の不安定、検察の不正、円高による企業業績への影響、日米同盟の不和、尖閣諸島問題など
正直、民主党は戦争反対で謝罪と補償で国を売るような行動ばかりだと思っていました
しかし、そういった行動ばかりをして、政権交代したときには強硬な日本を作るために犠牲になっているような気が最近してくるのですよ(大きな皮肉)

で、内容ですが
怖い絵シリーズの完結編です
・・・まぁ 真ん中が飛んでいるので、後日読むと思います
このシリーズは絵と画家や時代背景などを組み合わせて、絵の中の怖さというか奇妙さをクローズアップして、そちらの方向からも絵を楽しんでもらうおうという作品です
実際に、はたから見て何の変哲もない肖像画が後の運命を予見するようなものになっていたり、不穏な事情が隠されていたりするのはなんとも異様に感じます
でも、それらは怖いと言うよりも感心するばかりです
イラストのようにそれ自身が物語の一部であるならわかりやすいのですが、絵画はそういったものが表に出ていないのです
絵画はやっぱり画法とかではなく、時代背景などを勉強してから見に行かないとだめですねぇ
でも、そういった資料って言うのが散逸しているので、こういう本は助かります
ともかく、怖いというよりも絵画の見方を教えてくれる意味ですごく楽しめる作品だと思います
  1. 2010/09/26(日) 23:58:10|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

図書館迷宮と断章の姫君 3

図書館迷宮と断章の姫君 3 (MF文庫J)図書館迷宮と断章の姫君 3 (MF文庫J)
(2010/09/18)
おかざき登

商品詳細を見る


あらすじ
刃紋も同居するようになって、美々子やイクミもどんどんアプローチが積極的になってきた。
迫られる刻馬はたじたじな毎日。そんな折、キングたちと決裂したウィーゼルが、刻馬の元にやってきた。
彼女は復讐を果たすために協力してほしいと言う。
刻馬はLLL(スリーエル)からイクミたちを守るために、ウィーゼルと手を組むことに。誠十郎も協力して、刻馬たちはLLLと「対決」の準備を進める。
一方、『断章』を少しずつ取り戻したイクミは、自分がなんのために作られた書物なのかを思い出し、悩んでしまう。

・・・やっと、片付いた
これでしばらく本を読めるようになりそうですが、また来月には忙しくなったりします
とりあえずは今年だけの我慢なんですが、どうなるかはわからない状態です
でも、いつも反動でいっぱい本を読み始めてしまうわけですが、それでまた忙しくなってしまうわけです (^^;

で、内容ですが
前巻の印象であまり長く続かないとは思っていたのですが、この巻で完結です
正直、イクミ、美々子、刃紋の3人での奇妙な三つ巴関係が完成して、そちらの方で盛り上がってきたところなので残念です
そして、さらに残念なのが図書館迷宮への冒険部分が大きく減ってますねぇ
まぁ 最後と言うことで、冒険よりも対決という流れになるのはしょうがないんですけどね
各キャラクターとしては、刃紋が一番キャラクターが安定していて、逆に美々子がみんなをまとめる役ってこともあって非常に不安定になっています
う~ん、もう少し余裕があればここらへんもうまく書けたんじゃないかと思うのですが・・・
そして、イクミの誕生の秘密なんですけど・・・あれ?そんな程度なの?
もっとこちらの世界への侵攻の尖兵だとか、世界を破壊するためだけの存在だとか、もっと禍々しいものじゃないかと思ってたので、ちょっと拍子抜けです
また、今回は最後なので敵であるLLLの敵も明らかになるんですけど、散々非道なことをしていたわりにはあっけないです
せめてもう1冊分あれば、逆襲とかあったんでしょうけどねぇ
そして、王国同盟もどうなるのかと思ったら、完全なるかませ犬です・・・本当にありがとうございました
せっかくの対刻馬用の魔法も・・・残念なことになりました
しかし、それでもこんな状況からどうなるのかと思ったら、みごとに大団円です
個人的には父親のところまでは書いて欲しかったりしたんですけど、しょうがないですね
ついでに、この作品で一番美味しいのはある意味ではウィーゼルこと理瑠だったのか?
それとも、ちゃんと相手をげっとできた誠十郎なんでしょうか
しかし、誠十郎の図書魔法は現代社会では最強なので、とりあえず逮捕してた方がいいと思います
ともかく、大急ぎで話を〆てしまったので、非常に残念な感じが残りますが・・・次回作に期待です
  1. 2010/09/25(土) 23:24:41|
  2. MF文庫J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“文学少女” 見習いの、卒業

“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)
(2010/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る


あらすじ
「わかったでしょう? 邪魔よ」親友の瞳から、そう告げられた菜乃。
しかも心葉は、そんな瞳とつきあうという! 仰天する菜乃の前に、さらに、瞳の過去──人を死なせたと噂された3年前、彼女の側にいた人物が姿を現す。
瞳に何か起こっているなら、引くわけにはいかない! 心を決め、動きはじめた菜乃に、心葉は1冊の本を差し出し……。
瞳が抱く秘密とは? そして、迫る心葉との別れと、菜乃の初恋の行方は──。

自分で言うのも何ですが、私は無駄すぎるコミュニケーション能力が備わっています
どちらかと言うと人見知りして、話がうまいわけではありませんが、集団に入り込むのは得意っぽいです
どれくらいかと言うと、サークルとかに所属していなくても大学時代は過去問とかが集まるくらいでした
まぁ そんな能力は現実社会ではあんまり意味がないような気もしますが、使い方をうまくすれば・・・役に立つこともあるような・・ないような・・・

で、内容ですが
・・・やっぱり文学少女シリーズは読むのに覚悟がいります
文体やイラストで爽やかな感じに仕上がっていますが、昼ドラもびっくりなくらい人間関係がドロドロしてますよねぇ
特に中盤くらいの文学少女の解決を行うところまでは暗いイメージです
今回も菜乃の親友の瞳と司書の忍成、櫂の3人の関係を夏目漱石の「こころ」になぞらえて紡がれます
本当なら3人で幸せになる結末もあったはずが、すごく不幸なすれ違いで3人とも傷ついてしまったわけですね
しかし、「こころ」も何ですが、作中に出てくる「青空に似ている」で心葉が過去のトラウマを引き出されます
まぁ 今までの透子先輩の努力でどうにかトラウマから開放されたみたいですね
そして、菜乃は文学少女となってきたと言っても、さすがに透子先輩とは違いますね
でも、菜乃は菜乃でそのまっすぐな性格がまぶしいくらいです
また、琴吹さんは菜乃と共同戦線状態になったり、男装したりしながらも、相変わらずツンデレですね
そして、最後に心葉とディズニーデートに出かけますが・・・これは次の挿話集ですね
果たして琴吹さんは幸せになるのでしょうか・・・それが読者の一番の関心ではないでしょうか?
それにしても、菜乃は親友と先輩である心葉と別れることとなりましたので、新たな新人をゲットして元気でやっていくのか気になります・・・ここらへんも挿話集でフォローがあるのかな?
  1. 2010/09/13(月) 23:00:46|
  2. ファミ通文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴールデンタイム 1

ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)
(2010/09/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る


あらすじ
晴れて大学に合格し上京してきた多田万里。大学デビュー、東京デビュー、一人暮らしデビュー、と初めてのことづくしで浮足立つ彼は、入学式当日、不意打ちにあう。
圧倒的なお嬢様オーラ! 完璧な人生のシナリオ! 得意なのは一人相撲!
下手人の名は加賀香子。薔薇の花束を万里に叩きつけた彼女は、万里の友達でもある幼馴染みの柳澤を追いかけて、同じ大学に入学してきたという。
しかし、柳澤からは避けられ、周囲からも浮きまくる。そんな眩しくも危うい香子を放っておけない万里の青春の行方は?

最近は読んでいる本に青春成分が多すぎる気がします
う~ん、この年になると青春と言うものとは遠くなっていくばかりです
でも、青春ってモノはそのときには分からないことが多く、なんでもない毎日が青春だったりするわけです
但し、それらが人に話せる青春なのかはまったく別の話なんですけどね

で、内容ですが
とらドラの竹宮氏とイリアなどの駒都えーじ氏の電撃文庫の黄金コンビですね
正直、竹宮氏とは微妙に相性がよくないのですが、このコンビと言うことで購入しました
話としては自分しか見えていない完璧お嬢様が幼馴染にアタックし続けるも、逆に引かれて行くのをその幼馴染の友人として見守る話なんでしょうか?
見守っているだけが二人で色々とトラブルに巻き込まれて、一蓮托生な感じになるのはとらドラと同じ感じです
そんな暴走気味で孤立していく彼女を放っておけない万里です
しかし、出だしが微妙に意味不明で、万里を見守る万里の霊のような存在がすごく異質です
まぁ 中盤から終盤でそこらへんのおおまかな話はわかるんですが、どうなるんでしょうねぇ
さらに暗躍する林田さん・・・NANA先輩とかオールラウンドサークルの先輩も林田さんじゃないのかなぁ?
ここらへんの思惑も今回はまったくわからないままですねぇ
そして、サブキャラの二次元くんが漢らしいですし、千波ちゃんはかわいく、ヤナっさんは・・・普通ですね(笑)
でも、その他の登場人物が目立ちすぎて、出番も少ないので印象が弱いですね
話は万里と香子と林田先輩とヤナっさんを中心に進んでいくみたいですけど、万里の霊のような存在がどのように絡んでくるかが気になります
ともかく、暴走女と世話焼き男、暗躍する先輩と見守る霊・・・青春モノに謎のSF設定で香子の恋心はどうなるんでしょうか?
  1. 2010/09/12(日) 23:18:48|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電波女と青春男 6

電波女と青春男〈6〉 (電撃文庫)電波女と青春男〈6〉 (電撃文庫)
(2010/09/10)
入間 人間

商品詳細を見る


あらすじ
どもども丹羽真です。
えー、俺は今、青春ポイントが浮遊しまくる魅惑のボーナスステージに立っているのだった……! そう。本日は我が母校の文化祭なのである。
今年は『引力』をテーマとしているらしく、生徒も一般入場者も、全員その小指にはカラフルな糸がぷらぷら結ばれている。なんでも、同じ種類の糸を巻いている人を発見して結び合えば、『運命という引力で引き寄せられた者』同士ということで、めでたく文化祭のメインイベントである体育館ライブコンサートにアリーナ席で参加出来るらしい。さて。俺はその『引力』とやらでどんな相手を引き寄せるんだろうねぇ。
ふと気づけば、見慣れた水色の粒子があたりをキラキラ散乱していた。
この晴れ舞台で、ついにエリオは「せーしゅん女」になる。

入間氏の連続刊行が1年となって一段落っぽいです
まぁ 電撃文庫Magazineの方に短編を書くみたいですが・・・
ところで、入間氏の作品は無駄に世界観を共有していたりするわけなんですけど、そろそろみーまーさの最終巻がでないのかな?
でも、なんとなく12月に発売されそうな予感がします

で、内容ですが
文化祭です
正直、高校の文化祭ってそんなに盛り上がらないですよねぇ
むしろ自分達でテンションを上げて盛り上げていくことが試されます
でも、クラスでの強制参加がなく、部活が強いわけでもないのにこんなに盛り上がるなら・・・
まぁ 盛り上がりの中心はN君と宇宙人の人たちがほとんど持って行ったんじゃないかと思います
う~ん、さすがに青春イベントだけあって青春ポイントが大量獲得です
今回は無駄に騒がしい新キャラの奥居メアリーさんが大暴れなんですけど、それはそれです
何気に前回の旅館イベントで前川さんが好意を表に出してきましたが、今回は美術部長として部長権限を最大限に私用しています
何気に今回は前川さんが暗躍する側についているのですよねぇ
そして、リュウシさんは「やっちゅーに」が多いだけでいつもと変わりません
しかし、某馬鹿カップルとのゲーム対決で墓穴を掘りまくるところがリュウシさんです
あと、エリオのことはとりあえず吹っ切れてライバルに代わったみたいですね
エリオは青春女に向けて歩き出しましたが・・・まだまだ道は険しいです
とりあえず、今回で過去の負債をある程度処理できた感じですが、逆に今後はどうなるんでしょう?
そして、問題の大供の人は登場から最後までやりすぎです
なんかN君は知らないうちに既成事実を作られていっている気がするんですけど、大丈夫でしょうかねぇ
しかし、エリオットの前では逆におちゃらけた雰囲気がなくなるのが不思議です
こちらの女々さんしか見ていないならエリオットがベタ惚れなのも分かる気がする
まぁ そんなこんなで文化祭の各所でバラバラになった人間が引力に引き合わされて、集まったときにはこれはびっくりです
まさかここであの話を出してくるとはねぇ・・・
そして、今回のメインディッシュのコンサートはあの人です
コンサート始まるまで誰か気づきませんでしたが、あの人です
N君の青春ポイントを生贄にしただけに色々な効果がありましたが・・・
ともかく、今回の登場したまさかの人物たちが今後の物語にどのような影響を与えるのかが気になります

あと、みーまーの登場ってあるのかなぁ?
  1. 2010/09/11(土) 23:29:20|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぷれいぶっ 2

ぷれいぶっ! 2 (電撃文庫 た 21-5)ぷれいぶっ! 2 (電撃文庫 た 21-5)
(2010/09/10)
高遠 豹介

商品詳細を見る


あらすじ
文化祭で生徒会長との勝負に勝利し、正式な部として認められた「ぷれい部」。
部として初の活動に悩むメンバーに部長の統吾は、みんなの親睦を深めようと合宿を提案する。
向かう場所は山奥の温泉旅館。──実はこの合宿、朱音との仲をもっと深めようとする統吾の計画だったのだ。
温泉旅館といえば混浴、浴衣、卓球、さらにあんなことやこんなことも……なんて楽しいことばかり妄想する統吾だが、ひと癖もふた癖もあるドタバタメンバーとの合宿が計画通りにいくわけもなく!?
さらに現地である事件に巻き込まれてしまい……!?

最近はゲームをする時間がまったく取れません
結構RPGとか好きだったんですけど、今はレベル上げが面倒すぎてやる気が起きません
う~ん、昔は一本道のRPGはすぐに飽きてしまうので、分岐の多い作品が好きだったんですが、最近は分岐やマルチエンディングがすごくなりすぎてダメです
でも、一本道のゲームに回帰するわけでもありませんが・・・

で、内容ですが
前回でぷれい部を設立した4人です
今回は部費をもらったことで親睦旅行です
しかし、設定上仕方がないとは言え、秋から始まると季節イベントが次はクリスマスしかないわけです
う~ん、なんか色々とぷれい部でイベントして欲しいのですが、残念です
主人公の統吾ですが、確実にレベルが上がっていますよね
・・・まぁ つっこみとバカのですけど
最弱の勇者ですが、打たれ強さというかしぶとさと言うか無駄にタフですよね
そして、ヒロインの朱音ですが純真で可愛いですが、それだけなんですよねぇ
逆に全方位ツンデレキャラの瑞希が本心と建前でギャップがあってすごくいいです
さすが、明道さんはお目が高いでござります
まぁ 明道には長田さんという強力キャラがいるので、一筋縄ではいかないと思います
今回も一回も本人は出てきていないのにkの存在感ですし(笑)
そして、全方位ツンデレキャラ(男)の会長も素直じゃないと言うか、素直に楽しむことができない正確なんですよね
う~ん、この状況をはたから観察できたら悠子先輩みたいに穏やかに見守れるわけなんですよね
しかし、前回でぷれい部を設立してある意味目標達成してしまったので、今後はどうなるのかと思ったのですが、今回の展開から他の世界へ行く方法を探索する流れになるんでしょうか?
まぁ 一般人の統吾が異世界に行っただけで強力レベルアップしたわけですから、今度はもっと強い世界に飛ばされたらすぐに強くなれるんじゃないかとか思ったりします
でも、悠子先輩は自分の力で戻ってきたわけなんで、世界の移動方法とか知ってそうな気がするんですけどね
ともかく、次回は再び学校に戻って最弱の勇者からの脱出できるんでしょうか?

・・・山中はずっと出てこないんでしょうかねぇ
  1. 2010/09/09(木) 23:45:13|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魔界探偵冥王星O デッドドールのダブルD

魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD (講談社ノベルス エC- 4)魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD (講談社ノベルス エC- 4)
(2010/09/07)
舞城 王太郎

商品詳細を見る


あらすじ
「【冥王星O】。【吸血鬼】の1人娘を保護してもらいたい」魔界探偵の俺に下される指令は、いつも無茶なもんばかりだが、その中でもこいつは格別だ。
なるほど、俺に死ねってことかよ。だが……【彼ら】の館で待ち受けていたのは、不死者(ヴァンパイア)の首無し死体。
死ねないヤツが死んで、生きたい探偵は化け物に命を狙われる。
生き残りたければ、躊躇うな! 語れ! 騙れ! すべてを誤魔化せ! 
【冥王星O】、最悪のfrom dusk to dawn!(夜が始まる)

円高やばい
まぁ 会社は円高で得する方なので、当面は問題ないわけです
でも、顧客が輸出企業が多く、顧客の海外生産への移行が始まっているのですよ
本当にそろそろ輸出企業は日本脱出へ向かっているのですけど・・・雇用対策ってみんな公務員にしてくれるってことなのかな?

で、内容ですが
第一部完ということで、少女のヴァイオリンと冥王星Oの話も一段落です
と、書くと綺麗に納まった感じなんですけど、この巻はかなり波乱万丈です
まず、いきなり冥王星Oが絶体絶命です
なんであれだけ修羅場を潜り抜けたのに、アルコール中毒で瀕死になっているんですか?(笑)
でも、Hから少し時間が経っているらしく、他の人体楽器を色々目にしていたり、少女のヴァイオリンの身元を特定していたりします
そんな状況で、吸血鬼の娘の護衛を命じられて、吸血鬼の家に放り出されたら、そこは地獄だった
命からがら逃げ出したら今度は人狼に襲われ、密室殺人の謎に直面します
でも、ここで適当に言った推理ってまったく逆だったけど、ある意味正解だったわけなんですよねぇ
その後は吸血鬼同士の争いに、人間の反乱、人狼対人間となって【彼ら】と人間の全面戦争に向かいそうな雰囲気です
でも、吸血鬼や偽窓を作る男などで混乱
そんな間にまさかの連続殺人事件であのネタが使われて、窓を作る男がパーフェクト窓を作る男になったりします
しかし、この話のオチは舞城氏らしいオチでした・・・まさに冥王星Oサーガ!
でも、いわくつきのヴァイオリンをあんなに興味がないなんてねぇ
パーフェクト化したためか、元からかわかりませんが、窓を作る男はあちら側なんでしょうねぇ
そして、最終的においしいところを持っていったのは顔のない女だったんじゃないのかな?
ともかく、舞城氏らしい疾走感のある文体は押さえ気味でしたが、人間対【彼ら】の戦いの火蓋が開いて、その後もちょっと読んでみたいですね

しかし、この作品を読んでみると他の作品ではWが一番冥王星Oらしい話だったんですよねぇ
  1. 2010/09/07(火) 23:52:03|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒲生邸事件

蒲生邸事件蒲生邸事件
(1996/09)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


あらすじ
事件で密室と化した帝都。緊迫の4日間に起こる殺人。

あまり新書は買いません
新書は大きく、硬く、置き場所に困るというのが一番の原因です
しかし、新書はあらすじがわからないので事前によく調べてからじゃないと買えないという問題もあります
上のあらすじだけで購入しようとする人は作者のファンか、本の情報がよく入ってくる人だけで、ここらへんも書籍離れの一因じゃないかと思ったりします
まぁ あまりに細かくあらすじを書いてネタバレになってもダメなんですけどね

で、内容です
蒲生邸事件というタイトルと戒厳令などの章題から昭和初期が舞台なんじゃないかと思っていました
あと、表紙もなんとなく時代を感じさせる絵柄で、本格ミステリィ?って感じです
しかし、読み始めると大学受験失敗と予備校受験のための上京で、蒲生邸後のホテルに宿泊です
・・・過去の蒲生邸事件について現代から推理するのかな?
なんて思っていたらまさかのタイムスリップです(笑)
外装からは想像できなかった展開で驚きましたが、宮部氏はSF作品も書いているのでおかしいわけではないんですよね
そして、二二六事件の最中に自殺した蒲生大将の真相について解明していきます
ここらへんは西澤氏の作品に似ている感じですが、西澤氏がSF設定のミステリィが主であるのに対して、宮部氏は時代背景や人間関係が主体に置かれている感じです
でも、二二六事件は有名な事件ですが、細部まであまり知られていないため、時代背景や人物説明の部分が多くなってしまうのが難点ですねぇ
終盤はテンポよく事件が展開・解決していくのでその点が残念です
とりあえず、SFが許せる人で昭和初期の日本に興味がある人にオススメです
  1. 2010/09/04(土) 23:35:37|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空色パンデミック 3

空色パンデミック3 (ファミ通文庫)空色パンデミック3 (ファミ通文庫)
(2010/08/30)
本田 誠

商品詳細を見る


あらすじ
本当の空想病患者は誰なのか。漠とした疑問を胸に、僕は不確かな日常を過ごしていた。
そんなある日、僕の感染事例に興味をもつ米国研究所長が来日した。面会すると……え? この少女が所長?
一方、数日後に控えたクリスマスの準備中、結衣さんに1冊の本を渡された。
"空想病"を題材にしたその小説に、僕はなぜか違和感を覚える。思い返すと、その時からだったんだ、僕の世界が崩壊を始めたのは──。

民主党政権になってから経済政策がなくなってしまいました
自民党は支持団体に経団連などの経済団体があり、そこからの要望で為替や株価の大きな変動に対応していたわけです
しかし、民主党は労働団体や日教組などの公務員組織と経済の影響を受けない団体が支持団体にあるため、経済政策は二の次、三の次で現状の円高、株安です
正直、経済が上を向けば大抵の政策はどうにかできるのになんでそれが解らないのか・・・このままでは日本企業の海外移住計画で税収大激減になるんですけどねぇ

話は変わって、内容ですが
1巻を読んだときに複合的に空想病が発動するっていう話が出てくると予測していましたが、これはすごかった
正直、作中作とか出てきたときにはどこのミステリィだよってつっこんだりもしました(笑)
今回はプロローグがなんとでも取れるような内容になっていて、空想病による世界改変が目まぐるしく変わります
これはSFとかメタ系ミステリィとか読んでいないと置いてけぼりにされるくらいの展開です
そして、そのセカイの移り変わりについてはずっと以前からネタ振りがされていて、作品的にそんな終わりはないだろうっていう方向に誘導されたりします
さらにまさかの<教会物語>復活ですが、普通の話の流れでは中二設定全開で顔がにやけてしまいます
しかし、やっと物語が収束しようとしたところから怒涛のちゃぶ台返しです
エピローグを読んだときの絶望感からあとがきを読んだ時のやられた感が本田氏の真骨頂だと思いました
それにしても、晴お姉ちゃんが可愛すぎるのですよ
これで男なんだから秀吉もびっくりです・・・まぁ 女の子のはずですけど
中盤のメアリーとの対決や終盤の悪乗りとかで大活躍です
また、前巻から登場の今井さんも準主役級に大抜擢で、何気にゲームを通じて森崎と仲良くなっていく感じがしますね
あっ 森崎はいい奴なのでもうちょっとおいしい役をもらってもいいと思います
でも、その代わり今回は結衣さんの登場が少ないと言うか、ある意味でずっと出ずっぱりだけど・・・まぁ空気ですね(笑)
そして、問題の米国研究所長メアリーが大暴れです
研究成果を私事に使いまくって大丈夫なんでしょうか?
まぁ ターミーネーターばりに「I'll be Back」して行きましたが、メアリーの逆襲2はあるのでしょうかねぇ
しかし、本作の魅力はそのSF的な設定や中二的な世界感に加えて、庭さんのイラストだと思います
白身魚さんと同じアニメーター系のイラストレーターで、絵がうまい上に女の子が可愛いですよねぇ
そして、アニメ塗りのカラーイラストもいいけど、水彩っぽいモノクロイラストもいいです
で、あとがきの裏のイラストは庭氏なのかな? それとも今井さん?
あと、景以外が主役の短編集とかも結構ありじゃないかと思いますが、晴の話はちょっと重そうです
とりあえず、セカイ系に抵抗がある人はダメかもしれませんが、この目まぐるしく変わるセカイを体験して欲しいものです

でも、BL大好きな劇場型の人がいたら男が入れない絶対領域を形成できるような気がしますが、景が(たぶん)行けないのでそんな話はないことを祈ります
  1. 2010/09/01(水) 23:37:19|
  2. ファミ通文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。