上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

エロ=オレの読書感想文

本を読むのが好きな人が本を読んだ感想を忘れないように記入するブログです 読むジャンルはマンガ、ラノベ、ミステリー、その他で偏っていますが、本を探すときの参考にどうぞ リンクフリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まかでみックス せかんど

まかでみックス せかんど 御義兄様と呼ぶんじゃねえッ! (ファミ通文庫 さ 2-4-2)まかでみックス せかんど 御義兄様と呼ぶんじゃねえッ! (ファミ通文庫 さ 2-4-2)
(2008/07/30)
榊 一郎

商品詳細を見る


あらすじ
なし崩し的にクフィールとテジャス、二人(?)の〈適合補助者【アジャスタント】〉と同居することになった千里。とにもかくにも新しき学び舎〈アバロン学園〉に登校することに……ってクラスメイトのアジャスタントには人型ですらない方もいらっしゃるのですが! でもって1限目から保健体育、それも実技って何? そもそもアンタが教師ってどうなんだよ!? おまけに何故かクラスメイトに命を狙われちゃってるんですけど!! ますます暴走ネオ・ハイブリッド学園ラブコメ第2巻!!

この巻は榊氏の本気を見た
本作はまじしゃんずあかでみぃの外伝というか、流行の言葉で言えばオルタナティブ(古っ)な作品です
とは言っても、まかでみを見なくても十分に面白いです
まぁ 今のところ榮太郎が本当にどんな人物かって話と教授陣の裏設定とエーネウスの話が判るくらいです
むしろ、こちらを読めばそこらへんも大体判ると思いますので、こちらから読み始めても問題ないでしょう

で、内容ですが
とにかく、出てくるキャラがボケキャラばかりです
天然ボケのクフィール、暴走バカ(下ネタ含む)のデジャス&榮太郎、世間ズレしたウーラとボケまくりです
で、まかでみではタナロットが暴走して、拓人と鈴穂が突っ込む感じだったけど、今回は千里が全部につっこまないといけない状態です
ここらへんの会話のリズムがテンポよく、デジャスとの会話は化物語に通じるものがあります
二人の会話を10ページくらい続けて欲しいものです(笑)
そして、榮太郎のボケは下方向に大きく行ったものはエーネが(生命活動を)止めにきますが、それ以外は千里が突っ込み担当です
しかし、授業の時の連続コンボはかなり笑ってしまった
そして、なぜか侍言葉で人種の一人坩堝なウーラがボケというか暴れるから大変です
ところで、最後のイラストに天然クーデレアフリカンシャーマニック侍って属性書いているけど、アフリカンとシャーマニックは属性か?という話よりもクーデレなのかと思いました
まぁ こんな家族が増えたら、家を出るわなぁ
まかでみが暗い方へ進んでいったので、今回はこんな感じの隠し設定でお願いしたいです
ともかく、まかでみを読んだ人も読んでない人も千里のツッコミは一読の価値があります

あと、本作を読むと真言宗立川流という言葉が刷り込まれるので注意してください
スポンサーサイト
  1. 2008/07/29(火) 23:39:03|
  2. ファミ通文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

円卓生徒会8

円卓生徒会 8 (8) (集英社スーパーダッシュ文庫 ほ 1-13)円卓生徒会 8 (8) (集英社スーパーダッシュ文庫 ほ 1-13)
(2008/07/25)
本田 透

商品詳細を見る


あらすじ
すっかり良い雰囲気になった亜砂と鞠。しかし、鞠に謎のラブレターが届いた事で、事態は急変! 亜砂に見せつけるように呼び出し場所へ向う鞠。これからはラブラブ一直線と思っていた亜砂はいてもたってもいられず、鞠のあとをつけてしまう――。果たして、二人の仲はどうなってしまうのか?

いつのまにかこのシリーズも9冊目
この時期に文化祭を扱った話が2冊被るのはなんだろう?
う~ん、読む順番間違えたかな?
ラブゆうが秀逸だったので、後に読んだ作品と比較してしまうのはしょうがないのかな

で、内容ですが
久々にこちらの世界に戻って来て、いきなり学園祭です
学園祭の主なる人物から命令で演劇をしなければならないことになった生徒会の面々
そんな中でモーガンの魔法で離れられなくなった鞠と亜砂
といった感じで進んでいきますが、今回は最後で急展開
円卓生徒会シリーズの根幹部分が明らかになります
さらにとんでもない出来事が発生して、今後の展開がどうなるやら
まぁ 今回の話をしたってことは、物語はクライマックスへ突き進むようです
ここまで来ると原書を読んでいたら、オチへの流れはわかってしまうわけですが・・・
とりあえず、マゾっけのある主人公に萌えるなんて奇特な方にオススメです

ガラハッド・・・危険な名前
  1. 2008/07/28(月) 20:45:29|
  2. スーパーダッシュ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天使の飼い方しつけ方5

天使の飼い方・しつけ方純情と友情のあいだに (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 3-20)天使の飼い方・しつけ方純情と友情のあいだに (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 3-20)
(2008/07/25)
淺沼 広太

商品詳細を見る


あらすじ
イデルの命をつなげるために、ひかるとセラは魔界へ向かった。そこには「第二港市」ともいうべき、イデルのためだけに作られた楽園があった。待ち受けるベルフェラジィとの家族ごっこ生活。しかしそこには七大悪魔の強大な計画が潜んでいて…!? はたしてイデルの命は!? セラの恋心の行方は!? そしてひかるは選択を迫られる…!ぬくぬくラブコメディ、全世界幸福の完結編☆

浅沼氏は魔王始めましたからずっと読んでいるんですが、後半に行くに従ってものすごくシリアス度が上がっていくんですね
特に今回はシリアスな雰囲気が充満していて、作者も最後にオマケをつけて面白さを追加しないといけないくらいシリアスです
そんなところに唯一つの清涼剤、アークくんだけが頼りです
アークの台詞は自然にルー大柴に変換されるから不思議だ
しかし、そんなルー大・・・じゃなくて、アークくんも後半は非常にまともでした・・・いや、彼は口調がおかしいだけで元々まともでしたが
そんなシリアスでまともな最終巻です

で、内容ですが
悪魔のエキストラを使ったなごやかバイト生活を経て、ついになごやか家ぞ(以下自主規制
リデルのためにと動くひかる、カルマ、セラ
それをあざ笑うかのように暗躍するベルフェラジィ
う~ん、ベルフェラジィは本当に滅ぼそうとしたのだろうか、それともすべてを終わらせたかったのか非常に深い話です
しかし、エピローグ部分のセラとの別れはどちらかというとセラとひかるがくっつくのかなとか始めのころは思っていたりしていたのであっさりしすぎて、少し拍子抜けでした
このシーンはカラーイラスト部分をこのときまで見ないで、そちらを読んだ方が雰囲気が出るんじゃないかと思います
そして、エピローグ2での悲しい別れ・・・そう、エピローグであのキャラは死んでしまうのです
それは置いておいて(笑)、個人的には最後の部分は二人が出会うまで書いて欲しかったとか思います
でも、何はともあれハッピーエンドですし、こういった終わり方も好きなんでけどね
といった感じで、コメディ調かと思ったら最後はシリアスで終わるなんて騙されたぁ~って思わない人にオススメです(オススメなのか?)

それにしても、次回作にはアークが登場するんじゃないかと思うのだが、役職が付いたので気軽に人間界に降りて来れなさすなのが残念です
  1. 2008/07/27(日) 12:34:31|
  2. スーパーダッシュ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンクライシス!6

ドラゴンクライシス!ドイツ恋占い騒動 (集英社スーパーダッシュ文庫 き 1-10)ドラゴンクライシス!ドイツ恋占い騒動 (集英社スーパーダッシュ文庫 き 1-10)
(2008/07/25)
城崎 火也

商品詳細を見る


あらすじ
竜司たちは先輩遺物コレクターから、いきなりドイツのお屋敷へと招待される。無邪気に喜ぶローズ、ノリノリの英理子に、アイと実咲まで一緒に行くことになりドキドキの竜司。その上、美少女メイドさんに美女の幽霊まで!? しかも、お屋敷で待ち受けるのは的中率100%の遺物を使った恋占い! ヒットシリーズ第6巻は、ラブと不思議満載のドイツ旅行篇です!!

今回の舞台は館だ!
そう館モノです
とはいっても、ミステリィじゃないんですけどね
しかし、城崎氏の館モノというと「嘆きの館」を思い出すわけですが、その次の鬼刻シリーズもなんとなく後味が良くない作品が続いたわけです
でも、このドラゴンクライシスや渚フォルテッシモのようにドタバタ明るい作品はいいですねぇ

で、内容ですが
上記でも触れたように館モノです(しつこい)
以前にパーティーで出会った占い系遺物コレクターの石津に誘われて、占ってもらうために竜司、ローズ、英理子、アイ、実咲の5人でドイツの屋敷まで出かけることになります
しかし、5人と石津、ゾフィーは館に閉じ込められ、館で起きる怪事件に巻き込まれていく・・・なんて書くとホラーっぽいですねぇ
まぁ 幽霊とか出てくるので間違いじゃないんでしょうけどね
話は置いておいて、今回は占いがあるのですが、竜司の占い結果は非常に意味深ですねぇ
でも、ユキエはみんなを竜司に競合させて、何をさせたいんだとか思ってしまった

それはそうと、同じような人間関係のラブゆうがあまりにもキャラが立ってるのに対して、こちらはキャラの強さが弱いのが残念です
アイがもう少しデレてくると良さそうな気がしますが、英理子がデレたら・・・なんてことも
まぁ こちらにはデストロイヤーのビアンカさまがいるんだけどねぇ(笑)
とりあえず、可愛い女の子達の出てくる道具系異能バトルが好きな人はいかがでしょうか?

あと、今回は終盤に以前の作品に出てた人がゲストに登場します
なんとなく、今後も出てきそうな雰囲気です
  1. 2008/07/26(土) 23:50:53|
  2. スーパーダッシュ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラブゆう6

ラブ★ゆう 6 (6) (集英社スーパーダッシュ文庫 な 4-6)ラブ★ゆう 6 (6) (集英社スーパーダッシュ文庫 な 4-6)
(2008/07/25)
七月 隆文

商品詳細を見る


あらすじ
四季島高校の文化祭がついに開幕した。俊たちのクラスの出し物は「ホストクラブ&メイドキャバクラ」。拙いながらもホストのまねごとをする俊に、ロザリーたちは胸がキュンキュン! 俊を指名するため、恋する美少女たちは隣のメイドキャバクラで軍資金を稼ぎ、せっせと俊に貢いでいく……。スラップスティック・ラブコメディ、第6弾!

やばい・・・今回は特に楽しい
むしろ、無駄に濃いキャラを集めすぎです
とりあえず、今回の話は基本的にずっと碧空さんのターンです
でも、どちらかというと短編集的な内容ですが、この頭の悪さが大好きです
しかし、この人がAstralを書いたんだだよねぇと思ってしまうのですがね

で、内容ですが
基本的には前回に話があったように今回は文化祭の話です・・・たぶん
で、具体的には4話の連作短編という構成です
まずは文化祭でホストクラブを催すこととなった俊といつもの4人の話・・・むしろ、ずっと策士の碧空さんのターンな ロザリーとドンペリタワー!
王道ツンデレである撫子様と特進科デートの話・・・正確にはツンデレな撫子様と暴走する特進科の皆様な ツンデレさんと下僕!2 ~創世のツンデレさん~
敵の魔の手に落ちて操られる俊と絶望を味わういつもの4人の話・・・表紙のあの子は新キャラですよな 神田俊の覚醒!女こまし編
なぜか古き少年ジャンプのようにトーナメント戦へ向かう話・・・これって俊チームが優勝しても俊の死亡フラグが立つんじゃない?な ロザリーと召喚コロシアム!
作者はお約束を裏切らないので、もうタイトルと少し進んだところで落ち自体はなんとなくわかります
しかし、そんな落ちなんてどうでもいいんですよ・・・それまでの道筋がおかしなことになってるから
なに?この暴走地獄!
誰も暴走を止める人は居ないのか?
お姉ちゃんももう暴走側に人間だぞ!
碧空は止めるように見せかけて、違う方向に逸らしてるだけだ!
むしろ、ややこしくして加速させているぞ!
そう、暴走には暴走で返せ!それがラブゆうの流儀です

そういえば、プラント内でいつ俊は気を失ったのか気になります
そこらへんのフォローもなかったですし、プラントに入った後から夜までに気を失ったとは思うんですが・・・
あと、ナギサはそのやおい・・じゃなくて、やよいちゃんは危険ですので、一定距離を取って欲しいところです
まぁ このままその道に堕ちていくんでしょうがねぇ
むしろ、ロザリーが逆方向の道にはまっていきそうな気配をかもし出したりしてます・・・
でも、最近は他のキャラが立ってきたので、ロザリーの影が薄いから、そういうのも付けないとダメだねぇ

ともかく、新キャラが色々と出てきて物語は佳境に向かっていますが、ツンデレ、お姉ちゃん、妹、アホな娘などに惹かれる人にオススメな作品です
他にも策士、女装、無口少女なども含まれています
  1. 2008/07/25(金) 23:00:03|
  2. スーパーダッシュ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

けんぷファー8

〔MF文庫J〕けんぷファー8 (MF文庫 J つ 2-8)〔MF文庫J〕けんぷファー8 (MF文庫 J つ 2-8)
(2008/07/23)
築地俊彦

商品詳細を見る


あらすじ
女の子に変身して戦う「ケンプファー」となってしまった男子高校生・瀬能ナツル。せっかく泊まりがけでプールに来ているというのに、普段通りの鈍感さを遺憾なく発揮しているナツルは、雫にはからかわれ紅音や水琴には怒られ沙倉さんには誤解され、とさんざんな目にあっていた。その上白ケンプファーがまたまた攻撃しくるからさあ大変! そんな中、“二人で”花火を見に行こうと憧れの沙倉さんに誘われるナツル。混乱しつつ喜びいさんでついていくと、なんだか積極的に迫られて――「ナツルさん、お願いがあります。雫ちゃんをものにしちゃってください」って、ええっ!? 大人気のアクション学園ラブコメ、ついにケンプファーの謎が明らかに!?

何気に大好きなこのシリーズ
見所は大きく2つで一つは会長のいいクーデレぶりを見ること
もう一つはもはや鈍感とかそんなもんじゃなくて、本能的にハーレムエンドを狙ってとぼけてるとしか思えないナツルの反応です
あとは図書館少女と暴走狂犬の二重人格者の紅音、女インディージョーンズというかもはや盗賊だろう?という幼馴染の水琴もなかなかです
それはそうと、臓物アニマルは商品化しないのか?
商品化したら恐らく買ってしまう自分が居ます

で、内容ですが
前回は怪しげな佐倉さんに誘われたところで終わりましたが、今回はそのまま続きです
ともかく、あらすじにはケンブファーの謎が明らかにとありますが、明らかにはなりません
しかし、白のケンプファー陣営が本格的に動き始めてどう転ぶのか?って所です
まぁ 今回は戦闘は少なめでした
でも、逆にナツルをめぐる戦闘がかなりあからさまになってきました
今回も会長がやばい雰囲気を出していたんですが、それ以上に紅音ががんばっていました
引っ込み思案の紅音にしては、かなりのアピールをして、最終的には告白までしたのに・・・
ところで、狂犬紅音はヤンデレなのか?
その2人ががんばる中で水琴は少し出遅れてますねぇ
しかし、話の合間に入ってくる冒険の話・・・というか、犯罪の話じゃないのか?
実は国際指名手配だとか、高額の懸賞金がかけられているとかでも驚かないレベルです

でも、この話は一応ナツルの一人称ですが、読んでるとドリフを見てるような気になるときが多々あります
「ナツルぅ~ にげてぇ~」とか「ナツル~ うしろ~うしろ~」って感じで危険地帯に飛び込んでいくものですから
ともかく、クールな生徒会長、幼馴染、眼鏡の図書委員、変身美少女とかに反応する人はぜひ読むことをオススメします

ところで、会長と付き合ってる情報が流された今、やつらに殺されるかもしれないじゃなくて、「汚れなき雫様を護るために近寄る連中を皆殺しにする友の会」って連中がいるなら確実に殺されると思うのだが・・・
あと、いくつか本編ではしょった話があるので、近いうちに短編集が出るかもしれません
  1. 2008/07/24(木) 23:54:44|
  2. MF文庫J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スレイヤーズすまっしゅ1

スレイヤーズすまっしゅ。 1  獅子の試練を乗り越えて (富士見ファンタジア文庫 20-59)スレイヤーズすまっしゅ。 1 獅子の試練を乗り越えて (富士見ファンタジア文庫 20-59)
(2008/07/19)
神坂 一

商品詳細を見る


あらすじ
結婚を前に“男”を磨くため、試練に立ち向かうレオの護衛を引き受けたリナ。簡単な仕事のつもりが、何やら怪しげな最強七奥様なる敵が登場! レオは“男”になれるのか……。書下ろしを加えた4作品を収録。

短編集はもう31巻になってたんだ
・・・というわけで、30巻を越えてリニューアル
とはいっても名前だけで、内容的には前後編構成の短編集のままなんですけどね

というわけで、内容?
スレイヤーズの短編に内容を聞くなんて、ミステリーの犯人を聞くようなものです
とにかく、この軽さと読みやすさ、さらに変わらないクオリティと読感
まぁ ここらへんは少し飽きてきたところもあるんですけどねぇ
すまっしゅになったところで、ガウリィとかアメリアとかの短編を書いて欲しいとアニメの新シリーズを見て思いました
  1. 2008/07/23(水) 23:41:02|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤緑黒白

赤緑黒白 (講談社ノベルス)赤緑黒白 (講談社ノベルス)
(2002/09)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
深夜、マンションの駐車場で発見された死体は、全身を真っ赤に塗装されていた。数日後保呂草(ほろくさ)は、被害者の恋人と名乗る女性から、事件の調査を依頼される。解明の糸口が掴めないまま発生した第二の事件では、色鮮やかな緑の死体が……!
美しくも悽愴な連続殺人! 

Vシリーズも最終巻となったわけですが、これで謎は・・・今ひとつ解けていないですねぇ
いや、本当は解けているんですが、はっきりと断定していないから分かりにくいというのが正解かな?
S&Mシリーズとの関わりは割と早くに気がついたんですが、その証拠部分がいくつか抜け落ちていたわけで、本書を読んでも今ひとつわからなかった
そういうわけで検索をかけてみたら、足りないピースとそれ以外のこともわかった納得というか、そういうことだったのかと愕然としました
そういうわけで、このシリーズを読む前にネタバレありの感想サイトなどは見ないことをオススメします
そして、シリーズを読了後にそういった情報を探してみると、そんなことまで考えてこのシリーズは出来ていたのかと感心するでしょう

で、内容ですが
実際の小説の内容と同じような連続殺人事件が発生するというある意味よくあるパターンです
しかし、その犯行が被害者をスプレーで色を塗るというもので、それは服を着たまま眼鏡などの装飾品まで同じ色で塗りつぶされるというものです
その被害者の恋人からある人物が犯人であることを突き止めて欲しいとの依頼が保呂草に来ますが、まぁ 保呂草の言いたいことはよくわかりますねぇ(笑)
ということで、その犯人探しに保呂草が絡むことになるわけですが、ここらへんからはいつもの展開です
でも、その奇行が証拠隠しではないというのがVシリーズ的ですねぇ
今回でVシリーズの締めということで前回の独白部分で少しあったように保呂草が阿漕荘から出て行きます
そのため、締めの独白はなく、紅子とある人物の接点で終わり、それがつながって行くわけです
そういう意味ではこの2巻はある人物に関する話ということですね
最後と言うことで、その後の阿漕荘の面々がどうなったのかが気になるところですが、他のシリーズにゲストで出ていたり、短編集で出てくるのかな?
ともかく、森氏の作品が好きな人はぜひともS&MとVシリーズは読んでもらいたいところです
で、次の四季シリーズも読むことになるんですけどね(笑)
そして、以下はネタバレに続きます
[赤緑黒白]の続きを読む
  1. 2008/07/21(月) 13:30:40|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水車館の殺人

水車館の殺人 新装改訂版 (講談社文庫 あ 52-19)水車館の殺人 新装改訂版 (講談社文庫 あ 52-19)
(2008/04/15)
綾辻 行人

商品詳細を見る


あらすじ
仮面の当主と孤独な美少女が住まう異形の館、水車館。1年前の嵐の夜を悪夢に変えた不可解な惨劇が、今年も繰り返されるのか?密室から消失した男の謎、そして幻想画家・藤沼一成の遺作「幻影群像」を巡る恐るべき秘密とは……!?本格ミステリの復権を高らかに謳った「館」シリーズ第2弾、全面改

綾辻氏の館モノ第二作です
本書を除いて暗黒館以外は読んでたりするんですが、歯抜けになっているのが気になっていました
どうにか読む機会がやってきたので、さっそく読んだ次第です
しかし、十角館と水車館は話が真相解明されたときに途切れて、後のフォローがないんですよねぇ
まぁ それがいい悪いっていうのは話の面白さとは別の話ですが・・・

で、内容ですが
人里はなれた洋館というか、表紙の絵では城や砦に近い感じですが・・・
その館の怪しい異形の主人に美少女、館の絵を目当てに訪れた年に一度の来訪者たちに過去に因縁のある男
う~ん、実に王道ですねぇ
そして、惨劇の年とその一年後が同じ時系列で交互に進められる
まぁ こういったミステリをいくつか読んでいたら、犯人やトリックは読んでる途中である程度分かると思います
でも、この話はそういった犯人当てよりもその背景にあるんじゃないでしょうか?
特に最後に出てくる「幻影風景」は論理ではなく、霊感や超常現象なんてものの介入を想像させたりもしますね
でも、本書は王道であり、原点なんですよねぇ

何は何でも新本格ミステリを好きな人は必読の一冊です
  1. 2008/07/20(日) 14:51:49|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生徒会の三振

生徒会の三振  碧陽学園生徒会議事録3 (富士見ファンタジア文庫 166-9 碧陽学園生徒会議事録 3)生徒会の三振 碧陽学園生徒会議事録3 (富士見ファンタジア文庫 166-9 碧陽学園生徒会議事録 3)
(2008/07/19)
葵 せきな

商品詳細を見る


あらすじ
ついにその日はやって来た。それは、碧陽学園生徒会崩壊の日…………なんてとりあえず言ってみました。誰も期待してないと思うけど。どう足掻いてもやっぱり(非)日常系学園ストーリー、仏の顔も3巻までかも?

この作品って連作短編集の形式を取っていて、ドラゴンマガジンでも掲載されています
そして、1冊あたり7話なので、7ヶ月ごとに単行本化か・・・とか思っていました
でも、1巻が1月、2巻が4月、3巻が7月と3ヶ月ごとに出てるんですよねぇ・・・あれ?1ヶ月に2話掲載とか思っていたりしました
でも、ドラゴンマガジン掲載分って本編と別だったんですねぇ・・・えぇ ドラマガは読んでいません
というわけで、次巻は3ヵ月後に4巻ではなくて、ドラマガ掲載分などを中心とした短編集らしいです

は~い、今回の内容ですがぁ~(某長寿アニメ風)
エロい人です
いや~ 碧陽高校生徒会って眼鏡っ娘いないんんですよねぇ~
最近は眼鏡っ娘がマイブー(略)
今回の三振は
夏休み前に生徒会伝統行事となった全校集会でする寸劇の内容を考える、変身する生徒会(死者累々)
会長にRPGの楽しさを思い知らせるために自作RPGをやらせる、旅立つ生徒会
藤堂リリアによる生徒会各人行ったインタビュー記事、取材される生徒会
食堂のない碧陽高校購買部のパンの新メニューを考える、食事する生徒会
深夏のターン、知られざる生徒会
どうぶつの森脳の会長が大暴れする、働く生徒会
椎名姉妹の家庭の秘密が明らかになり、鍵くんが結婚へ・・・、差し伸べる生徒会
さらに、メディアミックス戦略を考える、企む生徒会
の8本といつものプロローグと後日談です
それでは、ジャイケン ホイ!

すみません・・・ネタバレにならない程度に書こうとしたらこんな感じになりました(半分嘘)
ともかく、三振と言いながら、少しも各話空振らないです
今回では自作RPGの出来がヤバい、さらに会長さんだからで乗り切る深冬が強い・・・あれ、途中でくりみちゃん呼ばわりしえるぞ
そして、リリシアと生徒会の攻防も熱く、取材相手によって攻守が入れ替わるのが面白い
また、生徒会以外の会長と知弦、深冬の学校生活が興味深い・・・会長はお子様さまですね
そして、一番は会長の脳がどうぶつの森で出来ている事実とそれを読み取る能力を得た鍵君との絡みが面白すぎる

で、今回はエピローグじゃなくて後日談です
そう、いつもの業務連絡のようなエピローグではなく、今回は大きく動きました
これは次回の展開に大きく影響を与えるみたいですが、そのまえに短編集・・・外伝?なんていうのが適当なんだろう?
ともかく、ドラマガ掲載分を含む短編集となるようです・・・他の販促分も入ってると嬉しいな
あぁ でも、今回で椎名姉妹の問題は解決したっぽいから、次巻の深冬のターンは・・・BLな話になっても困るのでいらないか

あと、次回のあとがきのページ数がさらに増えて、20ページとか訳のわからないことになってたりすると楽しいのですが・・・
ともかく、ライトノベル読んで楽しみたいと言う人にはオススメな一品です
  1. 2008/07/19(土) 22:21:50|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AURA ~魔竜院光牙 最後の闘い~

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫 た 1-4)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫 た 1-4)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る


あらすじ
その日。教科書を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で彼女と出会った。教室に向かう階段の踊り場。冷たい月の光のスポットライトを浴び、闇を見据えている少女。美しい――。そこには、人を惹き付けるオーラを放つ青の魔女がいた。……いや待て、冗談じゃない。妄想はやめた。俺は高校デビューに成功したんだ! そのはずだったのに、この妄想女はッ! 「情報体の干渉は、プロテクトを持たない現象界人には防ぐことはできない」「何いってんだかわかんねーよ」実はだいたい理解できていた。

人類は衰退しましたの田中氏の新作です
内容は学園ラブコメに挑戦と言うことですが、どちらかというと戦士たちの戦いです(笑)
タイトルは途中まで読み進めるとわかると思いますが、学園モノから遠いタイトルですねぇ
しかし、この作品を読むのは未成年禁止にしないといけない、かなりキケンな作品だと思ったりします
はっきりいうと、途中の展開から非常に面白い・・・けれど、チクリチクリと痛みを伴うような人を選ぶ作品ですねぇ
とにかく、昔のことを思い出して、そんなこともあったねぇ~って達観できるようになった人以外はオススメできない作品です
まぁ MMO系のネットゲーとかしてた人もダメージ受けたりするかもしれないので注意

そういうことで、具体的な内容ですが、ネタバレを含むので隠しておきます [AURA ~魔竜院光牙 最後の闘い~]の続きを読む
  1. 2008/07/18(金) 23:50:05|
  2. ガガガ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パラドックス学園

パラドックス学園  開かれた密室 (カッパ・ノベルス)パラドックス学園 開かれた密室 (カッパ・ノベルス)
(2006/01/21)
鯨 統一郎

商品詳細を見る


あらすじ
パラドックス学園パラレル研究会、通称パラパラ研。所属している部員は、ドイルにルブラン、カーにクリスティ。新入部員のワンダは、彼らが著名なミステリ作家であることを知っている。しかし、彼らは大学生で、ミステリ小説など読んだことがないと言う。ワンダは、パラレルワールドに入り込んでしまったのか!? 一読驚嘆必至、鯨ミステリの極北にして、究極の傑作! 本格ミステリ・パラパラ漫画つき。

失敗した
この本はミステリアス学園の続刊というかパラレルワールドというかそういう感じの話です
でも、そちらを読まなくてもそれほど関連性は少なく、楽しめる話なんですが
でも、どちらかというと登場人物が著名なミステリ作家ということでその作品に関するネタが散りばめられています
一部ネタバレ的な内容も含まれており、できるだけそれらの作品を読んだ後で読んだ方が楽しめるように思います

で、内容ですが
この世界とは異なるアメリカにあるパラドックス学園での出来事です
パラレル研究会に入部したワンダ・ランドは部員が著名なミステリ作家であることを知っていて、そのことからミステリ小説を書くように薦めてしまいます
とはいっても、その世界では発生する事件が小説のような密室やトリック殺人だったりしますが・・・
そこから歯車に狂っていく部員達の中で、シェルター内での密室殺人事件が発生します
その犯人は意外すぎて、呆気にとられます
また、左下に描かれているパラパラ漫画がある種の凶器として物語にかかわってきます
どうでもいいけど、このパラパラ漫画の犯人はあの人物で間違いないんでしょうかねぇ
ともかく、登場人物が海外ミステリ作家の重鎮なので、そちらの作品をしらないと面白さ半減するのが欠点ですねぇ
逆にそこらへんの作品を知っていたら、すごく楽しめる作品ではないでしょうか
  1. 2008/07/17(木) 14:08:45|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朽ちる散る落ちる

朽ちる散る落ちる (講談社ノベルス)朽ちる散る落ちる (講談社ノベルス)
(2002/05)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
地下密室+宇宙密室!森ミステリィの神髄!!
土井超音波研究所の事件はまだ終わらない……
土井超音波研究所の地下、出入りが絶対に不可能な完全密室で、奇妙な状態の死体が発見される。一方、地球に帰還した有人衛星の乗組員全員が殺されていた。数学者小田原長治の示唆で事件の謎に迫る瀬在丸紅子は、正体不明の男たちに襲われる!前人未到の宇宙密室!

六人の超音波科学者の続きです
あの後で件の地下室への捜索を開始した警察
そして、保呂草に仕事を依頼に来たいつもの人と意外な人
依頼を実行するために地下室探索に割り込んだいつもの4人・・・ということですが、よく考えたら作中では誰も死んでないんですよねぇ
そして、今回の2つの事件は片方はVシリーズ的なトリックでもう片方はS&M的な大掛かりなトリック
う~ん、だんだんとトリックがS&Mシリーズ的なものになっていますねぇ
あと、纐纈苑子が所属している組織っていうのはあの人を支援している?組織なんでしょうかねぇ
ともかく、森氏のシリーズを読んでいる人は読まないといけない重要な話だと思います
  1. 2008/07/15(火) 13:53:29|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

捩れ屋敷の利鈍

捩れ屋敷の利鈍 (講談社ノベルス)捩れ屋敷の利鈍 (講談社ノベルス)
(2002/01)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
秘宝“エンジェル・マヌーバ”が眠る“メビウスの帯”構造の捩れ屋敷。密室状態の建物の内部で死体が発見され、秘宝も消えてしまった。さらに、完璧な密室に第2の死体が!招待客は保呂草潤平、そして西之園萌絵。探偵は前代未聞の手法によって犯人を言い当てる。
講談社ノベルス20周年書き下ろしのスペシャル版!

う~ん、この話は20周年記念作品だけど、六人の超音波科学者と朽ちる散る落ちるの間に入っているのが不自然な感じがします
そこら辺に変な意図があるように思うのですが、どうなんでしょうか
特に始めに考え付いたVシリーズの意義的なものに少しズレているようにも思ったりしますし、いつもの4人が出てこないことも特異ですねぇ
たしかに記念作品でそのタイミングで発売しないとダメだったというのもありますが、森氏がそんな程度で間にねじ込んだりしないですよねぇ
まぁ そこらへんはその後の話で語られることも・・・あるんですかねぇ

で、内容ですが
保呂草の仕事で例のエンジェル・マヌーバを手に入れた熊野御堂邸へやってきた時、偶然学会の帰りに立ち寄った萌絵と国枝先生
そこで仕事をしようと伺っていた保呂草と萌絵との駆け引きと2つの殺人事件・・・
これは保呂草の語りなのでVシリーズですが、トリック重視なところなどはS&Mシリーズですねぇ
しかし、なぜフランスの大富豪の下へ渡ったエンジェル・マヌーバが日本にあるのかという点が不自然ですね
まぁ そこらへんは最終巻あたりで話にでてくるんじゃないでしょうか
でもまぁ 森氏のS&Mシリーズが好きだった人にはオススメなんじゃないでしょうか?
  1. 2008/07/14(月) 13:21:30|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六人の超音波科学者

六人の超音波科学者 (講談社ノベルス)六人の超音波科学者 (講談社ノベルス)
(2001/09/05)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
舞台は「閉ざされた研究所」。
最高潮 森ミステリィ!
事件は、仮面の博士が住む研究所で発生した。
6人の科学者が集う土井超音波研究所。そこに通じる唯一の橋が爆破され、山中深くに築かれた研究所は陸の孤島となった。仮面の博士が主催する、所内でのパーティの最中に死体が発見される。招待されていた瀬在丸紅子たちは真相の究明に乗り出すが……。

今までのVシリーズは始めの黒猫の三角では数学者小田原氏が出てきたくらいでS&Mシリーズのように研究者からは離れていました
しかし、今回はタイトルからもわかるように研究者と関わり、S&Mシリーズ風の展開に近いですねぇ
とはいっても、探偵側の人間が大きく変わっているので、雰囲気が近いだけですけどね

で、内容ですが
物語の冒頭で紅子と練無、保呂草と紫子の組に別れるわけですが、保呂草の策略か偶然か(それはないか)で結局合流することとなります
でも、そこで戻ってたら谷底へってこともあったんじゃないかと・・・そのまえに七夏にあってたか
ともかく、館内での閉じ込められた紅子、練無、七夏の3人が睡眠ガスで眠らされる
そして、連れ出された練無は首切り死体と発見される
そこから紅子に火をつけてしまうという点が今までと違いますねぇ
まぁ その怒りが練無を巻き込んだことから来るのか、犯人に憤りを感じたかははっきりとはしませんが・・・
でも、そこらへんから紅子の中で何かが変わってきているような感じがします
また、今回はVシリーズの一作目の黒猫の三角で出てきた小田原氏が微妙に絡んでいます
それは・・・次の話、とはいっても次巻は講談社ノベルス20周年記念作品が入るので次の次の巻ですけどね

今回は研究所が舞台ということで、S&Mシリーズが好きだった人にはオススメです
  1. 2008/07/13(日) 12:40:28|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別冊図書館戦争Ⅰ

別冊図書館戦争 1 (1)別冊図書館戦争 1 (1)
(2008/04)
有川 浩

商品詳細を見る


あらすじ
アニメ化御礼ベタ甘全開スピンアウト・別冊シリーズ第一弾!
武闘派バカップル恋人期間の紆余曲折アソート!
※恋愛成分が苦手な方はご健康のために購入をお控えください。

図書館革命で二人がくっ付いてからとエピローグまでの間を埋める短編集・・・といった感じでしょうか?
ともかく、あらすじにも注意があるように恋愛成分が高い・・・それも出来たて奥手カップルの話と言う伝説の喫茶マウンテンのベタ甘メニュー並に悶え苦しむことになるので苦手な人にはキツイ内容です
ん、自分は普通に読めました
ごめんなさい、読んでる途中で甘さに耐え切れなくなってラノベを読んでたりしました(笑)

内容ですが、解りにくいので各短編のあらすじと簡単な感想を
・明日はときどき血の雨が降るでしょう
2つ目の二つ名・・・三つ名を手に入れる話です(半分嘘)
当麻の亡命事件で負傷した堂上の看病から始まりますが、一気にラブラブ・・・というわけには行きません
ここらへんは同じ部隊にいるとか二人とも寮生活だとかありますが、王子様を信仰するくらい郁が純真だからねぇ
そして、堂上が復帰した直後に図書館の本が盗まれる事件が発生し、その犯人確保に借り出されることになったわけですが・・・てな話です
ちゃんとオチがあったりするわけですが、最後は堂上のフォローがあるところがラブラブだぁ

・一番欲しいものはなんですか?
「誰に断って篤と~」なんて電話から、思いがけずに堂上の家族への顔見世を達成します
そして、堂上から欲しい物を考えておけと言われて大ポカをする訳ですが、それはそれで
そんなときに酔っ払いが児童読書室に入り浸る事件が発生し、これの対処も堂上班に回ってきて・・・てな感じです
今回の事件の後で堂上が開き直って、ラブラブ度がアップしたりするのはここだけの話
それから、今回は間に柴崎から手塚へ初詣で買ったお守りを渡すシーンがあったりします
何だかんだいって手塚(家族も含めて)のこと気になる柴崎さまでした

・触りたい・触られたい二月
バレンタインの際に柴崎との話で意識しすぎたことから二人の間に微妙な緊張が生まれる
そんな中、良化特務機関ではないかと思われる催涙弾騒ぎが発生し、そこで取り残された小学生が・・・てな話
緊張が解けて堂上教官に触られたい発言なんて飛び出てしまいますが、郁が言うと頭なでなで
それから、今回は間に柴崎から手塚へ食べかけのチョコ詰め合わせを渡すシーンがあるわけですが、これは間違いなく柴崎さまの策略ですね

・こらえる声
初めての夜にスポーツブラで望んだで落ち込んだ郁は下着を買いに行った先で衝撃の事実を知る
まぁ 無駄な贅肉のない郁は寄せて上げる肉がないので、そういうブラではバストアップしないってことですけどね
そして、初めての夜に名誉の負傷をした堂上の傷が癒えた頃、麻薬中毒者が娘をかばった母親を人質に立て篭る事件が第二図書館で発生する
そこは行くの魅力(?)で被害者を出さずに犯人を確保するのだが、今度は武蔵野図書館で少年が図書館内に隠れたり、お菓子を隠したりする事件が発生して、借り出させることに・・・という話
まぁ 少年と母親の話と言うことでなんとなく少年がしようとしている事は解るわけで、なんとも後味の悪い話です
でも、そこらへんは事件が解決した後で、少年が再び図書館に登場することで救われますねぇ
それはそうと、郁はまさに堂上のマイフェアレディですなぁ

・シアワセになりましょう
昇進試験に合格して、三正に昇進した郁達3人ともちろん堂上など主要な面々
そして、昇進っした女子隊員は一人部屋へ替わる事が出来ると言うことですが、一人部屋が空いていないこともあり、郁から堂上へ近くに部屋を借りない?という提案をしますが、却下されます
そんなこともあって冷戦状態となったりしたところへ、木島ジンという作家の作品が良化委員会に狙われる事態となります
二人はどうなってしまうの~ってな感じの話です
堂上が始めの却下のときにそこまで考えていたんなら言い方が悪いですねぇ
でも、文脈的には冷戦中にそこまで考えたって方が正しいかな?
そういうわけで、この後は革命でのエピローグに続くわけです・・・まぁ 次巻で結婚式か新婚旅行とかの話はあるかもしれませんけどね
それはそうと、この話のように有川氏の作品は現状の問題点を鋭く突いてくるところがすごいですねぇ
でも、アニメの方では差別系や放送禁止用語系は取り上げられませんでしたしねぇ
本当はこういった話題を取り上げて欲しいものですがねぇ

の5編になっています
段々と進展していく二人の関係ですが・・・まぁ 周りがこれだけサポートに回ってコケるなんてないですがねぇ

残念な点は手塚と柴崎の進展があまりないことと柴崎の暗躍する部分が少ないことでしょうか?
でも、たぶん二人がくっ付くときは柴崎が司令になるときじゃないかとか思ったりします
そして、柴崎のサクセスストーリーとしての図書館戦争が完結するわけです(笑)
とか見せて、次巻のあらすじのアノカップルは小牧と毬絵だったり、玄田とマキだったりしたら笑うんですがね

それはそうと、有川作品のベタ甘が心地よい、ベタ甘を超えたベタ甘を体験したいなんていう人にオススメです
でも、やっぱり男性には少し甘すぎるかな?
  1. 2008/07/13(日) 01:45:20|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タカイ×タカイ

タカイ×タカイ (講談社ノベルス モF- 41)タカイ×タカイ (講談社ノベルス モF- 41)
(2008/01/11)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
地上15メートルに掲げられた他殺死体!!
不可解極まる事件の意外な真相とは!?
「あんな高いところに、どうやって死体を上げたのでしょう?」
有名マジシャン・牧村亜佐美の自宅敷地内で発見された他殺死体は、奇妙なことに、地上約15メートルのポールの上に掲げられていた。被害者は、前夜ファンと牧村の会食中に消えたマネージャーだった。事件関係者の調査依頼を受けた《探偵》鷹知祐一郎は、複雑に絡み合う人間関係の糸を解きほぐし、犯人の意図と事件の意外な真相に迫る。

う~ん、読む順を間違えたかなぁ
シリーズを変えたら問題なく読めるんじゃないかと思ったけど、椙田関連の話でGシリーズと強い関連性がありそうなんですが解らない
たしかに舞台は東京に移って、主要な登場人物は変わっているんですけどねぇ
とりあえず、この巻が最新刊なのでしばらくの間はこれまでのシリーズを読み進めて置こうかと思いました

で、内容ですが
ポールに吊り上げられた死体ということと屋敷ということを考えたら、吊り上げのトリックは何となく解ったりするんですが、別にトリックの話ではないので勘付いても大丈夫です
それよりも、今まではちょい役だった萌絵が大きく絡んできて、なにやらきな臭い展開になりそうです
しかし、これまでのシリーズをすべて読んでないので、犀川先生から離れて東京に出てきた理由や今回とは別に絡んでいる事件、椙田との関係などがわからないので残念です
でも、この調子だと犀川先生も登場しそうだが・・・出てきたらシリーズが終わってしまいそうですねぇ

とりあえず、本書を読む場合はS&MとGシリーズは読んでからにした方が良さそうです
  1. 2008/07/12(土) 20:08:00|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋恋蓮歩の演習

恋恋蓮歩の演習 (講談社ノベルス)恋恋蓮歩の演習 (講談社ノベルス)
(2001/05)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
世界一周中の豪華客船ヒミコ号。乗客の持ち込んだ、天才画家・関根朔太の自画像を盗み出すのが怪盗に課せられた今回の任務であった。許された時間は那古野(なごの)から宮崎までの1日半だけ。なぜか小鳥遊練無(たかなしねりな)たちも無賃乗船したまま航海は続いたが、突然の銃声の後、男性客の消失事件が発生。楽しい旅行は意外な方向へ。

前シリーズのS&Mシリーズでは、前後の関連性は「夏のレプリカ」と「今はもうない」の2作くらいで他にはそれほどありませんでした
しかし、今回のVシリーズでは段々と関連性が強くなっていますねぇ
前シリーズだと間を飛ばしてもそれなりに読めたのですが、今回は1つでも飛ばすと関連性がずれるので順に読んでいかないといけない気がします
そして、関連性が強いので続けて次を読みたくなるのですが、他にも読む本があったりで中々難しいですねぇ

そして、内容ですが
この巻も保呂草の仕事に関する話ですが、今回は保呂草側の視点というか観点からの話です
前巻と同じで各務亜紀良の依頼で関根朔太の作品を盗むこととなる話です
まぁ 前回は仕事の達成する話ですが、今回は仕事が失敗する・・・いや、ある意味大成功したのか
ともかく、保呂草の裏の汚い部分が多かったわけです
今回は綺麗ってわけでもありませんが、う~ん ましなところを中心に書かれています
で、他の人間関係では紫子の保呂草への恋心に若干の変化あったように思われます
そして、紅子も段々林への拘りが薄れていってるように感じますが、どうなんでしょう?

本巻を読むなら前巻「魔剣天翔」と一緒に読むことをオススメします
  1. 2008/07/11(金) 23:43:14|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオカミさんと長ブーツを履いたアニキな猫

オオカミさんと長ブーツを履いたアニキな猫 (電撃文庫 お 8-12)オオカミさんと長ブーツを履いたアニキな猫 (電撃文庫 お 8-12)
(2008/07/10)
沖田 雅

商品詳細を見る


あらすじ
男らしくなりたい! あんた、今さら……なことで悩む亮士くん。その願いを叶えてあげようとばかりに出てきたのが美少年なアニキ猫さんだった。
 男が壁を乗り越えるためにする事といえば、猫さんの思考回路では修行になるらしい。亮士くんの変人警報は危険を知らせるが時すでに遅し。無理矢理、アホな特訓に付き合わされるのだった。合掌。
 そんな二人をよそに、久しぶりに鬼ヶ島高校が悪企みをしていた。その魔手は御伽銀行へと伸び──。
 みんなのピンチに亮士くんは特訓の成果を発揮できるのか!? できなきゃ悲しいぞ! 今回の展開はめっちゃ熱い!?

作者談、今回は燃え展開を狙ったとのことですが、燃えという点では微妙です
しかし、熱い展開という話では様々な角度で成功したと言えるでしょう
アニキとオオカミさんの話、亮士の修行時の想いと言った素直な燃えもありますが、深い穴でのオオカミさんの書き込み、おつうさんのメイド道など熱い部分も多々ありました
まぁ この作品はキャラありきの物語なので、当たり前と言えばあたりまえですが、主要な登場人物はキャラが立ってますねぇ

で、内容ですが
前回のジャック事件の延長でフェチ集団にいつのまにか入っていた亮士がオオカミさんが生暖かく見られる事件の犯人を追う話、鬼ヶ島高校の策略をアリスさんを中心に見た話、その話を亮士とオオカミさんから見た話と猫さんとの修行の話の大きく3編構成です
オオカミさんが大分デレて来ているんですが、応援しているのか邪魔しているのか分からないりんごさんの性で潰されるわけです
まぁ それもりんごさんなりの考えがあったりする訳ですが・・・
それよりもこの巻はアリスさんに萌えるところだと思います
健気なアリスさん・・・しかし、報われないんですよねぇ
しかも、あとがきで衝撃の展開があったりしますから(笑)
そして、猫さんこと猫宮先輩の話もかなり熱く、締めのところはどこの熱血少年漫画だという感じで燃えますねぇ
その猫さんとの修行でレベルアップした亮士君ですが、オオカミさんの攻撃を受けたことで違う方面にもレベルアップというかクラスチェンジしてたりします
あと、今回はちょい役ですが、おつうさんの間違ったメイド道が熱い
普段の掃除がまさかの鍛錬だったとは・・・(笑)

でも、この作品で一番好きと言うか気になるのはマジョさんだったりします
あの「~ヨー」っていうしゃべり方だけでかなりの面白キャラです
早くマジョさんの短編が読みたいのですが、かなり呆然としそうな内容になりそうです・・・それがよさそうなんですがねぇ

とにかく、キャラ萌えに燃え展開が好きな人は一度全巻を読んでみては如何でしょうか?

ところで、ふと思ったのですが、亮士に涼子・・・二人ともリョウs・・・
  1. 2008/07/11(金) 00:01:12|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9S Ⅸ

9S 9 (9) (電撃文庫 は 5-11)9S 9 (9) (電撃文庫 は 5-11)
(2008/07/10)
葉山 透

商品詳細を見る


あらすじ
海星 VS ADEM・米国第四艦隊連合軍。もはやそれは戦争と呼べるものだった。黒川の万全の布石は世界最強の軍事力を誇る米国すら凌駕した。ニミッツ級空母は炎上し戦いは海星の圧倒的優位に進む。
 フォーツー・ポイント。深海2222メートルに沈むフリーダムの機内に闘真と由宇はいまだいた。脱出を図る二人だが、忽然と闘真の前から姿を消す由宇。由宇を救出できたというのは自分の願望が見せた幻なのか? 憔悴する闘真の前に現れたのは因縁の敵ベルゼブルだった!
 有効な手だてがないまま沈黙する伊達。勝利を目前とし、最後の一手を放つ黒川。世界の命運が懸かった戦いの行方は!?

少し間隔が空いたので、微妙に前巻の話を忘れてる
もう前巻が出てから1年が経つのか・・・
しかし、今回のADEM編というか海星編は長かった
都合4巻に渡って繰り広げられる話はずっと黒川優勢で続いていたし、由宇も闘真も後手に回ってるしねぇ
それはそうと9Sってそういう意味だったのね

それでは、内容ですが
天才科学者の父親の遺した遺産と智謀で闘う少女となんだかよく分からないけど無敵の力を持った少年が遺産と父親を巡る戦いに巻き込まれる話です
「七つの大罪」という傭兵と自衛官黒川の反乱からはじまった海星編
今回で海星編は完結しますが、終り方は非常にあっけなかったです
もう1巻続くかなとも思ったんですけどねぇ
まぁ 黒川の真意はある程度分かるので、無様に無駄な抵抗しないとは思っていましたが
そのほかにも主要人物が何人が亡くなっていますが、これもあっさり風味ですねぇ

しかし、今回の話が終ると、次は非常に大きく話が動くと思います
ADEMや闘真あたりが普通に気になりますが、やはり八代とマモンの今後が一番気になる
とりあえず、救助されるまでの2週間の間に二人の仲はどうなるのか・・・救助されるときは八代は殺されてたりすると笑うんですけどね
でも、短編で触れられていたもう忘れ去られてそうなミネルバの話も気になったりするわけです

テクノロジーと智謀と陰謀、それらが渦巻く話が好きな人(・・・ってどんな人?)にオススメな一品です
  1. 2008/07/09(水) 23:58:06|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魔剣天翔

魔剣天翔 (講談社ノベルス)魔剣天翔 (講談社ノベルス)
(2000/09)
森 博嗣

商品詳細を見る


あらすじ
航空ショーでアクロバット演技中のパイロットが撃たれ、死んだ。航空機は2人乗り。パイロットが座っていたのは後部座席。しかし、撃たれたのは背中から。犯人は一緒に搭乗していた女性記者なのか?衆人環視の中、成立した空中の完全密室。シリーズ最高難度の謎を、没落した名家の令嬢・瀬在丸紅子が解き明かす。

この本を書いたことでスカイ・クロラシリーズを書くことを思いついたのかな?
ともかく、中盤にアクロバット飛行機の描写があり、その際にへっ君にその原理を説明する紅子が無駄にマニアックで可笑しい

で、内容ですが
今回の事件はアクロバットチーム内での殺人事件ではあります
しかし、ある意味では保呂草の裏の仕事の話でもあったりします
今までは保呂草の暗躍部分は練無たちの行動が主となって、隠れていました
今回は仕事の依頼からトラブル発生、無事目標達成というところまで描写されています
あと、微妙に紅子と七夏、林、保呂草の関係が変化しているようにも見えます

飛行機のことなんて分からない人はスカイクロラシリーズを読む前に読んでみたら少しはドックファイトの描写がイメージできるようになるかもしれません
  1. 2008/07/08(火) 22:58:09|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦島太郎の真相

浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話 (カッパ・ノベルス)浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話 (カッパ・ノベルス)
(2007/05/19)
鯨 統一郎

商品詳細を見る


あらすじ
ここは「森へ抜ける道」という名の日本酒バー。常連の僕・工藤と山内、マスター・島の「ヤクドシトリオ」は、今夜も益体もない話に花を咲かせている。私立探偵である僕が、どうしても謎が解けない殺人事件のことを話すと(というか、山内とマスターが勝手に話してしまうのだ)、同じく常連の美人大学院生・桜川東子さんは、上品にグラスを傾けながら、なぜか日本のお伽話になぞらえて鮮やかな推理を展開する――驚嘆、そして思わず納得。『九つの殺人メルヘン』に続く、珠玉のバーミステリー!

う~ん、惜しい
これは本の評価ではなく、本の中で扱っている昭和の懐かしい思い出話がギリギリわからない
いや、一部分かるところはあるんですが、掠る程度で楽しめないのが非常に残念

で、内容ですが
感じとしてはデビュー作の「邪馬台国はどこですか?」をアレンジした感じです
昔話の新解釈から推理を展開する8つの連作短編ですが、半分以上はヤクドシトリオ3人の思い出話です
その思い出話はアニメ、映画、スポーツ、時代劇、ドラマ、お笑い、フォーク、ラジオで非常にマニアックな内容である反面、その時代を知っている人は涙が出るような内容となっています
そして、その会話から無理やり事件の話に捻じ曲げて東子さんに心のアリバイ崩しを依頼する展開
最後は決まり台詞と一升瓶が・・・一升も一人で飲んでるんだ(笑)
本作は高度成長期を経験した40代の人にミステリィじゃなくて、回顧本としてオススメです
もちろん、昔話の新解釈からの実際の事件の推理も悪くないんですけどね
  1. 2008/07/06(日) 22:27:32|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗闇の中で子供

暗闇の中で子供―The Childish Darkness (講談社ノベルス)暗闇の中で子供―The Childish Darkness (講談社ノベルス)
(2001/09)
舞城 王太郎

商品詳細を見る


あらすじ
あの連続主婦殴打生き埋め事件と三角蔵密室はささやかな序章に過ぎなかった!
「おめえら全員これからどんどん酷い目に遭うんやぞ!」
模倣犯(コピーキャット)/運命の少女(ファム・ファタル)/そして待ち受ける圧倒的救済(カタルシス)……。奈津川家きっての価値なし男(WASTE)にして三文ミステリ作家、奈津川三郎がまっしぐらにダイブする新たな地獄。

う~ん、すごい勢いで問題が起きるのと起こすので怒涛の勢いという感じです
しかし、独特の文体に乱暴な言葉使い、さらに変質的な事件や問題が起こって読みにくい
ここらへんは慣れなのか、感性なのか・・・当分は舞城氏の作品はおなか一杯です

で、内容ですが
前作の後の話ですが、主役が四郎から三郎に代わります
三郎はもっと無気力でダメ人間だと思ったら、もっと悪い方向にダメ人間でした
今回の次々に起こる事件は足首だけの死体遺棄事件、マネキンの遺棄事件と前作の螺旋図からの連想事件、学校校庭で行われる謎の連続殺人事件、連続開腹事件
そのほかにも奈津川家関連で様々な傷害事件が息をつくまもなく発生する
そして、収束していく物語は最終的にまた拡散していくわけで、続きが気になるところなんですけど、続きの作品は出てないんですよねぇ

とりあえず、前作の煙か土か食い物を読んだなら読んでも
  1. 2008/07/05(土) 21:34:09|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ABCDEFG殺人事件

ABCDEFG殺人事件 (ミステリーYA!)ABCDEFG殺人事件 (ミステリーYA!)
(2008/04)
鯨 統一郎

商品詳細を見る


あらすじ
あたしは堀アンナ、十八歳。
胸はそんなに大きくないけど、ぱっちりした目はちょっと自信アリ。
探偵事務所で働くあたしは新人探偵。
怖い所長に怒られてばかりだけど、このしょぼい(ごめんなさい!)事務所を、いつかピンカートン探偵社みたいにビッグにするのが夢。
でもある日、突然耳が聞こえなくなってしまった。
ショックを受けたのもつかの間、かわりに不思議な能力を手に入れて…。
キュートな魅力炸裂の、連作短編ミステリー。

鯨氏と言えば、デビュー作の「邪馬台国はどこにある?」から歴史ミステリ的な内容が多かったのですが、本作は歴史ミステリ的な内容はありません
本作は本物の安楽椅子探偵が書きたかったという作者の遊び心から書かれた作品だと思います
そのため、身近に殺人事件が発生していてもあまり悲劇的な感じはしないです

内容は安楽椅子の探偵モノです(笑)
ここらへんは西澤氏の作品のような世界観です
そして、各短編の出だしは「○○が死んだ」で始まり、1編を除いて死から展開されます
しかし、ある意味アンナのサクセスストーリー的な内容で最終的には前向きな終り方をします
まぁ 変則的なミステリィですが、肩肘張らずに読める作品です
西澤氏の初期作品が好きな人にオススメな作品です
  1. 2008/07/04(金) 21:34:14|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼のすべて

鬼のすべて鬼のすべて
(2001/09)
鯨 統一郎

商品詳細を見る


あらすじ
警視庁捜査一課の刑事・渡辺みさとは、友人の若江世衣子の死体を発見する。
あたかも鬼に見立てられた死体を…。
直後、新聞各紙に鬼と名乗る犯人から犯行声明文が送られてきた。
鬼の意味するものは何か?「日本から鬼を消す」という言葉を残し警視庁を去った男・ハルアキとともに、みさとは鬼の正体を追うが…。
連続殺人と伝奇を見事に融合させた傑作推理。

歴史ミステリィを取り込んだミステリィって難しいですねぇ
2つのミステリィを書くと同時にその関連性も求められる
でも、ベタベタにくっつきすぎるとミステリィの部分が弱くなり、薄いと歴史的考証はいらないんじゃない?とか思われる

で、内容ですが
鬼の正体に絡んだ連続殺人事件を第一の被害者の友人でもあった女刑事みさとと同僚の元子、そして退職した刑事ハルアキとで犯人を探すミステリィです
鬼の正体に絡んだミステリィですが、個人的には今ひとつ関連性が薄く感じる
いや、逆に全体的に関連しすぎてオチを聞いたときにもそうなんだ程度になってしまったのが残念です
しかし、ハルアキの本名を聞いたら、鬼を消すために活動しているのも分かりますねぇ
ともかく、歴史考証が絡んだミステリィが好きな人はいかがでしょうか?
  1. 2008/07/03(木) 21:54:42|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガラスの麒麟

ガラスの麒麟ガラスの麒麟
(1997/08)
加納 朋子

商品詳細を見る


あらすじ
「あたし殺されたの。もっと生きていたかったのに」。通り魔に襲われた17歳の女子高生安藤麻衣子。美しく、聡明で、幸せそうに見えた彼女の内面に隠されていた心の闇から紡ぎ出される6つの物語。少女たちの危ういまでに繊細な心のふるえを温かな視線で描く、感動の連作ミステリ。

「ななつのこ」では殺人事件は起きませんが、今回は殺人事件が発生します
その殺人事件を中心にした連作短編集です
一つ一つは小さな事件ですが、それぞれの関連が見えたときにはっするのが快感です
全体として不安定な状態の登場人物が安定を取り戻していくお話でしょうか

内容ですが
通り魔殺人の被害者の少女とその彼女の高校の養護教諭の神野、少女の絵本に絵を描くこととなった作家と前日に通り魔から逃げ切ったその娘を中心にした連作短編です
その基本には普段は悩みもないように振舞う女子高生の性質とその悩みを取り扱いつつ、他人の痛みを痛みや悩みを理解しようとした少女の物語ですねぇ
ともかく、神野先生の推理を中心に解決していく感じですが、登場人物のこじれた悩みを浮き彫りにして、それに決着をつけて行く感じです
  1. 2008/07/02(水) 22:20:30|
  2. 一般書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼女は眼鏡HOLIC

彼女は眼鏡HOLIC (HJ文庫 う 1-1-1)彼女は眼鏡HOLIC (HJ文庫 う 1-1-1)
(2008/07/01)
上栖 綴人

商品詳細を見る


あらすじ
不思議な力を持つ眼鏡《魔鏡》の収集・保全を行なう秘密組織《アルハゼン》。そのエージェントである深鏡めめこは、眼鏡にまつわる事件が起こっている御園学園に潜入することになった。幼い頃から孤独だっためめこは学園で出会った黒野亞衣と深い友情を結ぶことになるが……。

今回は第二回ノベルジャパン大賞の受賞作が揃って発売された訳です
で、その中から大賞ではなくて、優秀賞のこの作品だけを購入したのは魔鏡の力で買わされたに違いない
まぁ 冗談は置いておいて、ここまで眼鏡で勝負してきたら眼鏡愛好者としては買わずには居られなかったのですよ
もちろん、自分が掛ける方です

で、内容ですが
ともかく、魔力を持ったレンズである魔鏡で出来た眼鏡が裏社会で高額取引される世界です
そして、主人公は小柄な眼鏡っ娘で、眼鏡の力を使える眼鏡使いなる優秀なエージェントらしいです
ある調査で学校に潜入という名目で学校生活を体験することなって、そこで出会った眼鏡美少女との交流物です
まぁ お約束な百合っぽい展開のわがままボディー(魔性系)との戦いなんてものもあります
・・・なんとなく読んでいて気付いたのは、RODの本を眼鏡に置き換えた世界感の作品ですねぇ
全体的に見て安定しているし、眼鏡とコンタクトレンズの戦いっていうのは悪くはないと思います
でも、後半に登場する魔鏡はその名前が出オチなので、お約束展開となります
最後の方に大きな複線が張ってあり、続巻するなら購入する予定です

ともかく、眼鏡っ娘または眼鏡自体に萌える人は買いだと思います
  1. 2008/07/01(火) 23:02:48|
  2. HJ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エロ=オレ

Author:エロ=オレ
わふぅ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

購入予定


◎11/30 艦隊これくしょん-艦これ- ノベライズ 築地俊彦

☆11/30 ) 井上堅二

○:オススメ

◎:個人的なオススメ

☆:超オススメ

積み本


○11/20 冴えない彼女の育てかた(5) 丸戸史明

11/22 オーダーは探偵に(3) 近江泉美

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。