上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とんち探偵一休さん 金閣寺に密室

金閣寺に密室(ひそかむろ)―とんち探偵一休さん (ノン・ノベル)金閣寺に密室(ひそかむろ)―とんち探偵一休さん (ノン・ノベル)
(2000/03)
鯨 統一郎

商品詳細を見る


あらすじ
応永15年(1408)、初夏。賢才の誉れ高い建仁寺の小坊主一休に、奇妙な依頼が舞い込んだ。「足利義満様の死の謎を解いてくだされ」将軍職を退いた後も権勢を誇り、ついに帝位までも狙った義満が、数日前、金閣寺最上層の究竟頂で、首吊り死体で発見されたという。現場は完全なる密室。しかし、義満に自殺の動機はなし…。一休は能楽者の世阿弥、検使官の新右衛門らの協力を得て推理を開始。そして辿り着いた仰天の結論とは…。

鯨氏といえば、歴史ミステリィと本格ミステリィとの合成作品というイメージです
そして、同じような作家としては高田氏を思い浮かべますが、高田氏は歴史ミステリィと本格ミステリィを関連性はあるけど分離している感じで扱っています
逆に鯨氏は歴史ミステリィの中に本格ミステリィの要素を取り込んでいる感じでしょうか

で、内容ですが
年代的に子供時代に見たことがあるアニメ一休さんの主人公一休さんの話です
どちらかというと一休さんの話を時代考証を入れて、そこに独自の持論を加えてミステリィ仕立てにしたリアル一休さんといった感じでしょうか?
リアルな分、非常にいやな~な感じで物語が進んでいきます
アニメのちょっとおちゃめな将軍様像が悪の大魔王風ですからねぇ
室町幕府や一休さんなどに興味ある人は一度読んでみてもいいかもしれません
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 15:28:02|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新本格もどき

新本格もどき―本格推理小説 (KAPPA NOVELS)新本格もどき―本格推理小説 (KAPPA NOVELS)
(2007/08)
霧舎 巧

商品詳細を見る


あらすじ
新本格の最終兵器、霧舎巧、新本格の名作を「もどく」!
記憶喪失の吉田さんは、ミステリマニアの店主が作るカレーを食べるたびに、新本格ファンなら思わずニヤリのあの探偵、この探偵になりきってしまう。が、その推理は……。

新本格の作者でありながら、未だに試行錯誤している霧舎氏です
本格ミステリィのトリックは一通り出てしまっているのが現状でしょう
そして、科学捜査や科学技術の進歩で昔使えたトリックが使えないようになってもいます
しかし、だからこそその組み合わせや使い方で新たなトリックを探そうとしているそんな意思が感じられます

で、内容ですが
有名な新本格作品を霧舎氏がもどきの題材として書き上げた連作短編集です
収録作品は下記の7編
三、四、五角館の殺人:綾辻行人氏の「十角館の殺人」のもどき
二、三の悲劇:法月綸太郎氏の「二の悲劇」のもどき
人形は密室で推理する:我孫子武丸氏の「人形はこたつで推理する」のもどき
長い、白い家の殺人:歌野晶午氏の「長い家の殺人」のもどき
雨降り山荘の殺人:倉知淳氏の「星降り山荘の殺人」のもどき
13人目の看護士:山口雅也氏の「13人目の探偵士」のもどき
双頭の小悪魔:有栖川有栖氏の「双頭の悪魔」のもどき
と、もどきとはなっていますが、さっと読んだところ目立ったネタばれはないので、原著を読まなくても問題ないように思います
しかし、やはり原著を読んでから読んだ方が楽しめるんでしょうね
ということで、上記の原著と霧舎氏の作品を読んだことのある人は一度読んでみたらいかがでしょうか?
  1. 2008/08/30(土) 19:35:28|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文学少女 と神に臨む作家 下

“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫 の 2-6-8)“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫 の 2-6-8)
(2008/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る


あらすじ
「書かなくてもいい。ずっと側にいる」――そう告げるななせに救われた心葉。だが、そんな彼を流人の言葉が脅かす。「琴吹さんのこと、壊しちゃうかもしれませんよ」……そんな時、突然、遠子が姿を消した。空っぽの家に残るのは切り裂かれた制服だけ。心葉は遠子を追えるのか? 露わになってゆく真実に、彼が出す答えとは? 遠子の祈り、叶子の憎しみ、流人の絶望――その果てに秘められた物語が今、明らかになる……! “文学少女”の物語、堂々終幕!!

“文学少女”とバカとガーゴイルと階段ってなんだぁぁぁぁぁぁあああああああああ
えぇ 来月発売予定のコラボ企画の文庫化です
井上氏とのコラボということは、心葉の女○シーンがあるということですね
わかります
そして、流人が秀吉に告白ですね
・・・いやな展開だけど、ありそうで困る

そんなわけで、内容ですが
ついに文学少女シリーズの最終巻です
とはいっても、コラボ企画や短編集や外伝があるみたいですけどね
個人的に文学少女シリーズの最終巻として納得の内容でした
野村氏の作品は途中で暗い話になってくることがあるんですが、本シリーズは特に悲劇的な内容になってますねぇ
しかし、それでも最後にはそれなりに救われた終わり方をするので、安心して読めます
実際にこの文学少女シリーズでも救われない人達が出てきていたんですけど、死んだ人は仕方がないにしても生きている人はそれなりに救われた感じではないでしょうか?
むしろ、麻貴先輩がどうしようもない人をむりやり救い上げて、ハッピーエンドに持っていったような気もしますが・・・
(最後のあの人って、ヘタレって言われてたあの人でしょ?)
遠子先輩が去った後の展開は話の流れを読んでいたら想像つきましたが、やはりそういった展開になるのが綺麗ですねぇ
むしろ、個人的に最後に何年後~って展開で綺麗に落とされるのが大好きです
でも、この文学少女シリーズはライトノベルじゃなくて一般書で出した方が・・・とも思ったりしましたが、やはりライトノベルだからこそな作品ですねぇ
全体的に優しく柔らかな雰囲気も野村氏の文体もありますが、竹岡氏のイラストの影響でもあると思います
仮にこれがハードカバーで渡されていたら、途中で投げ出したかもしれません
あと、シリーズ途中でやはり救われない部分もあるので、これから読もうと言う人は一気に最終巻まで読んだ方がいいように思います
ともかく、ライトノベルを読んでいく上で一読すべき作品じゃないかと思いますが、楽しいだけを求めている人には少し読みにくいかもしれません

しかし、よくよく考えたらこのシリーズって実はずっと策略家の遠子先輩のターンだったんじゃ・・・?
  1. 2008/08/29(金) 23:26:24|
  2. ファミ通文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ηなのに夢のよう

ηなのに夢のよう (講談社ノベルス)ηなのに夢のよう (講談社ノベルス)
(2007/01/12)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
地上12メートルの松の枝に首吊り死体が!遺されていたのは「η(イータ)なのに夢のよう」と書かれたメッセージ。不可思議な場所での「η」の首吊り自殺が相次ぐなか、西之園萌絵は、両親を失った10年まえの飛行機事故の原因を知らされる。「φ(ファイ)」「θ(シータ)」「τ(タウ)」「ε(イプシロン)」「λ(ラムダ)」と続いてきた一連の事件と天才・真賀田四季との関連は証明されるのか?

これでGシリーズは終わり・・・かと思ったら、続くみたいです
一応次巻の予定に「目薬αで殺菌します」がありますねぇ
先にXシリーズを読んでいるので何ですが、ここからGシリーズとXシリーズがクロスするんですね
まぁ あくまでクロスであって合流や分岐ではありませんが

で、内容ですが
今回は例のごとく首吊り事件ですが、そちらはまぁ そんな感じです
しかし、本巻は色々な点でリンクしており、すごく重要な話となっています
S&M、G、X、四季と各シリーズの分岐点的な内容ですが、これでGシリーズの警察とのパイプ役がいなくなってしまうので、どうなるんでしょう?
とは言っても、森氏のシリーズはシリーズ全体とシリーズ間でなんらかの試行が行われているので、シリーズ全巻が刊行されないとなんとも言えませんけどね
Gシリーズのひと段落する話なので、森氏のシリーズを読んでいる人はぜひ読んでください
  1. 2008/08/29(金) 22:40:05|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

λに歯がない

λに歯がない (講談社ノベルス)λに歯がない (講談社ノベルス)
(2006/09/06)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
密室状態の研究所で発見された身元不明の4人の銃殺体。それぞれのポケットには「λ(ラムダ)に歯がない」と記されたカード。そして死体には……歯がなかった。4人の被害者の関係、「Φ(ファイ)」からはじまる一連の事件との関連、犯人の脱出経路――すべて不明。事件を推理する西之園萌絵は、自ら封印していた過去と対峙することになる。

人は死んだらどうなるのか?
客観的、論理的に考えると本書のような感じになるんだと思います
死んで霊になるっていいことなのか?
恨み、辛み、悔いなどの未練を残すから現世に残るとしたら、どれだけの人が成仏できるのか
幸せに死ねる人ってそんなにいる者かな?
そんなことなら、死んだら無になればいいと思う

話は変わって、内容ですが
う~ん、悲劇ですねぇ
あらゆるものがすれ違って事件が起きた
いや、あらゆるものが偶然あってしまって事件が起きて、その後の推理がすべてズレたという感じかな
でも、こんな道端に転がっているような偶然起きた事件でも解決できるなら、犀川先生が警察にいたら検挙率が100%目指せるんじゃないのかな
でも、インターネットが絡んでいるから、実は計算されて起きた事件かもしれませんねぇ
変則的なミステリィだけど、どんなトリック推理してみせる人は一度挑戦してみてはどうでしょうか?
  1. 2008/08/28(木) 23:12:55|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傷物語

傷物語 (講談社BOX)傷物語 (講談社BOX)
(2008/05/08)
西尾 維新

商品詳細を見る


あらすじ
高校生・阿良々木暦は、ある日、血が凍るほど美しい金髪の吸血鬼と出遭ってしまった……!?彼女がいなければ、“化物”を知ることはなかった――『化物語(バケモノガタリ)』の前日譚は、ついにそのヴェールを脱ぐ!『化物語』で大好評を博した台湾のイラストレーター“光の魔術師”ことVOFANとのコンビ再び!西尾維新が全身全霊をかけて描く、これぞ現代の怪異!怪異!怪異!
青春は、いたみなしでは過ごせない。

う~ん、化物語の前日譚が発売されたら化物語とセットになって発売されないかなぁって思っていたけど、残念ながら発売されませんでした
そして、今はアニメ化したらスペシャルセットで発売されないかなぁって思っています
発売されたら買う予定なので、化物語の感想はそのときにでも書きます

で、内容ですが
化物語の前日譚なのでキャラクターは暦、委員長、忍野メメ、吸血鬼とハンターの人くらいしか出てきません
個人的に好きな真宵と大好きな駿河が出てこないのは仕方がない
しかし、この2人との会話が秀逸すぎたのか、化物語以降に長い会話の面白さを追及した作品が増えたせいなのか、涙が出るほどウケた会話というのはなかった
でも、面白くなかったというわけではなく、会話のテンポや受け答えはやはり秀逸でした
まぁ 何はともあれ本書は委員長こと羽川翼に萌えるための本じゃないかと思います
もう良くも悪くも委員長が最強でした
開始早々パンツの描写が続いたかと思うとパンツにブラジャーだからねぇ
というか、部屋に脱いだ後の下着がセットであるって見つかったらエロ本どころじゃないだろう?(笑)
そう考えると、ひたぎを選んだ暦を憎いようなしょうがないような・・
でも、やっぱり「委員長は私の嫁ッ!」っていうのが個人的な想いです
日本の委員長に萌える人たちはぜひ読まなければならない作品です
  1. 2008/08/27(水) 21:23:19|
  2. 講談社BOX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
(2008/08/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


あらすじ
俺の妹・高坂桐乃は、茶髪にピアスのいわゆるイマドキの女子中学生で、身内の俺が言うのもなんだが、かなりの美人ときたもんだ。けれど、コイツは兄の俺を平気で見下してくるし、俺もそんな態度が気にくわないので、ここ数年まともに口なんか交わしちゃいない。キレイな妹なんかいても、いいことなんて一つもないと、声を大にして言いたいね(少なくとも俺にとっては)!
 だが俺はある日、妹の秘密に関わる超特大の地雷を踏んでしまった。まさかあの妹から“人生相談”をされる羽目になるとは──!?

いや~発売日当日に行きつけの本屋に行ったら置いてなかった。
それから他の店も探したけど見つからなかった。
そして、この間はじめに探した店に行ったらなぜか2冊置いていた・・・あれ?
しかも、初版だし
うむ~ タイトルとあらすじから購入予定を組み込んでるから表紙を見落としたのかなぁ

それはそれとして、内容ですが
隠れた人に言えない趣味を持っていた文武両道才色兼備な妹と冷戦状態になっている兄が偶然秘密を知ってしまったことから始まるミステリィ(最後は嘘)
非常にどうでもいい話ですが、学生時代の知人が実の妹がいるのに妹に萌えていたりしたわけです
そして、「妹がいるのになんでなんや?」みたいな質問をした答えは「2次元と3次元は違う」との神々しい言葉が返ってきました
作中で妹がいるのにっていうのはあんまり関係ないんですねぇ
で、登場人物なんですが、沙織氏や黒猫さんなど侮れないキャラがいる中で、個人的には幼馴染の麻奈実を推したい
なんだ!この王道幼馴染キャラは!けしからん!実にけしからん!(笑)
しかし、自分には妹属性がないので桐乃にまったく萌えなかったんで、他所のように評価がずば抜けて高いわけじゃないんですが、良作なのは確かですね
まぁ 最後の展開を考えたら、これはシリーズ化するってことでよさそうですねぇ
ということは、押入れの奥の見せられない秘密のブツってのが公開されるんですね
というわけで、ツンデレじゃなくてツンツンツンツンデレな妹に萌える人にはいかがでしょうか? [俺の妹がこんなに可愛いわけがない]の続きを読む
  1. 2008/08/26(火) 22:51:00|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スクぱ 1~2

スクぱ! 1 (1) (バーズコミックス)スクぱ! 1 (1) (バーズコミックス)
(2007/12/22)
いけだ じゅん

商品詳細を見る


スクぱ! 2 (2) (バーズコミックス)スクぱ! 2 (2) (バーズコミックス)
(2008/08/23)
いけだ じゅん

商品詳細を見る


あらすじ
1巻
陽気で破天荒なポジティブ少女・天木青空(あまぎそら)が学園を舞台にドタバタ勝負を繰り広げるハチャメチャスクールコメディ!
2巻
陽気で破天荒なポジティブ少女・青空(そら)を中心に4人の女子高生が気ままに送る学園生活を描いた、スクールコメディ第二弾!!

さて、スクぱ1巻の時はまだこのブログを書いてなかったので、ここで同時に紹介
何気に作者のいけだじゅんさんはネットサーフィンを始めてすぐにHPを見つけて、ずっとブックマークに入れてチェックしていただけに、メジャーデビューが嬉しかったりしました
これからも陰で応援していますので、がんばって欲しいものです

で、内容ですが
う~ん、簡単に言うとあらすじの通りですね
ポジティブで破天荒な青空とおかあさんこと緒川さん、ネガティブだけど万能人間の大宮さん、不器用でドジっ娘だけど料理がうまい新井さんを中心とした学園コメディです
1巻の勢いが2巻で少し衰えたというか、安定したのが少し残念ですが、新キャラのミニラと大宮兄がいい感じ
また、脇役のすりっぱーず兄弟、大河原先生、体育の田崎先生、ミニラの先生も中々いい味を出している
しかし、今回の後半は大宮さんのターンで、吐血やヤキモチなど見せ場がいっぱい
安心して見れる学園コメディをお探しの方はぜひ一読して下さい

ところで、シルキー君のぬいぐるみって欲しいんだけど、商品化しないかなぁ
  1. 2008/08/25(月) 20:50:19|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毒草師 白蛇の洗礼

毒草師 白蛇の洗礼毒草師 白蛇の洗礼
(2008/04/04)
高田 崇史

商品詳細を見る


あらすじ
濃茶の席で、裏千家教授、大澤信郎の次男・祐二が毒殺された。調査を始めた編集者の西田は、容疑者とされる美女・神凪百合の疑いを晴らすため、事件解明に全力を注ぐ。しかし、その後も続発する毒殺事件を前に自力解決を諦め、隣室に住む、自称〈毒草師〉の御名形史紋に相談を持ちかけた。数日後、関係者一同の前に颯爽と現れた御名形は事件の謎を看破し、大澤家に脈々と息づく秘密を暴き出した!

いつの間にかシリーズ化しているQEDシリーズのスピンオフ作品の毒草師です
う~ん、一応QEDシリーズと同じように歴史ミステリィと絡めて現実のミステリィを解く形で同じなんですが、主人公の西田が頼りなくて全然違う感じの作品になってます
むしろ、主人公が男で御名形なので色気がないのが原因では?(笑)
その分事件関係者に美女が多いんですけどね

で、内容ですが
毒殺事件に歴史のお題が千利休です
茶道教室で起こった毒殺事件に前回と同じように巻き込まれる西田です
退かずの遠藤も容赦ないですねぇ
そして、さらに第2、第3と巻き込まれるいつものパターンで最後は西田もってところで御名形が解決です
でも、今回はすごいトリックが卑怯ですねぇ(笑)
普通に考えたら絶対に正解しないですねぇ
まぁ 次の巻では彼女が助手として参加してくれるので色気が出るんですが、下手に触れると後が怖そうですねぇ
とにかく、無理はないかもしれないけど、これはどうなんだっていうトリックでもOKな人にオススメです(笑)
でも、基本的には歴史ミステリィ的な部分が肝だと思うのですけどね
  1. 2008/08/24(日) 22:18:45|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

εに誓って

εに誓って (講談社ノベルス)εに誓って (講談社ノベルス)
(2006/05/10)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
山吹早月と加部谷恵美が乗車していた東京発中部国際空港行きの高速バスがジャックされた。犯人グループは、都市部に爆弾を仕掛けたという声明を出していた。乗客名簿には≪ε(イプシロン)に誓って≫という名前の謎の団体客が。≪Φ(ファイ)は壊れたね≫から続く不可思議な事件の連鎖を解く鍵を西之園萌絵らは見出すことができるのか?

ふと、レタスフライを読んだ後で思ったけど、S&MとVでそのまま対照になっていたけど、GとXでは点対称になっているんじゃないかとか思ったりして

で、内容ですが
今回は変則的なミステリィというかサスペンス・・・いや、ミステリィを書いてきましたねぇ
バスと言う動く密室と携帯電話を使ったそれぞれの連絡
一度読み終えてしまうと悔しくなるようなことですが、逆にもう一度読み直してしまうのが尚悔しい(笑)
今回はもうその悔しさだけが残って、あとはネタバレっぽくなってしまいそうです
でも、今回は海月と赤柳という変な組み合わせができたので、それは中々でした
今回は個人的にきわどいトリックなので、騙されて悔しくない人にオススメ・・・できないねぇ
ちなみに玉城は木俣の倒立だと思います
  1. 2008/08/23(土) 20:46:23|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初恋マジカルブリッツ 13

初恋マジカルブリッツいつでも、あなた100%! (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 7-12)初恋マジカルブリッツいつでも、あなた100%! (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 7-12)
(2008/08/22)
あすか 正太

商品詳細を見る


あらすじ
「私の生命も残り少なくなったようだ……」鈴蘭は自分に問いかける。寂しさから人は誰かを好きになるのか? 孤独から愛情は生まれるのか? だから自分は絆を求めるのか?「僕にとって鈴蘭はただの使い魔じゃない」鼓太郎は自分に問いかける。彼女を真に想うのなら破らなければならない壁がある事を。2人の心が重なった瞬間、鈴蘭の扉が開く!

・・・・笑い殺す気か?(笑)
正直な話、序盤のちょっと(?)エッチな魔術対決モノだった頃は惰性というか、勢いで読んでいました
しかし、アルミナが出てから一気に化けた気がする
えぇ 下の方向に大きく、まるで怪物のように
そして、いつの間にか鈴蘭と組むし、祈梨を洗脳するしやりたい放題です
えぇ 下の方向でもやりたい放題ですとも!

ともかく内容ですが、
えっと、あらすじの「私の生命も残り少なくなったようだ……」って展開あったっけ?
今回は前半が鈴蘭、後半がノイン&フランシスカの使い魔がメインです
しかし、前半の鈴蘭の話がひどい
つまらない・・・わけはなく、鈴蘭の悩みからアルミナが暴走、話をしているうちに鈴蘭も乗り気になって暴走、最後には祈梨を洗脳して暴走
そして、誰かに突撃!
この勢いが非常にヤバい
さらに、この暴走の内容が伏字しないといけないような内容だから笑いが止まらない
もう被害者の皆さんのご冥福をというしかない
う~ん、どうも暴走キャラっていうのが大好きみたいです
後半は打って変ってフランシスカ編というかマウリシオ編のまとめでラスボスっぽいあの人がついに動きそうな感じで終わります
それとは別に最後の展開は次巻は霧崎が参戦するフラグなのでしょうか?
何はともあれエロ、バカの暴走、異能バトルのどれも大好物の人はぜひ読むべきです

しかし、おまけの琴子劇場はこの展開で続くのか?
  1. 2008/08/22(金) 23:53:14|
  2. スーパーダッシュ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レタス・フライ

レタス・フライ (講談社ノベルス)レタス・フライ (講談社ノベルス)
(2006/01/11)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
西之園萌絵が叔母らと訪れた白刀島(はくとじま)の診療所をめぐる怪しい噂に迫る。(「刀之津診療所の怪」)
長期の海外出張で訪れた某国の美術館で、“僕”が遭遇した不可思議な事件とは……?(「ラジオの似合う夜」)
ショート・ショート5編を含む透明感に満ちあふれた9編収録。

森氏の短編集には珍しくショートショートが入っています
でも、今回はショートショートとか割とどうもでよくて(爆)、本題は最初と最後の中篇2編でしょう
名前は両方とも伏せられていますが、あの人とあの人の話ですよねぇ?
ということは、次の短編集ではお気に入りの森川君の話があるんではないでしょうか?(それはない・・と思う)

で、内容ですが
ラジオの似合う夜:政情不安な国でのあの人のハードボイルドな話というか、その後の話というかそんな話です
檻とプリズム:檻の中の少年がプリズムを手に入れようと奮闘する話(半分嘘)
証明可能な煙突掃除人:高い煙突の下にある地獄で笑うのは誰?
皇帝の夢:胎内の夢か現実の夢かその狭間の話
私を失望させて:失望させるためのトンでも話(笑)
麗しき黒髪に種を:黒髪に罪の意識を持つ男の後悔の話
コシジ君のこと:夢に出てくる気弱なクラスメートの真相は?
砂の街:砂に埋め尽くされた故郷での不思議な話(?)
刀之津診療所の怪:山吹の故郷の診療所での噂の真相は?

うーんちょっと適当に書きすぎたかな?
でも、ショートショートであらすじ書いたらそのままだからねぇ
まぁ 今回の短編集はやはりラジオの似合う夜と刀之津診療所の怪でしょう
ともにシリーズを読んでいた人には待望の話・・・ラジオはそうでもないか?(笑)
砂の街は話はわかるんだけど、内容がわからない・・・う~ん、まだまだです
あと、麗しき黒髪に種をとコシジ君のことは対照関係だったりするんですけど、なにかもうちょっとありそうな気もする
ともかく、Vシリーズのファンなら必読ですね

あっ 作品の長さが対照になっているのか
  1. 2008/08/21(木) 23:13:49|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嵐の海の魔法剣士

魔法戦士リウイ ファーラムの剣  嵐の海の魔法戦士 (富士見ファンタジア文庫 み 1-3-6)魔法戦士リウイ ファーラムの剣 嵐の海の魔法戦士 (富士見ファンタジア文庫 み 1-3-6)
(2008/08/20)
水野 良

商品詳細を見る


あらすじ
次なるヴァンブレードを求め、リウイ一行がやってきたのは海賊王国バイカル。伝説の海賊王の残した秘宝こそ探し求める魔法剣と目星をつけた彼らは、小さなバイキングとともに、止まない嵐が吹き荒れる海へと旅立つ!

少し間が開いたので内容を微妙に忘れていました
今回は船旅!嵐の海!無人島!裏切り!海賊王の宝!
シルバァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!(笑)
しかし、他のソードワールド作品を読んでいないので、最後のその後の話が何か別の話とリンクしてそうな気がするけどわからない
う~ん、他の作品を漁るか・・・でも、冊数出てるからなぁ

という感じで、内容ですが
海に出るとリウィ一行はやることがないので、今回で海関係のネタを詰め込んだ感じですねぇ
あと、シヴィルは覚えているんですが、他のメンバーは忘れてる・・・
何気に活躍したアストラやエメルはいいにしても、スマックの陰の薄さが・・・まぁ密偵だから目だったらダメか
しかし、カラーイラストを見て、どんなツンデレ展開が訪れるのかと思っていたら、シヴィルがデレないっ!
なんだと・・これはクーデレなのかと思わせてってこともなく、デレたりしないのです
今回はそっち方面の動きはほとんどありませんでした・・・たぶん
次回は現在連載している分ではなく、今回でちょっと触れたティカとクリシュの方で展開するみたいです
  1. 2008/08/20(水) 23:59:08|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

τになるまで待って

τになるまで待って (講談社ノベルス)τになるまで待って (講談社ノベルス)
(2005/09/06)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
森林の中に佇立する<伽藍離館(がらりかん)>。“超能力者”神居静哉(かみいせいや)の別荘であるこの洋館を、7名の人物が訪れた。雷鳴、閉ざされた扉、つながらない電話、晩餐の後に起きる密室殺人。被害者が殺される直前に聴いていたラジオドラマは『τ(タウ)になるまで待って』。

いつのまにか赤柳さんが馴染んでるよ(笑)
なんか始めは怪しい人って感じだったのに
まぁ 悪い人ではな・・・保呂草の知り合いだから悪くないことはないか

で、内容ですが
今回は館物です
嵐の館に閉じ込められて、中で密室殺人が発生という一見オーソドックスな感じですが、何者かにドアを固定されて閉じ込められるってのは少し変則的ですね
そして、異界への移動という超能力と密室が心憎い演出です
それはそうと、今回は海月くんと犀川先生の対面がありましたが、犀川先生の方が一枚上手ですねぇ
あと、ついに二人の仲が進展したみたいですので、S&Mシリーズを読んでいた人は必読です(最近はこればっかりだ)
  1. 2008/08/19(火) 23:57:17|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阪急電車

阪急電車阪急電車
(2008/01)
有川 浩

商品詳細を見る


あらすじ
恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。

阪急電車というと非常に係わり合いのある電車なんです
まぁ 最寄り駅ということとちょっとしたつながりですけどね(笑)
でも、残念ながら今津線じゃないのが悔やまれますねぇ

で、内容ですが
阪急今津線の8駅の区間でそれぞれの乗客の物語を画いた連作短編です
まぁ 8駅ですが、宝塚から西宮北口、西宮北口から宝塚へと往復するので16話です
とはいっても、1駅で1人という感じではなく、あくまでも1短編で関連性の高い話というかつながっている話もあります
あと、往復は半年後ということで前に出て来た人のその後の話となっています
有川氏といえばベタ甘ですが、本作は甘み抑え目で人情風味といった感じでしょうか?
ラブストーリーじゃない短編も含まれていますし、都会と田舎の入り混じった今津線での人情話と恋愛事情という感じなのかな?
あと、甲東園には関西学院があり、さらに今年の甲子園に出ている報徳学園もあります
(まぁ どちらも行ったことはありますが、通ったことはありません)
とまぁ 地元に近いこともあって書きたいこともまだありますが、どうでもいいないようなのでこの辺で
この作品は有川作品はベタ甘だからねぇ~って言う人にもオススメできるほんわかした作品です
  1. 2008/08/18(月) 23:14:39|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四季 冬

四季・冬 (講談社ノベルス)四季・冬 (講談社ノベルス)
(2004/03/06)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
天才科学者真賀田四季の孤独。両親殺害、妃真加島(ひまかじま)の事件、失踪、そしてその後の軌跡。彼女から見れば、止まっているに等しい人間の時間。誰にも理解されることなく、誰の理解を求めることもなく生きてきた、超絶した孤高の存在。彼女の心の奥底に潜んでいたものは何か……?

この巻では四季の視点で語られますが、非常に強い違和感があります
そして、真加島の事件の真相は判るんですが、その後の奇跡については特に記述されていませんねぇ
でも、いくつか語られた内容から推測することはできます
しかし、ここらへんの内容を理解するには他のシリーズを読まないとダメみたいですね
というよりも、先に百年シリーズを読んでおいた方がいいです(これを書いていいのかな?)
あと、この巻は抽象的な表現?心象的?まるで記憶を掘り返しているような幻想的な記述になっていますので、若干読みにくいかもしれません
でも、それはストレートに書くと面白くないのと四季の天才というイメージのためなんでしょうけどね

と、内容ですが・・若干ネタバレを含みます
この巻の内容はどうも心象風景的な内容なのか、時系列がずれているみたいですね
また、久慈に依頼していた時期から数十年という話も出ていたので時間がかなり先の話みたいです
ついでに言うとイニシャルの組織の人たちも未来の話で、そのために四季が若いことに違和感があったんでしょう
では、なぜ四季が若いかは・・・スワニィ氏が何を開発したかに至れば判ると思います
で、犀川も出てくるんですけど、低のいい話し相手くらいの役割でなにかバーチャルな感じです
年を取った犀川か記憶の中から組み立てた犀川なのか・・・死んだときにって話があるので、本人かな?
でも、前に同じ台詞を言ってたような気もするんですが、手元に全部ないからねぇ
あと、個人的に思ったのが甲殻機動隊とか最近なら電脳コイルのような近未来を舞台とした作品を森氏のように技術に詳しい人が書くとこんな感じになるのかなぁって思ってみたり
と、四季を中心とした一連の流れの答え合わせのような作品で、割と独立しているので一通りシリーズ作品を読み終えてから読むなんていうのもありじゃないでしょうか?
  1. 2008/08/17(日) 22:38:34|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四季 秋

四季 秋 (講談社ノベルス)四季 秋 (講談社ノベルス)
(2004/01/09)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
手がかりは孤島の研究所の事件ですでに提示されていた! 大学院生となった西之園萌絵と、彼女の指導教官、犀川創平は、真賀田四季博士が残したメッセージをついに読み解き、未だ姿を消したままの四季の真意を探ろうとする。彼らが辿り着いた天才の真実とは?『すべてがFになる』の真の動機を語る衝撃作!

あぁ~ やられた
今度も四季の話かと思ったら・・・いや、四季の話なんですが、四季自体はほとんど出てきません
主人公は犀川・・?それとも、萌絵?でも、保呂草とのダブル主人公なんでしょうか?
保呂草はXシリーズで読んでいてあの人がって思っていたら、ここでちゃんとネタバレしてた・・・いや、始めにちゃんと言っていて飛ばしたからネタバレな感じになっていただけですけどね orz

というわけで内容ですが
犀川がふとしたきっかけで思いついたことから、四季の手がかりを掴んだことから萌絵と二人で指定された場所へ向かうことに
そして、時を同じくして保呂草はついに各務の居場所を見つけ出した
2組をそれぞれの行動を書きつつ、四季の真意を探すという感じでしょうか?
ともかく、前の2冊が四季を中心をしていたのに急に別の人物の視点で四季に迫ると言った内容になっています
でも、四季と接触して得た例の事件の真相はあまりに人間らしくて少し違和感があります
まぁ 逆に考えると空想ではなく、現実にソレを考え付いたのは四季くらいだろうなと納得する部分でもあります
あと、この作品はS&M、Vシリーズの後日談のような感じになっているので、シリーズが好きな人は必読です
Xシリーズとも関連性があるので、このままシリーズを読んでいく人にも必読ですね
  1. 2008/08/16(土) 22:18:08|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四季 夏

四季 夏 (講談社ノベルス)四季 夏 (講談社ノベルス)
(2003/11)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
米国から帰国した真賀田四季(まがたしき)は13歳。すでに、人類の中で最も神に近い、真の天才として世に知られていた。叔父、新藤清二と行った閉園間近の遊園地で、四季は何者かに誘拐される。瀬在丸紅子(せざいまるべにこ)との再会。妃真加(ひまか)島の研究所で何が起こったのか? 『すべてがFになる』で触れられなかった真相が今、明らかになる!

四季シリーズ2作目です
とにかく、この休みの間に四季シリーズを読みきって、余裕があればGシリーズも読みきってしまう予定です
あと、買う予定で行った本で置いてなくてスルーしていた本がなにやら評判なので、そちらも購入予定です
盆休みは暑い部屋で汗かきながらの読書の夏です(涙)

というわけで、内容です
前作の続きから両親殺害に至るまでの話です
今回はVシリーズで登場した人たちの登場します(練無と紫子はでませんが・・・)
特に保呂草はある意味大活躍しているので注目です
また、紅子が四季に与えた影響も大きく、これが意外な因縁につながっているんですねぇ
でも、何よりも叔父の清二との微妙な関係が興味深く、それでいて四季の選んだ選択の壮絶さが薄ら寒い
其志雄を失って不安定になった四季の心が安定を取り戻すまでの話といったところでしょうか?
次巻はついにS&Mシリーズとのリンクしてくるので楽しみです
というわけで、Vシリーズを読んでいた人にはオススメの一品です
特に各務好きな人は萌えれるのではないでしょうか?(笑) [四季 夏]の続きを読む
  1. 2008/08/15(金) 23:24:38|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四季 春

四季 春 (講談社ノベルス)四季 春 (講談社ノベルス)
(2003/09)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
『すべてがFになる』の天才科学者、真賀田四季の少女時代。
叔父、新藤清二の病院で密室殺人が起こる。唯一の目撃者は透明人間だった!?
すべてを一瞬にして理解し、把握し、思考する才能に群がる多くの人々。それを遥かに超えて、四季は駆け抜けていく。其志雄(きしお)は孤独な天才を守ることができるのか!?

S&Mシリーズを代表する森氏のシリーズ作品の中核の人物 真賀田四季の幼少時代の外伝的な作品というよりも、裏側の作品です
とはいっても、本書の最後で関連性が発生するという感じでしょうか?

で、内容ですが
幼少の真賀田四季の話で、春は他のシリーズ的には紅子と出会うまで、本シリーズでは其志雄との別れまでです
その幼少の時期を四季の別人格である其志雄と叔父の新藤の病院に入院している透明人間とを絡めて書かれています
まさしく今回は起承転結の起となる作品で、四季の今後を決定付ける出来事にあう作品ですねぇ
でも、本書では他の作品との関連性はほとんどないので、次巻からどんどん関連性が出てくるのでしょう
ともかく、天才 真賀田四季の起源に関係する話で、シリーズを読んでいる人はぜひ読んで欲しい作品です
  1. 2008/08/14(木) 23:09:00|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虚空の逆マトリックス

虚空の逆マトリクス (講談社ノベルス)虚空の逆マトリクス (講談社ノベルス)
(2003/01)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
犀川&萌絵、師弟コンビ再登場!
誘拐事件に論理で挑む!!
ますます冴え渡る森ミステリィ、極上の7編。

短編集です
まぁ トロイの木馬は中篇といえる分量ですが、短編集です
今回の短編集は変にひねった作品はないように思います

で、さっそく内容ですが
トロイの木馬:近未来で起こった仮想空間と現実と入り混じったトロイの木馬型ウィルスの話
赤いドレスのメアリィ:バスの待合場にいつもいる赤いドレスを着た老女の正体は?
不良探偵:作家の僕が作品の探偵の名を借りたシンちゃんが暴く殺人事件の真犯人は?
話好きのタクシードライバー:話好きのタクシーに乗ってしまった男が思い出したことは?
ゲームの国(リリおばさんの事件簿1):回文好きのリリおばさんと仲間達が暴く密室殺人事件
探偵の孤影:ある探偵が受けた人探しの依頼と
いつ入れ替わった?:近藤刑事が担当した誘拐事件の身代金が入れ替わった真相を犀川、萌絵、喜多の3人で考える

適当にあらすじをつけるとこんな感じでしょうか?
分量的にはトロイの木馬が目立つし、内容も凝っています
しかし、最後のいつ入れ替わった?は事件自体はそこまで注目ではないのですが、おまけ的要素の部分が別の意味でかなり衝撃的です
その他の作品では、話好きのタクシードライバーがえぇそっちなの?って感じのオチで見事に透かされます
探偵の孤影も最後のオチの部分では哀愁を感じる・・・なんだろう?いい言葉が思い浮かばない

という感じにバラエティに富んだ短編集となっており、ミステリィ好きにはオススメですが、何よりもS&Mシリーズが好きな人は必読です
  1. 2008/08/13(水) 23:08:55|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今夜はパラシュート博物館へ

今夜はパラシュート博物館へ (講談社ノベルス)今夜はパラシュート博物館へ (講談社ノベルス)
(2001/01)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
N大学でとうとうあの2人が出会った!?珠玉の8編。
犀川(さいかわ)、練無(ねりな)たちが誘(いざな)う森ミステリィの煌(きらめ)き集。

・・・あらすじではないですね
本作はVシリーズ途中に刊行された8編の短編集です
Vシリーズを読み終えることを優先して飛ばしていたんですが、ここでも罠が張られていたりしたんですね
まぁ とうとうあの二人・・・というかたぶん出会ったのは3人ですけどね

で、内容ですが
どちらかが魔女:萌絵と彼女の叔母からTMコネクションに招かれた犀川、喜多、大御坊が大御坊の連れて来た女性の過去の出来事の真相を推理する
双頭の鷲の旗の下に:母校のT学園に公演を聴きにきた犀川と喜多、そして、萌絵と国枝は窓に起こった不思議な現象に挑む
ぶるぶる人形にうってつけの夜:あらすじで触れられている話で紫子に誘われてぶるぶる人形なるものの探索会に出ることとなった練無とあの人物との遭遇劇
ゲームの国:ある孤島で呼ばれた探偵とそこで起こった殺人事件の意外な真相とは?
私の崖はこの夏のアウトライン:年老いた老人と崖の上に佇む眼帯をした若者との語らい
卒業文集:ある学校の感動的な卒業文集
恋之坂ナイトグライド:恋之坂にあるトリップゾーンとそこで起きた殺人事件の話?
素敵な模型屋さん:模型が好きな少年が出会った素敵な模型屋さんの夢のような話
適当なあらすじを書いてみましたがどうでしょうか?

始めの2作がS&Mシリーズ、3作目がVシリーズの外伝的な話です
個人的には卒業文集が最後の最後でやられたと思いました・・・えぇ とても感動的な作品です
あと、双頭の鷲の旗の下には過去と現在が混濁する話かと思ったら、実は別の意図があったりして、国枝先生に萌える話だったりします(笑)
そして、恋之坂ナイトグライドは読んでいてさっぱり意味がわからなかったんですが、ネタバレサイトをいくつか見ていって納得がいきました
最後の素敵な模型屋さんは森氏の経験談的な話じゃないかと思ったりします
ゲームの国はアナグラムの散りばめられていますし、真相はものすごくバカらしい話ですので、読んだ後で調べてください

短編集と言うことで難しく考えることはありませんが、いずれも本編では掛けないような話なので森氏が好きな人はぜひ読んでください
  1. 2008/08/12(火) 23:31:06|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とらドラ8

とらドラ 8 (8) (電撃文庫 た 20-11)とらドラ 8 (8) (電撃文庫 た 20-11)
(2008/08/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る


あらすじ
始業式前日。インフルエンザからようやく回復したものの、精神的にはいまだ立ち直れない竜児に、大河は自立宣言を突きつける。それは……、他ならない竜児と、実乃梨のため。
そして幕を開ける新学期。竜児はぎくしゃくしながらも、実乃梨となんとかもう一度向き合おうとする。折りしも学年最後のイベント、修学旅行が目前に迫っており、竜児はそこで実乃梨の真意を確かめようと決意するが――。なにやら雰囲気の変わった大河と北村、新学期になってやたらと突き放すような態度をとる亜美。それぞれの思惑を秘めた修学旅行の行方は!?

う~ん、アニメ化です
大河の声優は釘宮さんです
もう幼い系のツンデレさんの声優は決定ですねぇ

で、内容ですが
修学旅行で沖縄・・・のはずが、竜司の呪いか雪山でスキーになってしまう
そこで竜司と実乃梨を応援しようとする大河だが・・・ってな感じです
雪山と言うことで雪の山荘、雪の密室、連続殺人、閉じ込められる2人とかそんな展開はありません(笑)
今回は後半で怒涛の展開があり、次巻でどうなるのかが非常に気になります
このまま行くと次かその次くらいで完結しそうですが、最後は大穴竜司と独身(30)エンドがあるのだろうか?(それはない)
本巻を読んで個人的には亜美とって言うのもありかと思いましたが・・・
まぁ それはそれとして世間では結構絶賛されているとらドラですが、個人的にはそんなに評価が高くないんですよねぇ
確かにラブコメとしては非常に面白いのですが、綺麗にまとめられていると言うかコメディ色があってもラブストーリーなんですよねぇ・・・特に最近は
もっとはちゃめちゃな・・というか、頭の悪い感じの話が好きなので、絶賛まで行かないんですよ
と、個人的な好みは置いておいて、おもしろいラブコメが読みたい!という人はぜひ読んでください
  1. 2008/08/11(月) 22:27:56|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まい・いまじね~しょん

まい・いまじね~しょん―電撃コラボレーション (電撃文庫 (1636))まい・いまじね~しょん―電撃コラボレーション (電撃文庫 (1636))
(2008/08/10)
電撃文庫記念企画

商品詳細を見る


あらすじ
電撃文庫創刊15周年を記念したコラボ企画の第一弾「まい・いまじね~しょん」では、西E田の描いた一枚のイラストから、電撃作家11人がそれぞれの物語を紡ぎ出す、夢の競演をお届けします!! さらに、文庫化にあたって、イラストでのコラボレーションも収録♪
書き&描きおろし満載で、電撃ファン必携の一冊になること間違いなし!! 乗り遅れのないようにご注意くださいっ。

まぁ 電撃hpで読んでいたんですが、追加で他の作家も入っているので購入しました
・・・なんだこの厚さは(笑)
西E田氏のイラスト(下駄箱又はロッカーの前で男女の学生がそれぞれ手紙を手に背中合わせに立っている周りを2体の宇宙人が円盤に乗って飛んでいるイラスト)を元に話を考えるライトノベルとは正反対のつくりの作品群です
でも、話が結構絞られてしまうイラストですよねぇ
その割にはあまり被らないで11編も短編ができたなぁとか思います

で、内容ですが
収録作品は以下の11編です
基本的にはそれぞれの関連性はありません
うえお久光:ラブレターズ
時雨沢恵一:先生かく語りき
上月司:恋のフレーズは紙一重?
有川浩:恋愛の神様
中村恵里加:代理戦争とその人選における諸問題
五十嵐雄策:僕とあなたの天体観測
有沢まみず:SMOKING CHAIN
柴村仁:タカチアカネの巧みな小細工
古橋秀之:守ってくれる?アダムスキー
岩田洋季:シンデレラ
成田良悟:クランクアップはいつもアップアップ
細かな内容は実際に読んでくださいといったところですが、内容を知りたいなら最後の成田氏の作品を読んでください
この企画では成田氏が他の作品を力技で取り込んで組み合わせるという恒例となっているので、それまでの作品がバラバラならその方が成田氏の作品も力技を使いまくらないといけなくなります
その作品がこの本の魅力の半分じゃないかと個人的には思います
まぁ それぞれの作品ももちろん魅力的ですけどね
というように、電撃文庫を毎月買っているなんていう人で電撃hpを買っていなかった人にはオススメです
  1. 2008/08/09(土) 13:56:54|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Θは遊んでくれたよ

Θ(シータ)は遊んでくれたよ (講談社ノベルス)Θ(シータ)は遊んでくれたよ (講談社ノベルス)
(2005/05/10)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
飛び降り自殺とされた男性死体の額には「θ(シータ)」と描かれていた。半月後には手のひらに同じマークのある女性の死体が。さらに、その後発見された複数の転落死体に印されていた「θ」。自殺? 連続殺人? 「θ」の意味するものは? N大病院に勤める旧友、反町愛から事件の情報を得た西之園萌絵らの推理は……。

スカイクロラシリーズを読んだ勢いでGシリーズへ移行してしまったわけですが、やはり四季シリーズを先に読んだ方が良さそうです
そして、第二作ということで各キャラの役割が明確になってきた感じがします

というわけで、内容ですが
前回は密室モノで今回は連続殺人事件です
う~ん、なんとなく前シリーズと同じようにシリーズの関連性がありそうな感じもします
でも、Xシリーズもあるのでそっちと対比関係になっているのかな?
今回はS&Mシリーズでも出て来た萌絵の親友の反町愛が登場します
また、犀川先生も前作よりも多く出てきますので、S&Mシリーズを読んでいた人にはなかなか惹かれるものがあります
さらに某人物も電話だけですが登場しますので、過去の作品を読んでいると少し楽しめます
でも、そこら辺の話は四季シリーズも読んでた方がよさそうですねぇ
そして、今回も国枝先生をケーキで餌付けのシーンがあります
むしろ、国枝先生の旦那さんってケーキで釣ったんじゃないの?とか思ってしまうわけです(笑)
過去の作品から何人か登場しますのでシリーズを通して読んでいる人は必読です
そして、国枝先生とケーキの化学反応を見たい人にもオススメです
  1. 2008/08/08(金) 13:36:02|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

φは壊れたね

Φは壊れたね (講談社ノベルス)Φは壊れたね (講談社ノベルス)
(2004/09/10)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
おもちゃ箱のように過剰に装飾されたマンションの一室に芸大生の宙吊り死体が!現場は密室状態。死体発見の一部始終は、室内に仕掛けられたビデオで録画されていた。タイトルは『Φ(ファイ)は壊れたね』。D2大学院生、西之園萌絵が学生たちと事件の謎を追究する。森ミステリィ、新シリーズいよいよ開幕!!

・・・四季シリーズか短編集を読む予定がGシリーズを読むこととなってしまった
森氏の作品はシリーズ内での関連性はそれほど強くない場合が多いけど、シリーズ全体で1つの作品のようになっていることが多いのでシリーズを飛ばすのはまずいかな?

で、内容ですが
今回はS&Mシリーズの後の話で国枝先生がC大学へ行った後の話です
舞台はその国枝研究室の話です
主要人物は幻惑の死と使途で登場した当時女子中学生の加賀谷、加賀谷の先輩で院生の山吹、山吹の古い友人で加賀谷と同じ学年の海月の3人と院生で国枝研究室に出向している西之園萌絵の4人が中心となります
また、山吹の友人の船元と船元と同じマンションに住んでいる探偵の赤柳も関わってくるみたいです
基本的に山吹が事件に巻き込まれ、加賀谷が好奇心から関わって、萌絵から警察情報を得て、海月が事件の仮説を述べる・・・と言った流れです
でも、海月が仮説を出す前に犀川先生が先に同じ説を述べるのがさすが先生というべきか、海月やるなというところか・・・
でも、この作品の萌えキャラは大穴の国枝先生だったりします
なんだ・・・あの国枝先生が簡単にケーキに釣られるとか微笑ましすぎるだろ
普段のクールさが強すぎるので、ちょっとデレたところが非常にツボに嵌ってしまうクーデレの見本ですねぇ
ともかく、S&Mシリーズを読んでいた人、特に国枝先生に萌えたい人(笑)にはオススメです
  1. 2008/08/07(木) 13:05:42|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガミのカゴ 1

メガミのカゴ (1) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)メガミのカゴ (1) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)
(2008/07/28)
松本 ミトヒ。

商品詳細を見る

 
あらすじ
女子校に通う宮本明美は容姿端麗・成績優秀。性格よくてスポーツ万能なメガネっ娘!委員長という言葉は彼女のためにある!え?なりたくない?ならば「委員長になってもらっちゃおう!」委員長大好きなアナタに贈るドキドキコメディー!!

えぇ 表紙の眼鏡の委員長で買いましたとも!
どうやら眼鏡Holicが尾を引いているようです

で、内容ですが
委員長キャラなのに委員長じゃないから、友人Aが画策して委員長にしちゃいましたな話です
でも、委員長って言ってもクラス委員長じゃないんですねぇ
こういうのって、クラス委員か生徒会なんじゃないかと思いましたが、どうなんでしょう?
まぁ 内容的には和み系のほのぼの女子高ものですねぇ
本屋で何も考えずに表紙買いしたわりにはいい作品ではないでしょうか
  1. 2008/08/06(水) 21:56:25|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミステリアス学園

ミステリアス学園 (カッパ・ノベルス)ミステリアス学園 (カッパ・ノベルス)
(2003/03/19)
鯨 統一郎

商品詳細を見る


あらすじ
ミステリアス学園ミステリ研究会、略して「ミスミス研」。ミステリは松本清張の『砂の器』しか読んだことがない新人部員の湾田乱人が巻き込まれる、怪事件の数々。仲間からのミステリ講義で知識を得た湾田が辿り着く、前代未聞の結末とは!?かつてない挑発に満ちた、鯨流超絶ミステリ、遂に登場。

以前に読んだパラドックス学園の前の作品です
こちらを先に読んでいると多少ニヤニヤできますが、読んでいなくても問題ないのではないでしょうか?
構成上、非常にややこしくメタミステリ色が非常に強いので、そういうミステリィが苦手な人は読まない方がいいかもしれません

で、内容ですが
パラドックス学園は長編小説だったのに対して、こちらは連作短編・・・というかなんと言うかマトリョーシカ人形のような感じです
ミステリ研究会で次々に消えていく仲間とその際に書き残したミステリアス学園なる作中作のミステリィ、そこから、内へ内へ収束する中で最後は思いっきりはっちゃけます(笑)
西澤氏のように本格ミステリィにSF的な要素を入れた実験作のように、鯨氏もミステリィの殻をどうにか広げようとしている意気込みを感じます
あと、本作は中では本格ミステリィを中心にミステリィ談義が行われます
結構ミステリィを読んでいますが、ここ2年くらいなものですので、こういった系譜だったものって個人的にありがたいです
最後が一気にぶっ飛ぶので、ミステリィは楽しんだら勝ちって感じで何でも許容できる人にはオススメな作品ではないかと思います
  1. 2008/08/05(火) 23:40:26|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エムゼロ 10

エム×ゼロ 10 (10) (ジャンプコミックス)エム×ゼロ 10 (10) (ジャンプコミックス)
(2008/08/04)
叶 恭弘

商品詳細を見る


終わった・・・
もっと続いて欲しかった
でも、ジャンプSQが出来たので、次回作はそっちで書きそうな気がする
う~ん、M0が役立つとか将来久澄が~とかの複線放置だから、そっちで・・・ってのも難しいか
仮にするなら同じ世界観で別の話をして、絡ませるくらい?
まぁ そこまで悪い終わりじゃないけど、やっぱり物足りない・・・残念
  1. 2008/08/04(月) 23:34:48|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダウン・ツ・ヘブン

ダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heavenダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heaven
(2005/06)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
子供はみんな、空を飛ぶ夢を見るのだ。飛べるようになるまで、あるいは、飛べないと諦めるまで―戦闘機に乗ることに至上の喜びを感じる草薙だが、戦闘中に負傷し入院、空を飛べぬ鬱屈した日を過ごすことに。組織に守られる存在となりつつある自分になじめないままに。そしてある日「少年」に出会う。

これで短編集のスカイ・イクリプス以外のスカイ・クロラシリーズは読み終えた
まぁ イクリプスを読めば明確になっていない部分がわかるようになるのか?
それとも映画の方を見たら・・・いや、映画はHP見ただけで謎の部分がわかってしまったわけですが、実際の事象がどうなのかがわからないってことです
まぁ そこらへんのネタバレがかなり目立つところに出てくるので、本シリーズを読む前にはできるだけ読まないほうがよさそうです

で、内容ですが
クサナギが出世していないことを考えるとナ・バ・テアの後のようです
ここで僕は某人物を会うことになりますが・・・この話自体には関係が薄いですねぇ
でも、「あなた以外じゃない」って話がこのシリーズのキーの一つでしょうか?
後半の一騎打ちの部分ですが、やはりイメージできないんですよねぇ
こればっかりは実際の戦闘機の動きを説明つきで見るとかしないと難しいです

これでシリーズ本編を読み終えたわけですが、やはり刊行順に読むのが一番いいのかな?
とにかく、クレィドゥ・ザ・スカイだけはあとで読むことをオススメします
まぁ 先に読んでもいいんだけど、混乱したり、後で読み返したりする必要が出てきますからねぇ

でも、このシリーズは巻数が多い割には説明が少なくて、全部読んでも明確な全容が見えません
そのため、すべて読む余裕がある人にしかオススメできませんねぇ
あと、映画を見た後で本編を読んだらネタバレが多く、淡々としすぎで面白くないかもしれません
  1. 2008/08/03(日) 12:40:34|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレィドゥ・ザ・スカイ

クレィドゥ・ザ・スカイクレィドゥ・ザ・スカイ
(2007/06)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
ただ、もう一度だけ、空へ上がりたい。それだけを願いながら、「僕」は地を這う――スカイ・クロラシリーズ、ついに完結!

大失敗
フラッタ・リンツ・スカイを読んだのでそちらの続きを先に読んでしまおうと思っったのが大間違いでした
というか、スカイ・イクリプスって短編集だったのね・・・完結巻だと思ってた
まぁ ちゃんと調べていたら、完結って書いてあったんだけどねぇ

で、内容は
フラッタ・リンツ・スカイでの続きのように病室から始まります
そこから脱走、逃避行、追撃戦、復帰と話は動き、後半は今までの淡々とした流れとは違った速さで話が動きます
そう、この巻だけ他の作品と比べて異色です
とはいっても、前半はそうでもないんですよねぇ
まぁ それは前半は素直に読んでいいところだからだと思います
後半はミステリィ書きとして森氏が書きたかったこと・・・やりたかったことってことじゃないでしょうか?
まぁ ここらへんは途中でも少し使われているんですけど、これのための前振りがそう見えただけでしょう
そういう意味では、この本こそは構成的にはスカイ・クロラシリーズの中核となる作品だと思います
それとは別にこの話の主題は純粋さの先鋭化というかそういう感じの部分とキルドレの永遠と戦闘気乗りの瞬間の対比ではないでしょうか?

ともかく、今からスクイ・クロラシリーズを読もうと思っている人はこの巻を最後に読むことをオススメします
  1. 2008/08/02(土) 14:14:45|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。