上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

文学少女 と神に臨む作家 下

“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫 の 2-6-8)“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫 の 2-6-8)
(2008/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る


あらすじ
「書かなくてもいい。ずっと側にいる」――そう告げるななせに救われた心葉。だが、そんな彼を流人の言葉が脅かす。「琴吹さんのこと、壊しちゃうかもしれませんよ」……そんな時、突然、遠子が姿を消した。空っぽの家に残るのは切り裂かれた制服だけ。心葉は遠子を追えるのか? 露わになってゆく真実に、彼が出す答えとは? 遠子の祈り、叶子の憎しみ、流人の絶望――その果てに秘められた物語が今、明らかになる……! “文学少女”の物語、堂々終幕!!

“文学少女”とバカとガーゴイルと階段ってなんだぁぁぁぁぁぁあああああああああ
えぇ 来月発売予定のコラボ企画の文庫化です
井上氏とのコラボということは、心葉の女○シーンがあるということですね
わかります
そして、流人が秀吉に告白ですね
・・・いやな展開だけど、ありそうで困る

そんなわけで、内容ですが
ついに文学少女シリーズの最終巻です
とはいっても、コラボ企画や短編集や外伝があるみたいですけどね
個人的に文学少女シリーズの最終巻として納得の内容でした
野村氏の作品は途中で暗い話になってくることがあるんですが、本シリーズは特に悲劇的な内容になってますねぇ
しかし、それでも最後にはそれなりに救われた終わり方をするので、安心して読めます
実際にこの文学少女シリーズでも救われない人達が出てきていたんですけど、死んだ人は仕方がないにしても生きている人はそれなりに救われた感じではないでしょうか?
むしろ、麻貴先輩がどうしようもない人をむりやり救い上げて、ハッピーエンドに持っていったような気もしますが・・・
(最後のあの人って、ヘタレって言われてたあの人でしょ?)
遠子先輩が去った後の展開は話の流れを読んでいたら想像つきましたが、やはりそういった展開になるのが綺麗ですねぇ
むしろ、個人的に最後に何年後~って展開で綺麗に落とされるのが大好きです
でも、この文学少女シリーズはライトノベルじゃなくて一般書で出した方が・・・とも思ったりしましたが、やはりライトノベルだからこそな作品ですねぇ
全体的に優しく柔らかな雰囲気も野村氏の文体もありますが、竹岡氏のイラストの影響でもあると思います
仮にこれがハードカバーで渡されていたら、途中で投げ出したかもしれません
あと、シリーズ途中でやはり救われない部分もあるので、これから読もうと言う人は一気に最終巻まで読んだ方がいいように思います
ともかく、ライトノベルを読んでいく上で一読すべき作品じゃないかと思いますが、楽しいだけを求めている人には少し読みにくいかもしれません

しかし、よくよく考えたらこのシリーズって実はずっと策略家の遠子先輩のターンだったんじゃ・・・?
スポンサーサイト
  1. 2008/08/29(金) 23:26:24|
  2. ファミ通文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ηなのに夢のよう

ηなのに夢のよう (講談社ノベルス)ηなのに夢のよう (講談社ノベルス)
(2007/01/12)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
地上12メートルの松の枝に首吊り死体が!遺されていたのは「η(イータ)なのに夢のよう」と書かれたメッセージ。不可思議な場所での「η」の首吊り自殺が相次ぐなか、西之園萌絵は、両親を失った10年まえの飛行機事故の原因を知らされる。「φ(ファイ)」「θ(シータ)」「τ(タウ)」「ε(イプシロン)」「λ(ラムダ)」と続いてきた一連の事件と天才・真賀田四季との関連は証明されるのか?

これでGシリーズは終わり・・・かと思ったら、続くみたいです
一応次巻の予定に「目薬αで殺菌します」がありますねぇ
先にXシリーズを読んでいるので何ですが、ここからGシリーズとXシリーズがクロスするんですね
まぁ あくまでクロスであって合流や分岐ではありませんが

で、内容ですが
今回は例のごとく首吊り事件ですが、そちらはまぁ そんな感じです
しかし、本巻は色々な点でリンクしており、すごく重要な話となっています
S&M、G、X、四季と各シリーズの分岐点的な内容ですが、これでGシリーズの警察とのパイプ役がいなくなってしまうので、どうなるんでしょう?
とは言っても、森氏のシリーズはシリーズ全体とシリーズ間でなんらかの試行が行われているので、シリーズ全巻が刊行されないとなんとも言えませんけどね
Gシリーズのひと段落する話なので、森氏のシリーズを読んでいる人はぜひ読んでください
  1. 2008/08/29(金) 22:40:05|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。