上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四季 冬

四季・冬 (講談社ノベルス)四季・冬 (講談社ノベルス)
(2004/03/06)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
天才科学者真賀田四季の孤独。両親殺害、妃真加島(ひまかじま)の事件、失踪、そしてその後の軌跡。彼女から見れば、止まっているに等しい人間の時間。誰にも理解されることなく、誰の理解を求めることもなく生きてきた、超絶した孤高の存在。彼女の心の奥底に潜んでいたものは何か……?

この巻では四季の視点で語られますが、非常に強い違和感があります
そして、真加島の事件の真相は判るんですが、その後の奇跡については特に記述されていませんねぇ
でも、いくつか語られた内容から推測することはできます
しかし、ここらへんの内容を理解するには他のシリーズを読まないとダメみたいですね
というよりも、先に百年シリーズを読んでおいた方がいいです(これを書いていいのかな?)
あと、この巻は抽象的な表現?心象的?まるで記憶を掘り返しているような幻想的な記述になっていますので、若干読みにくいかもしれません
でも、それはストレートに書くと面白くないのと四季の天才というイメージのためなんでしょうけどね

と、内容ですが・・若干ネタバレを含みます
この巻の内容はどうも心象風景的な内容なのか、時系列がずれているみたいですね
また、久慈に依頼していた時期から数十年という話も出ていたので時間がかなり先の話みたいです
ついでに言うとイニシャルの組織の人たちも未来の話で、そのために四季が若いことに違和感があったんでしょう
では、なぜ四季が若いかは・・・スワニィ氏が何を開発したかに至れば判ると思います
で、犀川も出てくるんですけど、低のいい話し相手くらいの役割でなにかバーチャルな感じです
年を取った犀川か記憶の中から組み立てた犀川なのか・・・死んだときにって話があるので、本人かな?
でも、前に同じ台詞を言ってたような気もするんですが、手元に全部ないからねぇ
あと、個人的に思ったのが甲殻機動隊とか最近なら電脳コイルのような近未来を舞台とした作品を森氏のように技術に詳しい人が書くとこんな感じになるのかなぁって思ってみたり
と、四季を中心とした一連の流れの答え合わせのような作品で、割と独立しているので一通りシリーズ作品を読み終えてから読むなんていうのもありじゃないでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2008/08/17(日) 22:38:34|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。