上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

六人の超音波科学者

六人の超音波科学者 (講談社ノベルス)六人の超音波科学者 (講談社ノベルス)
(2001/09/05)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
舞台は「閉ざされた研究所」。
最高潮 森ミステリィ!
事件は、仮面の博士が住む研究所で発生した。
6人の科学者が集う土井超音波研究所。そこに通じる唯一の橋が爆破され、山中深くに築かれた研究所は陸の孤島となった。仮面の博士が主催する、所内でのパーティの最中に死体が発見される。招待されていた瀬在丸紅子たちは真相の究明に乗り出すが……。

今までのVシリーズは始めの黒猫の三角では数学者小田原氏が出てきたくらいでS&Mシリーズのように研究者からは離れていました
しかし、今回はタイトルからもわかるように研究者と関わり、S&Mシリーズ風の展開に近いですねぇ
とはいっても、探偵側の人間が大きく変わっているので、雰囲気が近いだけですけどね

で、内容ですが
物語の冒頭で紅子と練無、保呂草と紫子の組に別れるわけですが、保呂草の策略か偶然か(それはないか)で結局合流することとなります
でも、そこで戻ってたら谷底へってこともあったんじゃないかと・・・そのまえに七夏にあってたか
ともかく、館内での閉じ込められた紅子、練無、七夏の3人が睡眠ガスで眠らされる
そして、連れ出された練無は首切り死体と発見される
そこから紅子に火をつけてしまうという点が今までと違いますねぇ
まぁ その怒りが練無を巻き込んだことから来るのか、犯人に憤りを感じたかははっきりとはしませんが・・・
でも、そこらへんから紅子の中で何かが変わってきているような感じがします
また、今回はVシリーズの一作目の黒猫の三角で出てきた小田原氏が微妙に絡んでいます
それは・・・次の話、とはいっても次巻は講談社ノベルス20周年記念作品が入るので次の次の巻ですけどね

今回は研究所が舞台ということで、S&Mシリーズが好きだった人にはオススメです
スポンサーサイト
  1. 2008/07/13(日) 12:40:28|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別冊図書館戦争Ⅰ

別冊図書館戦争 1 (1)別冊図書館戦争 1 (1)
(2008/04)
有川 浩

商品詳細を見る


あらすじ
アニメ化御礼ベタ甘全開スピンアウト・別冊シリーズ第一弾!
武闘派バカップル恋人期間の紆余曲折アソート!
※恋愛成分が苦手な方はご健康のために購入をお控えください。

図書館革命で二人がくっ付いてからとエピローグまでの間を埋める短編集・・・といった感じでしょうか?
ともかく、あらすじにも注意があるように恋愛成分が高い・・・それも出来たて奥手カップルの話と言う伝説の喫茶マウンテンのベタ甘メニュー並に悶え苦しむことになるので苦手な人にはキツイ内容です
ん、自分は普通に読めました
ごめんなさい、読んでる途中で甘さに耐え切れなくなってラノベを読んでたりしました(笑)

内容ですが、解りにくいので各短編のあらすじと簡単な感想を
・明日はときどき血の雨が降るでしょう
2つ目の二つ名・・・三つ名を手に入れる話です(半分嘘)
当麻の亡命事件で負傷した堂上の看病から始まりますが、一気にラブラブ・・・というわけには行きません
ここらへんは同じ部隊にいるとか二人とも寮生活だとかありますが、王子様を信仰するくらい郁が純真だからねぇ
そして、堂上が復帰した直後に図書館の本が盗まれる事件が発生し、その犯人確保に借り出されることになったわけですが・・・てな話です
ちゃんとオチがあったりするわけですが、最後は堂上のフォローがあるところがラブラブだぁ

・一番欲しいものはなんですか?
「誰に断って篤と~」なんて電話から、思いがけずに堂上の家族への顔見世を達成します
そして、堂上から欲しい物を考えておけと言われて大ポカをする訳ですが、それはそれで
そんなときに酔っ払いが児童読書室に入り浸る事件が発生し、これの対処も堂上班に回ってきて・・・てな感じです
今回の事件の後で堂上が開き直って、ラブラブ度がアップしたりするのはここだけの話
それから、今回は間に柴崎から手塚へ初詣で買ったお守りを渡すシーンがあったりします
何だかんだいって手塚(家族も含めて)のこと気になる柴崎さまでした

・触りたい・触られたい二月
バレンタインの際に柴崎との話で意識しすぎたことから二人の間に微妙な緊張が生まれる
そんな中、良化特務機関ではないかと思われる催涙弾騒ぎが発生し、そこで取り残された小学生が・・・てな話
緊張が解けて堂上教官に触られたい発言なんて飛び出てしまいますが、郁が言うと頭なでなで
それから、今回は間に柴崎から手塚へ食べかけのチョコ詰め合わせを渡すシーンがあるわけですが、これは間違いなく柴崎さまの策略ですね

・こらえる声
初めての夜にスポーツブラで望んだで落ち込んだ郁は下着を買いに行った先で衝撃の事実を知る
まぁ 無駄な贅肉のない郁は寄せて上げる肉がないので、そういうブラではバストアップしないってことですけどね
そして、初めての夜に名誉の負傷をした堂上の傷が癒えた頃、麻薬中毒者が娘をかばった母親を人質に立て篭る事件が第二図書館で発生する
そこは行くの魅力(?)で被害者を出さずに犯人を確保するのだが、今度は武蔵野図書館で少年が図書館内に隠れたり、お菓子を隠したりする事件が発生して、借り出させることに・・・という話
まぁ 少年と母親の話と言うことでなんとなく少年がしようとしている事は解るわけで、なんとも後味の悪い話です
でも、そこらへんは事件が解決した後で、少年が再び図書館に登場することで救われますねぇ
それはそうと、郁はまさに堂上のマイフェアレディですなぁ

・シアワセになりましょう
昇進試験に合格して、三正に昇進した郁達3人ともちろん堂上など主要な面々
そして、昇進っした女子隊員は一人部屋へ替わる事が出来ると言うことですが、一人部屋が空いていないこともあり、郁から堂上へ近くに部屋を借りない?という提案をしますが、却下されます
そんなこともあって冷戦状態となったりしたところへ、木島ジンという作家の作品が良化委員会に狙われる事態となります
二人はどうなってしまうの~ってな感じの話です
堂上が始めの却下のときにそこまで考えていたんなら言い方が悪いですねぇ
でも、文脈的には冷戦中にそこまで考えたって方が正しいかな?
そういうわけで、この後は革命でのエピローグに続くわけです・・・まぁ 次巻で結婚式か新婚旅行とかの話はあるかもしれませんけどね
それはそうと、この話のように有川氏の作品は現状の問題点を鋭く突いてくるところがすごいですねぇ
でも、アニメの方では差別系や放送禁止用語系は取り上げられませんでしたしねぇ
本当はこういった話題を取り上げて欲しいものですがねぇ

の5編になっています
段々と進展していく二人の関係ですが・・・まぁ 周りがこれだけサポートに回ってコケるなんてないですがねぇ

残念な点は手塚と柴崎の進展があまりないことと柴崎の暗躍する部分が少ないことでしょうか?
でも、たぶん二人がくっ付くときは柴崎が司令になるときじゃないかとか思ったりします
そして、柴崎のサクセスストーリーとしての図書館戦争が完結するわけです(笑)
とか見せて、次巻のあらすじのアノカップルは小牧と毬絵だったり、玄田とマキだったりしたら笑うんですがね

それはそうと、有川作品のベタ甘が心地よい、ベタ甘を超えたベタ甘を体験したいなんていう人にオススメです
でも、やっぱり男性には少し甘すぎるかな?
  1. 2008/07/13(日) 01:45:20|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。