上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Gosick III

GOSICKIII  ―ゴシック・青い薔薇の下で― (角川文庫)GOSICKIII ―ゴシック・青い薔薇の下で― (角川文庫)
(2010/01/23)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


あらすじ
風邪をひいたヴィクトリカを置いて、ひとり首都に出た一弥が遭遇したのは、奇妙な失踪事件と、有名デパートにまつわる黒い噂。
電話ごしにヴィクトリカの助けを得つつ、事件を解決しようとする一弥だが……

リーマンショック以降、世界のビジネスの慣例が大きく変わって、崩壊したと言ってもいいくらいです
・・・いきなり何を言っているのかと言うと、今の時期には各社で夏モデルの発表があるのにあまり出ていないのですよ
この夏にノートパソコンかDVDレコーダーを買い換える予定なのに、あまり選択肢がありません
まぁ ボーナスシーズンまであと1ヶ月くらいあるので、その前に発表して、即発売って感じなんでしょうか?

で、内容ですが
一弥が買い物で出かけて、そこで事件に巻き込まれる話です
今までも一弥が体験した事件をヴィクトリカに話して解決するスタイルだったので、それが電話になっただけな感じです
しかし、これだけ事件に巻き込まれると死神の噂は正解だったのかなぁ?
そして、段々と明らかになるヴィクトリカの母親と起こした事件がどうシリーズに関わってくるんでしょうか?
また、グレヴィールの髪型の謎が明らかになりますが、なんとも漢な話ですよねぇ
一弥はいつもの通り事件に巻き込まれて不運な目に会います
でも、今回はヴィクトリカも風邪をひくなど、色々な不運に見舞われます
まぁ 自分が知ったかぶりをした所為なので自業自得ですが、一弥の所為でもありますね(笑)
ともかく、何やら母親の起こした事件に関して不穏な動きがありますが、次回はどんな事件に巻き込まれるのかな?
スポンサーサイト
  1. 2010/05/29(土) 23:03:59|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gosick Ⅱ

GOSICKII  ―ゴシック・その罪は名もなき― (角川文庫)GOSICKII ―ゴシック・その罪は名もなき― (角川文庫)
(2009/11/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


あらすじ
人狼の住むという村を訪れたヴィクトリカと一弥を、またも惨事が待ち受ける。
それはヴィクトリカの母・コルデリアがかつて関わった事件に関係するというのだが……。

今年は春は気温の変化が激しいです
風邪が治りかけた時に限って、気温変化が激しくなって中々完治しないわけです
このまま夏になったら雪が降るんじゃないかと思ったり・・・(笑)
でも、冷夏になって農作物が不作になる可能性があるので、勘弁して欲しいところですね

で、内容ですが
美少女探偵のヴィクトリカと日本から留学生一弥が巻き込まれる事件簿です
本作の作りは現在起こってる事件と過去など別の場所で起きている出来事がサンドイッチされています
母親の件があったわけですが、二作目で学園脱走を実行してしまうとはねぇ
まぁ 脱走は初めてなので、それほどキツイ処分はないのでしょうか?
母親の事件を解決して、母親の潔白を証明したわけです
しかし、母親に関係する問題は徐々に明らかになるにつれて、大きくなっているような気がします
この母親に関する問題がこのシリーズの本筋なんだと思います
また、ヴィクトリカと一弥の関係もなんでしょうが、ヴィクトリカの方は素直じゃないだけですでに一弥に強い好意を持ってますよねぇ
むしろ、一弥の方がヴィクトリカへの気持ちに気付いていない感じなので、いつ気づくかが山場なんじゃないでしょうか?
ともかく、事件によって絆が深まった感じの二人ですが、無断外出で離れ離れってわけにはならないですよねぇ
  1. 2010/05/28(金) 23:20:01|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミカヅチ 2

ミカヅチ 2 (MF文庫 J) (MF文庫J)ミカヅチ 2 (MF文庫 J) (MF文庫J)
(2010/05/22)
榊 一郎

商品詳細を見る


あらすじ
修羅奇兵として目覚めた紅蓮。なかば強制的に〈御火槌〉の一員とされた紅蓮は、ヤドリギ討伐の任を負うことになる。
戸惑いながらも普段の学生生活に戻る紅蓮だったが、そんな彼の前に現れたのは、見知った転校生の少女――御杖代梨緒だった。
「みつえしろ、りお、です。よろしくお願いします」しかも、梨緒は紅蓮の許嫁を名乗り、勝手に同棲まで始めてしまう。頭を抱える紅蓮。
素知らぬ顔の梨緒。どこか浮かぬ顔の琴音。そして、そんな彼らを、不穏な瞳で見つめる者……。
忍びよるヤドリギの脅威は、ゆっくりと、しかし確実に日常を侵していく――。

う~ん、急に忙しくなってきてしまいました
半年くらいは本を読むペースが遅くなって、今のように1日1冊は厳しくなりそうです
しかし、新規開拓は控えるにしても新刊は避けようもないわけですが・・・
果たして我慢できるのでしょうか?

で、内容ですが
榊氏流の変身ヒーローものと言うわけですが、単独ヒーロー物か戦隊物かどちらなんでしょうか?
実はこのまま4人の修羅奇兵が出てきて、戦隊物になるって可能性はなさそうですけどね(笑)
しかし、この分野は高畑氏の「Hyper Hybrid Organization」が前にあって、そちらと被ってしまうんですよねぇ
まぁ 向こうは完全にシリアス作品ですが、こちらは一応萌え要素があるわけですが・・・
前回は修羅奇兵として覚醒したわけで、御火槌に所属してヤドリギ退治に乗り出します
でも、初戦の相手は・・・
そして、組織にとって大切な戦力である紅蓮の監視役に梨緒が付くことになります
しかし、少しクール過ぎて萌えがありません
まぁ このままシリーズが続いていくことで徐々にデレてきて琴音と紅蓮を争うことになってりするのでしょうか?
また、ヤドリギに関しては裏に暗躍する組織のようなものが現れて、今後はそちらとの戦いになりそうです
そして、神薙家での実験や深紅、琴音と火事などの謎が残っています
それはそれとして、ヤドリギや修羅奇兵のビデオ映像は罰ゲーム以外の何物でもないような気がします(笑)
とりあえず、変身ヒーロー物として形は整いましたが、この先はどうなるんでしょうか?
  1. 2010/05/27(木) 23:35:33|
  2. MF文庫J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンクライシス 11

ドラゴンクライシス! 11 マジックタイム (集英社スーパーダッシュ文庫) (集英社スーパーダッシュ文庫 き 1-15)ドラゴンクライシス! 11 マジックタイム (集英社スーパーダッシュ文庫) (集英社スーパーダッシュ文庫 き 1-15)
(2010/05/25)
城崎 火也

商品詳細を見る


あらすじ
英理子にテーマパークのスペシャルチケットが当たった。
マルガを誘って出かけた竜司たちは童話から創られた“おとぎ世界”を楽しむ。
ローズも動物のお店や初めての乗り物に大はしゃぎ! だが、そこには思わぬものが竜司たちを待ち構えていて――。
マジックタイムとは? 竜司たちの運命は!? 

ライトノベルは主に二つの流れがあると思います
一つはSF・ファンタジーを子供向けにした作品・・・まぁ 残酷描写や性的描写を除いただけですけど
もう一つは子供向けの作品を少し年齢層を上げた作品です
その結果、ライトノベルの範囲は子供向けからファンタジー作品くらいまで範囲が広がったわけです
まぁ そこにわずかでも幻想があれば、それはライトノベルと言えると思います・・・そして、上条さんにそげぶされると言うことです(ぁ

で、内容ですが
最近読んでいるライトノベル作品でこの作品ほどライトノベルらしい作品はない気がします
もうびっくりするくらいに読みやすいです
しかし、可愛い女の子が沢山出てきてちゃんと萌え作品にもなっているし、話の流れに捻りもあったりして特筆することはない気がします
では、何が違うのかと考えた結果、話の筋が綺麗過ぎるんですよねぇ
城崎氏の文体もあると思うのですが、いい意味で王道であり、無駄がないんじゃないかと思います
今回はバーニーズランドという某ねずみの国っぽいテーマパークでローズとマルガ、アイ、実咲の竜司争奪戦かと思ったら、意外と平和的です
でも、ここに来てマルガがアプローチを掛けてくるとは・・・
しかし、終盤は急転直下で謎の敵「ビーストマスター」が登場して大混乱
その上、竜司が大変なことになって・・・どうなるんでしょう?
ともかく、大変読みやすいライトノベル入門にはオススメの作品ですが、すごい展開で終わったので次巻が気になります

どうやらメディアミックス化するみたいですが、アニメでしょうか?コミックスでしょうか?
  1. 2010/05/26(水) 23:52:32|
  2. スーパーダッシュ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六百六十円の事情

六百六十円の事情 (メディアワークス文庫 い 1-3)六百六十円の事情 (メディアワークス文庫 い 1-3)
(2010/05/25)
入間 人間

商品詳細を見る


あらすじ
世の中には、いろんな人たちがいる。男と女。彼氏と彼女。親と子供。先生と生徒。そして爺ちゃんや婆ちゃんとか。その中には、「ダメ人間」と「しっかり人間」なんてのも。
あるところに、年齢も性別も性格もバラバラな「ダメ」と「しっかり」な男女がいた。それぞれ“事情”を持つ彼らが描く恋愛&人生模様は、ありふれているけど、でも当人たちにとっては大切な出来事ばかりだ。そんな彼らがある日、ひとつの“糸”で結ばれる。
とある掲示板に書き込まれた「カツ丼作れますか?」という一言をきっかけに。

最近はゲームをしていなかったのですが、今週は久々にゲームを購入します
しかし、現状で2冊積んでいるわけなんですが、ゲーム購入までに読み終えれるのでしょうか?
でも、最近はゲームに時間を掛ける余裕がなくなって、RPGとかは敬遠するようになりました
というよりも、RPGは基本的に暇つぶしの最たるものなんですよねぇ

で、内容ですが
入間氏の文体はみーまーのような特殊な感じの作品が合います
でも、本作のように一般文芸作品としてしっとりとした感じも何気に合いますよねぇ
まぁ あらすじを読めば判りますが、本作は群像劇です
しかし、最近は群像劇の作品が多くてあまり突飛な感じはしなくなりましたねぇ
本作はカツ丼を発端に、同じ町内で別々に生活していた人たちが収束していく感じですが、その収束が緩やかで派手さはないですね
そして、収束しても日常に戻っていってしまうわけですが、最後のオチはなかなか秀逸な気がします
ところで、本作に登場する静さんはあの人の関係者なんでしょうか?
それなら、いずれあちらの方でも登場するのかな?
ともかく、今回は入間節は控えめで淡々と進んでいく感じですが、それでも入間氏らしい作品ですね
  1. 2010/05/25(火) 23:14:11|
  2. メディアワークス文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インポッシブルハイスクール 3

インポッシブル・ハイスクール 3 (MF文庫 J) (MF文庫 J か 4-6)インポッシブル・ハイスクール 3 (MF文庫 J) (MF文庫 J か 4-6)
(2010/05/22)
葛西 伸哉

商品詳細を見る


あらすじ
“個性的な学校”で起こるトラブルを内々に解決する組織〈キャビネット〉。
そのエージェントである凱と弐華は、映画を教える聖林高校に潜入していた。
しかし特別講師として弐華の両親が現れたり、女優の対談相手として凱の妹・獲が呼ばれたりと、隠密捜査は大ピンチ! 
それでもなんとか素性を隠して学校生活を送っていた二人だったが、肝心のトラブルが全く見つからない。
そんな時、学校に侵入する多数の影があった。その手には凶器、その目には狂気を滲ませた、黒ずくめの集団が……。

日本のサッカー代表はJリーグから方向を間違えて、腐ってしまったと思います・・・解説とかマスコミが
本来の日本の実力的にはW杯予選を突破できるかどうかというレベルだと思うし、決勝トーナメントで1勝できれば奇跡に近いものがあると思います
しかし、そんなレベルの日本代表がなぜかトップレベルの国とあたかも互角の戦いができるような解説とかをしなければいいのに、何故か煽りまくります
ファンも知ってるはずなのにそれに乗ってしまうので、強くなるために本当に必要なことからどんどんずれて行っている気がするのですが・・・

で、内容ですが
第三弾ということで最大の敵が・・・なんて書いています
そのため、二人の苦手なあのシチュエーションとか、あの人たちが出てくるのかと思ったんですけどね
今回は結構シリアスにまとまっていて、あまりコメディ要素はありません
でも、二人の距離を埋めるようなにそれぞれに試練が待ち受けているわけです
そして、二人は試練に打ち勝って、遂には相棒として認め合う仲・・・あれ?
まぁ 二人のトラウマはまったく解決されていませんし、そちら方面には進んでませんしね
でも、その方が二人っぽいと思います
また、今回の敵は間の章題にもあるようにダイハードな感じです
こんなネタを使ってしまうと最終回じゃないかと思いましたが、どうやらまだ続きそうですね
ともかく、破天荒さが薄れてコメディ色が弱くなってきましたが、アクションが派手でいい感じに洗練されてきた感じがします

イラストの了藤氏の描く気の強い女の子や色っぽい表情がうまいですねぇ
  1. 2010/05/24(月) 23:33:20|
  2. MF文庫J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GOSICK Ⅰ

GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫)GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)
(2009/09/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


あらすじ
前世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴュール。極東の島国から留学した久城一弥は、聖マルグリット学園の図書館塔で奇妙な美少女・ヴィクトリカと出会った。彼女の頭脳は学園の難事件を次々と解決してゆくが、ある日ヴィクトリカと一弥は豪華客船に招待され、そこで本物の殺人事件に遭遇してしまう。やがて彼ら自身に危機が迫ったとき、ヴィクトリカは――!?

大阪の日曜日と言えば、そこまで言って委員会とほんわかテレビです
特にそこまで言って委員会は他のテレビ番組にはない存在なので、見逃せないです
よくこの番組は過激な言動などで騒がれるわけなんですけど、本来はそこじゃないと思います
この番組の凄いところは、パネラーの立ち位置を明確にして偏っていても議論を進めていることじゃないかと思います

で、内容ですが
本作は今はなき富士見ミステリー文庫から角川書店に移籍したリメイク版です
リメイクと言っても、挿絵が消えて、あとがきが消えて、解説が入ったと言う感じでしょうか?
基本的には戦前の架空の国家ソヴュールに留学した一弥と謎の安楽椅子探偵のヴィクトリカが体験する事件簿です
なぜか学園の怪談に適合することから死神と呼ばれて、注目されている一弥ですが、言葉の問題などもあって孤立気味です
しかし、この設定でミステリィということは一弥が事件の巻き込まれ役になるってことみたいです
そして、級友のアブリルもトラブルメーカーっぽい感じがします
今回は十年前にある占い師が行った占いに関係する事件です
過去の事件を現在の事件がなぞる感じでサスペンスな感じです
しかし、事件の謎も最後に明らかになるヴィクトリカの秘密の方がびっくりだったりしますが・・・
ともかく、現時点ではただの探偵と助手な感じですが、今後の一弥とヴィクトリカのコンビの活躍が気になります

しかし、解説で次巻以降の解説をしているので、ネタバレを気にする人は要注意です
  1. 2010/05/23(日) 23:26:13|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつか天魔の黒ウサギ 6

いつか天魔の黒ウサギ6  欠席のウサギ (富士見ファンタジア文庫)いつか天魔の黒ウサギ6 欠席のウサギ (富士見ファンタジア文庫)
(2010/05/20)
鏡 貴也

商品詳細を見る


あらすじ
《軍》の実験で“黒いウサギ”と一体化し、暴走する大兎。
神種と同じ力を持った彼は、“預言”の通りに、全てを破壊しようとする。
月光たちは大兎を取り戻す力を手に入れるため、ある試練を受けるのだが……!?

エコカーという言葉は出てきてから数年が経ちます
現状は電気とガソリンのハイブリッドか電気自動車しか一般には選択肢はありません
個人的には水素燃料が一番だと思っているのですが、安全性や水素による侵食対策が壁となっているようです
でも、先日新聞を見ていて思いましたが、最終的には水素と電池のハイブリッドが一番良さそうですね

で、内容ですが
前回は大兎がキメラ化して大暴走してしまったところで終わってしまいました
でも、この作品は人、悪魔、天魔、軍、教会、神種、そして太古の魔術師という各勢力がせめぎ合って、さらにそれぞれの世界が生徒会室によってつながっているわけです
そこに月光の野望、軍の動向、天魔や他の異界の主の思惑が入り乱れます
そのため、作中の話の流れが激しく動き、なかなか読んでいて整理できなかったわけですが、ここに来て一段落といったところです
しかし、天魔の力を手にした大兎、力を取り戻したヒメアなどを取り入れて月光の動きがどうなることやら・・・
まぁ その流れで言うと今後は月光が主人公っぽい話になって行くような気がしますが、今までもそんな中で入り乱れていたのであまり変わらないのかな?
ともかく、ヒメアと大兎の方は一段落したところで、預言を巡る攻防といった感じになっていきそうです
  1. 2010/05/22(土) 23:40:05|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土属性はダテじゃない 2

土属性はダテじゃない!〈2〉 (一迅社文庫)土属性はダテじゃない!〈2〉 (一迅社文庫)
(2010/05/20)
葉原 鉄

商品詳細を見る


あらすじ
季節は移り、日差しがさんさんと降り注ぐ夏真っ盛り。
土属性の「埴本麒一郎」はパートナーとなった土精霊「のづち」の手作りミカン料理の食べ過ぎで顔がみかん色になり恥ずかしい思いを……ではなく親友の火属性精霊使い「赤井雪乃」とまた喧嘩をして仲直りできずに困っていた。
そんな折、生徒会長にして良きライバル、水属性の「竜宮院清」から、自分の代理として赤島浦の年に一度の奇祭の手伝いをしてほしいと頼まれ、豪華旅館で三食・温泉付いて全部無料との好条件に飛びつくのだった。
しかし、肌の黄色さを尊ぶ赤島浦に着いた麒一郎は、なんと「えびす祭り」なる奇祭の主役へと祭り上げられ新たな騒動が……

最近のマスコミは鳩山政権の批判はできないと思います
本来のマスコミは政策などの目的や問題点を含めて読者や視聴者に説明することが仕事だと思います
しかし、事前にそういった説明をしないで、何か問題があったときには批判だけをするというのが最近のマスコミです
特にマスコミの情報を聞いていておかしな点があるのは、隠蔽や捏造、事実誤認を起こさせようと情報をわざと錯綜させようとしていうとしか思えません
まぁ 最近はインターネットでローカル情報なども入手できるようになったので、下手な情報工作は見る人が見ればすぐにわかる時代なんですがねぇ

で、内容ですが
正直なところ、主人公の戦闘方法が四股という点で非常に地味で、続編を購入しようか迷っていたわけなんです
でも、これは買わないと損するくらい派手さや華やかさが溢れています
もうこれは土属性の時代かと・・・それはないです
むしろ、今回は黄色がすべてです(笑)
黄色の為に全ての事件が起きて、連鎖的に黄色が問題を起こします
・・・黄色、恐ろしい子(笑)
本当にここまで黄色で押し進めてくるとは思いませんでした
そして、舞台は夏休みで、海ということで露出度が高いです
えぇ 変態が2人と1人ほどいましたがスルーして下さい
でも、八坂氏のイラストは危険水域に突入しそうな勢いなので、気をつけてください
それにしても、穂村は最後の踊り以外はまったく活躍しませんでしたが、気配の察知力とか確実にすごい奴なはずなんですよねぇ
いずれは過去編とかで煤丸との活躍とかが書かれるんじゃないかと・・書かれないと惨いなぁ(笑)
また、今回の新キャラである不思議っ娘の渦美は夏休み後に学園に転校フラグだと思います
この本のクライマックスはある意味でえびす祭りですが、真のクライマックスは番外変です
むしろ、この番外変のために黄色の物語があったんじゃないかと言っても過言ではありません(嘘)
・・・この生徒会は大丈夫なのか?
とりあえず、女の子が魅力的なこの作品ですが、一番可愛いのはのづちで異論は許しません
  1. 2010/05/21(金) 23:49:23|
  2. 一迅社文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これはゾンビですか? 5

これはゾンビですか?5  ああ、マイダーリンはロクデナシ (富士見ファンタジア文庫)これはゾンビですか?5 ああ、マイダーリンはロクデナシ (富士見ファンタジア文庫)
(2010/05/20)
木村 心一

商品詳細を見る


あらすじ
ハルナの魔力を奪ったクリスを追う歩。
情報を握るのは京子と突き止めるものの、宴会に誘ってくれたら話すと条件を出される。
悩んだ末、織戸主催の合コンへ京子を招待するが、その日歩はサラスとある約束をしていて!?

最近の大手マスコミのニュースは信頼できません
一昔前は大手の新聞を数紙取って見れば多面的に見ることができました
しかし、テレビや新聞間で記事の差がなくなって、多面性を失ってしまいました
また、最近ではインターネットによる個別情報もあり、メディアでの欺瞞もわかるようになりましたしねぇ

で、内容ですが
前回は大先生と同じ強大な魔力を持つクリスにハルナの魔力を奪われてしまったわけです
今回はクリスとの対決かと思ったら、合コンとコンサートでした
・・・何を言っているのかよくわかりませんが、そんな話です
とりあえず、表紙は誰なんだと思ったら、ネットアイドル「ラブリー☆キララ」ことサラスでした
こんな感じの娘に前巻の最後の台詞を言われたら、嬉い・・・わけはなくて、やっぱり引きますよねぇ(笑)
そして、学校の方ではツンツン頭こと綾戸発案による忘年会が開催されます
綾戸がすごく馬鹿ですがすがしいです
でも、アレのどこに三原さんは・・・
また、合コン組みではユー、ハルナはもちろん、サブキャラの京子、大先生、平松さんも活躍です
特に平松さんは目立とうとして、なぜか一番地味なことを始めるところがカッコいいです
でも、大先生には勝てませんが・・・
しかし、この作者は最後を無駄に綺麗にまとめようとするので、評価に困ります
同時期にデビューした「蒼穹のカルマ」の橘公司氏とある意味で真逆な感じが面白いです
ともかく、アニメ化することになったみたいですが、歩の魔装少女姿の雄姿がテレビに写るんですよねぇ・・・
  1. 2010/05/20(木) 23:14:17|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心霊探偵八雲 8

心霊探偵 八雲8 失われた魂心霊探偵 八雲8 失われた魂
(2009/08/21)
神永 学

商品詳細を見る


あらすじ
一人の男に導かれ、雑草だらけの獣道をのぼる八雲。ところが、辿りついた鍾乳洞で事態は思わぬ展開を見せはじめた。
いつの間にか失っていた意識、気付くと目の前に転がっていた死体、そして警察に舞い込む「容疑者・八雲」の急報。
嫌疑をかけられた八雲は、混乱の中、捜査網をかいくぐるはめになる――。
はたして、緊迫の逃走劇を続けながら、複雑に絡み合う謎を解くことができるのか!? 

最近、よく本屋とかでプッシュされていると思ったらアニメ化決定でした
それもBS2こと、NHKです
しかし、この作品の描写や内容に結構不適切なものが含まれていますが、大丈夫なんでしょうか?
ともかく、アニメ版も面白く仕上がって欲しいと思います

で、内容ですが
いつもは後藤刑事か晴香が八雲に事件を持ち込む流れですが、今回はいきなり八雲が事件に巻き込まれます
そして、いつも八雲と共にいる晴香と離れて事件に当たることになるわけです
さらにその対比として石井刑事も一人で事件にあたることになりますが、窓際に追い込まれている割には昇進できるんですね
それに何だかんだと言って、石井刑事が立ち位置的に一番おいしいような気がします
そして、今回も明らかになる八雲の出生の秘密・・・なんたるややこしい家庭事情ですか?(笑)
この勢いなら、後藤とは曽祖父くらいで血縁関係があったりとかするんじゃないでしょうか?
また、今回は遂に後藤刑事に処分が下りますが、ここから心霊探偵八雲が始まる感があったりします
ともかく、本シリーズもクライマックスに差し掛かりましたが、八雲がついにデレる時が来るのでしょうか?
  1. 2010/05/17(月) 23:46:17|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

密室ロジック

密室ロジック (講談社ノベルス)密室ロジック (講談社ノベルス)
(2003/04)
氷川 透

商品詳細を見る


あらすじ
殺される前も後も室内には被害者ひとりきり。
左右の廊下には複数の人間が、非常口の前には監視カメラが出入をずっと見張っている。
こうして密室状況は作りだされた。
一見平凡な殺人事件は、論理的に不可能犯罪へと飛躍したのだ!

本を読むときに他の本の発売日とかを計算して読むようになったら作業じゃないかと思うようになります
特に最近はこの本を1日で読んで、この本は2日くらい掛かってと計算してしまう自分がいます
今月のように発売日が重なるときは特にそういう計算をしてしまいます
でも、そういう読み方は読みたいから読んでいるというか作業感がして心苦しいです
まぁ そうやって管理して読まないと数が読めませんが・・・

で、内容ですが
本格物を書いている氷川氏の作品です
殺人事件が起きるまでに本の半分を使うとか、本格らしい贅沢な使い方です
正直なところ、密室や本格などの論理を重視する人にはたまらないものがあるんじゃないかと思います
でも、犯人を論理的に特定したところで尻切れトンボな感じで終わるので、個人的には物足りないです
また、作中に散りばめられた数多くの伏線や秘密も回収されないままですしね
まぁ 作中を深読みすればそれらしい事実が思い浮かぶとは思いますが・・・
ともかく、複雑な人間関係の中で起きた開かれた密室に論理で迫りたいという人にはオススメです

・・・そして、この作品はシリーズ物だったことに読んでいる途中で気が付いた
  1. 2010/05/16(日) 23:31:17|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今宵、バーで謎解きを

今宵、バーで謎解きを (カッパ・ノベルス)今宵、バーで謎解きを (カッパ・ノベルス)
(2010/04/20)
鯨 統一郎

商品詳細を見る


あらすじ
バー〈森へ抜ける道〉に夜ごと集う、ヤクドシトリオこと私立探偵の工藤とライターの山内、それにマスターの島。
ワインとチーズを楽しみながら、語られるのは少年時代のなつかしいサブカルチャーをネタにした馬鹿話と、巷間をにぎわしている未解決殺人事件の顛末……。
もうひとりの常連でもっとも酒にも推理にも強い、桜川東子のギリシャ神話を援用した名推理から目が離せない!

ここ最近、CDの販売枚数が落ちていることが音楽業界で問題となっていました
そして、その減少分が音楽配信でも賄いきれていないとのことで違法DLの問題となっています
しかし、違法DLというのは昔でもラジオやテレビからテープなどへのコピーはしていたし、そのときは個人利用であれば合法だったと思います
正直なところ、音楽というのは決まったパターンの組み合わせと流行の話なので、新しい発明がない限り新曲販売は廃れていくのは当然だと思うのですけど・・・
まぁ 新曲が売れないなら、過去の名曲を売ればいいじゃない?(by マリー)

で、内容ですが
ヤクシドリトリオと桜川東子嬢が繰り広げるバーでの謎解きの第3弾です
もう一つの早乙女静香と宮田六郎の歴史ミステリィとの違いは間に雑談が入るか、入らないかだと思います
そして、雑談が入る方の本シリーズのテーマはワインとチーズと子供の頃の話です
鯨氏のマニアックな知識の広さには感心しますが、歴史ミステリィ系と雑談系で激しい差があるので困ります(笑)
でも、題材になる分野にもよりますがある程度解ったりするのは、いいことなんでしょうか?
今回も酒を飲みながら雑談をしつつ、事件の話題を振って、東子嬢が解決するという流れです
段々とマスターが馴れ馴れしくなっていますが、東子嬢も柔らかくなってきていますねぇ
でも、マスター達がどんなにアタックしても東子嬢は・・・(涙)
とりあえず、分類すると馬鹿ミスになってしまう作品なんですが、謎解きよりもその場の雰囲気が楽しい作品です
  1. 2010/05/14(金) 23:19:59|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極限推理コロシアム

極限推理コロシアム (講談社ノベルス)極限推理コロシアム (講談社ノベルス)
(2004/04/06)
矢野 龍王

商品詳細を見る


あらすじ
二つの館に強制的に集められた七人の「プレイヤー」たちに「主催者」は命じる――「今から起きる殺人事件の犯人を当てよ」――もちろん、被害者もプレイヤーの中から選ばれる。
二つの館で起きる事件を、互いにもう一つの館より早く、解決しなければならないのだ。
不正解の代償は「死」!

もしも今過去に戻れるとしたら、数年前に戻って小説が書きたいです
内容は○○政権のノンフィクションです
・・・まぁ 投稿したらこんな馬鹿な政治家たちはいないよって一蹴されるでしょうねぇ
でも、それが現実に突きつけられているわけですから、現実は小説より奇なりですね

で、内容ですが
二つの館でそれぞれ殺人ゲームが行われて、そこからのサバイバルゲームです
普通は館内の連続殺人ゲームっていうのはよくありますが、二つの館で殺人ゲームは珍しいです
いえ、実は結構二つの館での連続殺人事件ってあるものなんですけど、大体は最後に判明するものですからね
う~ん、二つの館系の作品はあのトリックを思い浮かべてしまうわけですが・・・
それはそれとして、敵は殺人ゲームの主催者が送り込んだ敵だけではなく、もう一つの館のプレイヤーもライバルという敵になります
正直、この設定だと力が強い人間が主導権をとりやすいですよね
そして、その人間が馬鹿だと情報を整理できないだけじゃなくて、絶対に相手と交渉決裂するか情報だけを奪われますよね
・・・主催者はプレイヤーに勝たせる気がまったくないですねぇ
それにしても、エピローグはちょっと意外でしたが中々綺麗にまとまっていて、下手なハッピーエンドよりもよく感じます
とりあえず、これだけ設定がややこしいと頭脳ゲームでさえなくなって来ますね

でも、閉じ込められてゲームというと土橋氏を思い出さずに居られません(笑)
  1. 2010/05/13(木) 23:41:02|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狐火の家

狐火の家狐火の家
(2008/03)
貴志 祐介

商品詳細を見る


あらすじ
長野県の農村で殺人事件が発生。家族が出かけている間に、一人残った中学生の娘が自宅で殺害されたのだ。
現場は完全な密室状態。「硝子のハンマー」でおなじみの女弁護士と防犯探偵が密室の謎を暴く!

本には続き物があります
いえ、何にでも続き物はあるわけですが、特に一般書は刊行順がわかりにくい場合が多々あります
例えば、サブタイトルなどでナンバリングされていない場合は読む順番を間違えることも多いです
さらにシリーズ名などが書いていない場合もあり、事前調査なしに本を買えなかったりするので、どこかに小さくでもシリーズ名とナンバリングはして欲しいですね
まぁ ネタバレとかがなければ、別に順番が多少入れ違っても問題なく読めたりするわけですが・・・

で、内容ですが
どうやら「硝子のハンマー」の続編に近い作品みたいです
主人公の二人が密室殺人の謎を解くという4つの短編集となっています
まぁ 正直なところタイトルからホラーか怪談物かと思っていたのはここだけの話です
しかし、実際に密室事件が起きても捜査的にはこんな感じなんでしょうねぇ
結局のところ、関係者を当たって誰が殺せたのかを考えるってことは他の事件と変わりはないわけですね
そういう面では二人の関係とかが解らないので、今ひとつ楽しめなかった感じですね
また、短編の順番も始めの狐火の家がホラー調なのに対して、後半の作品は純粋なミステリィです
貴志氏はホラーや特定分野を掘り下げて書く印象があったので、いい意味で予想を裏切られました
ともかく、貴志氏の書いた現代の本格ミステリィはどうでしょうか?
  1. 2010/05/11(火) 23:14:43|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミステリ魂。校歌斉唱! メフィスト学園

ミステリ魂。校歌斉唱! メフィスト学園 (講談社ノベルス)ミステリ魂。校歌斉唱! メフィスト学園 (講談社ノベルス)
(2010/03/05)
メフィスト編集部

商品詳細を見る


あらすじ
ミステリの名手たちが学園に仕掛けた謎とは!?
『無貌の王国』 三雲岳斗
『《せうえうか》の秘密』 乾くるみ
『ディフェンディング・ゲーム』 石持浅海
『三大欲求(無修正版)』 浦賀和宏
『三猿ゲーム』 矢野龍王

学園ミステリィと言うと今では金田一一の事件簿なんでしょうか?
でも、シリーズ続くと死者累々となってとんでもない非現実的な話になってしまう欠点があります
まぁ ミステリィと言っても日常の謎っていうのもありますが・・・
しかし、高校生探偵はバイト禁止の校則に違反して、元高校生探偵というどうでもいい称号にならないかな?

で、内容ですが
学校を舞台としたミステリィアンソロジーです
収録作品は何れもメフィストに掲載された作品となっています
学園ミステリィということで、割と似たような作品が並ぶのかと思っていました
でも、被ったらダメっていう縛りでもあったのかと思うほどどの作品も方向性が違ってますねぇ
暗号解読、日常の謎、サイコキラー、サスペンス、陰謀劇とそれぞれ違います
しかし、浦賀氏の作品は短編でありながらエッセンスが濃縮されていて、この作品で踏み絵ができそうなくらいです(笑)
また、『無貌の王国』と『《せうえうか》の秘密』は関連作品があるのかな?って思うほどキャラクターや設定ができていて短編だけで終わるのは勿体無い感じです
・・・と思ったら、講談社ノベルスで出した作品の原型だったようです
ともかく、色んな学園ミステリィがまとめられていますが、その分好き嫌いが分かれるかもしれません
  1. 2010/05/10(月) 23:49:35|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫 あ 29-1)俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫 あ 29-1)
(2010/05/10)
哀川 譲

商品詳細を見る


あらすじ
聖桐学園名物といえば勇者生徒会と魔王生徒会。人間と人外が共学のこの学園ならではの制度だ。
まぁ名前の通り対立している訳で。
伏城野アリス──俺の幼馴染み。完璧超人とはよく言ったもので、容姿端麗・成績優秀・スポーツ万能な何でも来いなやつだ。
おかげで俺はアリスの小判ザメと言われる訳だが……。そんな彼女が生徒会長の勇者になるのはいい。
何で俺が魔王になっちまうんだ!? 正体を隠さなくてはならない俺、魔王(俺)を目の敵にするアリス。
めちゃくちゃハードな学園生活が待っていて!?

今のライトノベルの各レーベルはそれぞれ賞選考を行っています
これはライトノベル作家が元々は少なかったこともありますが、レーベルで選考した方が色々とメリットがあるからでしょう
そういう面では各レーベルごとにエンターテイメント性や発想力、文体など受賞作の傾向があります
でも、レーベルとしての強さっていうのは賞受賞したものはもちろん、選考漏れした作品や作家をどれだけうまく使えるかじゃないか思います

で、内容ですが
吸血鬼などの人外との共存社会での学園物です
人外と共存しているとはいっても完全に打ち解けているわけではなく、それぞれに分かれて対立が残っています
そして、共存の実験校なのになぜかそれぞれに生徒会があって、競う体制となってたりします
そんな中で人間代表に幼馴染がなって、人外の代表になぜか主人公がなってしまったという設定です
また、生徒会同士の競う方法は人外の代表である魔王の正体を見破ることとなり、幼馴染に隠れて魔王を務めないといけないわけです
特になんの能力もない主人公が完璧超人の幼馴染のアリスと戦わなければなりません
そんな中で脳内将棋ができることから策略戦かと思っていたのですが、何か信念戦みたいですねぇ
う~ん、悪くないどころか面白いんですけど、もっと派手な策略を実行して欲しいとか贅沢を思ってしまいます
特にアリスや鑑美、雪乃など魅力的なキャラクターがいるので、もっと動き回ってもいいかなぁ~
まぁ 勇者側の生徒会はまだ揃っていないので、本格的に生徒会戦が始まったらそんな感じになるのかな?
でも、元勇者側の生徒会は何気にキャラが立っているので、残留してもいいんじゃないかな?
しかし、こんなに連携が取れた生徒会で魔王に勝てなかったのはリリィが凄かったのか、勇者がダメだったのか、魔王生徒会も凄かったのか・・・どう見ても勇者がダメっぽいですね(笑)
ともかく、体制がまだ揃っていないので派手さが弱い印象ですが、うまくまとまっていて、今後が楽しみな作品です
  1. 2010/05/09(日) 23:31:59|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 6

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 6 (電撃文庫 ふ 8-11)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 6 (電撃文庫 ふ 8-11)
(2010/05/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


あらすじ
ヤバイ。桐乃ヤバイ。俺の妹マジヤバイ。
まず偉そう。もう傲岸不遜なんてもんじゃない。超居丈高。
「オマエ何様」って妹にきくと、「チッ」って舌打ちするだけじゃなく、その後腕組んで「うざい」って睨みかえしてくる。
スゲェ! なんか遠慮とか無いの。
妹なんだから兄貴のことを敬って、もっと仲良くしなきゃいけないんじゃ──と思っていた時期が俺にもありました。
っていうくらいの勝手気儘ぶり。普通は人間なんだから絶対謙遜とかもする。でも俺の妹は全然平気。凄い。ヤバイ。どれくらい凄いかというと、なんかこの宣伝文、どこかで同じようなのを見たはずなのにそれすら気にしない豪快さ。さすが俺の妹だ、なんともないぜ。
とにかくお前ら、ウチにいる妹のヤバさをもっと知るべきだと思います。そんなヤバイ桐乃と一緒にいる俺、超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

小説を買うときに重視するものは、作者名、ジャンル、タイトルといったものがあります
しかし、個人的に重視するものにあらすじがあります
本にあらすじのない本、ハードカバーなどは事前に調べておかないと中々手が出せないです
というわけで、この本はあらすじが「宇宙すごいコピペ」の改変で何が何かわかりません(笑)

で、内容ですが
今回は4本の短編集といった感じです
第一章は、あやせのお願いで再び京介が暗躍することになる話です
京介はどんなけあやせに弱いんだとか、この事務所はどこを目指してるんだと思ったりします
それにしても、あの二人はなんだかんでいいコンビですね
第二章は、赤城兄と秋葉でエッチなデェトな話です(爆)
もう赤城兄はほんとうにホモなんじゃないかと思うくらい平気でホモゲーを買います
それはとても当然のように買います
そして、あからさまなシスコンです
もう赤城妹を襲いそうなくらいシスコンです
・・・どんなに妹に貢いでるんでしょうねぇ(笑)
そして、秘密のデパートへの冒険譚ですよ
何気にメガネビデオや妹へのプレゼントをげっとして、最上階へ登ります
・・・その後の赤城兄の行方は知れない(笑)っぽいけど、逆に喜ばれたりしてそうで困る
第三章は、佐織のターン!
元気のない佐織のオタク・・・お宅訪問です
そこで沙織の秘密が色々と顕になるわけですが、素顔の話は予想通りです
どちらかと言うとコレクション関連の話がよくわかります
何らかの趣味をしているとこんな感じでコレクションが増えていくことがありますよねぇ
私はこうやって増えたコレクションって中々捨てれないので、絶賛置き場所に困っています
でも、佐織邸はオタクというか収集家には最高の環境で羨ましい
第四章は、留学先でのルームメイトがホームステイにやってきたよの巻
天才小学生ランナーのリアがやってきたわけですが、なぜに秋葉原に連れて行く?
そして、ロリコンなら死んでもいいくらいの役得が京介を襲います
でも、本当に何しに来たんだろう?(笑)
確かに大切な目的があったわけだけど、東京タワーにも行かないままですしねぇ
まぁ 将来リアがオリンピックに出たときに京介が気まずい雰囲気に飲まれる気がするのですが・・・
そんなこんなで田村さんは何やら裏で暗躍中です
また、黒猫は桐乃との京介を使ったじゃれ合いでニヤニヤが取れません
さらに最後は桐乃の爆弾発言で終了し・・・これってどうなるの?
とりあえず、京介の役得感がただならないところまで来ていますが、桐乃の猛攻に幼馴染の反撃はあるのでしょうか?
  1. 2010/05/08(土) 23:29:48|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冥談

冥談 (幽BOOKS)冥談 (幽BOOKS)
(2010/03/03)
京極夏彦

商品詳細を見る


あらすじ
渡り終えるまで喋ってはいけない。なにかを聞くだけで、決して答えてはいけない。
そこは、死者の声が聞こえる魔所だった……。
生と死の狭間を、細やかな筆致と巧みな構成で描き上げ、京極小説の先にある、もうひとつの「核心」に迫る短篇小説集。

金融社会というものは怖いものです
mとbの間違いだけで何人もの人間を殺すことができます
また、世界経済を一瞬で傾けることが出来ることが証明されました(正確にはそれだけでは傾きませんが・・・)
そんなもので世界が回るのは正しい世界なんでしょうか?それとも間違っているのでしょうか?

で、内容ですが
幽談に続く怪談専門誌の「幽」掲載作品集です
前回の幽談もそうでしたが、怖い話というよりも怪しい話と言う内容です
また、内容的にはタイトルに冥とあるように死者や生と死の境目と言ったものを扱っている感じです
でも、すごく幽かに、仄めかしにすらならないくらいに漂う怪しい雰囲気で直接的には何もないようです
しかし、そこには生と死の境目が薄っすらと溶けていくような、ただ雰囲気だけが残る感じです
そういう意味ではあらすじのどこに「核心」に迫っているんだと言いたいところです(笑)
ともかく、ホラーというには曖昧すぎて、怪談というには怪しすぎる仄かに漂う雰囲気を楽しむ作品ですねぇ
  1. 2010/05/07(金) 23:04:15|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天空の蜂

天空の蜂 (講談社ノベルス)天空の蜂 (講談社ノベルス)
(1997/11)
東野 圭吾

商品詳細を見る


あらすじ
テロリストの脅迫に日本政府、非情の決断――!!爆発物を積載した超大型ヘリコプターが、“天空の蜂”と名乗る男に強奪された。ヘリにはコンピューターによる遠隔操作で、福井県にある高速増殖炉の千数百メートル上空でホバリングを開始した。そしてヘリの中には、とり残された少年が1人!

二酸化炭素の排出削減で原子力発電が注目されています
しかし、この話の最後の部分では二酸化炭素と核廃棄物のどちらをとるのかという判断が必要です
でも、25%削減と言う目標を首相本人の判断で言っちゃったものだから、原発を推進しないと行けなくなります
まぁ原子力発電所の安全性はかなり高く、人的な問題を防げば大惨事になることが少ないと思われます
でも、原発は出力調整を行いにくいので、夜間の過剰電力を貯蔵する方法を考えなければいけないのですが・・・

で、内容ですが
作品としては古い内容になりますが、今でも十分使える内容です
むしろ、原発の需要が大きくなっている今だからこそ読むべき作品かもしれません
自衛隊向けの最新鋭ヘリが自動操縦で乗っ取られ、原発上空でホバリングし、政府に向かって脅迫を始めます
当初はヘリに取り残された技術者の息子の救出劇です
しかし、救出開始後の犯人探しが難航します
まぁ 犯人の一人はすでに明かされているわけなんですけどね
でも、犯人探しと言うよりも犯人の真意を明らかにするというのが正しいのでしょうか?
個人的には犯人の真意にはかなり早い時期にわかっていましたし、早くヘリが落ちないかな?と思っていたくらいです
でも、実際に上記のような状況が発生したらどうなるのかっていうのは気になります
もし、ヘリが落ちても大丈夫である事実が確認できれば、日本の原発メーカーが世界を席巻できるのに・・・
ともかく、元電気技術者の東野氏らしいヘリと原発の専門知識が盛り込まれたサスペンスで、今だからこそ読む意味がある作品です
  1. 2010/05/06(木) 23:29:49|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地図男

地図男 (ダ・ヴィンチブックス)地図男 (ダ・ヴィンチブックス)
(2008/09/03)
真藤 順丈

商品詳細を見る


あらすじ
仕事中の〈俺〉は、ある日、大判の関東地域地図帖を小脇に抱えた奇妙な漂浪者に遭遇する。
地図帖にはびっしりと、男の紡ぎだした土地ごとの物語が書き込まれていた――。

文学の賞というものは年々増えています
たしかに賞を受賞することで売り上げが違ってくるので、本屋にとって大切です
また、読者にとっても本を買うときの大きな指標になります
でも、賞を受賞した作品が必ずしも自分に合うとは限らないので、最低でもあらすじを確認した方がいいと思います

で、内容ですが
4つの文学賞を取ったことで一気に注目された真藤氏です
その中で毛色の違う電撃文庫の作品はあまり評価がよくなく、私としてもうまく合わなかったです
今度は逆に4つの賞の中で一番評価の良かった本作を読んでみました
内容的には前に読んだ「バンパイア・ファイナンス」と同じような群像劇です
文体や構成などが特徴的でそういうところが評価されたと理解できます
また、いくつかの散りばめられたストーリーが最後に帰結するところなんかは綺麗にまとまっています
これはこれでよく出来ていると思いますが、もうちょっと地図の物語が欲しいと思ってしまいます
う~ん正直なところ、バッカーノとか読んでしまうと群像劇が集まったときに盛り上がりが足りないって贅沢に思ってしまうわけなんですよ
ライトノベルはそういう構成とかに自由度が高く、エンターテイメント性がさらに重視されるので、勝負するところが悪かったんでしょうねぇ
ともかく、謎の地図男とその紡ぐ物語が中々うまく綺麗に流れていくのがうまく、バンパイヤファイナンスで見切った人にも読んで欲しいところです
  1. 2010/05/05(水) 23:01:49|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォークの先、希望の後

フォークの先、希望の後 THANATOS (講談社ノベルス)フォークの先、希望の後 THANATOS (講談社ノベルス)
(2008/10/07)
汀 こるもの

商品詳細を見る


あらすじ
政治家の息子が飼う魚の世話で日給5万円、ただし飼い主の少年が現れると誰かが死ぬと噂あり。家庭の事情で高額バイトを探していた女子大生・彼方が屋敷へ向かうと理想の男性・高槻が目の前に……オクテな少女は恋に落ちた!だが戦慄の事件が続発。噂の少年“thanatos666”の呪いはやはり本物だった!?彼方の恋と命の行方は?

この黄金週間はまったく出て行く予定がありません
本当は買い物に出かけようかと思いましたが、購入予定の夏モデルはまだ発売されないようです
そして、家で作業をしていたらとんでもないことをしてしまって、途方に暮れていました(泣)
工具の使い方を間違えると偉いことになりますので、ご注意ください

で、内容ですが
どうやら前巻で少し話に出てきた女子大生の話みたいです
時間軸では「パラダイス・クローズド」の前から「まごころを、君に」の途中までみたいで、その裏での出来事です
まぁ この作品がメフィスト賞応募作品で、一番初めに執筆されていたわけですけどね
父親の入院でお金が必要なアクアリストの彼方が立花家のお手伝いに来ることになります
正直、ここまで趣味が合う異性が来た時点で美樹が惚れるのはしようがありません
でも、彼方は高槻が気になっているわけなんですけどね
しかし、これだけ立花家に近づいてもダメージを受けないのは、距離感なのかそれ以外の要因があるのかな?
また、後半はなぜか高槻との対決や殺人計画などが出てきて混沌となります
・・・どこがサワヤカラブストーリーなんですか?(笑)
でも、御堂の話を考えたらサワヤカなのかもしれませんねぇ
ともかく、前の2冊と合わせて読むと裏でこんなことになっていたのかぁって思いますが、水槽系の知識はさらに沢山出てきます

そういえば、前巻ではなくてこの巻にエヴァネタが出てきましたねぇ
  1. 2010/05/04(火) 23:19:31|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まごころを、君に

まごころを、君に THANATOS (講談社ノベルス)まごころを、君に THANATOS (講談社ノベルス)
(2008/05/09)
汀 こるもの

商品詳細を見る


あらすじ
真夏に起きた「グッピー凍死事件」を機に親友となった、魚マニア立花美樹と柳瀬圭。生物部でイジメを受け退部した柳瀬の話を聞いた美樹は、文化祭の生物部ブースでの仕返しを画策。だが行く先々で殺人や事故に遭う死神(タナトス)体質の美樹のこと、案の定、彼が向かった教室で爆発事件発生。無差別テロか、それとも死神(美樹)の所業(計画)か!?美樹の双子の弟にして高校生探偵の真樹が謎に迫る!

このタイトルを見て思い浮かべるのはエヴァンゲリオンです
たぶん、作者はこの作品の影響を受けてるのではないかと思います
しかし、意外にエヴァンゲリオンをリアルタイムで見てた人って少ないんですよねぇ
最近はパチンコから入ってきた人が多いのですが、嬉しいような、悲しいような・・・

で、内容ですが
まず、エヴァンゲリオンは関係ありません(笑)
今回はタナトス 学園編と言った感じでしょうか?
事件の後でクラスメイトに無理やり事件解決に拉致された真樹から、何故か美樹が出てくることとなって・・・
いつの間にか生物部への復讐を行うこととなっていたりすることとなっています
この間に自然科学部の部員と交流があるわけなんですけど、この5人はとりあえずタナトスに魅入られなくってよかった
肝心の事件の方は実行犯事態は容易に当たりが付くわけです
そして、問題となるのは犯人の動機ですが、これもなんとなく推測できるわけです
まぁ そこにグッピーが絡んでくるとは思いませんでしたが・・・
しかし、この作品は探偵役って誰なんでしょう?
とりあえず、学園モノということで恋愛かと思ったら、実は友情モノだったりするわけです
  1. 2010/05/03(月) 23:39:06|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パラダイス・クローズド

パラダイス・クローズド THANATOS (講談社ノベルス)パラダイス・クローズド THANATOS (講談社ノベルス)
(2008/01/11)
汀 こるもの

商品詳細を見る


あらすじ
周囲の者が次々と殺人や事故に巻き込まれる死神(タナトス)体質の魚マニア・美樹(よしき)と、それらを処理する探偵体質の弟・真樹(まさき)。彼ら美少年双子はミステリ作家が所有する孤島の館へ向かうが、案の定、館主密室殺人に遭遇。犯人は館に集った癖のあるミステリ作家たちの中にいるのか、それとも双子の……?

環境問題と一言で言っていますが、今のところ基本的に2つ問題があります
一つは地球温暖化の問題であり、原因は確定していないけども経済活動を止めて、人が飢えても二酸化炭素を減らせと言っています
もう一つは有害(環境)物質の削減です
本来であれば緊急性を持つ、有害物質規制を先に考える必要があるわけなんですけど、それよりも二酸化炭素削減が言われています
普通に考えたら、二酸化炭素削減にはそれだけお金を生み出す仕組みがあり、欧米がそれを利用しようとしていることに気付くと思うのですが・・・

で、内容ですが
魚マニアというよりもアクアリストの兄・美樹とその弟の真樹、護衛兼監視役の高槻が巻き込まれるミステリィです
基本的には美樹の周りで発生する死につながる出来事から来るわけなんですけど、孤島の話なのでそこらへんはあまり発揮されていませんねぇ
まぁ そんなに簡単に発揮されたら、彼は外を歩けないわけなので、本当は何かあるのかな?
そして、絶海の孤島の屋敷というと仕掛けが沢山あったりするわけですが、特別な仕掛けや謂れのある訳ではないようです
また、屋敷に集められたミステリィ作家というと憎悪関係あったりするわけでは・・・ないのかな?
そういう意味では背表紙の有栖川氏のコメントのように本格を否定するような感じですね
さらに終盤の犯人逮捕の流れは本格どころかミステリィ潰しですが・・・まぁ 普通はそうなりますよねぇ(笑)
確かに社会派名探偵ですので、そういうところは法に乗っ取って裁きを受けさせます
しかし、その後にはちゃんとミステリィな話になって・・・いると・・・思います(汗)
それにしても、本作はアクアリウム関連の知識が沢山出てきますので、そちらに興味がないと厳しいかも?
特に終盤の密室の話は生物学とかの話も多少わからないとちんぷんかんぷんになるかもしれません
ともかく、美少年は出てきますが、女性は一人しか出てこないので、男なんていらないって人はつらいかも(笑)
  1. 2010/05/02(日) 23:12:27|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツグミはツグミの森

ツグミはツグミの森ツグミはツグミの森
(2009/10/29)
竹本 健治

商品詳細を見る


あらすじ
夏休み――僕らミラノ高校の天文部一同は、1週間の天体観測合宿を予定していた。あの美しくも不吉なツグミの森で。だが、そのとき刻々と超大型台風が接近していた。そして悲劇が幕をあける。僕らの声は吹き荒ぶ嵐に掻き消されてしまうのだろうか。

さて、地球温暖化です
よく環境論者は地球の温暖化と言って二酸化炭素の排出を問題に上げますが、それは正しいのでしょうか?
二酸化炭素の問題点は温室効果ガスとしてよく語られますが、その効果は地球規模からは証明されていませんし、もし効果があるのなら平均気温ではなく、最低気温と最高気温が上がるはずです
むしろ、二酸化炭素の排出量はエネルギーの使用量に直結して、エネルギー使用による排熱などで温度上昇している方が確実だと思うのですけどね
それに前者だと気温が上がることで水などから排出される二酸化炭素が増えてもはや手遅れで、後者であれば省エネ設備を導入しましょうと日本の技術の売込みができるのですが・・・と、環境について語ってみました

で、内容ですが
高校二年生の潤は転落事故から3ヶ月ぶりに登校する
その間に起こった近くの森での少女殺害事件
さらに親友の友雪と自分に対する不可解な周囲の態度
というように意味深な感じで始まっていく事件は、天文部の合宿までの青春モノっぽい流れから始まります
しかし、中盤は驚愕の事実が明らかにされて、さらに事件が・・・
終盤は虚実を織り交ぜた竹本氏らしい展開になっていきます
まぁ この真相はなんとなく思ったことですが、潤が意外に饒舌だったことで惑わされてしまいます
中盤の展開が少し赤裸々過ぎるので、少し読みにくいのですが、そちらの方へ進んでいかなくてよかったです
とりあえず、竹本氏らしい作品ですが、雨宮姉妹が特徴的なので他の作品とかにも出てこないかなぁ
  1. 2010/05/01(土) 23:44:40|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。