上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山魔の如き嗤うもの

山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)
(2008/04/21)
三津田 信三

商品詳細を見る


あらすじ
山魔に嗤われたら
……終わり
忌み山で人目を避けるように暮らしていた一家が忽然と消えた。惨劇はそこから始まる。
あたかもそれは六地蔵様の童唄のようだった。
「しろじぞうさま、のーぼる」
一人目の犠牲者が出た。
「くろうじぞうさま、さーぐる」
二人目の犠牲者──。
「あかじぞうさま、こーもる」
そして……
消失と惨劇の忌み山で
刀城言耶が「見た」ものとは……

刀城言耶シリーズは前作の「首無の如き祟るもの」から入って、「厭魅の如き憑くもの」を未読です
そのため、本シリーズは同じような形式で行くのかと思っていました
まぁ 他者の手記から事件の真相に至るという面は同じですが、前回はすべてが他者の手記で解決部にだけ主人公の刀城言耶が出てきました
今回は刀城言耶の元に届いた手記から事件に巻き込まれるという形式が本筋っぽいですねぇ

で、内容ですが
ある旧家で成人の儀として山篭りをすることとなった郷木靖美は迷ったことから忌み山に入り込む
そこで行方不明であった隣町の鍛炭家の立一とその家族の仮住まいに泊まることとなったが、翌朝起きると朝食中に忽然と消えたようにいなくなっていた
これらの内容を手記にまとめた「忌み山の一夜」を主人公の刀城言耶が目にしたことから事件に巻き込まれます
トリック的には前作の「首無の如き祟るもの」よりも劣る感じはしますが、後半の解決が二転三転し、解決に至る部分は非常に面白い
でも、逆に終盤までは大した推理もないことから、そういった面ではあくまで傍観者としての探偵だと思ってしまいます
まぁ 問題点を取り上げて読者に提示していることから、基本的には読者への挑戦を意識しているからだと思います
そのため、「よし!正解だった!」なんて思ってたら、解決がひっくり返ってしまったりするわけですが・・・
とりあえず、童歌殺人が好きな人は楽しめる作品で、その上にホラー好きなら必読ではないでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 23:39:47|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。